09 | 2012/10 | 11
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚肉(鹿児島産)からセシウムを検出 福島からの移動豚は全1万頭

2012.10.31 06:40|原発・放射能・原子力
断食コムさんより転載


豚肉(鹿児島産)からセシウムを検出 福島からの移動豚は全1万頭
2011年7月27日 00:00


牛肉とちがい、追跡できないシステム

放射性セシウムが検出された牛に続き、今度は豚だ。

6a7bb3d315402b117dd31832abdce86c.jpg
Image: Ethan Bloch


福島第一原発の放射性物質による、汚染稲わらを食べた全国各地の牛から、高い数値のセシウムが検出されているが、15日に、とうとう豚からも検出された。「女性自身」は、問題は、この豚が「熊本産」として流通していたことだと報じている。

セシウムが検出された豚は、もともと福島県産だ。


豚は、牛と違い、飼育の場所や経過などを追跡(トラッキング)できる「個体識別番号」がないため、食肉として出荷された場所が産地となるそう。

同紙の地元記者は、養豚組合の担当者の話として、以下のように紹介している。
「これまで緊急時避難準備区域と計画的避難区域から約1万頭が県外へと移動しています。出荷されたのは、主に長野県や群馬県、新潟県、熊本県など。いずれも避難先の県産として出荷されています」


産地表示での判断は不可能
国や県は、上の事実を承知の上で、豚を福島県外へ移動することを認めているという。今後、豚肉の産地表示では、元の産地を判断できない状況もあるため、消費者にとっては、更なる不安の種となるだろう。


スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

電力会社は米軍の核兵器生産工場だった!!

2012.10.30 05:10|原発・放射能・原子力
とある原発の溶融貫通(メルトスルー)さんより転載


電力会社は米軍の核兵器生産工場だった!!


ガス拡散法によるウラン濃縮のOEM生産工場としてのという記事からの引用です。

==================================================
日本での原発再稼動は、電力ではなく、濃縮ウランの供給を要求するアメリカ企業の圧力があるからだ。日本の電力会社は、アメリカでの濃縮ウラン生産の生産拠点となっていて、アメリカ製濃縮ウランのOEM生産を請け負っている

アメリカは、1978年の核非拡散法で、プルトニウム生産の増殖炉研究を停止したが、日本に、古い設備であるガス拡散法による濃縮ウラン製造の増殖技術の設備と技術を売り渡し、濃縮ウランのOEM生産を秘密裏にさせた。

ガス拡散法は、加圧ポンプ、吸引ポンプにより圧縮、膨張を繰り返すために、発生する熱を除去する、冷却設備が必要となるために、電力消費が非常に大きい。このために、原子力発電所内で、ガス拡散プラントを併設するのは合理的である。

遠心分離法ウランは電力消費量がガス拡散法の約1/50と大幅に少なく2010年代にはガス拡散法による既存のウラン濃縮工場は全てなくなると予想されている。

商業用の濃縮ウランの生産は表向きは民間事業者が行っている。アメリカは、1978年の核非拡散法で、プルトニウム生産の増殖炉研究を停止したが、日本の電力会社にOEM生産させるために、ガス拡散法によるウラン濃縮技術を売り渡した。

濃縮ウランと劣化ウランの搬出は、使用済み核燃料の処理をフランスで行うとして、アメリカ経由で海上輸送のルートを構築し運搬した。
==================================================

驚くなかれ,東電の「原子燃料サイクル」のホームページ上で,東電がこの「ガス拡散法」を用いてウランを濃縮していることが堂々と書かれています。

9f3da9b4-s.png


もう一度言います。大飯を再稼動させたのは電力が足りないからではなく,米国の兵器産業のOEM生産を滞りなく行なうためです


==================================================
日本の核事情や、アメリカ国内の安全保障や核非拡散の関係で、この契約は極秘事項とされていたが、3.11の東日本大震災で福島第一原発で事故がおき、ガス拡散法設備のある四号機が無傷で残ってしまった。

アメリカは、四号機のガス拡散法設備の存在が明るみになるのを恐れ、ミサイルで設備のある4階を爆破した。福島の四号機は、3号機の水素が流入したために爆発したのではなく、ミサイルによる爆破である。

四号機の爆破の前には、自衛隊の科学防護体が撤退をしており、ミサイルによる爆破は日本側も知っていただろう。朝6時の爆破後火災が発生するが、はじめて米軍が消火活動に参加する。

四号機の4階にあった濃縮ウランと劣化ウランは、爆風で大気中に拡散したと考えられる。東日本で、急増する体調不良は、劣化ウランの後遺症に悩む米兵の症状と同じである。

大飯原発の再稼動は、濃縮ウランの供給を要求するアメリカの圧力があるからだ。
==================================================

「ミサイルによる爆破」なんて聞くと,またトンデモ扱いされそうですが,「世界の真実の姿を求めて!」というブログがこの説を真面目に検証しています。

==================================================
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-341.html
なぜ4号機の消火作業だけ、米軍が従事したのか?

福島第一原発事故、特に1号機と3号機の爆発の際、米軍は現場にいなかった。

4号機に火災が発生したと聞きつけて、なぜか鎮火作業に従事するのである。

もちろん、3号機の爆発がただごとではないことを米軍は認識していたはずだ。

なぜ、4号機のトラブルに際し米軍がしゃしゃり出てきたのか。被曝するリスクを顧みず、4号機の鎮火に勤しんだのか。

本当は火災など起こってなく、米軍は証拠隠滅のために消火作業に従事するポーズを見せていたのではなかろうか。


http://www.asahi.com/special/10005/TKY201111100441.html
東電は10日、原子炉建屋4階の空調ダクト付近で水素が爆発した可能性が高いとの見方を示した。

ダクトは3号機とつながる配管に通じていることから、炉心溶融を起こした3号機から水素ガスが入り込んだ可能性が強まったという。

東電が8日に被害状況を再確認したところ、空調ダクトは4階を中心に破壊されていた。4階の床は押し下げられ、5階の床が盛り上がっていたほか、5階の吸気口の網は外側にふくらむようにねじ曲がっていた。

http://ryuma681.blog47.fc2.com/blog-entry-467.html
さて、この4号機は、今でこそ「爆発だ」と一般の方も思っているだろうが、東電も政府も「爆発」とは認めていなかった。

なぞに包まれた原子炉なのである。日本人で「4号機の爆発映像」を見たものは誰もいまい。

なにしろ、唯一のテレビカメラ (他は地震で壊れた) の持ち主である「福島セントラルテレビ」の報道部長が一般国民には極力見せないほうがいいと判断し、テレビ映像を極力放送しなかったのだそうだ。 

2011.3.15 産経新聞 東京電力は15日、福島第1原発4号機の火災は鎮火したと見られることを発表した。

4号機は15日午前9時40分ごろ、原子炉建屋4階で出火が確認された。

同日早朝には5階の天井に損傷が確認された。

8b2cb662-s.jpg
南側から見た4号機建屋

6ffe4a23-s.jpg
福島第一原発4号機の原子炉の5階

0d210163-s.jpg
福島第一原発4号機の原子炉建屋全体
==================================================

以前に東電が4号機の写真を修整していたことが問題になりましたが,その説明もついしまいますね。

十分にありそうな話だと思いませんか?






テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

IAEAがもった劣化ウランへの疑念

2012.10.29 05:22|原発・放射能・原子力
橋本さんのプログさんより転載


IAEAがもった劣化ウランへの疑念


1 何故、日本に劣化ウランがあるのか

3.11の東日本大震災の1か月前の2月、国際原子力機関は、査察対象となっている日本の原子力関連施設の核物質報告漏れについて、日本側に「深刻な懸念」を伝え、通常は査察の対象にしない廃棄物を検査したいと異例の申し入れをしています。

通常は査察の対象にしない廃棄物とはなんでしょうか。この答えは、同年の8月にIAEAへの報告書をスクープした週刊朝日で劣化ウランであることがわかりました。それによると、全国195カ所に1545万6600リットル分の放射性物質があるとし、その事業所名とドラム缶に換算された数量が記入された一覧表を公表しています。

そして、3.11の時に、チッソ石油化学(株)五井製造所が延焼した際に、劣化ウランがドラム缶33本の存在を報道しているのですが、その一覧表との数字と合っています。また、2012年の4月22日に起きた三井化学(株)の岩国工場の爆発事件でも、報道は、その一覧にあったドラム缶の本数を報道し、劣化ウランと断定しました。

つまり、週刊朝日がスクープしたドラム缶にして7万7千本の劣化ウランが、日本全国196ヶ所に置かれているというのです。

問題は、劣化ウランの有害性はもちろんですが、劣化ウランは、濃縮ウラン精製の際の副産物として生まれるものであり、六ヶ所村の遠心分離プラントがあるといっても、2000年から稼動していないわけで、どうして、この劣化ウランが大量に日本国内にあるのかが問題となります。

2004年に、当時野党であった民主党の稲見哲男衆院議員が、この件を国会で取り上げていますが、そのときの答弁では、劣化ウランは米国から輸入されていると官僚側が答えていますが、米国から輸入された劣化ウランの本来の所有者は特定できないとしながら、米国エネルギー省から劣化ウランを譲り受けたと答えています。
しかし、輸送費を含む劣化ウランの調達費用、劣化ウランの輸入、及び国内輸送の手続きの、申請日と許可日を質問していますが回答をしていません。また、国内の保管場所についても明らかにせず、2011年になって、IAEAからの勧告で報告を求めらています。

日本国内にある劣化ウランはどのようにして日本に入ってきたのでしょうか。それとも、日本で作られたのでしょうか。そうであるとすると、日本の六ヶ所村以外に、濃縮ウランの生産プラントがあるということになります。どこにあるのでしょうか?

