08 | 2012/09 | 10
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爆発した日本触媒(姫路市)にあった「核燃料物質」

2012.09.30 06:17|原発・放射能・原子力
低気温のエクスタシーbyはなゆーさんより転載


爆発した日本触媒(姫路市)にあった「核燃料物質」


29日午後2時35分ごろ、兵庫県姫路市網干区興浜(おきのはま)の日本触媒姫路製造所で、化学物質を貯蔵するタンクが爆発した。
従業員ら重軽傷者8人が搬送された製鉄記念広畑病院の中村雅彦医師によると、爆発で飛び散ったゼリー状の化学物質が皮膚に付着し、やけどを負った人が多いという。




70 名前:公共放送名無しさん
投稿日:2012/09/29(土) 16:34:16.31 ID:KYLZjFzW

核燃料物質を使用する事業所一覧(原子炉等規制法施行令第41条非該当施設) 平成22年3月31日現在
(注:PDF)
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/genshiro_anzenkisei/__icsFiles/afieldfile/2010/10/08/1298176_01.pdf
200 (株)日本触媒 姫路製造所




45 名前:地震雷火事名無し(家)
投稿日:2012/09/29(土) 22:56:31.53 ID:Qi8UJyR+0

平成23年度下期放射線管理等報告について(平成24年8月9日)
(注:PDF)
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/genshiro_anzenkisei/__icsFiles/afieldfile/2012/08/31/1324433_01_1.pdf

ここの12p目の方が、詳しい




208 名前:地震雷火事名無し
投稿日:2012/09/29(土) 16:36:08.34 ID:GnQdA6iD0
日本触媒 姫路製造所内の放射性物質の量、種類、管理状況
http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/trouble/1268698.htm



211 名前:地震雷火事名無し
投稿日:2012/09/29(土) 16:38:16.38 ID:M9diZjmS0

発見された核燃料物質

硝酸ウラニル水溶液(ガラスビン)ウラン量 約0.7g※
アンモニアウラニル水溶液(ガラスビン)ウラン量 約7.5g※
重ウラン酸アンモン(プラスチック容器)ウラン量 約400g※
硝酸トリウム(ガラスビン)トリウム量 約11g※×2
硝酸ウラニル(ガラスビン)ウラン量 約15g※
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

外資も、企業も、皇室も、首都圏を捨てる事実を知ってるか?

2012.09.29 06:39|原発・放射能・原子力
Darknessさんより転載

外資も、企業も、皇室も、首都圏を捨てる事実を知ってるか?


2011年3月11日の東日本大震災から1年以上経って日本の首都圏は平静を取り戻しているように見える。

しかし、その水面下では、話題にもならなくなった放射性物質の降下や、電力不足、そして首都直下型の大震災の恐れなどがゆっくりと忍び寄って来ている。

もうほとんど記事にもならないが、福島第一原発の事故はいまだに収束していないし、セシウムもまた拡散し続けている。ニュースが減っているからと言って止まっているわけではない。

あまりにもセシウム拡散が当たり前になりすぎて、もうニュース・バリューがなくなっているから報道が減っており、誰も読まなくなっただけだ。


放射性物質はずっと降り積もっている

本当は日本人が例のごとく「見ないふり」をしているだけで、放射性物質はずっと降り積もっているのである。

たとえば、2012年8月7日も栃木県日光市で取れた野生のきのこから、1キロあたり3万ベクレルを超える放射性セシウムが検出されている。

これは2011年9月に福島でとれた2800ベクレルを超える非常に強い汚染である。

栃木県林業振興課では「これほど高い値が出た理由は分からない」としている。

しかし、いまだに福島第一原発から放射能が「湧いている」のだ。

それが風に乗って飛ばされる。そして、どこかに降り注ぎ、それを植物が吸って成長する。高い値が出ても、不思議でも何でもない。

これは栃木県の話だが、東日本ならば他の県も他人事ではない。

岩手県一関市の放射能汚染の調査でも、道路側溝の土砂から114ヶ所中、22ヶ所から8000ベクレルを超える放射性セシウムが検出されている。もっとも高い場所では1キログラム49000ベクレルである。

新潟でも、静岡でもセシウムが飛散していて海水や魚から見つかっている。

宮城県でも県伊豆沼・内沼環境保全財団が発表したところによると、オオクチバス成魚でセシウムが検出され、1キログラム当たり平均109.5ベクレル、ギンブナでは63.5ベクレルだった。生物濃縮が進んでいる。

ちなみに2012年8月2日の政府発表では福島県阿武隈川のウナギからは140ベクレルのセシウムが検出されている。

生物濃縮が進むと、宮城県でも100ベクレル超えで福島県並みの汚染魚が出てくるということが証明された。

広島でも愛知でも東日本から原木を買って育てたシイタケ等からも基準値をはるかに超えるセシウムが検出されていて東日本にいないから安心というわけでもない。

東日本にいなくても被害が広がっている。ということは、つまり東日本はそれだけ汚染されているということなのである。

子供たちのことは誰も考えていないのか?

もちろん、そんな不穏な状況になっているのは誰でも知っているので、東日本では「放射能・不検出」というラベルを貼って出荷されている野菜や肉もある。

そして身体に気をつかっている母親はそういったものを買うのだが、中日新聞では「不検出=ゼロではない」として警鐘を鳴らしている。

普通、セシウムが不検出だと言われれば、消費者は誰でもゼロだと思う。しかし、流通業者の不検出とはゼロの意味ではない。

自治体やスーパーによっては、1キログラム20ベクレル以下のものは「不検出」だと扱うのだという。

ドイツでは「ドイツは8ベクレルで徹底制限」されているというのに、日本では20ベクレル以下は「不検出」扱いされている。

原発事故が起きたのだからしかたがないと言う人もいるが、それにしても杜撰だと言っていい。

こんなものをずっと食べていると、もちろん子供たちから健康を害することになっていく。

もっとも、日本人は子供たちの将来を真剣に考えている人はとても少ないと見えて、放射性物質で汚染された食品を平気で子供たちに食べさせていることも明らかになっている。

2011年10月、横浜市の学校給食の干しシイタケから1キログラム350ベクレルの放射性物質が検出されて大騒ぎになったことがある。

汚染シイタケの産地は6県にまたがっていたが、横浜市教育委員会は産地を「風評被害になる」として明らかにしなかった。

情報を開示すれば、他の県の教育委員会も参考になる。しかし、そうしなかった。「子供たちの健康よりも、風評被害のほうが心配だ」とでも思っていたのだろう。

だから、似たような事件が次々と起こる。

2012年3月には、愛知県岡崎市の幼稚園から、給食の乾燥シイタケから1キロあたり1400ベクレルというとんでもないセシウムが検出されている。

そしてまた横浜市になるのだが、2012年5月18日には給食で使う予定だったイワシから24.46ベクレルのセシウムが検出されている。

いったい、どうなっているのだろうか。誰かが意図的に子供たちを病気にさせようとしているとしか思えない。

じわじわと身体をむしばんでいくものだ

誰もがもう拡散し、沈澱していく放射性物質のことに無感覚になってしまい、もういくらセシウムが検出されたと言っても関心すら失おうとしている。

取り込まれた放射性物質が日本人を病気にさせていくのはこれからだが、その症状は急激に現れるのではない。

じわじわと身体をむしばんでいくものだ。

確実に日本人の身体をむしばむのだが、数年〜数十年の変化で発症していくものなので、関心を持ち続けることが難しい。

しかし、無関心でいる間に、事態はより深刻になっていくのがこの問題の恐ろしいところである。

因果関係を明確にさせることも難しいから、たとえば福島県の人がガンになったとしても、それが放射能のせいだったかどうかは本人にも分からない。

だから、統計を見て急激にガン患者が増えているのを確認して、やっと因果関係が特定できるようになる。確認できたときはもう手遅れなのだが、事態が手遅れにならないと確認できないのがこの問題なのである。

重要なのは、自分が「手遅れの側」に入らないことだ。

いずれ首都圏もさらにセシウム汚染が深刻化していく。そうなると、状況を把握できる人から、まるで歯が抜けるようにぽつりぽつりと脱出していくことになる。

2011年3月から、外資企業は一気に東京を捨てて大阪に本社を移して行ったが、そのあと放射性物質の降下、電力不足、そして首都直下型の大震災の恐れもあって、東京を捨てようとしている企業は後を絶たない。

2012年7月28日には、イオングループが本社機能を愛知県小牧市に移すと朝日新聞が報じている。

イオングループと言えば、岡田克也副総理の父親が創業者、兄が取締役社長の企業である。政府とつながりの深いこの企業が首都圏を捨てる動きを見せている。

さらに、その2日前にも「首都圏脱出」というキーワードで見ると、つながりのある記事も見受けられる。

それは皇室も京都に居を移すべきだという要望書が京都府の山田啓二知事から藤村官房長官に提出されたというものだった。

皇室の一部機能の移転を目指す「双京構想」

2011年3月の原発爆発事故から安全性を巡る問題で言われていたことがある。それは、「皇室が動いたら一緒に逃げろ」というものだった。

日本の象徴は曲がりなりにも天皇家だとされているのだから、もし首都圏が本当に危ないことになるのであれば、天皇家、あるいは皇室が東京にとどまり続けることはあり得ない。

「だから、皇室がどこか西日本に移転するという話が出て来たら、そろそろ首都圏を捨てる潮時だと見れば間違いない」というのが、実は多くの事業者や経営者が裏でささやいていたのだった。

2012年3月、皇室の一部機能の移転を目指す「双京構想」が発表されており、京都の行政・経済界・大学等がこれを推し進め、実現しようとしている。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
「双京構想」実現へ要請 未来懇の山田知事ら政府に

京都の行政や経済界、大学、伝統文化などの代表らによる「京都の未来を考える懇話会」は26日、首相官邸を訪れ、皇族の一部を京都に迎える「双京構想」実現の検討を求める要請活動を行った。

構想は30年後の京都像として、同懇話会が3月にまとめた「京都ビジョン2040」第1次提案の柱の一つ。要請書では、東日本大震災の教訓や首都直下型地震などのリスクを踏まえ首都中枢機能のバックアップ体制構築が求められており、「日本の精神的支柱である皇室の安心・安全の確保について万全の体制を整えることも必要」としている。

山田啓二京都府知事、門川大作京都市長、松本紘京都大総長、柏原康夫府観光連盟会長がそろって藤村修官房長官に会い、要請書を手渡した。山田知事は「官房長官から貴重な意見で各方面に伝えたいとの話があった」と話し、門川市長は「皇族方を京都市民はお帰りなさいと迎える。京都全体で提案した」と述べた。
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

いずれ首都圏を捨てる事態も想定される

一気に皇室を動かして、日本人を動揺させるような馬鹿げたことはしない。時間をかけて、徐々に徐々に機能を移して行く。

「首都圏を見捨てる準備」が動いているのである。

経済同友会もまたこれに呼応するかのように、「本社機能分散」を呼びかけている。危機対応、リスク分散のために「本社機能分散」をするのは当然のような動きになっているのである。

なぜか。もちろん、首都直下型の地震が来る可能性が指摘されていることも大きい。

しかし、そうでなくても放射性セシウムが福島から首都圏にどんどん流れてきているのだから、「いずれ首都圏を捨てる事態も想定される」ことを計算しているのである。

事業家は普通の日本人と違ってリスクを嗅ぎつけ、そして対応する能力が高い。

外資が逃げ、皇室が動く準備をしており、政府と深い関わりのある企業が本社を移転させる。

誰にも気がつかない間に、ゆっくりと為政者が首都圏を捨てる動きが出て来ている。

「首都圏の不動産は何度か上昇する可能性がある。それは一般の人間に不動産を買わせるためである。事業家・為政者は、逆にその高値で不動産を売り切って首都圏から逃れる。今後起きる首都圏の不動産価格上昇はそのためにある」

そのような噂も事業家の間で出て来ているほど、首都圏は懐疑的な目で将来を見られるようになってきた。

普通の人間も、西日本にいつでも「疎開」もしくは「移転」できるように準備をしておくのは無駄ではないのかもしれない。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

認めたくない福島の憂うべき現状

2012.09.28 06:21|原発・放射能・原子力
(新) 日本の黒い霧さんより転載

認めたくない福島の憂うべき現状


2012-03-20 20:42:44 | 日記
福島の原発事故から1年、フィリピンに避難し日本の状況を見守ってきました。「事故収束宣言」など、正確な情報を出すはずのない政府報道は元より当てにしておりませんが、市民団体などから独自調査による土壌汚染データも出されており、日本の関東・東北地方が広域にわたり核汚染されているのは、もはや間違いのない現実と受け止めています。

一般報道やネット情報の他にも、私の個人的な関係者から独自の原発事故情報も得ています。そちらから、最近になって福島の現状について更に憂うべき情報が入ってきました。情報元は公的な研究機関(詳細は秘匿させていただきます)の研究者、一応、同一内容を別の知人からも聞いていますが、情報ソースが同じ可能性もあるので、必ずしも裏取りできているとは断定できません。日本での報道内容とも大きく異なることもあるので、今回の記事の内容はあくまでも"噂"の範疇を超えたものでないことを予めお断りしておきます。

■地下800メートルまで沈み込んだ2号機の核燃料

メルトスルーのプロセスを物理化学的に予測できる知識をお持ちの方ならば、2号機の核燃料が、すでに地下800メートルに達していると聞いても別段驚くことはないでしょう。「2号機内部の様子はほとんどわかっていない」というのが、一般報道やネット情報の世界での定説ですが、東電、政府研究機関は核燃料が既に地下800メートル付近まで沈降していることを確認しています。

この沈み込んだ核燃料をどのように処理するかという難題について、東京大学内の対策チームが音頭をとって、全国に分散する複数の国公立系の研究機関に研究依頼を行ったのが、この情報の出所です。もっとも、大深度地下に潜り込んだ核燃料を処置することなど、人類未踏の領域であり、今のところ、これといった具体策は提示されていないと聞いています。というより、この状況はもやは人知の及ぶ範囲を超えたと言ってよく、簡単に言えば、もう手がつけられない状況と認めなければなりません。


■地下水脈との接触はどうなったか

事故当初は、「メルトスルーした燃料が地下水脈と接触すれば大水蒸気爆発がおきる」と喧伝されましたが、実際はどうだったのでしょうか?地圧の高い大深度地下内で起こることですから、地上での爆発イメージはあまり役にたちません。実際には、その爆発力が地下水脈を押し出す大圧力となり、地下水脈を逆流させているようなのです。そういえば、ライブカメラにおいても、福島第一原発の敷地から水蒸気が舞い上がるシーンが昨年何度も見られました。もしかしたら、地表に近い地下水脈にはその時点で接触し、高圧力の水蒸気が地表にまで昇ってきたのかもしれません。

核燃料によって汚染された地下水が海洋に注ぎ込み続けているのは由々しき問題なのですが、さらに問題を深刻化させているのが、逆流した汚染地下水が水源地点を通過して、他の地下水脈に流れ込んでいることです。現在、政府の対策チームは地下に潜り込んだ燃料をどうするかよりも、汚染地下水の逆流をどうやって食い止めるか、その対策に精一杯だと言います。

私の別の情報では、昨年の夏頃の段階で東京都内地下水が汚染されているというものがありましたが、地下水脈系の違いもあり、福島で起きている状況が直接地下水を汚染したとは考えていませんでした。しかし、水蒸気圧力による地下水脈の広域汚染の可能性を考えたとき、その可能性もあり得ると見なければなりません。厳密な議論には関東・東北圏の詳細な地下水脈系図が必要ですが、仮に東京にまで福島の汚染地下水が遡上しているならば、関東全圏はもちろん、比較的汚染が少なかったと言われる福島の山向こう、山形、新潟にも地下水汚染が広がっていると考えなければなりません。

研究者はこう言います、「関東の方は、ためしに水道水を調べてみてください。興味深い事実がわかるでしょう」と。


■4号機の燃料は地下500メートルまで沈降

一昨日の3月18日、NHKの衛星放送を見ていたら、「濁った水に満たされた4号機炉内の映像」が映し出され、同時に、「4号機内の冷却プールに残された1545本の使用済み燃料の取り出し作業も、近いうちに開始されるだろう」と放送されていました。

568e8bc66b120b29a7e7c5815faec700.jpg
写真1:震災後の福島第一原発4号炉建屋
    本当にプールに燃料は残っているのか?