2 IAEAがもった劣化ウランへの疑念

3.11の東日本大震災前の2月に、IAEAは、通常は査察の対象にしない廃棄物を検査したいと異例の申し入れをしています。その内容は、IAEAは、報告する核物質として、天然ウランや劣化ウランも含むとしていましたが、日本は、この部分について”採鉱中または精錬中の核物質”は核物質の報告を含まないとした対象から外していましたが、劣化ウランの報告も求めたものと思われます。

おそらく、日本では、使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す遠心分離法の技術は持っているのですが、天然ウランを使う、濃縮ウランの製造の研究及び製造はしていないという理由で、劣化ウランの報告を逃れていたと思われます。例の東大話法です。

この翌月に起きた東日本大震災の直後、千葉県市原市のチッソ石油(株)化学五井製造所と隣接するコスモ石油(株)干葉製油所で、液化石油ガスタンクが燃える大火災がありました。この火災は、10日後に鎮火しましたが、液化石油ガスタンクの火災で、隣接するチッソ石油化学(株)五井製造所の倉庫が焼けています。この倉庫には劣化ウランのドラム缶が保管されていました。

メディアは、ガス濃度が高く、現場に人れたのは鎮火後で、保管倉庫はほぽ全焼。ドラム缶を囲う鉄板は変形し、コンクリートは変色していたが、保管されていた33本の劣化ウランは燃焼を免れたと報道しました。

3 劣化ウランの存在の問題点

ここまでの話で、問題としたいのは、以下の3点です。

① 天然ウランからウラン235を取り出す過程でできる劣化ウランが、濃縮ウランの製造プラントがない日本でどうして存在するのか。
② 2012年8月に週刊誌で発表された日本の劣化ウランは、総数で1545万6600リットルでドラム缶で7万7千本であるということ
③ チッソ石油化学五井製造所の劣化ウランのドラム缶は火災前の在庫が33本だったのかどうか。全焼した倉庫の面積にたいして、ドラム缶33本の占有面積率は合理的な説明ができるのか。


まず、①の問題提議については、日本の原発は、電力ではなく濃縮ウラン事業が主目的ではないかという「福島原発4号機はミサイルで爆破された」という記事に書いています。
●福島原発4号機はミサイルで爆破された

②については、震災後、IAEAの監査要求に日本政府が応じて資料を出して、それを週刊誌がスクープしたと思われます。日本国内では、三菱マテリアル(株)が埼玉県さいたま市大宮区の地下施設にドラム缶約4万本を貯蔵していて、住友化学、三井化学、旭化成、チッソ石油化学などが、保有するコンビナートの一角に分散貯蔵しています。
●週刊朝日9月2日号(8月23日発売) スクープ!「新しい放射能危機」放置された劣化ウラン
●三菱マテリアル(株)大宮総合整備センター

③については、福島と東京で突出している鼻血、喉の不調、咳、下痢、倦怠感、頭痛などの複合的な体調不良は、劣化ウラン弾の使用による後遺症に悩む、現地のイラク人や米軍兵士の症状と類似しているのは、東京と福島では、劣化ウランのエアゾルによる汚染が原因ではないかいうことが、「体調不良の地域別統計と劣化ウランの関係」というブログにまとめています。
●体調不良の地域別統計と劣化ウランの関係

そうであるとすれば、劣化ウランがどのくらいエアゾル化したというデータはとても重要になります。チッソ石油(株)化学五井製造所の33本のドラム缶が燃焼して残った本数であるとしたらどうなるでしょうか。再度の査察や調査が必要です。

以上の経緯を踏まえて、22日におきた三井化学(株)岩国大竹工場の爆破事故ですが、この工場には、劣化ウランがドラム缶にして3379本の在庫があったということ。そして、25日午後に予定していた在日米軍再編計画見直しの中間報告となる共同文書の公表にアメリカ側から見送りの要請があったことに着目したのが、「
米軍再編公表の延期と三井化学の岩国工場爆破の因果関係 」というブログの記事です。

●米軍再編公表の延期と三井化学の岩国工場爆破の因果関係

4 何をするべきか

問題は、濃縮ウランの製造は核武装に直結するものであり、真偽を明確にしなければなりません。もし、濃縮ウランの製造をしていたとしたならば、その時こそ、東大話法を使って切り抜ければいいのであり、だめだったら、関係者を刑事罰に処して、世界に謝罪するしかない。

また、原発事故と同様に、劣化ウランという爆弾を抱えている現状を国民と共有するべきでしょう。千葉のチッソ石油化学(株)五井製造所と三井化学(株)岩国大竹工場で、劣化ウランが燃焼していて、周辺住民が劣化ウランのエアゾルによる汚染を受けていたとしたら、すぐに、その事実を公表しなければなりません。

そして、政府や官僚が、頓珍漢な東大話法を使って事実を隠蔽してきたならば、心ある日本人のリーダーは、自衛隊の協力を得てすぐに、彼らを拘束する行動を起こさなければなりません。それとともに、司法の直属管理下にある”掃除屋(闇の警察官)”を逮捕しなければなりません。それができるのは、完全武装の自衛官だけです。

そうしないと、メディアと結託した官僚シンジゲートによるエセプロバガンダ攻撃がはじまり、その間に、防衛庁に配置されている官僚側の自衛官が反撃してきます。このときに、”掃除屋(闇の警察官)”がいるといないでは大違いとなるでしょう。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

アメリカの基本認識→「日本はもうアウト」

2012.10.28 05:30|原発・放射能・原子力
反戦な家づくりさんより転載


アメリカの基本認識→「日本はもうアウト」


分かってはいても、どう考えてもそこに行き着くとしても、文字に書くと辛い。
しかし、書いておかなくてはならないだろう。

アメリカサイドが、日本をどのように認識しているのか。3.11以降、もっとも豊富で迅速な情報をもち、(他人事だけに)もっとも冷静に判断してきたアメリカが、日本をどう見ているのか。

■■
昨年の夏ぐらいから年末までは、原発事故の収束と津波・地震被害の復興需要を、どのように料理して自分たちの胃の腑におさめるかを計算していたと思われる。
震災後に、突然TPPがとりざたされたのも不思議な感じがしたが、考えてみれば「震災後だったから」TPPを進めようとしてのである。

一つには、国内のカネ、とくに郵政の資金が復興需要に振り向けられてしまう前に、そのカネに自分たちの爪をかけておきたかった。
もう一つには、復興需要そのものに外資が参入する障壁を強制的になくしておきたかった。

20120723-1.jpg民主党執行部のクーデターに対抗する勢力の中でも、年末くらいまでは増税よりもTPPのほうが危機感が強かったように記憶する。

原発については、昨年末くらいまでは、「官主導の脱原発」を目指しているのではないかと私は見ていた。菅直人の動きに象徴的なように、30年かけてほぼ廃止 みたいな話に持っていこうとしていた。
その裏には、肥大化しすぎて制御不能のお化けになってしまった日本の原発村を、一度解体する必要がある、と、世界の原発村が判断した、ということがあったはずだ。

つまり、たしかにどの国の原発村もたいがいアホではあるが、日本のアホさ加減は度はずれていて、世界に原発を売っていこうと思ったら、バカの見本にしかならず、邪魔な存在だと言うこと。
いくらなんでも、もう少しクレバーな原発村に再生するために、一定の利権グループは切り捨てる判断もあったと思われる。
それが、菅直人や橋下徹などが、口先だけでも「脱原発」などと言う流れになっていった。

総じて、昨年末くらいまでのアメリカサイドとその僕(しもべ)たちの方針は、「この機会に、日本を再編して、完全なコントロール下において、もっと絞りとりやすい形にしておこう」というものだった。

■■
ところが、今年に入ってから、徐々に流れが変わってきた。
まず、TPPの動きが一気に鈍ってきた。日本側はそれでも、自ら膝をついてでも入れてくれと袖にすがっているけれども、アメリカ側は「日本はどうでもいい」って感じになっている。

20120723-2.jpgそして、野田は政治生命どころか、命をかけて消費税を上げる と叫びだした。
どうかんがえても、増税は日本経済を破壊するとわかりながら、それでも一切の妥協無く、まさに獅子奮迅の勢いで増税に突き進んだ。

原発については、一度は脱原発の方向に向かうのかとも思われたが、急きょ再稼働となった。それも、やるとなったら無茶苦茶で、安全に関して何の論理性も整合性もなく、たぶん電気足りないから動かします、という茶番を強行した。
一度は大阪市の会議に出した関電の「不足5%」の資料を闇に葬り去り、橋下徹に対しても恫喝をかけ、動かしてしまった。結果、もちろん電気は余っているし、そのため関電は火力発電所を止めているという。

この動きは、あきらかに日本原発村の復権を意味している。IAEAなどアメリカサイドの原発村は「福島の経験を世界の原子力の発展に生かしてくれ」と言ってきたのであって、何の安全対策もせずに再稼働してくれ、とは決して思っていないはずだ。
営業する立場からすれば、当たり前の話だ。自動車メーカーが、リコールのかかった車を、なにも改善せずに再販売をはじめたようなものであって、売れるものまで売れなくなってしまう。

「国民性が事故拡大」 英各紙、国会事故調報告に苦言
2012.7.8 産経新聞

一度は排除されかけた、バカすぎる日本の原発村が、なぜ復権を果たしたのか。

TPPよりも、もっと直接カネを回収する増税に重心が移ったのは何故か。

■■
その答が、実は今年5月の日米首脳会談であり、自衛隊の海外展開=米軍の肩代わりの約束、そして尖閣をめぐる戦闘開始の危機、という今の状況に連なっている。

ひとことで言えば、昨年末から春にかけて、アメリカは日本に卵を産ませることを諦めた のだ。
卵を産ませてから回収するのではなく、さっさと鳥のまま捌(さば)いてしまおう ということだ。

ひとつには、3.11から1年のふくいちの状況をみて、手の打ちようがないと判断したのではないか。これから何十年も、試行錯誤を繰り返し、絶望的な試みを続けるしかないふくいち。これを抱えたままの日本に、もうかつてのような栄養のある卵を産んでアメリカに提供する余裕はない と見たのだろう。

もうひとつ、首都圏の汚染や食品の汚染だ。
福島については、かなり早い段階から「捨てる」という判断を日米ともしているようだ。だから、限られた指定地域以外は決して避難をさせず、生きた人間が山下俊一のモルモットとされることになった。まるで731部隊の人体実験と同じである。

その一方で、東京は少々除染すれば大丈夫、という思いがあったのだろう。首都機能を移転するような話は、結局具体的にはまったく出てこなかった。
1年以上の時間が過ぎる中で、東京の汚染の実態が明らかになり、さらに食品の汚染も逃れようがないということに気がつき始める。日本人には知らせていない正確な情報が、まちがいなくアメリカ側には提供されているはずだから、これはもう日本はダメかもしれない という判断が出てきてもおかしくない。

福島周辺の膨大な健康被害に加えて、首都圏での異変がこの先数年で起きてきたとき、日本は「金を取るか人をとるか」の選択を迫られる。
金を取れば膨大な健康被害は社会活動の停滞を招き、人をとればば、莫大な医療費や補償費が経済を圧迫する。

そうなると、日本からむしり取るのは、もう今しかない。この数年の間に、むさぼれるだけむさぼって、その結果、二進も三進もいかなくなったら、最後は「世界の核の墓場にしてしまえ」ということだ。

20120723-3.jpg中国に対しても尖閣をめぐってあまりにも無謀な挑発を繰り返すのも、そうした背景があるからだ。
もう、後先を考えていない。5年間くらいを自衛隊にアジア太平洋での米軍の肩代わりをさせ、アメリカの軍事費を節約する。その間にアメリカの経済が回復できたら、自衛隊も日本も使い捨て。

クリントンに「ほーら、できるのならやって見せなさい」 と言われていきり立つ野田は、何が何でも尖閣に中国軍を引っ張り出し、自衛隊に生まれて初めての実戦をさせるつもりだ。

■■
繰り返すけれども、象徴的な言い方をすれば、3.11一周年をもって、アメリカは日本の復興を「無理」と判断した。復興利権よりも手っ取り早くカネをむしり取ることと、中国を挑発・牽制するためのバカ者役(反対陣営の北朝鮮と同じ)をさせることに決めた。

この最後の部分については、前の記事など、最近の関連記事を見ていただきたい。
ここでは、繰り返さない。

そんなことにしないためには、どうしたらいいのか。

課題はよっつ。

①戦争にはしない という強い意志をもつ。そしてそれを表明する。

②戦争にはしないという根性を持った政治家を育て、応援し、政権をとらせる
絶対に戦争はしない、という国の意志を貫いたとき初めて、利用価値の無くなった日本・沖縄から米軍が大挙して引き上げていく可能性が生まれる。

③福島(とその周辺)の汚染地域の人々の避難を支援する。
政治が停滞している今の今も被曝は進行している。
最終的には、アメリカが長期的な日本利権を放棄するほど困難な課題に取り組む政治の力がなくては、大きな解決策は望めないが、かといってそれまで指をくわえているわけにもいかない。できる人ができることから、避難や健康相談などの支援を始めていく必要がある。

④日本を「世界の核の墓場」にさせない
これも、ここでは詳細は触れない
一つ言えることは、原発を押しつけてきた福島に、核廃棄物まで押しつけるようなモラルハザードを許せば、その連鎖は「日本の核の墓場化」につながっていくということ。
東電や原発鬼たちを絶対に許さないと同時に、電気だけを使ってきた都市生活者の、応分の責任も自覚しなくてはならない。

どんな問題も、「日本がどうされようとしているのか」という大きな枠組みから生じてくる。
利権やワイロは、それを推進するための汚れ役をするものに与えられるインセンティブに過ぎない。

一個の問題だけが解決するなんてことは、ほとんどない。
もしあれば、それは裏がある。

長い長い闘いだろう。
そういう時代に生まれてきたことを、開き直って、むしろ喜んでやるくらいで、ちょうど良いのかも知れない。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

やっぱりそうだった? 「苦手な人と一緒に働くと脳の反応が鈍くなる」と米科学者が主張

2012.10.27 06:22|健康・病気・医療
ロケットニュース24さんより転載


やっぱりそうだった? 「苦手な人と一緒に働くと脳の反応が鈍くなる」と米科学者が主張


もしもあなたが、好ましくない人もしくは快く仕事をできない会社で働いているのなら、働き方そのものを見直した方が良いかもしれない。場合によっては転職という手段を考えるべきかもしれない。いくら気持ちで割り切ろうとしても、あなたの脳はパフォーマンスを上げようとはしてくれない可能性があるからだ。最近発表された、米南カリフォルニア大学の研究によると、好ましくない人物の近くにいると脳は正常に機能しなくなり、イライラはつのる一方になるようだ。
 
これは、右脳の腹側運動前野という部分が関係している。人は、人種や身体的特徴の近しい人に対しては、好ましい感情を抱く傾向にある。これをミラーリングと呼ぶそうだ。誰かが動いているのを見ることにより、この機能が働く。

ところが、好ましくない人に対してはこの機能が十分に働かず、まるでゆっくり動いているかのように見えるという。したがって、「いるだけでもイライラ」と思う人がより一層ゆっくり見えることによって、さらにイライラをつのらせることになってしまうようだ。

これは実在の人物にだけ見られるもので、たとえば写真や映像で相手も見ても、同じような悪影響は見られないとのことである。仕事の質を向上したとお考えの方は、好ましくない人との距離を適正にとった方が良いかもしれない。やりがいだけでなく、気持ちよく仕事ができていないと感じるようであれば、身のふり方を考えるのもひとつではないだろうか。

参照元:MailOnline(英語)

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

福島県庁の食堂の放射線検出限界1ベクレル、学校給食は10ベクレルなのはなぜか?

2012.10.26 06:02|原発・放射能・原子力
ベストワーストさnより転載


福島県庁の食堂の放射線検出限界1ベクレル、学校給食は10ベクレルなのはなぜか?


■福島県県庁の食堂と学校給食の放射性セシウム検査
2012年10月10日にアップされた福島県庁の食堂と、同県内の学校給食における放射性セシウム検査についての文書が大きな反響を呼んでいる。

1dea82eb-s.jpg
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
福島県庁の食堂の放射性物質の検査の検出限界値は『1ベクレル』ですが、子どもの学校給食(福島市)の検出限界値は『10ベクレル』だそうです。あべこべです。あまりにもふざけた話で頭に血が昇って言葉になりませんので、コメントは差し控えて(激怒 pic.twitter.com/GJ0kJPv1
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


この文書にあるように福島県県庁の食堂では検出限界が1ベクレル/kgの機器を使用しているのに対し、学校給食では10ベクレルを検出限界としているのである。

これに対し、ネットでは怒りのツイートを行っている人が続出している。

3efae6f35c9c4717b33b28be0e2ce4d2.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
福島県庁の食堂の検出限界値は 『1ベクレル』 子どもの学校給食(福島市)の検出限界値は 『10ベクレル』子どもは、放射線の影響を受けやすいから大人の10倍は厳しくすべきところを福島県は・・・学校給食の検出限界は0.1ベクレルが妥当です

子ども達に「食べて支援」を押し付ける農水省: ツイッターより TVでは放送できないこと@hosodekinai福島県庁の食堂にこう書いてある。「県外産の食材を使っています。」「1」ベクレル以内です。そして、全国の学校給食には... http://bit.ly/TZtGft

ほんっと、腹たちますね“@1radi2: 福島県庁の食堂の下限値は1ベクレル、福島市の給食の下限値は10ベクレル http://mifumiko.blog.fc2.com/blog-entry-590.html … #TEPCO #東電 #原発 #genpatsu #反核燃サイクル #廃炉 #原発マフィア #放射能 #反原発 #被曝

信じられないけど本当なら既に罪人でしょう。RT @shinejay 福島県庁の食堂の放射性物質の検査の検出限界値は『1ベクレル』ですが、子どもの学校給食(福島市)の検出限界値は『10ベクレル』だそうです。あべこべです。あまりにもふざけた話で頭に血が昇って言葉になりません。

残虐なり。“@hosodekinai: 福島県庁の食堂にこう書いてある。「県外産の食材を使っています。」そして、全国の学校給食にはこう書いてある「被災地の知事が安心といっています。皆で被災地の食材をつかって応援しよう!by農水省」世の中、安易に信じてはいけない。”

返事待ち マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン 真実ですか? RT @niwayamayuki @hosodekinai 福島県庁の食堂にこう書いてある。「県外産の食材を使っています。」そして、全国の学校給食にはこう書いてある

全く信用できないが、写真とかあるの? RT 福島県庁の食堂にこう書いてある。「県外産の食材を使っています。」そして、全国の学校給食にはこう書いてある「被災地の知事が安心といっています。皆で被災地の食材をつかって応援しよう!by農水省」世の中、安易に信じてはいけない。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


まず、公開されている文書の画像には、以下のように書かれている。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
福島県消費組合は、県庁食材において使用する米、野菜等の食材について、市場に流通しているものは安全が確保されているとの考えのもとに仕入を行い、食事を提供しております。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


県庁食堂で「県外産の食材」を使用しているとは書かれていない。


■福島県庁に電話取材した結果
この件に関して福島県庁に電話取材を行った。

やはり、反響が大きく多くの電話がかかってきているとのことである。

まず、県庁職員はこの件について「県庁食堂」と「学校給食」で検査方法が異なるものを同列に並べて批判している誤解であると説明した。

まず、学校給食は「材料の時点」で検査を実施しているということである。一方で県庁の食堂は「出来上がった食事」に対し検査を行っているのである。

逆に言えば、出来上がった食事で検査している県庁食堂は、市場に出回っている食材を安全という前提で食事を作っている。検査をしていない。

流通している食材が10ベクレル以上であっても使用されるのだ。チェックを行っていないからだ。

これでも、調理仕方によっては、調理後の量が増えて1ベクレル未満になることは考えられる。

少なくとも単純に「1ベクレル対10ベクレル」という比較はできない。


■学校給食の時間と予算の制約
また、学校給食は提供する時間が決まっており、複雑な操作が必要な検出機器が使用できないという事情があるという。

自治体によっては学校ごとに給食室があり調理を行っており、高価な危機を購入する予算もないということだ。

福島県としては限られた時間、予算の中で出来る中で、学校給食の安全を確保しているということである。また、自治体レベルでは出来上がった給食は1ベクレルを限界値として専門機関で検査を行っているとのことである。

材料の時点でチェックし、出来上がった食事でも検査しているわけであり、「学校給食」が「社員食堂」に比べおざなりなチェック体制にあるということは言えないのである。

時間と予算という制約はどのようなモノにも存在する。その制限が無いものなどない。その中で出来ることをやってるかどうかが問題である。

福島県の「県庁食堂」と「給食」の問題は明らかにネットの過剰反応であると思われる。

放射能汚染に関してはもっと深刻なことが山ほどあるのだ。


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

文科省のモニタリングポストは数値が周囲より低めに出る仕様

2012.10.25 06:22|原発・放射能・原子力
低気温のエクスタシーbyはなゆー


文科省のモニタリングポストは数値が周囲より低めに出る仕様

☆文科省観測、線量実態反映せず 福島でグリーンピース調査
(共同通信)

http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012102301001859.html

モニタリングポストの土台となるコンクリートや金属板などの遮蔽効果や、設置時に地面が除染されていることが原因とみられる。

Baidu+IME_2012-10-24_6-18-39_convert_20121024063512.jpg










テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

今度は住友化学の千葉工場で爆発事故が発生し、其の二日後に同社大分工場でも火災が発生。またしても工場敷地内に劣化ウランを保管。

2012.10.24 05:40|原発・放射能・原子力
スロウ忍ブログ@Bloggerさんより転載


今度は住友化学の千葉工場で爆発事故が発生し、其の二日後に同社大分工場でも火災が発生。またしても工場敷地内に劣化ウランを保管。


住友化学千葉工場で17日(2012年10月17日)、火災が発生したとのことだが、其の二日後の昨日(2012年10月19日)未明にも、同社大分工場で小規模な火災が発生している。

同社の千葉工場では、“劣化ウラン”の保管が確認されているが、同社の広報担当者に依ると、「劣化ウランには引火しませんでした」とのことである。

見過ごせない住友化学工場火災 劣化ウランが粉塵となって舞う恐怖 (日刊ゲンダイ) 
http://www.asyura2.com/12/genpatu28/msg/213.html
投稿者 赤かぶ 日時 2012 年 10 月 19 日 21:57:06: igsppGRN/E9PQ


見過ごせない住友化学工場火災 劣化ウランが粉塵となって舞う恐怖
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-7190.html
2012/10/19 日刊ゲンダイ :「日々担々」資料ブログ
相次ぐヒヤリ きちんとした防災対策を

ニュースの扱いは小さかったが、17日に起きた「住友化学千葉工場」の火災にはゾッとする。合成ゴムをつくるプラントでゴムが燃え、煙がモウモウ立ち上った惨事だ。幸い、火は1時間半後に消し止められたが、この工場敷地内には劣化ウランが入った200リットルドラム缶が2132本も保管されていたのである。

「劣化ウランは昭和40年代にガスなどを製造する際に触媒として使用しました。コンクリート建屋の中で厳重に保管しているので、劣化ウランが火災に巻き込まれる心配はありません。もちろん、今回の火災でも劣化ウランに引火はしませんでした」(住友化学千葉工場・広報担当者)

住友化学は“平静さ”を強調したが、3・11直後に起きた千葉県市原市のコンビナート火災では、コスモ石油千葉製油所の劣化ウランの保管施設が一部延焼。危機一髪だったのだ。もし劣化ウランに引火したら、どうなったか。

「劣化ウランそのものが大爆発を起こすことはありませんが、保管状況によっては粉状態で保管されている劣化ウランが、粉塵となって飛散し、工場の周辺住民が吸い込む可能性があります。気管支や肺、気道に沈着すると内部被曝を起こします。免疫細胞が破壊され、白血病などを発症する危険性が考えられます」(「劣化ウラン研究会」の山崎久隆代表)