この報道内容も私が入手した情報とは大きく異なります。研究者の情報では、冷却プール内の燃料は全て脱落、地下500メートル付近までメルトスルーしているというものです。更に、この問題に対処している研究者間で問題になっている事実として、実際に冷却プールに保管されていた燃料が、公表されている量よりもはるかに多いこと、プールの冷却能力を大幅に超える量であり、一瞬でも冷却装置を止めれば、即座にメルトダウンが始まるほど、大量の燃料を抱え込んでいたというものです。

そして研究者たちは次のような疑念を抱いたといいます。この大量の燃料の数は、もはや発電目的とは考えられないと。


 * * *


福島第一発電所が実は日本の核兵器プラントだったのではないか?というのは私の仮説ですが、もしも、この研究者の話が事実ならば、この仮説を裏打ちする重要情報となります。しかし、それでも窒素ガス封入を拒否した初動の対処に疑念は残ります。おそらくここには核兵器プラント以上の特殊設備があったに違いありません。

メルトスルーによりその特殊設備もおそらく壊滅的な損害を受けたでしょう。前回話題にしたフィリピン人をはじめとする外国人労働者の投入は、おそらく誰にも見られたくない、知られたくないそれら設備の撤去に借り出されたものと推察されます。

福島の事故により、過去も、現在も、そして未来にも多くの人民が苦しむだろうことは自明の理です。多くの日本国民、そして外国人の健康と命を犠牲にしてまで守りたいもの、そんなものが果たしてあったのでしょうか?その特殊設備の真の目的がいかに崇高な国策であったとしても、それが導いた結果は、第2次世界大戦の敗北よりも更にみじめな人心の敗北なのです。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

福島の放射能汚染は我々の想像を超える。日本語版 By MIRMC

2012.09.27 06:21|健康・病気・医療
福島の放射能汚染は我々の想像を超える。日本語版 By MIRMC

我々は知らなければならない

そこは人が住んではいけない区域だと・・・

下記のYouTube映像をご覧ください。


福島の放射能汚染は我々の想像を超える。日本語版 By MIRMC
http://www.youtube.com/watch?v=uCkaDG21rac&feature=related

guardianofmiyagi さん作成

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

「原発ゼロ」つぶしのバックにアメリカ~「東京新聞」がスクープ

2012.09.26 06:22|原発・放射能・原子力
「原発ゼロ」つぶしのバックにアメリカ~「東京新聞」がスクープ

0922tokyo.jpg

9月22日「東京新聞」の一面トップ記事(写真)は、「閣議決定回避 米が要求」だった。「2030年代に原発ゼロめざす」の閣議決定が見送られるなど、この間の政府の不可解なエネルギー環境戦略の「揺れ」の背景に、アメリカの圧力があったことが明確になった。同紙の解説によれば、米側は要求の根拠として「日本の核技術の衰退は、米国の原子力産業にも悪影響を与える」などと指摘し、再三米側の「国益」に反すると強調したという。アメリカが自国の国益のために日本に原発再稼働を押しつけ、日本政府はそれを丸のみしている構図が浮かび上がった。オスプレイ・原発・TPP等々、野田政権は一体誰のために政治をやっているのだろうか。(M)

テーマ:許されない出来事
ジャンル:ニュース

もう手遅れに。あなたが食品汚染で長生きできない5つの理由

2012.09.25 06:35|健康・病気・医療
Darknessさんより転載

もう手遅れに。あなたが食品汚染で長生きできない5つの理由


今まで人類は医学の発展によってどんどん寿命を延ばしてきた。人間が死ななくなった。しかし、寿命がどんどん延びるのかと思ったら、どうもそうではない。

今後は、人間が逆に長生きできない時代に入る可能性もある。

医学は相変わらず進歩しており、新しい薬が毎年山のように開発されており、病気のメカニズムも解明されていくようになっている。

人間の老いを防ぐアンチエイジングの医療も発達し、老いても若く見える人が増えた。それなのに、なぜ人間の寿命はバラ色ではないのか?

それは、医学の進歩以上に、食品を巡る環境のほうが劇的に悪化しており、悪影響のほうが勝るからである。もう、あなたは「食品汚染」に取り込まれて、長生きすることができなくなる。


(1)体内で化学薬品がカクテルのように混ざる

食品は、もうすでにただの「食べ物」ではなくなってしまっている。

「食べ物」ではなく、「添加物のかたまり」と言うに相応しい醜悪なものになってしまっているのだ。

野菜でも果物でも、それが収穫されるまでに莫大な農薬が散布されて、植物はそれを浴びて育っていく。当然、収穫された食物にも化学薬品が残留している。

作物の表面が化学物質にまみれているだけではなく、その内部も農薬を吸って汚染されてしまっているのである。

それだけではない。収穫された食品を腐らせずに流通させるため、運ばれる段階でも食物に農薬が散布される。

収穫(ハーベスト)のあとに散布される農薬なので、これは「ポストハーベスト」と呼ばれている。

加工食品になると、ここに防腐剤や添加物が混ぜられ、さらに食品がおいしく見えるように着色料も使用される。

最終的に、ひとつの食品にはありったけの農薬・防腐剤・添加物・着色料が投入されるということになる。

そして、人はこういった食品を1回の食事で数種類から数十種類を同時に食べる。

その結果、体内では取り込まれた化学薬品がカクテルのように混ざり、これが深刻なアレルギーや、原因不明の病気や、中毒症状や、慢性的な病気を引き起こす。

「しっかり食べないと健康になれない」というのは過去の話だ。これからは「食べれば病気になる」のである。長生きなどできるはずがない。
1222.jpg

食べ物は、たっぷり農薬が散布されてから届く。

(2)ジャンクフードであなたは長生きできない

グローバル経済の中では、食べ物すら効率とコストの対象になっているので、ジャンクフードが現代人の主食となっている。

マクドナルドやケンタッキーやピザハットのようなジャンクフードは手軽で、いつでもどこでも同じ味を素早く食べることができる。

欧米ではこのようなジャンクフードしか食べたことのない子供が増えて問題になっている。

ジャンクフードのどこが問題なのかというと、言うまでもなくその食品の「質」である。

企業は客の健康のために食べ物を売っているのではなく、儲けるために食べ物を売っている。

儲けるためには、とにかく安全は度外視された安いクズ肉を使う。腐らないように防腐剤がたっぷりまぶされる。

客を中毒にするために、脂肪分、塩分、糖分、油脂が大量に使われる。味覚が研究された結果、人間を中毒にするのは油脂だと分かっている。

だから、とにかく油脂を使って、そこに大量の塩分と糖分を放り込んで、人間の舌を痺れさせて麻薬のようにジャンクフードを求めさせるのである。

栄養は極端に偏っており、しかも糖分・塩分・油脂の大量摂取で子供たちもが糖尿病になっていく。大人も同じだ。

インシュリン非依存型糖尿病にかかる人たちは世界中で増えているが、これは明らかにジャンクフードのせいだ。

腎臓や肝臓、心臓の病気が爆発的に増え、脳卒中、失明、手足の切断を余儀なくされる人も多い。さらに、ジャンクフードによって、キレやすくなり、IQ低下さえも確認されている。
1211.jpg



(3)遺伝子組み換え食品で質まで変わった

問題を深刻化させているのは、遺伝子組み換え食品だ。遺伝子組み換え食品がどのように人間に悪いのかは、もう何度も繰り返して指摘されている。

大きな問題は、それは人体にどのような影響を及ぼすのか厳格なテストがなされていないということだ。

だから、新しく「勝手に注入された遺伝子」が、今後人間の身体にどのように影響を与えるのか分かっていないのである。それをなし崩しに私たちは食べさせられている。

組み込まれた遺伝子は人体に有害なタンパク質を生産する可能性も指摘されている。あるいは、アレルギー反応を起こす可能性も指摘されている。

人間の身体の全細胞はタンパク質で作られている。遺伝子が改変されたタンパク質が入ったとき、それが有害なものだったという可能性はゼロではない。

さらに、無害だった遺伝子が何らかの微生物を変化させて、それが人間に悪影響を与える危険性も指摘されている。

人間の体内にも多くの微生物が住んでおり、こういった微生物が遺伝子組み換え食品によって性質が変化してしまう。

そうすると、既存毒性が増大する可能性や、休眠していた遺伝子が活動する可能性があることを科学者は指摘している。

つまり、遺伝子組み換え作物によって、原因不明の疾患が表面化する可能性がある。トウモロコシや大豆を見て、昔と同じように見えても、すでに遺伝子レベルから違うものになってしまっている。

わけのわからないものを食べて、健康でいられると思うほうがどうかしている。
img-1.jpg



(4)食品汚染・水汚染であなたは長生きできない

人間は食べ物と同時に水も摂取しているが、食べ物を作る過程で莫大な農薬が散布され、それが土壌に染み、さらに雨によって流されて、川に合流する。

さらに、ここに生活排水と産業廃棄物が混じっていき、飲料水の質を悪化させる。

殺虫剤、除草剤、各種化学物質、バクテリア、病原菌、塩素、石油、合成洗剤、重金属が川の水に混じるのである。

水道の水は濾過されているが、そこに塩素が混ぜられていく。水道の水を飲めるのは日本を含む一部の国だけだ。基本的に、もう水道の水は人間の飲むものではなくなっている。

日本の水道水でも、塩素・鉛・トリハロメタン等の有害物質が含まれていることが確認されている。しかし、調理されるものは水道の水を使わざるを得ない。

トリハロメタンには発癌物質が含まれていることはよく知られている。

食べ物の中に含まれた莫大な残留農薬・添加物・化学薬品で癌になる確率が高くなっているというのに、水を取ってもまた発癌物質が身体に入っていくのである。
4.jpeg



(5)抗生物質が効かなくなる

こういった人間がぶちまける有害物質で細菌やウイルスもまた変異していることはよく知られている。

強い農薬に打ち勝つ雑草や昆虫が出現するようになって、遺伝子組み換え作物のメリットは急速に失われている。

それと同時に微生物や細菌までもが悪化する環境に適応して生き残り、今までの抗生物質が効かなくなってきたり、すべての抗生物質に耐性を持つようになってきている。

「多剤耐性細菌」と呼ばれるものだ。

細菌では抗生物質が効かない致命的な淋病、いわゆる「スーパー淋菌」が出現したとして医療関係者に衝撃を与えた。

今後はこういった抗生物質が効かなくなる細菌やウイルスが爆発的に増えていくことになる。

「さまざまな抗生物質に耐性を持つ恐るべき細菌が、やがてすべての抗生物質を無効にしてしまう日が来る」

細菌を研究する医学者が、このように予言している。(スーパー淋菌と、多剤耐性細菌と、ラウンドアップ耐性の雑草

もう長生きできない確率のほうが高い


私たちは自然環境の激変や、人間社会の暴力や、グローバル経済の崩壊といった、さまざまな危機的な状況に追い込まれている。

しかし、それと同時に私たちが普段口にする何気ない食べ物そのものが、もう昔とはまったく違う環境になっていて、それがさらに悪化しているのである。

人間の寿命はどんどん伸びていくと楽観視している人が多い。それは、現代の先進国に老いた人たちが溢れていて、いつまでも死なないのを見ているからだ。

そういった老人たちを見ると、自然と若い自分たちも80歳や90歳まで生きられると無意識に思う。

しかし、それは大きな錯覚である可能性がある。

私たちは、子供の頃からジャンクフードに囲まれていた。農薬・添加物・化学薬品にまみれた食べ物を食べ続け、汚染された飲料水を飲み、環境ホルモンで撹乱されてきた。

そして、今後は抗生物質ですら効かない細菌に取り囲まれることになり、自然破壊と環境悪化の中で暮らすことになる。

今後は、人間が長生きできない時代に入る可能性が高い。ジャンクフードを食べながらこれを読んでいるあなたは、もう長生きできない確率のほうが高い。
1333.jpg




〓 この話題について、参考になる書籍・メディア
世界リスク社会論 テロ、戦争、自然破壊
蝶コレクターの黒い欲望
人間・自然・破壊
ルポ・東北の山と森—自然破壊の現場から
自然破壊と民族の慟哭
自然と人間の破壊に抗して
自然を捨てた日本人—破壊と保全・復興の谷間で
地球環境破壊・生態系としての自然
「自然との共生」というウソ
母なるメコン、その豊かさを蝕む開発
破壊される世界の森林

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

「福島・東北の野菜を置くな」と指示したスーパーの創業家メンバーに行政が圧力 「風評被害があれば逮捕もありうるよ!」

2012.09.24 06:15|原発・放射能・原子力
Merxさんより転載


「福島・東北の野菜を置くな」と指示したスーパーの創業家メンバーに行政が圧力 「風評被害があれば逮捕もありうるよ!」


九州地方や中国地方を中心に展開しているスーパーマーケットチェーン、サンリブ&マルショクの創業家当主の三村正和氏が「福島の汚染した野菜はお客様には売らぬ」と発言し、「サンリブ&マルショクでは東北の野菜を置くな」と指示したところ、保険所等の役人がサンリブ本社まできて、圧力をかけてきたとTwitter上で明かした。

サンリブ&マルショクでは、「北橋市長の福島の汚染を全国拡散」という路線に反対して、福島&東北産の商品は、現在のところはほとんど店頭にはございません。

三村正和
2012年7月2日
サンリブ&マルショクでは、「北橋市長の福島の汚染を全国拡散」という路線に反対して、福島&東北産の商品は、現在のところはほとんど店頭にはございません。必ず、生産地と生産者表示はしてます!

三村正和
2012年7月3日
生産者表示を「店長」に確認すること!法的にはそれで後日、対抗できます!クレームはどんどん店長に申し出て「疑わしき商品は買わない」のが大切です。サンリブ&マルショクは、北九州青果市場半数以上を買ってますので良い商品しかありません

東北の野菜を置くなと指示したが、保険所等々の行政がサンリブ本社まできて力で勝負

三村正和
2012年7月2日
小出さんがいう様に「絶対安全ではない」ということですから、 「瓦礫は小児がんの増加につながるのは虚偽ではない」と私は判断し、サンリブ&マルショクも、東北の野菜を置くなと指示したが、保険所等々の行政がサンリブ本社まできて力で勝負ですね

北橋・北九州市長「風評被害は刑事事件」「風評被害があれば逮捕もありうるよ!!」

三村正和
2012年7月3日
汚染物を北九州市民に負担させておいて、「風評被害があれば逮捕もありうるよ!!」と市民を敵に回し「脅迫的行為」を繰り返す北橋市長は、自戒してほしい

三村氏『福島の野菜は「汚染物」ですから、それは虚偽の風評の流布ではないのです!』
風評被害は刑事事件とのスタンスをとる北橋市長に対して、三村氏は、怯まず小出・京大助教の言葉を引用しつつ、『東北の野菜が安全だと宣伝する北橋市長の方が虚偽の風評の流布ということで、刑事事件になる可能性があります』『福島の野菜は「汚染物」ですから、それは虚偽の風評の流布ではないのです!』と反撃した。

三村正和
2012年7月2日
北橋さん言う「風評被害が刑事事件ということは、虚偽の風評により、事業所の売り上げが下がり経済的な打撃を受けるということ。が、福島の野菜は「汚染物」ですから、それは虚偽の風評の流布ではないのです!

三村正和
2012年7月2日
小出さんがいう様に「絶対安全ではない」ということですから、 「東北の野菜が安全だと宣伝する北橋市長の方が虚偽の風評の流布」ということで、刑事事件になる可能性があります。

三村正和
2012年7月2日
「虚偽の風説の流布」は刑事事件だ。私は、サンリブ&マルショク創業家当主として「福島の汚染した野菜はお客様には売らぬ」と発言しが、北橋市長は、「福島の野菜は安全で北九州市は受け入れる!」と言った。「虚偽の風説の流布」(風評被害)で売上が下がったので北橋市長は刑事事件で逮捕される?

(北九州市は、『ネット上を監視する態勢も作る。』(北橋市長)として「風評被害防止対策室」という専門の部署を6月に新たに設置している。)

北橋市長のガレキ持ち込み、汚染青果の販売押し付け行政に反対

三村正和
2012年7月2日
北橋市長は人物としては大好きですwただし、「小児がんと闘う親」として、「ガレキ持ち込み」、「汚染青果の販売押し付け行政」は、反対です。彼は、「市民党」といい「市民が神様です!!」と言うスタイルですが、昨今、女性問題の風評などで、自信を無くして国政へ復帰せんというのが市内の定説です

三村氏は、瓦礫の広域処理にも反対しており、ガレキは発生地点で地下に大処理工場を造り処理すべきとの特論を展開している。

三村正和
2012年7月2日
小出さんが言われるように「絶対安全」はありません。ガレキは発生地点で地下に大処理工場を造り処理すべきです。全国にばらまくのは、戦後の「一億総懺悔」と同じ発想です。非暴力不服従の市民運動が必要! 市庁舎を包囲せよ!

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

セックスで女性は美しく健康になれる!? 女性の体に良い変化をもたらす精液タンパク質を研究チームが特定

2012.09.23 06:27|健康・病気・医療
ロケットニュースさんより転載


セックスで女性は美しく健康になれる!? 女性の体に良い変化をもたらす精液タンパク質を研究チームが特定

sea2.jpg


昔から女性はセックスするとキレイになるとか痩せるとか言われているが、科学的な根拠がちゃんとあるらしい。

男性の体液が女性の体内に入り複数の遺伝子を活性化させることで、免疫力、栄養摂取効率や睡眠の質、妊娠率が向上するなどの変化がはっきり現れる。そしてセックスすることで性欲が増し、さらに良い循環を生むという。

このように女性の体に遺伝子レベルで様々な良い変化をもたらす、精液中のタンパク質が最近の研究で特定された。

調査はショウジョウバエを対象にしたもの。ハエの交尾と我々人間の性交に共通点があるとはにわかに信じがたいが、実はヒトを含め交尾でオスがメスの体内に精液を注入する多くの生物には、同様の原理が当てはまるという。

英国イースト・アングリア大学(UEA)の研究者らがメスのキイロショウジョウバエを調べたところ、交尾後のメスの体内では、複数箇所で複数の遺伝子がオスの精液に含まれるタンパク質への反応を見せた。

UEA生物科学教授のトレイシー・チャップマン氏によると、「多くの動物において、オスの精液中タンパク質がメスの体内で様々な変化を引き起こすことはこれまでも知られていました。免疫力の向上、食事、睡眠リズムや産卵(出産)間隔の規則化、体の水分量の適正化などがそうです。また次の交配への積極的姿勢も促されます」

研究チームがこれまで謎の多かった『セックスペプチド』と呼ばれる精液タンパク質の解析を進めたところ、これがメスの持つ遺伝情報の発現を手助けする働きを持っていることがわかった。

「変化は複数箇所で、しかも一瞬ではなく交尾後も続けて現れ続けました。体内で卵や胚芽(胎児の初期段階)の成長を促す遺伝子、免疫力や栄養摂取効率を司る遺伝子の活性化、視覚の改善まで見られました。メスの異常行動の抑制にも関わりがあることから、精神安定にも一役買っていると思われます」

オスの精液がメスの精神安定や生産性の向上に多大な影響を持つという事実は、ヒトを含め多くの生物種にも適応されるという。

それにしても、交尾により女性の体に良い影響が現れ、また次の交尾をも促すというのは、種の保存、繁栄のために非常に道理にかなった現象ではないか。

この研究結果はひょっとすると、人間社会が抱える少子化問題、夫婦が抱えるセックスレス問題などをも改善するきっかけとなるかもしれない。

参照元:DailyMail(英文)

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

【画像】遺伝子組み換えトウモロコシを与え続けられたネズミがヤバすぎる!と話題【TPP】

2012.09.22 06:11|健康・病気・医療
日々雑感さんより転載


【画像】遺伝子組み換えトウモロコシを与え続けられたネズミがヤバすぎる!と話題【TPP】


0fe083b3-s.jpg


Cancer row over GM foods as study says it did THIS to rats... and can cause organ damage and early death in humans
GMフードをネズミに与え続けた結果、発ガン率が上昇。そしてこれらは、人間の臓器の損傷や早期死亡を引き起こす可能性がある


・French team claim bestselling brand of GM corn caused tumours and multiple organ damage
フランスの研究チームは、最もよく売れている遺伝子組み換えトウモロコシが、ガンや多臓器損傷を引き起こすと警告

・Leading scientists have questioned the study and its results, claiming it has 'no value'
一流の研究者はこの研究と結果は無価値だと主張する(??)

By SEAN POULTER
PUBLISHED: 11:21 GMT, 19 September 2012 | UPDATED: 07:19 GMT, 20 September 2012


Rats fed a lifelong diet of one of the bestselling strains of genetically modified corn suffered tumours and multiple organ damage, according to a controversial French study published today.
本日発表された、遺伝子組み換えコーンを生涯与え続けられたネズミは、腫瘍や多臓器損傷に苦しめられたというフランスの研究チームの発表が物議を醸している。

Scientists said the results raised serious questions about the safety of GM foods and the assurances offered by biotech companies and governments.
研究者たちは、これらの研究結果が、GMフードやバイオテクノロジー企業、政府が保障するという安全に重大な疑問を突きつけたと語る

The first lifetime trials involving rats fed on GM corn found a raised incidence of breast tumours, liver and kidney damage.
GMトウモロコシで飼育されたラットを含む第一生涯試験では乳房腫瘍、肝臓や腎臓の損傷の発生率上昇を発見した。

Read more: http://www.dailymail.co.uk/sciencetech/article-2205509/Cancer-row-GM-foods-French-study-claims-did-THIS-rats--cause-organ-damage-early-death-humans.html#ixzz270WQK1uM

TPPが決まれば、遺伝子組換え食品が、アメリカ様からいっぱいやってくるよー

0fe083b3-s.jpg


a7536eac.jpg

ウソだろ・・・・


やったね!米倉!!

TPPを強力に推し進める経団連会長米倉の狙い

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

研究チームが「妊娠中に脂っこいものを食べると娘や孫娘の乳がん発症率まで上がってしまう」と発表

2012.09.21 06:08|健康・病気・医療
研究チームが「妊娠中に脂っこいものを食べると娘や孫娘の乳がん発症率まで上がってしまう」と発表

poteto.jpg


つわりはあるけど妙にフライドポテトが食べたい……つわりがおさまったら急に食欲がわいてきた……などなど、気を付けていてもつい脂っこいものに手が伸びてしまうことがある妊娠期間。

でもやっぱり妊娠中は高カロリー食を我慢した方がいいらしい。妊娠中の母親が高脂質の食事をとることで、これから生まれる娘や孫娘の乳がん発症率が高まる可能性があるとの研究結果が発表されたのだ。

米国ジョージタウン大学の研究チームがマウスを用いて以下のような実験を行った。

妊娠中のマウスを健康食のエサと高脂質のエサを与えるグループに分け、それらの産んだ子やそのまた子に健康食を与えて観察した。高脂質のエサを食べた母親を持つマウスは、そうでないマウスに比べて末端芽状突起(胸部のがんが発達する場所で、人間も同様の構造を持つ)が多く、結果として胸部に腫瘍ができる確率が明らかに高かった。

研究を行ったソニア・デアシス博士は、「今回の研究で、母体の摂取したものが胎児の細胞を変異させ、子や孫、もしくはひ孫の代の発がん率まで大きく左右してしまうということが明らかになりました」と説明している。

「母体内で、食生活や環境ホルモンが遺伝子の発現や複製に深いかかわりを持つクロマチンという細胞内物質に後天的な影響を及ぼし、次の複数世代にわたって特定の遺伝子発現を制御するためと考えられます」

つまり胎児が持つ、子孫へ遺伝情報を伝える生殖細胞などが影響を受け、遺伝情報の変異とともにガンの危険性も子孫へと引き継がれてしまうということだ。人間で言えば、妊娠期間という1年にも満たない間の食生活が、50年後に孫の発ガンを招くおそれがあるということになる。

母親や祖母の食生活が自分の発がん率に影響し、同様に自分の食生活が娘や孫娘の発がん率に影響する。原因遺伝子を見る限り遺伝性の乳がんは実はそう多くないと言われるが、この研究結果が本当なら、遺伝性ではない乳がんが同じ家系に出やすいという現象の謎が解ける。

英国の国民保険サービスは、妊娠中はお腹の子の分も食べるというのは誤った考えとし、高脂質のジャンクフードを避けて野菜や果物、全粒粉のパン、赤身の肉や卵、魚類、豆類などバランスの取れた食生活をするよう推奨している。

女性が最もかかりやすいがんである乳がん。その罹患率は近年上昇し続け、日本では18人に1人が発症すると言われている。

食べたいものを我慢するのは簡単ではないが、これから生まれてくる我が子や孫の健康や幸せを思えば、妊娠期間の食事に気を配るのも辛くはなくなるかもしれない?

参照元:DailyMail(英文)
photo:Rocketnews24.

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

被曝が原因と考えられる病気とその予防

2012.09.20 05:38|原発・放射能・原子力
とある原発の溶融貫通(メルトスルー)さんより転載

被曝が原因と考えられる病気とその予防


3.11後,原発のことをよく調べるようになり,原発を推進している英国,米国,フランス,日本などの国とBSEの騒ぎが起こった国がかぶっているような気がしたので,「BSE 被曝」というワードで検索してみると,以下のような興味深い記事を発見したので,引用させていただきます。

=========================================
糖尿病の人にお知らせしています。

ストロンチウム90が混入た食事を取り続けると糖尿病→認知症→死亡する可能性があります。

・1959年ドイツのスポーディ博士が動物実験でストロンチウム90マウスに投与すると崩壊したイットリウム90がすい臓に蓄積し2ヶ月で糖尿病を発症することを確認した。
http://nagiwinds.blogspot.jp/p/httpsatvik.html

・糖尿病患者数
患者数は広島原爆以前の31倍にもなっている。核汚染がない頃は2型糖尿病はなかった。

・糖尿病が治らないわけ
骨に蓄積したストロンチウム90は増える一方なので、いつまでもイットリウム90の攻撃をすい臓が受けるため。

・狂牛病(BSE)もストロンチウム?
狂牛病の危険部位は脊髄で焼いても消えない。
若い牛は比較的安全。
ストロンチウムは脊髄に蓄積し焼いても消えない。
若いほどストロンチウムの蓄積が少ない。

・狂牛病とアルハイマーは似てない?
狂牛病の症状は脳に異常プリオンができる。アルハイマー痴呆症にも異常プリオンができ、明確な違いはない。
http://blog.livedoor.jp/plus10a/archives/999933.html

・スウェーデンのある病院の検査によると、痴呆症障害を持っている高齢者の過去の病気を追跡調査したところ、60%以上の痴呆症高齢者が過去に糖尿病であった。

・うつ病は?
糖尿病とうつ病の同時発症は極めて高い。うつ病もストロンチウム90の影響と考えられる。

・メカニズムは?
ストロンチウム90が崩壊した放射性イットリウム90血液中を流れるのが原因と推定される。
放射性イットリウム90の攻撃力はストロンチウムの約4倍もある。
すい臓の次に攻撃を受けるのは血液から尿をろ過する腎臓です。
その他の臓器、肝臓、目、脳、リンパ等に被害が出ると思われる。

・糖尿病は癌リスクが高い
放射線には発癌性があるので当然です。血管周りの癌の恐れがあります。
イットリウム90は肺にも蓄積するので肺ガンも発症しやすい。

・聞いたことないけど嘘でしょ?
「糖尿病被曝」の検索結果を見てみましょう→http://p.tl/xkNW
核実験や原発事故後に糖尿病の発症が増えています。
被曝に関しての情報は国際的に隠蔽されている。
http://www.youtube.com/watch?v=oryOrsOy6LI

・危険な食品は何なのか(推測)
1)チーズ
チーズの主要生産国はアメリカとヨーロッパ
http://nocs.myvnc.com/study/geo/cheese.htm