実はこうした放射性廃棄物を大量保管しているのは1カ所や2カ所ではない。平成22年度で全国に195カ所もあり、茨城の「ジェー・シー・オー東海事業所」には200リットル入りドラム缶で8311本、埼玉の三菱マテリアル大宮総合整備センターには3万910本が保管されている。

捨てるわけにもいかないからだが、そこに火災が相次いでいる。今年4月、山口県の三井化学で爆発・火災が起きて20人以上の死傷者が出たが、ここにも劣化ウランが3379本も保管されていた。

情報をきちんと公開し、どのような防災態勢をとっているのかを、近隣住民に説明すべきだ。

01. 2012年10月19日 23:52:57 : ZMok9RBwpI
大分県でも住友化学のニアミスがあったようだ。同じ住友化学とは・・・・。

http://www.tostv.jp/news/backnum.php

10月19日・住友化学で火災 けが人なし

19日未明、大分市の住友化学大分工場で原料を保管しているタンクの一部を焼く火事がありました。この火事によるけが人は出ていません。

 火事があったのは大分市鶴崎の住友化学大分工場内にある原料保管用のタンクです。住友化学によりますと19日午前2時前、タンクの周りを覆っている保温材から火が出ているのを職員が発見しました。

 火はすぐに消し止められその後、消防と工場内の自衛消防隊がタンクの冷却作業を行いけが人は出ませんでした。

 タンクは接着剤の原料を保管するためのもので出火当時は原料が固まらないように高温の蒸気でタンクをあたためる作業をしていたということです。

 消防などで出火原因について調べることにしています。




先日(2012年9月29日)には、住友化学系の日本触媒姫路製造所で爆発事故が起きており其の前(2012年4月22日)には、三井化学岩国大竹工場でも爆発事故が起きている

何方の工場も三井・住友(シオニスト勢力)グループであり、尚且つ劣化ウランの保管が確認されている。

“今度は住友化学の工場が爆発事故を起こした”と聞いて、当ブログをご愛読の皆様なら、「やっぱり起きたか」と感じたのではないだろうか。

俺が以前から述べている通り、日本の核兵器工場化を推進しているシオニスト勢力系企業ばかりが集中的に狙われるのは恐らく、オバマ米政権が日本国内のネオコン残党(カルト保守勢力=シオニスト勢力)の大掃除を開始したからではないだろうか。

カルト保守ど真ん中で核武装論者の統一教会プリンス=“安倍晋三・自民党総裁”も、ココら辺でそろそろ大人しくしておかないとヤヴァいんじゃないかな(プ


NHKスペシャルは「トリウム原子炉」「日本が米国の核兵器燃料プルトニウム製造工場」の議論なく不毛!
2011年07月09日 22時09分57秒 | 政治
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/c454ed8bcd5dfa19a631ad3103e5a7fe

現在の軽水炉型原発の燃料は、二酸化ウランだが、福島第一原発3号炉は、 MOX燃料 (プルサーマル)が、3割程度使用されていた。
 この使用済み核燃料から製造されるウランとプルトニウムは、核兵器の燃料に使用される。米国は、このプルトニウムの製造を日本の原発に期待して、日本列島を「プルトニウムの製造工場」にしている。要するに、日本は米国の核戦略の重要な最前線基地なのである。米国は、スリーマイル島での原発事故以来、米国民の間で、プルトニウム製造がしににくなったことから、日本に製造させたようと考えたのである。




ネオコンの為に核兵器燃料製造の下請けを行なっている国内のシオニスト勢力(三井・住友系)企業には、今後も注意が必要である。再び何か起きるとすれば、来月の米大統領選(2012年11月6日)頃迄に起きそうな悪寒である。


noel_hasui
RT @mosimobox1293: 袖ヶ浦にある住友化学千葉工場で火災 ちなみに千葉工場には、使用済み核燃料「劣化ウラン」が2132本(200L容器換算)も保管してあります。http://t.co/qf7ocCsI⇒こんな大事な事が、テレビではほとんど取り上げられていないのが怖い。マスコミの仕事って何なの?

2012年10月20日 19:22:39

shootarrow
袖ヶ浦にある住友化学千葉工場で火災 ちなみに千葉工場には、使用済み核燃料「劣化ウラン」が2132本(200L容器換算)も保管してあります。 - 日々雑感 http://t.co/JQLyIzRI 意外と身近にいっぱいありました。

2012年10月20日 19:12:07

clarita_2010
RT @tanpinsan: 昨日の袖ヶ浦にある住友化学千葉工場の火災 ここには使用済み核燃料「劣化ウラン」が2132本(200L容器換算)も保管。 http://t.co/GG23CTBU テレビじゃ一切報道されていませんが、このような保管施設は日本中にあるので、原発が近くになくても安心できません。

2012年10月20日 15:39:29

alicecrea
住友化学 千葉工場火災 劣化ウランはチッソの70倍 メディアは報道統制か http://t.co/SBpYcuiJ

2012年10月20日 12:49:27

okrchicagob
RT @hiyochann: <これはもう絶対おかしい> 気がつかない国民はアホとしか・・・。(ごめん)RT @chihointokyo 住友化学千葉工場で火災 劣化ウラン65トン保管 地図と場所 http://t.co/K3pNzqKK … ★合成ゴムを作る工場に #劣化ウラン なんか必要ないよね。

2012年10月20日 12:36:36

intercessional
RT @satoshithem: ちゃんと報道しなきゃね、マスゴミさん。QT @japanwings: 住友化学千葉工場で火災!劣化ウラン65トン保管 http://t.co/lwXG8UCX 経団連の米倉会長の会社だね。 http://t.co/4h4e9Nh8 japanwings

2012年10月20日 11:01:04

intercessional
RT @tokaiama: 劣化ウランの用途の大半が軍需用で、民生用は被曝危険性のため極めて少ない。錘としての用途程度だ。それなのに住友化学千葉工場にある65トンの劣化ウランは何に使われる? 軍事用以外考えられない http://t.co/V0lRjrwM

2012年10月20日 10:53:15

CestVrai_EtAlor
RT @onoiwatajunko: RT “@cvc7: 今度は大分 http://t.co/liy1mLlO 19日住友化学大分工場から出火し RT @r_yukky 日本国内で劣化ウランを保有する工場(三井化学岩国工場、チッソ千葉工場、住友科学千葉工場)が、相次いで火災になってるのでは?

2012年10月20日 9:32:33

yoshikonome
RT @dadajiji: 住友化学の千葉工場は、チッソの70倍の劣化ウランを保管しています。その工場で火災が発生しましたが、メディアは劣化ウランに一切触れず、報道もほとんどされていません。報道統制・自主規制の類なのでしょうか。

2012年10月20日 9:24:47





2012年10月1日月曜日
住友化学系の日本触媒姫路製造所での爆発事故。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/10/blog-post.html

2012/09/29
日本触媒姫路工場爆発 地図と場所 核物質保管か
http://portirland.blogspot.jp/2012/09/nihonshokubai-koujou-bakuhatu-tizu-basho-matome.html

2012年9月15日土曜日
野田政権が2030年代に原発ゼロを目指す一方で、核燃料サイクルは当面堅持という矛盾から仄見える“兵器級プルトニウム製造工場としての日本”。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/09/2030.html

2012年9月10日月曜日
「原発ゼロ社会を目指す」という民主党の提言を米倉弘昌・経団連会長(住友化学会長)が「日米関係にも影響する」などと批判。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/09/blog-post_10.html

2012年5月10日木曜日
三井グループ系企業で連続する事件・事故とオバマ政権による対シオニスト制裁。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/05/blog-post_10.html

2012年4月24日火曜日
三井化学・岩国大竹工場の大爆発事故発生直後、同社による劣化ウラン保管の事実を“デマだ”と必死に否定する輩がツイッターに出現する不思議。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/04/blog-post_24.html

2012年4月22日日曜日
放射性廃棄物の大量保管が確認されている三井化学・岩国大竹工場(山口県岩国市)で大規模な爆発事故。目と鼻の先に米海兵隊と海自の「岩国基地」。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/04/blog-post_22.html

2012年4月14日土曜日
野田政権に原発再稼働を促す仙谷由人。野中広務とCSISにも繋がるシオニスト勢力の左手。
http://surouninja.blogspot.jp/2012/04/csis.html

2012年03月30日
日本原燃の川井吉彦・社長が東日本大震災で中断していた六ケ所村のMOX燃料工場の建設工事を来週にも再開すると発表。オバマ米大統領が核セキュリティサミットで核燃料サイクル計画をやんわりと非難した直後。
http://surouninja.seesaa.net/article/261309708.html

2012年03月26日
オバマ米大統領が、新STARTでも野放し状態だった“戦術核”の削減をロシアのプーチン次期大統領に提案することを明らかに。
http://surouninja.seesaa.net/article/260283576.html

2012年03月26日
米NGOの核セキュリティ実態調査結果によると、MOX燃料の保有量が増加を指摘された日本が32カ国中23位と低評価。オバマ米大統領が核の平和利用に賛意を示す一方で、核燃料サイクル計画には否定的。
http://surouninja.seesaa.net/article/260193204.html

2011年11月24日
国民に増税する一方で、法人税を減税する「復興増税」関連法案が、民自公3党の賛成多数で衆院可決。放射能ビジネスを経由し、法人減税とセットで多国籍企業へ利益供与される仕組み。被曝させられた上に、増税まで強いられる日本国民。
http://surouninja.seesaa.net/article/236821678.html

復興と称して国民から絞り上げた税金を、放射能ビジネスへと流し込み、法人税減税とセットで多国籍企業に利益供与することを狙っているのだろう。此の法案を通すべく、裏で政府に圧力を掛けたのは恐らく、米倉弘昌・経団連会長だろうね。

米倉が会長を務める住友化学工業は、グリホサート系除草剤“ラウンドアップ”の販売で、同除草剤のメーカーであるモンサント社と提携している。米倉がTPPを推進するのも、手前らの銭儲けのためであることは言うまでもない。日本のTPP参加で国内零細農業が消滅し、国内農業が大規模化されればされる程、除草剤や農薬、そして遺伝子組換え種子等で同社(とモンサント社)はボロ儲け出来るからである。(農地が大規模になると、手作業での除草や採種は粗(ほぼ)不可能だし、モノカルチャー化は特定の病害虫を大発生させる原因となるため、強力な農薬や遺伝子組換え品種等無しにはまともに生産出来ないからね。)

また住友化学は、放射能ビジネスにおいてもボロ儲けが約束されている。

東日本大震災と福島第一原発事故の4ヶ月前に厚労省は突如、日本メジフィジックスという製薬会社が開発した放射能排出薬に承認を与えたわけだが、同社は住友化学とGEが50%づつ出資した製薬会社なのである。更に同社は、東日本大震災当日(2011年3月11日)という余りにも絶妙なタイミングで、厚労省からプルトニウム排出薬の開発を依頼されている様である。

2011年11月14日
米国側が、「TPP交渉で野田首相が例外なき貿易自由化を約束した」とのデマを公表、既成事実化を謀る。NAFTAで味を占めたモンサント等の多国籍企業の次の草刈り場、其れがTPP。ほくそ笑む米倉経団連会長
http://surouninja.seesaa.net/article/235168126.html



2011年07月07日
震災によるコンビナート火災から約4ヶ月経った今頃、飛び火したチッソ石油化学五井製造所に「劣化ウラン保管施設」があった事が報道される。
http://surouninja.seesaa.net/article/213657462.html





テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

厚労省、70代以上に庭の草むしりや農作業など体を動かすことを呼び掛け

2012.10.23 05:11|原発・放射能・原子力
厚労省、70代以上に庭の草むしりや農作業など体を動かすことを呼び掛け


放射性物質を是が非でも摂取させたいのですかねぇ!
こまったものです・・・



47NEWSさんより転載

Baidu+IME_2012-10-18_13-4-18_convert_20121018131318.jpg


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
厚労省、70以上に運動のすすめ 健康寿命延ばすため指針改定へ

 高齢化の進展で介護予防の重要性が増しているのを受け、厚生労働省は16日、国による“運動のすすめ”とも言うべき「運動指針(エクササイズガイド)」を改定する方針を決めた。新たに70代以上も対象とし、庭の草むしりや農作業など日常生活の中で積極的に体を動かすことを呼び掛け、健康維持につなげる。

 介護を受けずに自立して生活できる期間を示す「健康寿命」を延ばすため、厚労省は市町村の介護予防事業などで役立ててもらいたい考え。専門家による検討会を近く設置、詳細な内容を詰める。
2012/10/16 19:10 【共同通信】
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」






テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

大阪市、来年度から中学を全員給食に 橋下市長が方針

2012.10.22 05:47|原発・放射能・原子力
大阪市、来年度から中学を全員給食に 橋下市長が方針


放射性物質を是が非でも摂取させたいのですかねぇ!
こまったものです・・・



朝日新聞デジタルさんより転載


20121018as_convert_20121018125357.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
大阪市、来年度から中学を全員給食に 橋下市長が方針

【尾崎文康、坂本泰紀】橋下徹大阪市長は、来年度中にすべての市立中学校で全員給食を導入する方針を固めた。9月から選択制給食を開始したが、配膳室などの準備が整い次第、全生徒5万6千人を対象とする。経済的に苦しい家庭に対し給食費(1食300円)を半額補助する制度も新設する。

 選択制給食は、「学力向上の前にまず十分な食事を」と説く橋下氏が昨年11月の市長選で掲げた公約の一つ。市立中全128校のうち、業者が調理した給食を保管する配膳室を整備した45校で9月から先行導入された。月ごとに給食か、弁当持参かを選ぶ仕組み。市は今後、全員給食に移行するかは各区長が判断するとしていた。

 ただ、給食を選択した家庭は9月で14.3%と低迷。橋下氏は「周りが弁当だと保護者が給食に切り替えづらいのでは」とみて、全中学校で配膳室の整備が終わる来年度中に、全員給食に踏み切る。食物アレルギーなど特別な理由がある生徒には弁当持参を認める。 (後略)
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」





テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

疲れの原因は食事にあり

2012.10.21 05:52|健康・病気・医療
1日2食健康法さんより転載


疲れの原因は食事にあり



 これぞ不健康な体を健康体に根本から変える、最重要ポイントである。


「ええ? 朝食を抜くなんて、不健康の最たるものじゃないか」
 そう思われる方がほとんどであろう。むりもない。
 朝食を抜くのは体に悪いという俗信は、現代では不変の真理のようになっている。あたかもガリレオの時代の天動説のようなものだ。
 「私は朝食を食べていません」などと言おうものなら、「どこか悪いの?」とけげんな顔で心配されるのがオチである。
 だが、朝食抜きの生活を1週間続けてみてほしい。それで分かる。朝食ほど体に悪いものはなかったと。


 朝食を抜けば、朝起きるときや、日中の原因不明の疲れはウソのように解消する。
 論より証拠。まずは実践して、体調が驚くほど改善されることを体験してもらえばすぐに分かることであるが、やる気を起こしていただくためにも、そのメカニズムを紹介しよう。


 ひとことで言えばこうだ。人間の体が食事を完全に消化吸収、排泄し終えるまで、18時間かかる。だから1日に1度、食事の間隔をこの18時間ぶんあけないといけない。そうしないと内蔵は24時間つねに活動し続けることになるのだ。
 1日だけで見ればたいしたことはないように思えるが、1日に1度も内蔵を休めない人は、死ぬまで内蔵を休めない人である。
 逆に、1日に1度、必ずこの間隔をあけている人は、毎日体を休めていることになる。死ぬまで体を休めない人と、毎日休めている人。その体力差は自明であろう。寿命にも大きく影響する。
 詳しく説明しよう。


 夜6時に夕食をとったとする。ふつう次の食事は翌日の朝6時から7時ごろの朝食になるだろう。
 だがこれでは、まだ12~3時間しかたっておらず、体は排泄処理の真っ最中である。なのに次の食事が入ってきてしまう。
 体が排泄に全力をあげなければならない時間に、もう次の消化吸収を始めなければならなくなるのだ。
 体にしてみれば、「ちょっと待ってくれ」と言いたいところだ。食欲がないのは、当然である。
 夜6時に夕食をとったときに、次に食事をとるべき適正な時間はいつか。
 それはずばり、18時間後の、翌日昼12時以降なのだ。
 この時間まで食事をとらなければ、1日に1回、排泄は完全に行われ、内臓は充分な休養を取ることができる。
 これを数日実践したなら、あなたはここ数年、あるいは数十年味わったことのない、体の爽快感を知ることになるだろう。体も心も軽い、じつに心地よい感覚である。


 われわれがものを食べるときは、食べたいと思ったものを気軽に口に入れて数回噛んで飲み込むだけだが、そのあと体はじつにけなげに働き、この異物を体に取り込む努力をする。胃腸はもちろんのこと、特に肝臓がフル回転する。栄養を貯蔵したり分解したり合成したり毒素の処理もする。使い古した栄養は腎臓が回収して体外に捨てる。ほかにもあらゆる臓器が一丸となってこの新しく入ってきたエネルギー源の処理にかかる。このように内臓をフル回転させる、非常に体に負担をかける行為が食べるということなのである。
 しかも、これから少しずつ述べていくが、現代の食生活は消化吸収が大変に困難で、とくに肝臓を著しく酷使する。肝臓の疲れは、ただちに全身の疲れとなって現れる。
 1日に18時間、何も食べない時間を作ることがいかに重要か分かるであろう。
 それには、朝食を抜くのがベストのタイミングなのである。


 朝食を抜けば、時間もお金も節約できるというメリットもある。それでいて信じられないような健康体が手に入るのだから、いつも疲れているという人は今日にも始めるべきである。健康な人が実践すれば、ますます健康になることは言うまでもない。


 いきなり朝食を抜くのが不安であれば、段階的にして、まずは量を減らしていくとよい。おかずを減らし、みそ汁をなくし、ごはんに梅干し程度にする。そして最後は1杯のおかゆにし、ついには朝食をやめてしまうのだ。
 もちろん、できる人はいきなりパッとやめてしまってかまわない。
 晴れて朝食をやめたあとも、口さみしいときや昼食・夕食の質に不安があるときは野菜ジュース1杯(180ミリリットル)を飲んでもよい。


 最終的には、起きてからお昼まで水以外口にしないようにするのだ。
 最初はおなかがすいて、ふらつく人もいるが、早い人は2、3日、ふつうは1週間以内でふらつきはなくなり空腹感もなくなる。(高齢者は1~2ヵ月を要する。)
 そしてふらつくどころか、いままでどこにあったのかと思うようなみずみずしいエネルギーが体の底からわき出してくるようになる。


 あなたは、朝食を本当においしいと思って食べているであろうか。
 起きたばかりで眠い。食欲はない。したがって味も分からない。それどころか、そもそも味わっている時間がない。なのになぜ、来る日も来る日も朝食をとっているのだろう。
 食べないと体に悪いと信じ込んでいるからであろう。だから、つらくてもとにかく朝食をかき込んでいるのではないか。ヘタをすると、会社のデスクにすべり込んでからゼリー状の栄養食品を一気に胃に流し込む。
 朝食を食べないとボーッとするというからがんばって食べているのに、食べても食べてもボーッとする。
 あたりまえだ。
 食欲がないということは体が食事を拒否している状態だからだ。体が食事を拒否しているということは、いま食べ物に入ってこられたら困るからだ。そんなときに、「朝になったから」というだけの理由で食事を詰め込むのは体をいじめているに等しい。どだい食欲もないのに食事をする動物も人間だけである。


 日本人における朝食の習慣自体も歴史が浅い。たかだか江戸時代から始まった、いってみれば新しいライフスタイルにすぎない。ところがわれわれは生まれたときから1日3食なものだからこれが正しい食習慣だと信じ込み、それを疑うことさえ知らない。
 朝からおなかをすかせているのはせいぜい小、中学生までで、その年齢を過ぎた私たちが朝食をとるという行為は、体の要求からくるものではない。「朝食をとらないと体に悪い」という強迫観念からきているのと、幼児期からの習慣であるため朝になると条件反射で朝食を食べたくなっているだけである。


「でも朝食をとらないと昼まで頭がボーッとするというじゃないか」
 という反論がある。
 脳はブドウ糖で動いているから朝食をとって糖分を補わなければ活動できないとか、だから朝食を抜くと勉強も仕事もできなくなって人生の落伍者になるんだとか、朝の便通のためにも朝食をとって胃腸の働きを活発にしなければならないとか、もっともらしい学者の意見を私たちは完全に鵜呑みにしてきた。そして、とくに戦後、日本人は朝食という致命的な悪習慣を徹底し、ガンや成人病、慢性疲労、うつ病への道を突き進んできたのである。
 人間は習慣の動物といわれる。いつも朝食を食べている人がたまたま朝食を抜いたときに頭がボーッとするのは、ふだんの生活習慣が一時的に乱れ、体が混乱したことによる。朝食を抜いたこと自体が悪かったのではない。
 脳は、ブドウ糖が足りなければ体内の老廃物のひとつである β(ベータ)ヒドロキシ酪酸(らくさん)を代替エネルギーとして使用するから問題ない。
 便通が心配なら水を2、3杯飲んで胃腸に刺激を与えればすむことだ。


 では実際に朝食抜きの生活を1週間くらい続けて、それを新しい生活習慣としたなら、どうなるか。
 朝から頭は冴えわたり、体は驚くほど軽くなる。格段に集中力が出る。気分が明るくなる。駅のエスカレーターが混んでいれば、さっさと階段を飛ぶように歩いていってしまうなど、その差違は歴然で、いままであんなに疲れていた自分は何だったのかと愕然とする。
 朝食を抜けば、慢性疲労は数日で完治、花粉症などのアレルギー性疾患も数ヵ月で治ってしまう。
 こうした経験もなく朝食擁護論をとなえる人がずいぶん多い。
 現代人が健康の根本のようにかたく信仰している朝食信心が、じっさいはわれわれの健康を根底から瓦解させていたのだ。


 常識なんて、こんなものだ。天動説でさえ正しい時代があったのだから、べつに驚くことではない。
 常識というと、何か普遍の真理のように考えがちであるが、しょせん大衆の多数決にすぎない。
 世の中、誤った常識があふれている。「朝食は食べるべきだ」というのも、そのひとつなのだ。
 1日3食がいいか、2食がいいかと聞かれたら、1食でも多く食べたいに決まっている。欲という色眼鏡が、正しい判断を妨げているのである。学者といえども、「1日3食がよいという医学的なデータが出るべきだ」と、はじめからそっちを期待して研究するのだから、正しい判断など望むべくもない。
 現代の日本の栄養学は、西洋栄養学であるが、戦後日本の西洋崇拝が日本人の判断力をにぶらせているのも一因だ。
 栄養学万能主義に依(よ)った誤った常識こそ、私たちの健康を破壊していることを、まず最初に肝に銘じておいていただきたい。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

【放射能対策】免疫力を上昇させる方法

2012.10.20 05:45|原発・放射能・原子力
正しい情報を探すブログさんより転載


【放射能対策】免疫力を上昇させる方法


皆さんは放射能を浴びると、免疫力が低下するのはご存じでしょうか?