ヨーロッパはチェルノブイリ原発事故で汚染、アメリカはBSE汚染牛の乳。
牛乳からチーズへのストロンチウムの移行率は80%もある。
http://d.hatena.ne.jp/mosotaso/20110815/p1

もちろん全部危険ではなく当たり外れはあるが、外食で当たりを避けることは不可能。
国産プロセスチーズは輸入チーズを混ぜて作ってあるので純国産ではない。
チーズを多く使ったメニューは危険性がある(ピザ、グラタン等)。
どうしも食べたい場合はニュージーランド産かオーストラリア産がいいです。

2)大豆
検索してもストロンチウムの実測データが出てきませんが、大豆はカルシウム含有率が小麦の12倍高いので、大豆のストロンチウム含有率も小麦の12倍高いと予想される。

3)小麦
香川県に糖尿病が多い原因は何なのかと考えると、小麦(輸入量からしてアメリカ産?)が汚染されていたのではないか予想される。
小麦のカルシウム含有率は玄米より3倍高い。ストロンチウムとカルシウムの含有率は比例。
福島原発事故前の国産小麦にも微量なストロンチウムは含まれています。http://p.tl/kJ0g
核実験の残留物なので、どこの国の穀物にも含まれていると考えた方が良い。
核実験を行った国はより多く汚染しているでしょう。

・対策
なるべく安全な地方の米を主食にする。外食を控える。
カルシウム不足にならいようにカルシウム&マグネシウムのサプリメントを服用する。
マグネシウム不足は糖尿病になりやすい報告もある。
癌予防には生野菜が良いとされているので生野菜を大量に食べる。(野菜ジュースが良い)

・糖尿病は被曝の初期症状なので今なら認知症への進行を止められると思いお知らせしました。

(OKWave)
=========================================

放射線の内部被曝が原因と考えられる病気の中に,糖尿病,BSE,痴呆症(アルツハイマー),うつ病などもあるそうで,しかもそれは核実験によって環境にばら撒かれたものが原因のほとんどのようです。

これが真実だとすると,わたしたちはチェルノブイリ事故が起きる前から,薄っすらと放射線まみれだったということになります。

因みに,BSEとアルツハイマーが同じものであることを発見した日本人学者が論文を発表する直前に米国で射殺されたそうです。




テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

子供たちを放射能汚染から守れ…野呂さんの話

2012.09.19 05:52|健康・病気・医療
つぶやきいわぢろうさんより転載

子供たちを放射能汚染から守れ…野呂さんの話


2011.07.13 Wednesday

「チェルノブイリへのかけはし」代表でベラルーシの低線量被爆の被害者を支援している野呂美加さんが昨日、都内で講演しました。午前中だったのでちょっとのぞいてきました。400人以上入れる会場は朝の10時から立ち見でした。

20110713_1852908.jpg

20110713_1852910.jpg

野呂美加さん


野呂さんたちのベースは北海道ですが、その北海道に泊原発ができるときにアメリカ・インディアンのホピ族がやってきて
「大地に埋まっているものを掘り出させてはいけない。掘り出させたら浄化のときがやってくる」といったそうです。

彼らの住む土地にはウランの採掘所があり、ヒロシマ・ナガサキに投下された原爆に使われました。
この採掘所も露天掘りだそうで、野呂さんは「こうしてなんの補償もせずに採掘するから原料が安いなんてことになる」といってました。
ホピ族の考えでは地球は母親で埋まっているものは母親の内臓。だから母親の内臓を取り出してはいけない。掘り出すから地震が起こるということだそうです。
そして現在の福島の状況をこう話します。

「旧ソ連でさえ1マイクロシーベルト/hを超えたところに住ませてない。その基準に従えば80キロ圏内はほとんど住めなくなる。しかし日本ではそこで採れたものを食べさせています。ということは高レベル廃棄物を食べているようなものです。それを『いい、いい』といって食べさせているのが信じられません」
野呂さんが援助しているチェルノブイリ原発事故の被害者がたくさん住むベラルーシでは
現在2世である子供たちに甲状腺障害の症状が顕著に現れているそうです。
その症状とはどんなものなのか?
「あきっぽい」「なげやり」
「頭痛」「鼻血」「疲れやすい」「めまい」「抜け毛」「毛の痛み」
「体力が落ちる」

ベラルーシでは45分の授業ができずに25分に短縮されているところもあったそうです。
喘息や風邪が治らない。
そしてこういう現象は現在の福島でも見られると言います。
外見で特徴的なのは「目の下のクマ」だといっていました。
「私も福島に入っていたときに甲状腺が腫れて疲れやすくなりました」
夕方4時までしか体力が持たなかったそうです。
また免疫力が下がるためアレルギーがひどくなるといっていました。

「94年にベラルーシに行ったときはアレルギーなんかほとんどなかったのが2004年にいったときは『アレルギーが、アレルギーが』とみんな言っていきました。またある医師は『放射能のせいとは言えないが、心臓病で運び込まれる若い人が増えてきた』と言っています。セシウムはカリウムと似ていて心臓の筋肉にたまりやすい。心臓にたまると筋肉を硬くしてしまうのです」

甲状腺障害は成長ホルモンの障害なので発育不良になるといいます。
7歳なのに5歳で成長の止まってしまった子供、女の子なのに男の子のようになってしまった子、生まれながらに骨粗しょう症の子供…そういった子供がベラルーシにはいます。
野呂さんは福島の子供たちの尿から放射能が検出されたこと、それが安全といわれたことに対して怒ります。

「おしっこに放射能がたまっていた。これを『健康に影響がないレベル』という神経がわかりません。これは腎臓が被爆していてずっと放射能が出ているということです。ベラルーシでは腎臓がんになる子も多いんです」

またこういった子供たちはいつ発病するかわからないほど病気を抱えているため『チェルノブイリエイズ』と呼ばれていたそうです。しかしそれはあまりに衝撃的だということで『病気の花束を持った子供たち』と言い換えられたそうです。これがベラルーシの普通の子供たちです。

ベラルーシの汚染区域ゴメリ州ブダコシュリョワ地区の医者の調べでは健康な子供はわずか31.8%です。そのほかの子供たちは機能面での問題や慢性疾患を抱えています。ちょっと風邪をひいているというレベルではありません。

野呂さんは今、日本で必要なのは子供たちを被爆から守ることだといいます。
「茨城県の食材を鹿嶋市の給食で使用禁止にしたらJAが風評被害が起こると怒ったそうです。そして茨城の野菜を食べましょうと食べることになりました。その汚染された野菜を子供たちに回しているんです。北海道の給食にも自動的に使われています。いつの間にかそんなシステムが出来上がっています。

20110713_1852909.jpg

子供たちを給食の地獄から助けないといけません。校長の権限がそんなに強かったのかと思うほどお母さんたちが討ち死にしています。『牛乳を飲ませないならアレルギーの証明を出せ』とか『弁当はまかりならん』とか。子供の体は放射能を栄養と勘違いしてどんどん吸収してしまうんです。

そもそも日本は3回計測して放射能が出なかったらもう検査しない。チェルノブイリのあるウクライナよりも基準がゆるいというのはどういうことなのか。完全に経済を優先した基準にしています。


チェルノブイリでは7マイクロシーベルトもあったら立ち入り禁止です。でも飯館は15マイクロとか30マイクロとかあった。そういうところに住まわせていました。今30キロ圏外を一軒、一軒まわってここは避難、ここは避難しないと決めています。隣は避難するのに、その隣は避難しない。そんなのおかしくないですか?残された人はどうするんですか?」

チェルノブイリでは森の放射線量が高いのですが、これは森が放射能を吸い上げてくれるのだといいます。だから人の住む地域の放射能が抑えられていると。

しかしこの木を燃やすと放射能が出てきます。ロシアでペチカは『小さな原子炉』とよばれているそうです。だから日本でも枯葉は燃やしてはいけないといいます。

「もう前のように自然を楽しむということが放射能のあるところではできません。あるお母さんが土の上で子供を遊ばせていてその子が転びました。次の日、目の周りが腫れあがっていました」

野呂さんは対策は免疫力を高めることだといいます。
「粗食にする、昭和30年代のような成人病のなかったころの食事に戻して生活リズムをきちっと作る、早寝早起きをして食事の時間も一定にしてリズムを作ることが一番免疫力、抵抗力を高めます」。

確かに僕も福島に通っていたときはものすごく疲れやすかったです。福島に住んでいる人たちはもっと疲れやすいんだろうと思うと胸が痛みます。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

川崎市阿部市長『(給食にセシウム食材を使うのは)危険の中で生活していることを子どもたちに知って貰うため』と教育的観点であえて使っていると強調

2012.09.18 06:16|原発・放射能・原子力
川崎市阿部市長『(給食にセシウム食材を使うのは)危険の中で生活していることを子どもたちに知って貰うため』と教育的観点であえて使っていると強調



あさささささささ69fa8e39-s

川崎市民の皆さん、抗議すべきです。
どうかしてますこの市長

テーマ:許されない出来事
ジャンル:ニュース

フクイチからのセシウム放出量、チェルノブイリの4倍、広島原爆の4023発分

2012.09.17 05:15|原発・放射能・原子力
フクイチからのセシウム放出量、チェルノブイリの4倍、広島原爆の4023発分


Baidu IME_2012-9-11_15-42-34


東京電力は福島第一原子力発電所からのセシウム放出量を見直した結果、チェルノブイリの4倍広島型原爆4023発分と公表。英語でしか発表されてない、とても重大なニュースです。

<<<<<<<<<<記事元>>>>>>>>>

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

東京の汚染が「チェルノブイリ級」であるということが大袈裟でないことを確認した。

2012.09.16 06:16|原発・放射能・原子力
阿修羅♪より転載


東京の汚染が「チェルノブイリ級」であるということが大袈裟でないことを確認した。



1053600.jpg


ここ数ヶ月、仲間と東京都内を中心として、放射能汚染状況を調査してきた。当初は、黒い物質の発見及び測定を主たる目的としていたが、それ以外の黒い物質ではない「普通の土壌」も比較検体として採取し測定してきた。

「黒い物質」はなんらかの要因によって、放射性物質が極端に濃縮されたものであり、極めて危険な物体であることは間違いがない。しかし、それは、局所的に存在しており、それのベクレル数をもって、その地域一帯の汚染状況の目安にはならないと判断した。

冒頭の表は、私たちが任意に採取した「黒い物質ではない」通常の土壌のベクレル数(セシウム合算)についてまとめたものである。


私たちのベクレル計測単位は Bq/kg であるため、チェルノブイリ基準に合わせるために Bq/㎡に換算した。換算にあたっての係数は65とした。

この表と以下の基準を比較して見る限り、「東京はチェルノブイリ級の汚染である」という主張は誇張ではないことがわかる。

<チェルノブイリ>
    (強制避難エリア):           148万Bq/m2(MBq/km2)~
第一区分(強制移住エリア):     55万5千~148万Bq/m2(MBq/km2)
第二区分(補償つき任意移住エリア): 18万5千~55万5千ベクレル/m2(MBq/km2)
第三区分(放射線管理エリア):    3万7千 ~ 18万5千Bq/m2(MBq/km2)

私たちが調査した15検体のうち、
第1区分(強制移住エリア)   に該当するものは、1箇所
第2区分(補償付任意移住エリア)に該当するものは、3箇所
第3区分(放射線管理エリア)  に該当するものは、7箇所。
区分外となるものは4箇所   であった。


この投稿内容を確認することは容易である。自分自身が土壌を採取してお近くの測定所に持ち込めばよいのである。私たちはネット情報などで、「数万ベクレル」という言葉に慣れてしまっているが、kgあたり600ベクレルの汚染があれば、それはもう、チェルノブイリの第3区分に該当するのである。なお、ここで強調しておきたいのは、検出しているのはセシウムだけだということである。

この投稿に対する批判であれなんであれ、ご自身で測定することを強くお薦めする。

私たちは、そういう土地に住んでいるのである。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

放射能汚染  最近調べただけでも 恐ろしい数値 「 汚染の食品類 」

2012.09.15 06:01|原発・放射能・原子力
放射能汚染食品を監視しています 探せばあるある危険な食材さんより転載


放射能汚染  最近調べただけでも 恐ろしい数値 「 汚染の食品類 」
2012-09-06 10:45:58 aloveget3939の投稿


ほんの一部ですけど

富岡市の なめこ 10-20ベクレル  しいたけから40ベクレル 千葉のアジから 30ベクレル しいたけから20ベクレル

栃木の ヒメマスから 200ベクレル 宮城県の スズキから 340ベクレル 福島の梅干から 60ベクレル 岩手の梅干から 40ベクレル 福島の蜂蜜から 100ベクレル その他に たけのこから 550ベクレル たらの芽から220ベクレル 山椒から 250ベクレル こしアブラから 900ベクレル


この様に山菜や 山からの恵みがとても 高い数値が出ています また 海の魚も沢山

出ていますが ほんの一部ですからね



最近 汚染のマップを見てみましたが 最新版が無いのが残念です 群馬県の汚染マップと あくまでも 大まかと言う事を忘れずに

大体の数値ですから ピンポイントで 黒いバクテリア 土 などや ホットスポットは 航空の写真等では判りません 

ただ 赤城から裏側は アメリカ製の上空から測定する装置では 赤城から真っ赤になるそうですよ 片品 川場 高山 水上 沼田市などなど

ですが 恐ろしい事は これからです


最近は 山場では葬式が 異常に多いということです

放射能とは 直接関連ずれるのが 難しいといわれていますが 多いのが 肺炎らしいです 呼吸器系です

これって やはり 免疫の低下で 肺などは 弱いのでしょうね ですから

パクパク族 「何でも気にせず食べている人」 の皆さんの 健康が心配です

と言うのか 今年のインフルエンザ対策でも なかなか 熱が下がらなかったり

体が だるかったり 疲れが取れない 

奇病も多いですからね 日ごろの 食べ物には注意しないと どんどん 侵されて行きます だって 汚染食品を 進めているのですからね


汚染されたものは 本来全て廃棄して欲しい 汚染されて樹木からは 果を取らないで欲しい でも スーパーでは 販売されています

はたして 安全なのでしょうか

放射性物質が含まれていないとしても 植物の遺伝子には なんらかの異常がないのか まだ未知ですから

それにしては 遺伝子組み換えは 安全性が確認できていないので 皆さんは遺伝子組み換えは 好んで食べませんよね

まったく同じ事なんですから 


汚染物は まだまだ 沢山出回ります

そして とうとう ラストスパートに入りますよ 「 ラストスパートとは 」 

実際に 4月に 100ベクレル未満という 事になりましたが 猶予期間を 思い出してください 猶予期間が 来月の 10月に 切れますので 

待ったなしで 100ベクレル越えが 騒がれますし ニュースになってしまいます

知ってましたか 来月までは 100ベクレルこえなんて 当たり前ですからね

10月からは 少しは変わると思うのですが

それは 調べている場所だけね 


実際に 調べていない場所は 沢山ありますから


自己防衛には ラドラムサーベイメーターが お勧めです

規制後も 沢山の食品が 反応を出しています

やさい 果物 肉類 魚類 加工品


半減期を考えてください 頭の回転の早い人は 判るでしょ

25年間 苦しむかもしれませんからね 今の 10歳の子供が 35歳

今の 35歳が 60歳です

規制も ゆるくなり始めて そんなときにも 流れ出るかもしれませんよね

半減期なんて まだまだ 程遠いのです 


どうぞ まだ遅くないかもしれませんよ


一つ一つの反応を調べて 行きましょう


**

まず言える事は

放射能は 神様のくれた 人間の生命を 全うできない結果になります

また 人間としての 本来の姿 形までも変えてしまいます




ゲットブランド館


027-243-1230  「 放射能検査機器販売 担当 」

坂上


群馬県前橋市天川大島町 2-4-13


中古機器が 人気です 安くても正確に計れる 校正整備済みの

ラドラムサーベイメーターを どうぞ ご利用下さい

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響

2012.09.14 13:08|原発・放射能・原子力
原発問題 さんより転載

人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響

2011.08.28 Sun 10:38 -edit-

最近、セシウムの毒性に関する大変重要な冊子が茨城大学名誉教授久保田護氏により翻訳、自費出版されたそうです。

その内容を、翻訳者 竹野内真理 さんが要約されましたので転記します。

『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響―チェルノブイリの教訓​ セシウム137による内臓の病変と対策 ―』元ゴメリ医大学長、バンダジェフスキー博士

内容要約

食物中のセシウム摂取による内部被曝の研究が​ ほとんどない中、バンダジェフスキー博士は、大学病院で死亡した患者を解剖し、心臓、腎臓、肝臓などに蓄積したセシウム 137の量と臓器の細胞組織の変化との環境を調べ、体内のセシウム 137による被曝は低線量でも危険との結論に達した。

* セシウム137の体内における慢性被曝により、細胞の発育と活力プロセスがゆがめられ、体内器官(心臓、肝臓、腎臓)の不調の原因になる。大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け、代謝機能不全を引き起こす。

* セシウムは男性により多く取り込まれやすく、女性より男性により強い影響が出ており、より多くのガン、心臓血管不調、寿命の低下が見られる。

* 細胞増殖が無視できるかまったくない器官や組織(心筋)は、最大範囲の損傷を受ける。代謝プロセスや膜細胞組織に大きな影響が生じる。生命維持に必要な多くの系で乱れが生じるが、その最初は心臓血管系である。

* セシウムの平均蓄積量30.32±0.66Bq/kg にあるゴメリの三歳から七歳の子供は蓄積量と心電図に比例関係があった。

* チェルノブイリ事故後のゴメリ州住民の突然死の 99%に心筋不調があった。持続性の心臓血管病では、心臓域のセシウム137の濃度は高く、136±33.1Bq/kg となっていた。

* ミンスクの子供は20Bq/kg 以上のセシウム137濃度を持ち、85%が心電図に病理変化を記録している。

* ミンスクの子供で、まれに体内放射能が認められない場合もあるが、その 25%に心電図変化がある。このように濃度が低くても、心筋に重大な代謝変化を起こすのに十分である。

* 動物実験で、セシウムは心筋のエネルギー代謝をまかなう酵素を抑制することがわかった。

* 平均40-60Bq/kg のセシウムは、 心筋の微細な構造変化をもたらすことができ、 全細胞の10-40%が代謝不全となり、規則的収縮ができなくなる。

* 収縮器官の破損は以下のように観察された。最初にリーシスのないタイプの収縮が現れ、筋形質ネットの毛細管が広がり、ミトコンドリアが膨れ、病巣筋形質浮腫が記録された。これは膜浸透性の不調とイオン代謝の重大変化の証拠で ​ ある。ミエリン用組織の存在は過酸化膜酸化の増大の証拠である。ミトコンドリア破壊はその増殖と肥大を示し、インターミトコンドリアの数が増えている。持続する機能緊張と増大する酸素欠乏は内皮浸透性の増進で証明され、上記​ の組織変化の理由となりえる。

* 動物の体内の100-150Bq/kg のセシウムはさらなる重大な心筋変化、すなわち、拡散する心筋は損、リンパ細胞とマクロファージの病巣浸潤物および血管多血が認められた。

* 900-1000Bq/kg のセシウム蓄積は40%以上の動物の死を招いた。

* クレアチンソスホキナーゼのような酵素の抑制により、活力不安定となる。

* 血管系が侵され、高血圧が幼児期からも見られることがある。また 15キュリー/km2の汚染地の子供の41.6%に高血圧の症状が見られた。

* セシウムは血管壁の抗血栓活性を減退させる。

* 血管系の病理学的変化は、脳、心臓、腎臓、その他の機関の細胞の破壊を導く。

* 腎臓は排出に関与していて 、 ゴメリ州の大人の死者の腎臓のセシウム濃度は 192.8 ±25.2Bq/kg、子供の死者では、645±134.9Bq/kg だった。

* セシウムは腎臓内のネフロン組織細官や糸球体、ひいては腎臓機能を破壊し、他の器官への毒作用や動脈高血圧をもたらす。ゴメリにおける突然死の 89%が腎臓破壊を伴っている。(腎臓機能の破壊プロセスも冊子に詳述されている​)

* 血管造影で組織を検査すると放射線による腎臓の症状は特徴がある。また病気の進行が早く、悪性の動脈高血圧がしばしば急速に進む。2-3年すると、腎臓の損傷は慢性腎機能不全、脳と心臓との合併症、ハイパーニトロゲンミアを​進展させる。

* 肝臓においては、毒性ジストロフィーが増進し、細胞たんぱく質の破壊や代謝形質転換が起こり、胎児肝臓病や肝硬変のような厳しい病理学的プロセスが導かれる。

* 肝臓の合成機能の不調により、血中成分の合成に変化が生じる。 30Bq/kg 以上の子供の体に肝臓機能の不調が見られた。さらにすい臓機能の変化も観察されている。

* ゴメリ州で、急死の場合に肝臓を検査したところ、セシウム 137の平均濃度は28.2Bq/kg で、このうち四割に脂肪過多の肝臓病か肝硬変の症状があったという。

* セシウムは胎児の肝臓病を引き起こし、その場合胎児は肝臓に限らず、全身の代謝の乱れが生じる。

* 免疫系の損傷により、汚染地ではウィルス性肝炎が増大し、肝臓の機能不全と肝臓ガンの原因となっている。

* セシウムは免疫の低下をもたらし、結核、ウィルス性肝炎、急性呼吸器病などの感染病の増加につながっている。免疫系の障害が、体内放射能に起因することは、中性白血球の食作用能力の減退で証明されている。

* セシウムは、甲状腺異常にヨウ素との相乗関係を持って寄与する。免疫グロブリンと甲状腺ホルモンの間で相関関係があり、これらのホルモンは、セシウムによって代謝系統が乱れることで放出され、大量の甲状腺刺激ホルモンが出る​ことにより、甲状腺を刺激し、小胞上皮を増殖させ、ガン化につながる。

* セシウムが長期間体内にあると、甲状腺の回復プロセスが十分な値にならず、細胞分化が壊され、組織細胞要素が免疫系のアンチエージェントに転化しやすくなる。免疫反応の上昇に伴い、自己抗体と免疫適格細胞が甲状腺を痛め、自​ 己免疫甲状腺炎や甲状腺ガンが導かれる。

* 体内のセシウム濃度が増すとコルチゾールのレベルも高まり、胎児が子宮内で病気になりやすい。

* セシウムは女性の生殖系の内分泌系機能の乱れをもたらし、不妊の重要因子となりえる。また、妊婦と胎児両方でホルモンの不調の原因となる。

* 妊娠すると母体内にセシウム137は顕著に蓄積する。実験動物では、着床前の胎児死亡の増加、骨格系形成の不調、管骨の成長遅れと形成不全が現れた。

* セシウム137は基本的に胎盤に蓄積するものの、胎児の体内には入らないが、母乳を通じ、母親から子供に汚染は移行する(母乳をあげることで母親の体の汚染は低減される)。多くの系がの時期に作られるので、子供の体に悪影​ 響を与える。

* 子供とティーンエージャーの血液検査で、赤血球、白血球、血小板の減少、リンパ球の増大が見られた。ただし移住した子供に、骨髄の生理状態の回復が見られた。

* 神経系は体内放射能に真っ先に反応する。脳の各部位、特に大脳半球で生命維持に不可欠なモノアミンと神経刺激性アミノ酸の明らかな不釣合いがおき、これがやがてさまざまな発育不良に反映される。

* 体内放射能レベルの高い子供(ベトカ郡、 15―40キュリー/km2)では、視覚器官の病気、特に角膜の病状を伴う眼レンズの変化の頻度が高い。また体内のセシウム 137と白内障発生率の間に正比例関係が明瞭に見られた。

* 子供の体内にセシウムが(19.70±0.90Bq/kg)が長期入ると慢性胃腸病を起こし、自立反応のハイパーシンパチコトニー変化に現れる。

* セシウムの濃度に応じて、活力機構の破壊、たんぱく質の破壊が導かれ、組織発育が阻害される。

* セシウムの影響による体の病理変化は、合併症状を示し、長寿命体内放射能症候群(SLIR)といわれる。SLIR は、セシウムが体内に入ったときに現れ、その程度は入った量と時間とに相関する。

* SLIR は、欠陥、内分泌、免疫、生殖、消化、排尿、胆汁の系における組織的機能変化で明らかになっている。

* SLIR を引き起こすセシウムの量は、年齢、性別、系の機能の状態に依存するが、体内放射能レベルが50Bq/kg 以上の子供は機関や系にかなりの病理変化を持っていた。(心筋における代謝不調は20Bq/kg で記録された​。)

* 汚染地帯、非汚染地帯の双方で、わずかな量の体内セシウムであっても、心臓、肝臓、腎臓をはじめとする生命維持に必要な器官への毒性効果が見られる。

* セシウムの影響は、ニコチン、アルコール、ハイポダイナミアと相乗して憎悪される。

* 1976年と1995年のベラルーシの比較。悪性の腎臓腫瘍が男4倍以上、女 2.8倍以上。悪性膀胱腫瘍が男2倍以上、女1.9倍以上。悪性甲状線腫瘍が男3.4倍以上女5.6倍以上。悪性結腸腫瘍は男女とも2.1倍以上。

* ゴメリ州では腎臓ガンは男5倍、女3.76倍。甲状線ガンは男5倍、女10倍となった。

* 1998年のゴメリ州での死亡率は14%に達したが、出生率は9%(発育不全と先天的障害者含む)だった。妊娠初期における胎児の死亡率がかなり高かった。

* セシウム汚染地の住民の先天的進化欠損が毎年増大している。ここでは多因子欠損が第一位である。

* セシウムの排出に、カリエイ土を加えたペクチン製剤のペクトパルは最も将来性がある製剤のひとつである。

* しかし、セシウムが人体に入るのを防ぐほうが、セシウムを排出したり乱れた代謝を正常にするより容易なことを心に留めるべきである。

『人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響―チェルノブイリの教訓​ セシウム137による内臓の病変と対策 ―』

2011年12月現在、書店などで販売されるようになりました。

http://www.amazon.co.jp/放射性セシウムが人体に与える-医学的生物学的影響-チェルノブイリ・原発事故被曝の病理データ-ユーリー・バンダジェフスキー/dp/4772610472


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

甲状腺に5.0㎜以下の結節や20.0㎜以下の嚢胞が見つかった子供が激増

2012.09.13 06:14|原発・放射能・原子力
甲状腺に5.0㎜以下の結節や20.0㎜以下の嚢胞が見つかった子供が激増

第8回福島県「県民健康管理調査」
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/240911kentouiinkaisiryou.pdf

Baidu+IME_2012-9-12_9-13-25_convert_20120912092633.jpg



●甲状腺に5.0㎜以下の結節や20.0㎜以下の嚢胞が見つかった子供

 平成23年度 13459人 35.3%
      ↓↓↓
 平成24年度 18119人 43.1% (4660人増 7.8%増)

●甲状腺に5.1㎜以上の結節や20.1㎜以上の嚢胞が見つかった子供

 平成23年度 186人 0.5%
      ↓↓↓
 平成24年度 239人 0.6% (53人増 0.1%増)

●異変が見られた上記合計

 平成23年度 13645人 35.8%
      ↓↓↓
 平成24年度 18358人 43.7% (4713人増 7.9%増)

原発事故から1年半という時間の中で、確実に放射能の影響が深刻化してきています。
今、福島で起きていることが時間の経過と共に、徐々に遠くの地域でも起こる可能性があります。
どうか・・・どうかそうならないよう
また、そういうことに気付き、対処し、子供、ご自身、家族を守ってください。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

放射能の脳への障害

2012.09.12 05:20|原発・放射能・原子力
開明の蔵娘「マチ」の天然ブログさんより転載

放射能の脳への障害

2011-11-16


チェルノブイリ事故の被曝者を診察してきた医師の記述です。

「最も酷い障害は、中枢神経障害です。ほぼ全員です。調べていて、あるときから医師のカルテが用成さなくなっていくという、私の恐怖、わかりますでしょうか。 」

         ↓

現地の医師も中枢神経障害になっていたそうです。


この医師の記述のうち、脳障害について書かれた部分を抜粋しました。

いろいろな日にちに書かれたものを寄せ集めています。


________________________________________________________________________________________________


放射線障害を癌と白血病だけだと思っている方が多すぎます。被曝であらゆる障害が起きますが、最も多いのは知能障害で、程度の差だけです。

発癌も被曝障害の最大の障害ではありません。最大の障害は、成人なら、知能低下と性格崩壊、意欲の減退です。被曝は、細胞死とDNAの変異をもたらします。これは、被曝量と直線関係があります。中枢神経系は、再生しません。当然、脳の機能は低下します。脳は思考だけでなく、下垂体のようにホルモンも作り出します。甲状腺癌も滅多になりませんが、被曝で甲状腺機能が低下します。そして、TSHの出も悪くなれば、ぶらぶら病です。いずれ治る人もいますが、完全には治りません。知能も低下します。
 成長期の子供なら、この影響はもっと顕著に出ます。

 死ななければ、癌にならなければ、普通でいられると考えるようにさせている国やお抱え医師の発言は、許せません。

 皆さん、被曝は、抽選に当たるようなものだとお考えだと思いますが、現実は、徐々に知能と体力が失われていくのです。言われたことだけする人間になります。

 被曝障害は、統計に取れるものだけが論文になっているので、論文、論文と、騒ぐのです

 医療では、軽度の知能低下を、障害とは認めても医療加護が不要なら、統計にはなりません。甲状腺機能障害での知能低下は、脳では良く起こる事ですが、知能低下に気付かない人の方が多いので、統計を取る意味がないのです。だからといって、それが無いわけではないのです。放射線障害としてはっきり原因を特定でき、どのような医師でも判断を間違えない甲状腺癌だから、統計があるのです。死ぬ生きる、在る無い、など、統計を取れる判断基準が無い疾病は、統計を取れません。ちょっと関節が変形した、というのをどうやって統計を取るのでしょうか?関節変形も被曝障害の一つです。

 ホルモンの分泌が被曝で低下すれば、性徴が少なくなり、身長体重ともに、過去の統計より小さくなります。そこまで待ってから、治療しようとしても、元には戻せません。同時に知能も低下しますし、シナプスのランダムな成長抑制がありますから、性格は異常になります。見た目が若く見えるだけで、正常ですか?