しばらく前の記事で書いたように、放射能を浴びると、赤血球や白血球を生産している骨髄がダメージを受けます。
骨髄がダメージを受けると、当然、赤血球や白血球は減少します。ウイルスなどの有害な菌を倒してくれる白血球が少なくなれば、免疫力は低下しインフルエンザや風邪になりやすくなってしまいます。
このように、放射能被爆=免疫力の低下となるのです。

では、免疫力を上昇させるにはどのような方法があるのかご紹介します。


【免疫力上昇させる方法】

①体温を上昇させる!
体温が二度違うと免疫力は倍以上の差が生じます。たとえば、風邪になると「熱」がでます。この熱の原因は体温を上昇させることで免疫力を上昇させようとする、体の防衛反応なのです。このように、体温を上昇させることはとても大切なのです。
☆体温を上昇させる食品:生姜、玉ねぎ、唐辛子など。

②新陳代謝を上昇させる!!
新陳代謝が低いと、体温が低下しやすくなったり、便秘などにより大腸内に悪玉菌が増加します。
このような事態を避けるには、食物繊維の多い食べ物を食べ、運動などをして体を刺激しましょう。
☆新陳代謝を上昇させる食品:玄米、生姜、にんにく、唐辛子、セロリなど。

③食事量を減らす!!
血液中に栄養分が多いと、免疫力の柱となっている、白血球やマイクロファージの活動力が低下します。
そのため、食事量を減らすことは免疫力の上昇につながります。ちなみに、風邪になると食欲が低下するのは体温と同じく体の防衛反応なのです。

④肉料理、乳製品、油もの料理を避ける!!
肉、牛乳、油の食べ過ぎや飲み過ぎは便秘や腸内での悪玉菌の増加につながります!
また、肉、乳製品、油には細胞の癌化を促す力があるので、被爆時の摂取は出来るだけ避けてください。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

袖ヶ浦にある住友化学千葉工場で火災 ちなみに千葉工場には、使用済み核燃料「劣化ウラン」が2132本(200L容器換算)も保管してあります。

2012.10.19 05:49|原発・放射能・原子力
日々雑感さんより転載


袖ヶ浦にある住友化学千葉工場で火災 ちなみに千葉工場には、使用済み核燃料「劣化ウラン」が2132本(200L容器換算)も保管してあります。


今年の4月にも、岩国市にある大手化学メーカー、三井化学の工場で爆発事故が起き、そこに3000本強の劣化ウラン容器が保管してあると話題になりましたが、参考naver

今度は、袖ケ浦市の住友化学千葉工場で火災です。
(もちろんウラン保管事業所)

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

ef01cf07.jpg



千葉 袖ケ浦の化学工場で火災
10月17日 12時39分


17日午前、千葉県袖ケ浦市の化学工場の合成ゴムをつくるプラントで火災が起き、およそ1時間半後に消し止められました。

17日午前9時すぎ、千葉県袖ケ浦市の東京湾に面したコンビナートの一画にある「住友化学千葉工場」で、合成ゴムを作るプラントから煙が出ていると工場から消防に通報がありました。
自営消防隊が消火活動にあたり、市の消防局からも消防車6台が出て、火はおよそ1時間半後に消し止められ、けが人などはいないということです。

消防や工場によりますと、火災が起きたのは、合成ゴムを乾燥させる設備の付近で、一部のゴムが燃えたとみられるということです。警察と消防は工場の関係者から話を聞いて、火災の原因を調べています。
住友化学千葉工場は、「原因は現在調査中で、今後、二度と起こさないよう再発防止に取り組みたい」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121017/k10015803411000.html 

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

すでに皆さんご存知かと思いますが、
袖ケ浦市の住友化学千葉工場には、使用ずみ核燃料「劣化ウラン」が2132本(200L容器換算)も保管してあります。

劣化ウラン許可事業所
3c67eaee-s.png

http://www.mext.go.jp/a_menu/anzenkakuho/news/genshiro_anzenkisei/__icsFiles/afieldfile/2009/09/07/1284216_3.pdf


テレビじゃほとんど取り上げてないみたいね。なんでかね。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

チェルノブイリ原発事故:「放射性物質の人体への影響は9割以上が内部被ばくだった」

2012.10.18 06:34|原発・放射能・原子力
チェルノブイリ原発事故:「放射性物質の人体への影響は9割以上が内部被ばくだった」

毎日JPさんより転載

Baidu+IME_2012-10-14_6-13-39_convert_20121015063812.jpg


チェルノブイリ原発事故:「内部被ばく9割超」 ウクライナの研究者、二本松で講演 /福島

毎日新聞 2012年10月11日 地方版

 旧ソ連・チェルノブイリ原発事故による健康被害の研究に携わるウクライナの国立ジトーミル農業生態学大学長らが来日し、二本松市で講演した。事故から26年間の研究結果を基に、「放射性物質の人体への影響は9割以上が内部被ばくだった」ことを明らかにし、住民への長期にわたる健康調査の重要性を示唆。福島での住民帰還の安全基準については、「年間空間線量1ミリシーベルト以下が望ましい」と指摘した。

 獨協医科大学と二本松市の共催。同大のムィクィチュク学長と、同大地域エコロジー問題研究所のディードゥフ所長らが参加した。

 ムィクィチュク氏は、避難地域に住民が戻った際の農地復興に関し、「ウクライナでは今も植物が放射性物質をある程度吸収している」と述べ、26年たっても汚染被害が続く現実を指摘。「食用の作物を植えるのではなく、バイオ燃料になる作物を植える試みが続いている」と話した。ディードゥフ氏は内部被ばく防止について、「食品管理の徹底が重要だ」などと強調した。

 一方、環境省は除染の長期目標として「年間1ミリシーベルト」を掲げる一方で、住民帰還を前提とした避難区域再編の住民説明会などでは、国際機関の見解を引用して「年20ミリシーベルト以下なら問題ない」と目標値を後退させている。【三村泰揮】



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

実は「抗がん剤」は効かない?慎重に選ぶべきがんの治療法

2012.10.17 04:32|健康・病気・医療
NAVERまとめさんより転載

実は「抗がん剤」は効かない?慎重に選ぶべきがんの治療法

もし自分や家族が「がん」になったら、どの治療法にするか選択を迫られることになります。しかし、実際に現場で使われることの多い「抗がん剤」はデメリットが大きすぎることが分かってきました。そんながん治療についての情報をまとめました。

更新日: 2012年09月06日RSS


▼ 「抗がん剤」は逆に寿命を縮めてしまう可能性も
asasasasaswqweqwq.jpg
出典webronza.asahi.com

抗がんは剤副作用が強く、科学的な有効率が低い

出典医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? | ビジネスジャーナル

抗癌剤には耐え難いほどの倦怠感や吐き気、脱毛などの副作用があります。苦しい副作用に耐えても、たった20%の人にしか効果がなく、しかもがん細胞の消滅ではなく、縮小するだけなんです。もちろん、中には抗がん剤が体に合っていて、高い効果を得られる患者もいますが、薬剤一般としてみるとあまりに効果が低い。

抗がん剤を投与するとガン細胞と闘うNK細胞を殲滅してしまう

出典検診でガンにされ、無駄な治療で殺されるガン患者 - 薬屋のおやじのボヤキ

抗がん剤で一部のガンは縮むことはありますが、ガン細胞は抗がん剤の毒性に対して、自らの遺伝子「反・抗がん剤遺伝子」を変化させ、抗がん剤を無力化させてしまいます。

抗がん剤は、1割のがん(小児がんなど)にしか効かないことを専門家も認めている

出典医師は抗がん剤の限界を熟知している。知らないのは患者だけ。人気サイト

抗がん剤が効くのは小児急性白血病、悪性リンパ腫、小児がんなどに限られます。

▼ それでも抗がん剤が使われ続ける理由
wqwqwさst
出典www.swissworld.org

治療ガイドラインから大きく外れた治療は公的保険が利かなかったり、何か問題が起きたときは、医師個人の責任が問われかねない

出典医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? | ビジネスジャーナル

ほとんどのがんは、各専門学会が治療ガイドラインを作成しており、例えば「ステージ2でリンパ節転移がなければ、抗がん剤治療。使う薬剤は○○」と定められています

抗がん剤がたくさん使われて喜ぶのは製薬会社

出典医療タブー!なぜ“寿命を縮める”抗がん剤は使われるのか? | ビジネスジャーナル

一番喜ぶのは製薬会社です。会社の利益のために、高価な抗がん剤をどんどん使ってほしい。また、厚労省は天下り先として製薬会社が潤っていないと困りますから、抗がん剤を公的保険で認める一方、安価なビタミンCの大量投与という治療は、いまだに保険適用外です。

あるアンケートで、271人の医師に「あなた自身に抗がん剤を打つか」と質問したら、270人が「断固NO」と回答

出典検診でガンにされ、無駄な治療で殺されるガン患者 - 薬屋のおやじのボヤキ

、ガンになった東大医学部の4人の教授たちは、患者に抗がん剤を繰り返し打ってきたのに、自分たちがガンにかかると、4人とも抗がん剤は断固拒否し、食事療法でガンを治したという呆れた話も



▼ 抗がん剤を使わない場合、どんな代替療法があるのか?

高濃度のビタミンC注射
wqwくぁさせ
出典www.nan9.com

高濃度のビタミンC注射

ビタミンCに抗がん作用があるということは、かなり昔から言われていました。高濃度ビタミンC大量投与は、点滴でビタミンCの血中濃度を一気に上げる方法です。抗がん剤より効き目が高く、副作用がない治療法です。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/1262



抗がん漢方 カイジ顆粒
ふぁあd
出典imahaya.net

抗がん漢方 カイジ顆粒

カイジ(槐耳)は、老齢の槐(えんじゅ)の木に生えるキノコです。「PS-T」という多糖タンパクがん細胞の自然死や自己免疫の活性化などの効果があると言われています。実際に中国では「国家Ⅰ類漢方抗ガン新薬」に認定され、治療に使われています。

http://www.kaijikaryu.com/



サイトカン療法(免疫細胞療法)
qwれrttc1
出典9-ibd.net

サイトカン療法(免疫細胞療法)

免疫細胞療法は、元々自然に身体に備わっている「免疫システム」を利用したがん治療です。サイトカインは免疫細胞が作る情報伝達を行う物質で、「インターロイキン2」や「インターフェロン」といった薬剤を体内に入れ、間接的にリンパ球などの免疫細胞を増やしたり、活性化したりすることでがん細胞の死滅を目指します。

http://cancerjp.com/archives/category/care/sentan/meneki/



ソアラ療法

sdrくぁxcq
出典soaratherapy.org

ソアラ療法

ソアラ療法は、温水を用いた全身温熱療法により、外から熱を加え人間にもともと備わっている自然免疫力にスイッチを入れる療法です。 『がん細胞は熱に弱い』という事実は、すでに紀元前3000年の古代より知られており、数々の論文も存在します。最近では癌細胞は熱に弱く43℃の熱で死滅するという性質を利用し、電磁波等で局所を加温しがん細胞を熱で直接死滅させる局所ハイパーサーミアが行われています。

http://soaratherapy.org/about/

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

減塩なんて必要ない  「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」 若杉友子 祥伝社

2012.10.16 03:31|健康・病気・医療
『文殊菩薩(ブログ版)』さんより転載


減塩なんて必要ない  「これを食べれば医者はいらない 日本人のための食養生活」 若杉友子 祥伝社

2012091218022463c.jpg


 なぜ減塩が叫ばれているのか

「減塩しょう抽」「減塩梅干し」「減塩味噌」、あげくの果てに「減塩しお」なんて代物(しろもの)が出回るほど、世の中では減塩信仰が広まっています。塩の摂りすぎはよくないと言われて久しいけど、この減塩の影響で、貧血、冷え性、低体温、便秘症の人が増えているんです。

 塩は人間にとってなくてはならないもの。塩気が足りないと、力が湧いてこないし、元気になれない。具合の悪い人などに「塩梅(あんばい)はどう?」と尋ねるけど、これも「からだの塩気はどう? 足りている?」と聞いているわけです。体内の塩は、汗や涙、おしっこと一緒に毎日排出されます。からだから出て行った塩分をちゃんと補っていくことが、健康の秘訣なんですよ。

                
 じゃぁ、どうして塩は、目の敵(かたき)のように悪者扱いされているのでしょう?