 自覚がなくても、確実に、被曝の影響はでています。恐ろしいことですが、脳の異常は、その脳が気付けないのです。

 

非常に高い線量の服を着ているかたも大勢いますから、通勤などの移動でも危険です。
 

 この環境で生きるというのは、命がけのギャンブルで、確実に何か起きると考えられます。今は、何でもないかもしれませんが。いずれ、中枢神経の機能が落ちるのは、100%確実です。遅いか早いかだけです。


一般に知られていない脳の症状について書いておきます。これが一過性なのか長期にわたって続くのかは、はっきりしていません。

 危機感の大きな減退。
 時刻感覚の減退。
 食欲の増大。
 ステップワイズな複雑な思考の回避。
 味覚の変化。
 感情の鈍化。
 開放感(遊び)への欲求の増加。
 転びやすい。
 計画性の減少。
 複雑な文の回避。
 単純ミスの増加。
 短期記憶力の減退。
 長期記憶の取り出しの失敗。
 甘えと自己主張の増加。
 他人の感覚への共感の減退。
 状況把握の鈍化。
 滑舌がわるくなる。


 以上は、甲状腺の軽度機能障害で起こることとは違います。こちらは、倦怠と意欲の減少ですが、自覚症状は、かなり経ってから起きます。
 上述の重金属中毒に類似の症状にも、倦怠はあります。ですから、金属中毒に似た症状での倦怠と甲状腺機能低下での倦怠は、他の症状で判別できます。



ドイツの医師が、脳障害に警告しています。ベラルーシの人々が集中できないのは、「放射能恐怖」ではなく、脳障害だと言明しています。この軽度の障害は、数%に起こるのではなく、ある程度体内に蓄積もしくは、外部からの被曝で、起き、ベラルーシでは、キエフより低いところでも、ほとんどに見られます。東京圏は、キエフ以上の数値が出ていますし、食品基準も甘いので、既に過半数に達したと考えられます。初期の大放出後、放射性物質の摂取をしなかった方には、一部、一過性の機能低下が見られました。既に、西日本でも該当する症状があると考えられるようになってきました。既に、注意した方々としなかった方々に差が出てきたわけです。


Xeは、気管を通り、甲状腺を被曝させ、5%程度が血液に溶けるはずですから、脳底の血管と大脳表面の太い静脈に沿って、脳の機能を低下させました。Xeは直ぐに排出されますが、体内に取り込まれた放射性物質とXeで、その部分の脳の機能低下が持続し、時刻感覚の喪失や食欲の増進、不安感の欠如、短期記憶の長期化の阻害、などの症状が起きたと考えられます。X-rayによる癌の照射で、脳の機能が一時的に低下することが知られています。実際には、核種が体内にあるので、軽度では二、三日の頭痛程度で、量が多ければ、今でも続いていると考えられます。


 脳への障害は、第一歩は、脳内で血管の多い体積あたりの血液量が多い部分が、血液からのβ線で機能低下が起きてきます。神経線維の近傍で電離作用が起きれば、神経が偽信号を発生しますので、機能が低下するのです。Csは、神経にも取り込まれやすいですし。この最初の症状は、基本人格の増強です。尊大な人はより尊大になり、神経質な人は余計に神経質になります。一方では、不安が減り、食欲が増進し、他人の感情への共感が減り、時刻感が失われてきます。合理的思考ができなくなります(もともと意識してそうしなければ大して合理的に推理などしてませんが)。それから記憶の長期化の阻害、一時健忘、速度感の喪失、一時的にボーとする。粗暴化。性欲亢進。重要度による物の重み付けの欠如。頑固。ルーチンへのこだわり。高齢者では、認知症の悪化。足が攣りやすい。刺激時に体が硬くなって、骨折捻挫をしやすくなる。初期は、興奮しやすくなり、後に刺激に鈍感になる。精神疾患の増加。遊びたがる。などがおきます。


 チェルノブイリの場合、吸飲により、激しい頭痛、眩暈、間接痛、難聴、結膜、網膜異常、痙攣などが、一気に起き、皮膚の症状云々と言ってられなかったようです。こういった症状が激しかった人は、直ぐに楽天的になったようです。これは、脳の症状です。初期症状がなく、内部被曝だけだった人の場合、食べて2ヶ月ほどたってから脳症状が現れているように思います。ところが福島第一では、もっとはるかに早いのです。明らかに核種が違います。これほど早く血管内膜炎様症状を起こしていません。



 飲食物の基準値が甘いためで、さらにチェルノブイリの時よりβ線、α線核種の比率が高いので、今後の健康被害は、はるかに大きいと予測できます。同時に中枢への影響が大きいので、危機感が減少し、櫛歯状に人が減っても気にしない、という状態(現在のキエフ)のようになると考えられます。酒が強くなったと感じたら、中枢障害です。今後、食物での防衛をしなければ、皮質全体と、脳幹の抑制が進みますので、突然死が増えると思います。高度汚染エリアでは、甲状腺機能低下が始まっており(含む東京)、脳の抑制で、強い欝からブラブラ病への移行期も起き始めています。

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

放射性ヨウ素被ばくにより誘発された発ガンと、自然発生による発ガンを区別する方法を示す研究結果を発表

2012.09.11 05:59|原発・放射能・原子力
Security.jpさんより転載

放射性ヨウ素被ばくにより誘発された発ガンと、自然発生による発ガンを区別する方法を示す研究結果を発表


欧州の研究者が放射性ヨウ素により誘発されたた発ガンと、自然発生による発ガンを区別する方法を示す研究成果を発表
1986年のチェルノブイリ原発事故後、大量の放射性物質が降り注いだ地域の住民に乳頭様甲状腺癌(papillary thyroid cancer)が増加したといわれているが、ドイツ,英国などの研究者グループが、放射性ヨウ素により被ばくした患者と、していない患者を比較したところ、細胞の7番染色体(7q11.22 – 11.23)に相違がみられたという。
被ばくしたグループの39%が7番染色体に変化を示したが、被ばくしていないグループには変化が1例も見られなかったという。
-Source:Gain of chromosome band 7q11 in papillary thyroid

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

こんなにすごい!自然治癒力☆+゜~自然治癒力を最大限に生かした東洋医学~

2012.09.10 06:39|健康・病気・医療
こんなにすごい!自然治癒力☆+゜~自然治癒力を最大限に生かした東洋医学~

人間は大自然の一部であり、自然界の変化に影響されながら生きています。この自然界の変化に加えて、私たちをとり囲む社会環境のなかで健康を保つことは、容易なことではありません。
しかし、私たちのからだには自分自身のからだを治す叡知が備わっています。からだがもっている自然治癒力こそ健康を保ち病気を治す本当の力なのです。

手当て_convert_20120904061928

私は小学生の頃、よく祖父の家に遊びに行きましたが、そこで風邪で熱を出したり、腹痛や頭痛を起こした時がありました。祖父はその時私を寝かせて、さすったり、患部に手を当てたりしてくれました。風邪で熱を出した時は、1時間余り全身をさすってくれました。そうしてもらうととても気持ち良くなりぐっすりと眠ることができました。朝目が覚めると熱が下がっていることが幾度もあったことを記憶しています。腹痛や頭痛を起こした時は、患部に手を当ててくれました。そうすると患部が暖かくなってきて痛みが和らぎました。今でもおなかの調子が悪い時などは、自然と手をおなかに当てていることがよくあります。祖父が行ってくれた治療は、生気療法と言って、人間の手から何かが出ていて、それで病気を治すと言っていました。

注)生気療法:「生気」とは、人体を組織する細胞の活動から生じる未知の生体エネルギーであり、主に指先と掌から放射される。その生気によって身体のあらゆる部分に誘起される自然発生運動を「生気自己運動」と言う。この生気自己運動によって、自らの体内の生理的作用を促進し、疾病を治し、苦痛をやわらげ、虚弱体質を改善し、陰鬱の気性を快活にするのが「生気自強療法」である。
石井常造陸軍少将が、大正末から昭和の初め頃、生気自強療法を唱え生気の医療への応用を図った。

西洋医学や東洋医学が発達する以前、原始時代より、人は手でなでたり、さすったりして手当てをしていました。そして手のひらに始まった治療法は、やがて鍼・灸・マッサージへと発展していきました。いずれにしても手から出た何かが、相手のからだに浸透してよい気持ちになって心が癒され、よくなることにつながったのだと思います。
西洋医学ではからだを各専門分野に分けますが、東洋医学では臓器というものはからだの枝葉であり、本来からだはひとつで、各器官は互いに関連しあい、助け合って健康づくりをしているものと考えているようです。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

病気がすべて治る「気」の医学  青島 大明より引用します

「病院で治らないと言われた方こそ、来てください」 私はこのように掲げて、患者の皆さんと接しております。しかしなにも、私が行う施術が、病院で施される治療、つまり現代医学よりも優れていると言いたいわけではありません。 現代医学にも優れた点はたくさんありますし、その発展のお陰で多くの人々が助かっているのです。が、残念なことにその現代医学でも治し難いさまざまな症例があることもまた事実です。大きな副作用を伴ってしまう治療もあります。 なぜならせっかく発展した現代医学ですが、構造的に大きな欠陥があると思うのです。この弱点を埋めないことには、より効果的な治療は望めないかもしれません。 では、現代医学の弱点とは何か。 それはあまりにも専門化・細分化しすぎたところにある。私はそう感じています。そのために、患部だけに集中しすぎて、患者さんの身体全体の健康を考えないでいるような気がしてなりません。現代医学は、あまりのも細分化した分類がなされているのではないでしょうか。 内科、外科、整形外科、形成外科、眼科、耳鼻咽喉科、産婦人科・・・・ものすごく細かく分けていますが、果たしてこんな分類に意味があるのでしょうか。 末端の事柄をどんどん追求していくにつれ、ますます基本から離れていってしまう。あたかも木を見て森を見ないように、患部だけを診るのが精一杯で、身体全体に目がいっていません。西洋医学は、身体全体を見渡していない。身体全体が持つ「生命力」を軽んじているように思うのです。 そのために、たとえば心臓は治せたけれど腎臓はやられっぱなし、といったように、患者本位の治療ができなくなってしまいます。

科学の進歩自体は素晴らしいのですが、一度立ち止まって根本を見据える必要があるのではないでしょうか。
私は、生物が生きていくうえで欠かせない「生命の源」である「気」を使って、現代医学では治し難い患者さんの健康のために努めています。
気功では、その人の環境、生活ぶり、性格、行動、習性、慣習など、すべてが関係して人間の健康も決まってくると認めて、あらゆる情報を集めたうえで施術を行っているのです。普通の人でも、本能の力が高まった時には、思いもかけない能力を発揮します。
たとえば、自分の子どもが怪我をした時に、母親が「痛いの痛いの、飛んでいけ」と言葉をかけながらさすっているうちに、子どもが落ち着くということはよくあります。これは、単に子どもの気持ちが休まり、安心することで痛みを忘れてしまうだけではないようです。
本当に痛みを感じなくなる。つまり母親が「気」をコントロールして、子どもから「悪い気」を取り払っているのでと考えられます。
でもその母親は、普段から「気」をコントロールできているかといえば、そうゆうわけではないと思います。自分の子どもを助けたいという、せっぱ詰まった状態だからこそ、無の境地に入り本能の力が働き、「気」を操る能力が増したのです。
人間ならば、どんな人にでも「気」を操る力は備わっています。ただ、それを使うために無の境地に入れるかどうかで、使いこなせるかどうかが変わってくるのです。
文明社会の中で、人間はだんだんとその能力を使わないようになり、退化してしまっただけのことです。ただ、先に記しましたように、修行を積むなどすることで雑念を取り払ったり、愛する子どものために集中することで、無の境地に達した場合に、その本来備わっていた本能的な力が湧き出してきます。
「火事場のなんとやら」などという言葉も示す通り、人間というものは、せっぱ詰まれば普段では考えられないような力を発揮するものです。それは、本来備わっていた能力が使えるようになるからです。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


人は良いエネルギーを積極的に取り入れながら、エネルギーの交換をするというのは、とても大切なことのようです。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

コンピューター用語に「最適化」という言葉があります。長い間コンピューターを使い続け、ファイルの保存と削除を繰り返しますと、やがてディスクの空きスペースにファイルが断片的に保存されてしまうような状態となってしまいます。こうしたファイルの断片化が進むと、効率良い使用環境が侵されていってしまいます。 それを防ぐために、時々はファイルの整理整頓・最適化をやらなければなりません。この最適化と同じことを、人間の脳や身体でも行う必要があります。 眠るというのは、最も簡単な最適化といえます。夜になったなら寝て、朝になって起きだす頃には、脳と身体は整理整頓されて、再び活動に動き出すにふさわしい環境に書き替えられているのです。 実は、人間が、「気」を放出するのは夜中なのです。夜中に寝ている間に、知らず知らずに「気」が交換され、スムーズに最適化が行われているわけです。文章を書く人には、深夜の11時から1時くらいの間にペンが冴えわたったりする人が多いようです。音楽家も、曲を作るのは夜が多いといいます。感性豊かな人は、普通の人が寝ている時間にこそ創作活動がはかどるそうです。 というのも、彼らクリエイターたちは、多くの人が寝ていながら発する「良い気」を吸収するからです。人は、就寝して1時間くらい経った頃から経絡が安定し、「気」を発し始めます。その中の良い情報をキャッチできる人が、夜中のものすごく効率よく創作活動できるというわけです。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


「気」が目に見えない、測定もできない存在であり、また現在では一部の人達しか「気」を自由に操る力を発揮できていません。そのためどうしても西洋医学の世界に従事する人々から、非科学的であるとして否定されてきました。また西洋医学の世界に従事する人々だけではなく患者の多くも「気」の力を信じようとしませんでした。 ところが「気」を通じて、その人が今どのような状態であるか、どのような原因で病気になったのかを知ることができ、また西洋医学の知識と共に「気」の力を用いて、治らないと諦めていた患者を救ってきたことも事実です。 細部に分けていきどんどん追求していく西洋医学と身体全体が持つ「生命力」から治療していく東洋医学の統合が必要な時代になってきているのだと思います。 今回「気」について勉強していく中で、「気」が「同化能力」と関係しているように思えてきました。次回は「気」が「同化能力」にどのように関係しているのか、探っていきたいと思います。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

ガレキ拡散は日本中を奇形児にするため

2012.09.09 12:54|原発・放射能・原子力
ガレキ拡散は日本中を奇形児にするため


菅総理元政策秘書松田光世氏の話。
(衆議院議員橋本勉政策担当秘書兼フリージャーナリスト)

ツイートはフリージャーナリストでIWJ(INDEPENDENT WEB JOURNAL)の編集長 岩上安身氏

Baidu+IME_2012-9-4_13-17-34_convert_20120904132314.jpg


菅前総理元秘書の松田さんが、広域ガレキの問題で、「拡散すれば、奇形児が出ても、福島からだけでなくなり、補償の問題から逃れられるから」と言われたが、本当?」 「本当ですよ。経産省の何人もの奴から聞きましたよ


真偽の程は定かではありませんが、本当であれば・・・言葉も出ません。
既にガレキ処理を始めた島田市は汚染が広がっているとか・・・
まともな世の中になって欲しいものです。

テーマ:許されない出来事
ジャンル:ニュース

「 野生キノコから基準超セシウム:長野(CHUNICHI Web) 」

2012.09.08 12:35|原発・放射能・原子力
「 野生キノコから基準超セシウム:長野(CHUNICHI Web) 」


Baidu+IME_2012-9-4_12-27-47_convert_20120904123331.jpg

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れなく

2012.09.07 08:20|原発・放射能・原子力
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局さんより転載

福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れなくしているのだが、惨状に堪えられない医師や看護師らから、次第に洩れ始めている
http://blog.kuruten.jp/itagakieiken/205490

2012年5月1日 3時3分の記事

◆〔特別情報�〕
 東北大学医学部附属病院が、福島第1原発について「極秘情報」が外部に洩れないように緘口令を敷いている。
 それは、福島第1原発の大事故現場に送り込まれた作業員(約3000人)のうち、すでに800人が放射能により死亡しているのに、東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れないようにしているということだ。患者たちは、一旦、東北大学医学部附属病院で診察を受けた後、新潟県内にある分院に移送されて、静かに死期を迎えるまで過ごす。放射線治療を受けても、手の施しようがないからである。

テーマ:許されない出来事
ジャンル:ニュース

東京都府中市で、学校給食に9/10から福島の牛乳を使用するようです。

2012.09.06 07:04|原発・放射能・原子力
放射能メモさんより転載

東京都府中市で、学校給食に9/10から福島の牛乳を使用するようです。


A2CHYVaCQAAVipEs.jpg


【問合せ先】
教育部学務保険課給食センター
電話 042-366-8375

放射性物質の検査をすると言っていますが、飲んでしまった後で検査しても手遅れです。
読む前に検査するのでしょうか?
何ベクレルまで、測定するのでしょうか?
毎日測定するのでしょうか?
測定するのはセシウムだけ?ストロンチウムやプルトニウムは?
安全な産地の牛乳もあるのに、何故わざわざ福島から牛乳を取り寄せるのでしょうか?
保護者の確認も取らず、決定したのは誰?
健康被害がでた場合は、きちんと責任を取れるのか?

府中で実施されれば、周辺の地域も実施するかもしれません。
府中及び、周辺地域で、お子さんをお持ちの方は確認しましょう。

府中市立学校給食センター
http://www.lunch.fuchu-tokyo.ed.jp/

府中市教育センター
http://www.city.fuchu.tokyo.jp/shisetu/kyoiku/kyoikusenta/kyoiku/index.html

市長への手紙
https://www.city.fuchu.tokyo.jp/cgi-bin/formmail/formmail.cgi?d=letter

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

原宿駅前で2万ベクレル 空気清浄機から7万ベクレル (とある原発の溶融貫通(メルトスルー) 

2012.09.06 06:22|原発・放射能・原子力
★阿修羅♪掲示板さんより転載

原宿駅前で2万ベクレル 空気清浄機から7万ベクレル
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6578218.html
2012年09月02日08:20 とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

"黒い物質"を追う:志葉玲・小出裕章
http://www.youtube.com


■深刻化するセシウム汚染

福島第1原発事故以来拡散しつつある放射性セシウムが、首都圏で深刻な内部被曝を引き起こす恐れが高まってきた。

原宿で採取された「黒い物質」から2万ベクレル、埼玉県越谷市の一般家庭で利用されてきた空気清浄機から7万ベクレルが検出された。


■事故以来セシウムを吸着し続けてきた

空気清浄機のフィルターからセシウムを検出したのは東京都にある日暮里放射能測定所。一般から持ち込まれたアイテムの検査を請け負っている。

問題のフィルターは埼玉県越谷市の一般家庭で使われていたもの。福島第1原発事故以来、ずっと使われてきたもの。

セシウム137が4万5,465ベクレル/kg、セシウム134が2万6,302ベクレル/kg検出された。合計すると7万ベクレルあまりになる。27日に同施設のHPで公開された。

測定に当たっては、ダストとフィルターを分離せずそのまま測ったため、ある程度の誤差はある、とされているが、同様の空気を肺で濾過してきた、と考えると、恐怖を禁じ得ない数字だ。


■原宿で2万ベクレル、皇居で11万ベクレル


汚染は東京都内でも進んでいる。JR原宿駅前で採取された「黒い物質」から2万1,346ベクレル/kg、皇居周辺で採取されたものからは11万ベクレルのセシウムが検出されたことをBS11の報道番組、Inside OUTが28日に報じた。

黒い物質は福島県南相馬市の大山こういち市議が発見して命名した物質。セシウムを取り込んだ藍藻が乾燥して粉状になったもの、と考えられている。


■無意味な空間線量の発表

環境省では各地の危険度を把握している、とのスタンスを示すために空間線量を測定して発表している。これは地表から1m、あるいは50cmの線量を測った数値であり、「黒い物質」などが持つ放射線量はほとんど測定できない。

風の強い日にこういった物質が舞い上がって、呼吸とともに体内に入り、内部被曝を引き起こすリスクについて、京都大学の小出准教授などが指摘しているが、ほとんど報じられていないのが現状だ。

(税金と保険の情報サイト)
http://www.tax-hoken.com/news_ahuMyM3Xrm.html

================================================

こんなにひどい汚染物が各地に存在しているのに,政府が放置している理由が語られています。

それは,環境省が定めた除染の基準が空間線量(シーベルト)に依存しているので,ベクレルがいくら高くても無視されてしまうのだそうです。

こういうことが判った時点で基準を変えればよいだけだと思うのですが,未だに放置されているということに悪意が見え隠れします。

巧妙なスローモーションの殺人です。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

核燃料プール 数年で満杯 6割が運転不可に

2012.09.05 06:38|原発・放射能・原子力
核燃料プール 数年で満杯 6割が運転不可に

原発は「トイレの無いマンション」とよくいったものです。
そろそろ、汚物が収まらなくなるみたいです。
もうそんなマンションに住むのは止めて、
汚物が貯まらない、クリーンエネルギーマンションに住んでみましょうよ。


33336_convert_20120904144029.jpg



//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
核燃料プール 数年で満杯 6割が運転不可に
東京新聞 2012年9月4日 朝刊

全国の原発五十基のうち約六割の三十三基が、数年間稼働させれば使用済み核燃料プールが満杯になり、動かせなくなることが、各電力会社への取材で分かった。新たに中間貯蔵施設を造るには十年はかかり、使用済み核燃料を再処理しても、核のごみは減らず、再生される混合酸化物燃料(MOX燃料)は使う計画がない。原発の抱える深刻な問題がはっきりした。 

 本紙は、原発を保有する九つの電力会社と日本原子力発電(原電)に、各原発のプールの空き容量のほか、一年(通常、原発の定期検査の間隔は十三カ月)ごとの核燃料交換の実績値を取材。そのデータから、各プールがあと何年で満杯になるかを計算した。

 これまでプールの空き容量は三割強あり、当面は何とかなるとされてきたが、個別に見ると状況はもっと厳しかった。

 東京電力の福島第一5、6号機(福島県)や柏崎刈羽6、7号機(新潟県)は既にほぼ満杯。同社と原電は共同出資して青森県むつ市に中間貯蔵施設を建設中だが、まだ完成していない。仮に完成しても、六年ほどでいっぱいになる。

 中部電力浜岡3、4号機(静岡県)、関西電力美浜1、2号機、大飯1、2号機、高浜1、2号機(いずれも福井県)などは一~三年分の空き容量しかない。新しい号機のプールは比較的余裕があるものの、ほかの号機の使用済み核燃料を受け入れると五年前後で満杯になってしまう状況だった。

 東電と原電以外は、再処理工場(青森県六ケ所村)の貯蔵プールを活用したいところだが、既に97%以上が埋まっている。中間貯蔵施設を新設することも考えられるが、むつ市の事例も計画からほぼ完成まで十二年を要しており、とても各原発の厳しい状況には間に合わない。

 十二年分以上の残り容量があるのは、北海道電力泊3号機(北海道)、四国電力伊方3号機(愛媛県)、九州電力川内1号機(鹿児島県)の三基だけだった。

<使用済み核燃料> 原発は定期検査ごとに原子炉内の核燃料をすべて取り出し、4分の1から3分の1程度を交換し、再び炉に戻される。交換作業が問題なく進むよう、使用済み核燃料プールには1炉心分強の空きスペースが必要とされる。使用済み核燃料といっても長期間、放射線と熱を発し続けるため、貯蔵プールでの継続的な冷却が欠かせない。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


政府、電力会社、原発ムラの人々は、何の対策も無く、ただ再稼動を促進している、
守銭奴のおバカさん達みたいですね。

しゅせん‐ど【守銭奴】・・・金をため込むことばかりに執心する、けちな人。


やれやれ・・・ ┐(´д`)┌




テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

「福島原発最悪の事故はこれから 日本は滅亡」仏誌

2012.09.04 04:30|原発・放射能・原子力
とある原発の溶融貫通(メルトスルー)さんより転載

「福島原発最悪の事故はこれから 日本は滅亡」仏誌


事故は収束していない むしろこれから

政府が安全宣言を出した福島第1原発について、フランスの有力誌「ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール」が「最悪の事故はこれから起きる」とする告発記事を掲載した。

現代日本が滅亡する


「ル・ヌーヴェル・オプセルヴァトゥール」誌は独の「シュピーゲル」誌などと並び称される仏の有力誌。先月掲載した記事の中で、福島第1原発がいまだ抱える破滅的な危険性を暴露した。

同誌が問題視するのは、福島第1原発4号機。264トンの使用済み核燃料を貯蔵するプールが設置されているが、地上30mにあるプールには、屋根も壁もなく、ただ白い防水シートに覆われているだけだという。

新たな地震や台風などで倒壊、あるいは水漏れをおこし、燃料棒が直接空気に触れる事態になれば、チェルノブイリ事故の10倍、2011年3月の爆発で漏れた分の60倍にあたる膨大な量の放射性物質が飛び散ることになる。

京都大学原子炉実験所に所属する小出裕章氏は、少なく見積もっても広島に落とされた原爆5,000発分に相当すると試算する。

同誌は科学技術振興機構(JST)の元理事長、北澤宏一など、同施設のデータを分析した専門家を取材。北半球全体が長期にわたって深刻な汚染にさらされ、現代日本は滅亡する、と指摘する声を伝えた。

日本より世界が心配する危機的状況


半ば崩壊した燃料プールの状態について、仏の物理学者、ジャン・ルイ・バデゥヴァン氏は「まるで精神力のみによって支えられているかのようにみる」と評する。

この事態の危険性を日本の政府やマスコミはいっさい伝えないが、欧米諸国では早くから危惧されてきた。米上院、エネルギー委員会の有力メンバーであるロン・ワイデン議員は昨年6月、ヒラリー・クリントン国務長官に深刻な状況を報告した。

「福島第1原発4号機の冷却用プールが崩壊すれば、放出された放射性物質が数日のうちに米西海岸に到達する可能性がある。米国にとっても安全上の大きな問題」というもの。
東電は4号機プールの床を補強して安全宣言を出したが、この声明には、どのくらいの震度までなら耐えられるのかなど、具体的な説明はいっさい含まれなかった。

その後、今年5月になって、レーザー測定器による耐震強度テストなどをおこない、「東日本大震災と同島の地震にも耐えうる」と東電は発表した。

この宣言について、もっとも慎重な専門家とされる放射線防護原子力安全研究所(IRSN)の安全課所長チエリ・シャルル氏は否定的な見解を示している。「Enviro2B」誌の取材に対して、「冷却用プールが耐えられるのは小さな揺れだけ」と語ったのだ。

解決策は誰も知らない

こういった事態を打開するため、東電も模索を続けている。燃料棒を取り出し、安全な場所に保管するため、7月18日には試験的に燃料棒2本を取り出してみせた。

ただ、264トンもの燃料棒を取り出すには、まず高さ70mのクレーンを設置する必要があり、この建設完了は早くても来年末になる予定だ。

さらに取り出した燃料棒の行き先も決まっていない。地下に埋蔵するしかないのだが、ようやくその候補地を探し始めた段階で、決定には数年を要するとみられる。

解決策が判明して危機が去るまで、いったい何年かかるのかはまったく不明だ。その間、大きな台風や地震が来ないよう、ひたすら祈るしかない。

cbac7dec-s.png
france
◆Le Nouvel Observateur
http://tempsreel.nouvelobs.com/

(税金と保険の情報サイト)
================================================

こういう情報を見るとすぐに「煽り」だと片付けてしまう人がいますが,誰一人として解決策を知らない大問題が現在進行中だということは事実です。

もう少し心配したほうがよいと思います。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

〔放射能・アスベスト〕北九州市が9月17日から汚染ガレキを焼却  

2012.09.01 06:50|原発・放射能・原子力

〔放射能・アスベスト〕北九州市が9月17日から汚染ガレキを焼却  


☆震災がれき焼却、9月17日から 北九州市 (共同通信)

http://www.47news.jp/CN/201208/CN2012083101001942.html

北九州市は31日、宮城県石巻市の震災がれきの焼却処理を9月17日にも始める見通しを明らかにした。宮城県が週1回、専用船でがれき800トンを運搬する。10日に第1便が出港する予定。

            ↓


ハンニバル
https://twitter.com/sockskurogohan/status/241374549881536512
【拡散願います】 宮城県、岩手県の瓦礫線量のデータです。
(注:PDF)
http://kouikishori.env.go.jp/howto/houshanou-noudo.pdf
未検出は、放射線量が無いということでは無い! 原発由来の放射線は危険です! 騙されてはいけない! 騙されてはいけない! 放射線被曝瓦礫拡散反対!