 原因の一つは肉食です。
 肉はナトリウムの塊(かたまり)で、塩もまたナトリウムからできています。ナトリウムは血中濃度を上げる作用がとても強いため、肉を食べたからだに塩が加わると、炎症を起こして、からだがトラブルを起こしてしまうんです。

 経済が回るようにと国や産業界は肉を食べさせたい。
 ところが、肉を食べている人が塩を摂っていると、血圧がガーツと上がり、体調を崩してしまう。
 だから、塩気を控えるように言っているわけです。

 一汁一菜の食事をし、肉は滅多に食べないという人であれば、減塩なんて考える必要はないんです。

 それからもう一つの原因は、精製塩が出回ったこと。
 精製塩というのは、塩化ナトリウムが99%を占める化学物質です。

 天然の塩には、塩素・ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・マンガン・ニッケルといったミネラルが含まれているんです。
 精製塩とか食塩とかいっているけど、あれは塩ではありません。精製塩と天然の塩とは、天と地ほどの差がある。精製塩は塩化ナトリウム。化学物質だから、体内で悪さをおこすのです。
 その精製塩が塩の代用品として多くの家庭で使われるようになったため、高血圧や脳溢血になる人が増えて、「塩分は悪い」と言われるようになったのです。

 天然の塩まで悪いものと誤解されないよう、「精製塩が悪い」と言い改めてほしいものです。


 塩は体温を上げ、血をきれいにする

 塩に含まれるミネラル成分は、人間にとって必要不可欠なものです。カルシウムとカリウムには、粘膜や筋肉を広げる働きがあり、逆にマグネシウムとナトリウムには縮める働きがある。拡張させるものと収縮させるものが同時に含まれているから、塩をきちんと摂っていると体調が安定するんです。

 しかも、質のいい塩には、基礎体力や抵抗力を強くし、胃の働きをよくする作用があります。からだの新陳代謝を活性化させるのも塩であり、血を作り、体温を上げるのも塩。血を舐めるとしょっぱい味がするのは、血液が塩から作られていることの証拠です。血液がちゃんと作られ、血液がからだを巡ることで、体温が上がり、活力が湧いてくるんです。

 厚生労働省は塩分摂取量の目安を1日10グラム以下としていますが、昔の人は1日30グラム以上摂っていました。味噌汁で摂り、煮物で摂り、漬け物で摂るというように、バランスよく塩気を摂っていたんです。それでみんな元気で明るく、子だくさんだったんですね。

 昔の人と同じ量だけ塩気を摂れとは言わないけど、間違った減塩信仰に惑わされて、塩気を控えすぎないようにしてほしいと思います。塩気が足りないと血液を作る働きが弱くなり、低体温、冷え性、貧血を引き起します。日本人がこぞって減塩したら、それこそ、日本全体に活気がなくなり、日本人が全員しょぼくれてしまいますよ。

 
「適塩」(てきえん)のすすめ

 自ら世話をして大切に育てることを「手塩にかけて育てる」といいます。この「手塩」というのは小さな皿に盛って食卓に置いた塩のこと。食事をともにする家族であっても、その日の体調はそれぞれ違います。自分の体調にあった塩加減に調味するようにと置かれたのが手塩というわけです。

 塩はとても貴重だったので、この手塩はその家の長が一人ひとりに配っていました。でも、小さな子供は一人前になっていないということで手塩は割り当てられなかったんです。とはいえ、人間にとって塩は必要不可欠なもの。そこで、父親や母親が自分の手塩を、小さな子供にちょうどよい分だけ分けてあげた。そこから、「手塩にかけて育てる」という言葉がうまれたんですね。

 いつからか「手塩」は使われなくなり、食卓を囲んだ人は、同じ料理を食べるようになったけど、必要とする塩気は人それぞれ違います。たくさん運動をして汗をかいた子供は、家事をしていたお母さんよりは塩気をほしがるはず。お風呂上がりも汗をかいているから、通常よりも塩気がほしくなりますね。このように、一つ屋根の下に暮らす家族といえども、そのときどきにそれぞれが必要とする塩気は違うものです。

 私は、そのときのその人の状態に適した塩気を「適塩」と呼んでいます。l日に10グラム以上摂ってはいけないから、などと言って塩分を控えてしまったら、重労働をしている人は腑抜けになって、次の日の仕事に力が入りません。

 味噌汁でもお吸い物でも口に含んだときに「ああ、ちょっと濃いな」と思ったらお湯をさして薄めればいいし、「ちょっと薄いな」と思ったら、塩やしょう油を足して自分がおいしいと思う濃さにすればいいんです。

 塩は健康の敵のように思われているけど、必要もないのに減塩をしたら、かえって病気をしてしまいます。

 闇雲に「減塩」するのではなく、自分のからだの状態を考え、自分のからだが本当に必要としている塩分をそのときどきにきちんと摂る「適塩」を心がけてほしいと思います。


 神棚を見れば、人間のからだに必要なものがわか

 戦後、生活様式がすっかり西洋化してしまい、今では神棚がある家が少なくなりました。しかし、昔の家には必ずといっていいほど神棚がありました。寝食をする家の中に神棚という神様の居場所を作り、毎日、神棚にお供えものをし、神棚に向かって手を合わせ、自分たちが生かされていることを感謝したんです。

 そして神棚にお供えするのは、水と米と塩。お正月やお祭りといったハレの日には、お神酒(みき)や野菜・魚をお供えすることもあるけど、日常的にお供えするのは水と米と塩。そして両脇に榊(さかき)を飾り、ろうそくを灯すのが基本です。

 これらのお供えものが象徴しているのは、人間が生きていくうえで必要なものです。榊とろうそくで火をおこし、水と米でご飯を炊く。ご飯だけでは味気ないからそこに塩を加えて、味をまくし、栄養のバランスをとる。

 神棚のお供えものは、これだけあったら人間は生きていけるということを教えているんです。裏を返せば、人間のからだには米と水と塩が必要不可欠ということを教えているといってもいいでしょう。

 もう一度言いますが、塩は人間が生きていくうえでなくてはならないもの。生命の糧なんです。間違った減塩信仰から抜け出し、ミネラルがたっぷり含まれた本当の塩を、からだに適した分量でしっかり取り入れましょう。

 そして、たとえ家に神棚がなくても、どこかにちょこっと水と塩とお米をお供えして、日に一度でもその前で手を合わせ、自分が毎日生かされていることに対し「ありがとうございます」と感謝する気持ちをもってほしいと思います。p-106

---------------------------------------------------
※日本の塩は1905年(明治38年)から専売制となり、塩の生産量や生産方法は政府によって定められるようになり、日本文化の貴重な伝統であった塩田は姿を消した。
---------------------------------------------------


(明るく憂える者コメント)
 私は、二年前に心筋梗塞で突然倒れて心肺停止状態になり人事不詳に陥りました。三途の川を渡る寸前で奇跡的に自ら心臓が動き出し事なきを得たのですが、以前より世界的に玄米・味噌・醤油の日本食を広めた桜沢如一(日本CI協会・マクロビォテック)を学び実践していまして、自然塩は豊富に摂取していました。生命の元は塩である、塩に救われ一命を取り止めたを体験しました。
 その後、飯山一郎先生と出会いまして、いただいた延命草より乳酸菌を作りヨークグルト・延命草を食べて養生をしています。その後の経過も良く年四回の検査も何の問題もないとの医師の診断で年一回検査でいいとのことです。発病する前には必ず体より走ると心臓が痛いとか…シグナルがありました。
 生命は海から誕生したといわれており、赤ちゃんを守る母さんの羊水は海水と同じ成分だそうです。
 減塩キャンペーンは、恐ろしいプロパガンダです。日本人か正しく自然塩を摂取すれば病気の90%が治ってしまうという所見もあります。「適塩」をぜひお勧めします。
 また、私が毎日食べている延命草の漬物も飯山先生のボンポコ笑店で購入できます。

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

あなたから知能がなくなる日。被曝で知能低下、回復不能になる

2012.10.15 05:58|原発・放射能・原子力
Darknessさんより転載


あなたから知能がなくなる日。被曝で知能低下、回復不能になる


福島第一原発の事故は収束しておらず、むしろ報道がなされなくなった今も依然として深刻な事態が続いている。

もう放射能は出なくなったとか、もう放射能は薄くなったと、どうも意図的と思われる誤報もある。

しかし、注意深く放射能関連の事件を追っていくと、まったくそうではないことが分かる。

報道されなくなったから、放射性物質が消えたわけではない。騒がないでそっとしておいても、放射性物質は消えないのだ。

日本の大地はむしろ放射性物質が降り積もって、それが日々、身体の中に取り込まれている。もちろん、日本のどこにいても、放射性物質は取り込まれている。

汚染された食物は流通しているし、また、放射性物質を含んだ瓦礫やセメントや物質が、西日本にも九州にも北海道にも拡散していっている。


まだ安全デマをしゃあしゃあと語っている男がいる

福島の米は流通している。2012年10月5日には、郡山市の玄米から100ベクレル超える放射性セシウムが検出された。もみすり機にセシウムが付着していたのだという。

この米はどうなったか。「このコメは流通させない措置を取ったが、地区単位の出荷自粛は求めない」とある。

流通させないと言いながら、出荷は自粛しないとある。何が言いたいのか分からない。「黙って出荷して、流通させる」と言っているようなものだ。

しかし、もう誰も騒がない。いちいち気にしていたら食べるものがないと、日本人はもうあきらめてしまっているからだ。

柿からも、ヤマドリの肉からも、キノコからもセシウムが続々と検出されている。

郡山市のヤマドリは170ベクレル。調べれば、いくらでも汚染された野生動物、野草が出てくる。もちろん川も海も汚染されているので、一部の魚もまた放射性物質を取り込んでいる。