あかさたなんだか
https://twitter.com/kurukuru_pahhh/status/241369620680937472
産廃利権問題■瓦礫、阪神淡路大震災では2000万トン、東日本大震災では2300万トン。 阪神淡路大震災での瓦礫処理費用、1トンあたり22000円、岩手が63000円、宮城が55000円。 物価は安くなってるのに? 枝野の父は産廃界の重鎮。↓
http://blog.goo.ne.jp/takemaru_may/e/0e9cbee8b730b7ae65815fb24cac4a7e



宮井留志
https://twitter.com/laforce381/status/235928529404059648
宮城県、岩手県ともに確認しましたが二年以内に処理が可能です。 宮城県は残り1年4ヶ月。 広域処理の輸送費は税金ですよ。 余分な被曝を避け、被災地復興にあてるべきですよネ! 政治家は何故復興の足を引っ張るのですか? すでに瓦礫受け入れは、 利権と票とり政治家の宝箱!


武田一灯
https://twitter.com/kujiragami/status/234975900997931008
去る7月27日から、岩手、宮城、へと行って来たのですが、沿岸部被災地で瓦礫に困ってという話は一度も聞きませんでした。27日には宮古の瓦礫が再生路盤材として利用され始めたというニュースも。やはり広域処理は利権絡みとであると確信。


みいすけ1997
https://twitter.com/miisuke1997/status/234848568131854336
瓦礫処理問題。宮城は二重契約、岩手は過大見積もり。必要のない瓦礫処理に2000億円近くがゼネコンに? 住宅地図を基に見積もった瓦礫量には津波流出分を考えず4分の1が過大。環境省は瓦礫利権省か?


EUCALYPTUS_70ml
https://twitter.com/EUCALYPTUS_70ml/status/240774533605380096
東京都と北九州市で受け入れ焼却予定の石巻ブロック瓦礫には二重契約問題が発覚しています。宮城県は鹿島JV(鹿島建設などゼネコン9社)へ石巻ブロック瓦礫全量の業務委託契約を済ませているのです。広域処理にまわす瓦礫は既に存在しないのです。


飛田まり
https://twitter.com/kappel0208/status/240094854045130752
北九州の瓦礫問題:宮城県が鹿島JV及び北九州市との二重契約をしていた。広域化調査G斎藤利幸弁護士「北九州市へ試験焼却のために送られた80トンのがれきは、鹿島JVから送られてきたもの。1400万円の運送費は鹿島がトラック業者に支払っていた。これは、自治体法違反である。」




☆宮城の二重契約【青木泰さんからの文の転載です】

http://ameblo.jp/onsin11/entry-11337500475.html

緑の情報特版 NO4(20120818)

―環境省の「工程表」(8月7日)を読み解くー

宮城県の2重契約(犯罪行為)に逃げ出す受け入れ自治体

市民検討委員会 調査チーム 青木泰
 

残るは、北九州市と東京都

 宮城県が被災市町村から受託していたがれきの6~7割を占めるのが石巻ブロック(石巻市、女川町、東松島市)のがれきである。北九州市に持ってくる石巻市のがれきも、東京都に持ってくる女川町のがれきも、宮城県内では、この石巻ブロックのがれきとして取り扱われている。

その石巻ブロックのがれきが、宮城県によって全量鹿島JVに昨年9月に処理委託されていた。当市民検討委員会調査チームによってその事実が今年6月に分かった。石巻市のがれきも、女川町のがれきも鹿島JVに業務委託契約された段階で、鹿島JVに「処理権限と義務」が移る。したがって宮城県が広域化処理してもらいたいと全国に訴えた石巻市や女川町のがれきは、宮城県にはなく、広域処理の必要性はなくなっていた。実業や経営に係わったことのある人は、宮城県のこの行為を「犯罪行為」と即座に断言し、ひどさにあきれる。

宮城県が業務委託していた事実を隠し、がれきの広域化を図った狙いがどこにあったのかは、司直の捜査を待つ必要があるが、一度契約したがれきを2重にカウントし、国の交付金を2重に詐取するのは、明らかに犯罪行為に当たる。

こうした事実を私たちの調査チームは、北九州市だけでなく、場所を移して宮城県、そして環境省に通告し、そのたびに記者会見を通してメディアに伝えてきた。

7月26日 衆議院会館 院内学習会&記者会見

7月30日 宮城県村井嘉浩知事に提出―同日記者会見

8月7日  環境省環境大臣宛―通告文提出

8月13日 衆議院会館 記者会見

各所でのインターネットメディアの実況や録画を見て一番驚いたのは、受け入れの検討表明していた自治体ではないかと考える。宮城県では既に鹿島JV他の建設ゼネコンやJVに業務委託を完了しているのに、その事実を覆い隠し、広域化することは、業務委託契約を勝手に廃棄することになり、明らかな違法行為であり、社会的にも許されない。

また全国の自治体の焼却施設などを使う広域化は、運送費が余分にかかることになり、契約変更は理由が成り立たないからである。

5月21日のがれきの総量の見直し後の報告では、受け入れ自治体として名前が挙がっていた16の都道府県は、今回の「工程表」では、殆ど名前がかき消され、茨城県、山形県、栃木県と名前が残っているところも「調整中」と後退した。具体的な数量が書かれているのは、東京都と北九州市だけとなっている。宮城県から運ばれるがれきの広域化処理は、いよいよ東京都、北九州を残すのみとなってきた。
 

2.環境省2か月余で方針変更―広域化の破たんを示す「工程表」

(1)受け入れ府県が16県から実質2県に。

環境省が8月7日に 震災廃棄物(がれき)についての今後の処理の工程表(注1)を発表した。工程表と言う言葉は、建設工事や工場の生産の上でその手順や流れを示すものとしてよく使われるが、省庁が今後の計画や見通しを示すものとして使用するのは、多少の違和感がある。

今年5月21日に環境省は、被災2県の調査を受けて、震災がれきの発生量の大幅な見直しを行い、それに伴う今後のがれきの処理方針(注2;以下「推進計画」)を発表したばかりである。

その中で「宮城県と最優先で広域処理の実現を図る自治体における進捗状況」と言う一覧表が記載され、そこには、東京都、青森県、山形県、茨城県、三重県、滋賀県、京都府(京都市)、兵庫県、福岡県(北九州市)の9県が、表記されると共に、「…受け入れについて具体的な回答をいただいている栃木県、千葉県、山梨県、岐阜県、愛知県、鳥取市、島根県」と7県の県名、合計16県の名前が挙がっていた。それからわずか2か月余しか経っていない中で、実質東京と北九州市を残して消えてしまったのである。

「工程表」には、受入れ自治体が激減した事実について、その事実指摘も、説明も行われていない。


(2)広域化必要量はそのままの数値。

16府県から実質2県に受け入れ先が変わっている。そのことは、「推進計画」と「工程表」を見比べた結果分かったことであるが、本来なら「工程表」にはそのことは、いの一番に触れなければならないことである。ところが触れいていない。なぜか?

また不思議なことに、「推進計画」で謳っている宮城県の広域化必要量は、127万トンであり、「工程表」でもその点は同じである。可燃物39万トン,木くず40万トン、不燃混合物48万トン合計127万トンが広域化必要量との記載は変わっていない。(注3)

工程表は、本来、広域必要量を踏まえた上で、その必要量をどのように処理してゆくかを示す役割を持っている。ところが、今回の工程表は広域化必要量が数量的には変わっていないのに、受け入れ自治体が2県に激減しているのである。これでは、127万トンの広域化必要量をどのように処理してゆくかの筋道を示すことはできない。

しかもその点についての説明がない。これでは行政が仕事の上で提出するレポートとしては、失格であるし、もし学生がこのようなレポートを提出すれば、「0点」しかもらえないだろう。仕事の上でのレポートとすれば、1から書き直しを求められるであろう。


(3)“へたれ”工程表から見える隠された事実

① 受け入れ自治体激減の事実と理由

まったくひどい“へたれ”と言ってよい工程表である。もしここに広域化必要量として記載されている127万トン(可燃物39万トン)に間違いがなければ、広域化処理量は沢山あるが、現状として処理できないと白旗を上げるレポートである。

 もちろんこのレポートでは、白旗は上げていない。

ではなぜか?白旗を上げればその最大の要因である「受け入れ自治体が、なぜ激減したのか」に触れなければならなくなるからである。

「推進計画」を発表して、わずか2か月での「工程表」の発表。やはり今回の最大の特徴は、受け入れ自治体の大激減である。

この間

ⅰ)青山、池田、奈須などにより被災地では、自己処理の計画が進められ、広域化の必要がなくなっているという報告が行われた。(注4)

ⅱ)TV朝日のモーニングバードなどで、広域化問題が特集報道された。

ⅲ)2重契約問題が発覚し、当市民検討委員会の調査チームが各所で訴え、インターネットや地方紙、地方TVなどでも取り上げられてきた。

そうした中で受け入れ自治体にとって、宮城県からがれきを受け入れれば、違法な2重契約となり、宮城県がすでに民間委託していることを知って受入れ契約を結べば、受け入れ自治体も国の交付金の詐取に加担することになる。

受け入れ自治体の激減は、こうした2重契約問題等の背景なしには、説明できない。工程表では、そのため一番報告しなければならない激減の事実について報告を隠したといえる。


② “へたれ”工程表で良しとする本当の理由

広域化必要量が127万トン(可燃物39万トン)とすれば、東京都と北九州市による引き受け量だけで、処理はできない。ところが“へたれ”工程表をそのまま発表していて環境省や宮城県は良しとしている。平気なのは、宮城県では当初計画の全量を民間委託していること、さらに5月21日の発生量の見直しで、そもそもがれき量が減ったことがあり、広域量が127万トンと言うこと自体、事実ではないということである。

つまり私たちがこれまで調べてきたように、広域化に回すがれきはない。その事実確認があって、このような“へたれ”計画で良しとしていると言える。


③ やはり見逃すことのできない東京都と北九州市の受け入れ!

しかしそうするとますます宮城県石巻ブロックから東京都と北九州市にがれきを持ってくるのは、違法であり、無駄遣いであり、交付金の詐取につながると言わざるを得なくなる。

8月末~9月初めまでに別紙(*5)のような通告文を東京都下のがれき引き受け自治体に提出する予定だが、それ以降もがれきの受け入れを続けるならば、交付金を出す環境省も含めた行政による交付金詐欺事件としての刑事告発そして立件は不可避になるのではないか。


3.工程表から垣間見える事実と今後

 (1)工程表の特徴と問題点のまとめ

「工程表」を「推進計画」と比較しながら見て行くと、環境省が進めてきた広域化がすでに破たんをきたし始めていることが分かった。環境省が作った工程表と言う作文の特徴は、
広域化必要量は、過去の計画量と一致させ同じ量の広域化が必要だという立場をとっている。しかし広域化必要量は、被災地自治体でのがれきの処理量で変わってくる。4つのブロックですでに民間委託しているという点を考慮した報告になっていない。

② 受け入れ自治体の激減と言う大事な事実を示していない。そのため、受入れ自治体が2箇所になってしまった中で、過去の計画量と同量の広域化必要量をどのように処理するのかの道筋は、「工程表」で示されていない。

受入れ自治体の激減の理由が、述べられていない。

減少する理由は、
ⅰ)広域化の必要量が減った
ⅱ)受入れ自治体側の受け入れたくないという意思
ということだが、ⅰ)なのかⅱ)なのかは示していない。

本当は両方の要因なのだが、ⅰ)とすると、北九州や東京都も必要ないとなるため、曖昧にしているといえる。

結局2重契約問題と被災地で処理は可能だ、広域化の必要がないということが激減の理由である。本来は、環境省は、そのことを踏まえて「工程表」を作る必要があった。しかし東京都と北九州市を継続させるために、その点を隠し、曖昧にした提案書を作ったといえる。

したがって事実に沿えば、北九州市、東京都への広域化は必要ないし、犯罪行為への加担であるといえる。

この2重契約問題は、IWJが2時間取材で取り上げ(*6)韓国TV局も動きだし、各地の市民活動とも連携しながら戦後最大の疑獄事件に迫る動きとなり、もう覆い隠すことは出来なくなっている。


(2)工程表から明らかになったこと

 今回は、宮城県のがれきについて焦点を当て、調査してきたが、工程表から垣間見える岩手県のがれき問題も今後お届けする。

岩手県のがれきは、当初の詳細計画(注7)では、県内の清掃工場、県内に作る仮設焼却炉、そしてセメント工場プラントによって、可燃系のものは処理する計画が立案されていた。

宮城県の場合、4つの大きなブロックに分け、建設ゼネコンやJVに委託する方法を取っていたが、岩手県では、既存の処理施設のプラントを使って処理するという形をとっていた。その意味で岩手県も宮城県と同様に県として完了まで見据えたがれきの処理策を計画していた。(注7)

ところが、そうした県レベルのがれき処理方針を無視するように、広域化で乗り込んできたのが環境省で、その予算的な裏付けを取ったのが、昨年11月21日の第3次復興予算の決定だったといわれる。

確かに昨年の年末といえば、宮城県の石巻ブロックのがれきの処理委託契約は、9月16日に終わっていた。そこに無理やり入り込んで広域化を行おうとしたため、2重契約問題が発生した

岩手県では、野田村や山田町、そして宮古市が、大量の広域化計画量を立案し、今回は大幅に下方修正されている。下方修正されたのは良いが、岩手県が元々作っていた県の詳細計画では、処理計画が完了していた。なぜそのよう巨大量の広域化が立案されたのかが問いただされることになる。

工程表では、岩手県のがれきの広域化の行く先が記載されている。環境省が、これまで打診していた府県や政令指定都市に、予定通りの量を用意することができず、前向きに答えてくれた自治体に、少しづつ顔を立てるように振り分ける計画が示されている。

この環境省の工程表から伝わってくるのは、被災県ががれきの処理に困っている姿ではなく、がれきを貴重品のように、受け入れ自治体に分け与える計画図である。

広域化計画は、環境省主導の全く無駄な公共事業であったことが明らかになりつつある。その点が宮城県に続いて岩手県の事例を次回に紹介してゆきたい。

岩手県の計画の中では、最も遠い場所に運ぶのが宮古市のがれきを大阪市に運ぶ計画である。広域化がなくとも地元での処理計画が立案されていたのを、国が割り込むように入ってきて、広域化によるムダ金を使わせようとしている。大阪の橋下市長が、批判してきた国による全く無駄な事業に、批判してきた橋下市長が加担することになる大阪市のがれき受け入れである。橋下市長の行政改革の内実が問われるがれき受け入れとなる。

テーマ:許されない出来事
ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。