こういった動植物が、食物連鎖を経てどんどん濃縮されて、最後に辿り着くのが人間だ。

「プルトニウムは重くて飛ばない」「魚は食べて大丈夫」とテレビで安全デマを流していた中川恵一のチームは、ツイッターでこう書いた。

『放射性セシウムでは、有機水銀のような「生物濃縮」はほぼ起きません』

しかし、別の教授に、「水銀やPCBのような生物濃縮をする化学物質の代表選手と比べて、濃縮係数が低いからと行って、セシウムが生物濃縮をしないとは言えない。するか、しないかでいえば、するのである」と批判されて、このように付け加えている。

『「ほぼ起きません」は間違いではないにしても、誤解される余地がありました。』

指摘されなければ、誰もが「放射性セシウムでは生物濃縮は起きない」と勘違いしていただろう。

相変わらず、この東大の教授、中川恵一は安全デマをしゃあしゃあと語っている。この人はもう信用を失っているのだから、教授を辞めてしまったほうがいいのではないだろうか。

被曝者のほぼ全員が「中枢神経障害に罹る」

放射能に被曝した人間は癌や白血病を発症していくが、それは事故から4年後から爆発的に増えていく。

つまり、2015年から福島を中心として、東日本の人たちが、どんどん癌や白血病になっていく。

しかし、癌や白血病にならなかった人は幸運だったのかというと、まったくそうではない。

チェルノブイリ事故の被曝者をずっと診察してきた医師が指摘するのは、被曝者のほぼ全員が「中枢神経障害に罹る」という事実である。

この「中枢神経障害」とは、どんなものなのか。原子力百科事典「ATOMICA」の説明によるとこうだ。


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
放射線による中枢神経障害(中枢神経死) (09-02-04-08)

中枢神経系の障害が発現するような事態は個体にとって致死的なことである。被ばくにより脳細胞の変性、大脳の浮腫、脳血管の炎症がおこり、倦怠感から重症の無欲・無気力状態、虚脱・昏睡状態へと急速に進行する。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

上記ページでは急性の説明がなされているのだが、チェルノブイリ事故で起きていたのは「慢性」の「中枢神経障害」である。

分かりやすく言うと、こうなる。

・脳の機能が低下する。
・知能も低下する。
・無気力になる。
・虚脱状態になる。
・脳の病気に罹りやすくなる。
・体力が衰える。
・性格が崩壊する。

放射能によって、DNAが破壊され、細胞が死んでいく。そして、中枢神経系が死ぬとどうなるのか。中枢神経系は「再生しない」ので、一度死んでしまうと二度と元に戻らない。

もっとはっきり言うと、放射性物質を取り込み続けている東日本の人たちは子供も、大人も、みんなまとめて「知能が低下する」可能性があるということだ。

あなたが東日本に住んでいて、黙って放射性物質を取り込み続けていると、たとえ癌や白血病にならなくても、「知能が低下する」ことは覚悟しておかなければならない。

まったく自覚がないうちに、蝕まれてしまう

放射性物質を取り込んでいるあなたは、今後は知能低下や無気力や倦怠感に苛まされる人生を送ることになる。

あなただけではない。

子供たちもそうだし、老人もまたそうだ。問題なのは、これを「自分自身が気がつかない」ということだ。

さらに、知能低下を放射性物質と結びつけることができる人も少ないことだ。知らないうちに、そしてまったく自覚がないうちに、放射性物質に蝕まれてしまう。

東日本では癌や白血病が増えると同時に、学力低下の子供たちや、無気力な青年や、痴呆老人が増えていく。しかし、それが統計に出て来て、それから対処しようとしても無駄なのだ。

あなたが知能低下したら、どんなに努力して向上しようとしてもできない。中枢神経系は「再生しない」ので、努力や向上心で何とかなるものではないのである。

かつて広島・長崎で被曝した人たちの間で、ぶらぶら病というものが発生した。これは原爆症の後障害のひとつとして知られているものだ。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
原爆ぶらぶら病

体力・抵抗力が弱く、疲れやすい、身体がだるい、などの訴えが続き、人並みに働けないためにまともな職業につけない、病気にかかりやすく、かかると重症化する率が高いなどの傾向をもつとされる。

広島市への原子爆弾投下後、市民のあいだで名付けられ、医師の肥田舜太郎が被爆患者の臨床経験をもとに研究してきた。肥田によると、当時よく呼ばれていた"ぶらぶら病"の状態­が続き、医師に相談していろいろ検査を受けてもどこも異常がないと診断され、仲間や家族からは怠け者というレッテルを貼られたつらい記憶をもつ者が少なくないという。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

これは要するに、「中枢神経障害」だ。

チェルノブイリ後、ベラルーシでも、同じ症状が大量発生しているのだが、これをドイツの医師は「間違いなく脳障害だ」と断言している。

知能があるうちに、どうサバイバルできるか考える

今、日本で暮らすというのは、巨大な災厄の中で命を賭けているのと同じである。

もちろん、東日本に住んでいても、あなたは癌にならず、白血病にならず、「中枢神経障害」で脳もやられずに済むかもしれない。

誰もがそうなるとは限らない。しかし、あなたが「そうならない」という保証はどこにもない。

そして運悪く知能低下しても、それが「放射性物質の影響だ」とあなたを見て断言できる医師は少ないだろう。

それは、統計に出る。

全体的に、「日本人の知能が衰えている、体力が衰えている、鬱病患者が増えている」という統計になって始めて、放射性物質にやられたのではないかという推論をする人が出る。

しかし、そのときに「あなた」が被害者になっていたら、もうどうしようもないということを考えたことがあるだろうか。

どんどん知能が低下し、無気力になっていく。そんな中で、豊かな人生や希望ある人生を送ることは可能だろうか。

むしろ、今の生活すらも維持できなくなり、坂道を転がり落ちるように人生が崩壊すると思わないだろうか。

2015年以降、あなたが「知能低下」「倦怠感」「脱力感」に罹り、「鬱病」だと診断されたりしたら要注意だ。

もしかしたら、それは被曝した結果の「中枢神経障害」なのかもしれない。

しかし、そうなったあとで何かできることをしようと思っても、あなたにできることは、もう何もないことを知って欲しい。

今どき、この日本で無節操にキノコ類を食べたり、東日本で子供たちが泥にまみれて遊んだりして健康になれると思っていると人生を棒に振る。

東京電力は責任を取らないし、政府と御用学者は安全デマを流すし、マスコミは隠蔽して何も語らない。こんな人たちを信じて人生を棒に振ってはいけない。

知能があるうちに、自分がどうサバイバルできるか考えて欲しい。
1215464654989.jpg
無防備に被曝していると、あなたの脳が死んでいく。
一度、中枢神経系が死ぬと、再生・回復することはない。





テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

【お役立ち情報】 遺伝子組み換え食品 使用食品一覧 ~明治HD他、大手メーカーが多数~

2012.10.14 06:41|健康・病気・医療
暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~さんより転載


【お役立ち情報】 遺伝子組み換え食品 使用食品一覧 ~明治HD他、大手メーカーが多数~


3年ほど前の情報になるが、遺伝子組み換え食品を使用している日本の食品メーカーに関する情報を以下にご紹介する。

あまりに有名な食品の数々をみて、絶句される方がほとんどではなかろうか?

遺伝子組み換え食品については、健康被害がハッキリしないということで日本国内では使用しないとされているはずが、実態はこのザマである。

”食の支配”を目論む「モンサント社」による目論みが日本にも根深く浸透しているということである。

尚、同情報について「3年前のものだから古い」として軽んじること勿れ、現時点でこれより減っていることなどあり得ず、更に増えていることは自明であろう。

b2b7ab1c0603844002ceae588c43ee5f_convert_20121011064531.jpg


遺伝子組み換え使用ワースト1は明治HD、おやつの『カール』など
10:33 11/13 2009 『MyNewsJapan』(朝倉創)より
http://www.mynewsjapan.com/reports/1158



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

「県民健康管理調査の小児に対する甲状腺検査」は始めから放射線の甲状腺に対する影響が極めて少ないことを証明するために行われていた!という根拠書類が出てきて話題

2012.10.13 06:08|原発・放射能・原子力
日々雑感さんより転載

県民健康管理調査の小児に対する甲状腺検査」は始めから放射線の甲状腺に対する影響が極めて少ないことを証明するために行われていた!という根拠書類が出てきて話題


今、色々問題視されている『県民健康管理調査』は「研究」として、福島県立医大倫理審査委員会の審査を経て、許可されています。

そして、
その倫理委員会に提出されている県民健康管理調査に関する情報を

NPO法人情報クリアリングハウスが公開していますが、その中にある、「県民健康管理調査の一環としての福島県居住小児に対する甲状腺検査」にて以下のような記述がある(赤線部)と話題になっています。

4cbb929d-s.png

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
福島県民健康調査 結果ありき
・「県民健康管理調査の一環としての福島県居住小児に対する甲状腺検査」倫理審査申請書、申請決定通知書(平成4年4月2日~平成23年4月1日に生まれた県内居住者(県外避難者を含む)36万人)(研究責任者 阿部正文)(2011.9.22) 


http://clearinghouse.main.jp/wp/?p=615
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

>本格調査では、放射線の甲状腺に対する影響を評価でき、現時点で予想される外部及び内部被ばく線量を考慮するとその影響は極めて少ないことが明らかにできる。
>外部及び内部被ばく線量を考慮するとその影響は極めて少ないことが明らかにできる。
>外部及び内部被ばく線量を考慮するとその影響は極めて少ないことが明らかにできる。
>外部及び内部被ばく線量を考慮するとその影響は極めて少ないことが明らかにできる。


そう、甲状腺への影響が極めて小さいと証明する為に必要なデータを集めているわけです。

『全て、結果ありき』☆(ゝω・)vキャピ

子供たちの安全を守る為!とか、どうでもいいのです。





テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

「核燃料、95%リサイクル」というのは大嘘!実際はわずか1%!

2012.10.12 06:04|原発・放射能・原子力
「核燃料、95%リサイクル」というのは大嘘!実際はわずか1%!

東京新聞(下記記事)により、原発ムラの大嘘が発覚!

●二〇一〇年に全国規模でアンケートをした際、あたかも使用済み核燃料のほとんどが再利用でき、核のごみはわずかであるかのような説明をし、回答を求めていたことが分かった。

●再処理により再利用できるのは、95%どころかたったの1%

「95%」のほとんどを占める回収ウランは、建前上は資源とされるが、使うあてはなく、ごみと化す可能性が高い

●核燃料は何度でも再利用できるわけではなく、現実には一回のみ

●MOX燃料を燃やした後は、再処理すること自体が難しく、これもごみ化する可能性が高い


これらの事実により国家戦略として進めてきた「核燃料サイクル」はそもそもインチキであり、「原子力は再生可能なクリーンエネルギー」という大嘘で国民を洗脳してきた事実が浮き彫りになった。


東京新聞さんより転載

Baidu+IME_2012-10-11_10-3-7_convert_20121011100532.jpg

◆「核燃料、95%リサイクル」 実際はわずか1% 原発環境整備機構
 2012年10月10日 07時01分 東京新聞
2012101099070125.jpg

高レベル放射性廃棄物の最終処分場の選定を担う原子力発電環境整備機構(NUMO)が二〇一〇年に全国規模でアンケートをした際、あたかも使用済み核燃料のほとんどが再利用でき、核のごみはわずかであるかのような説明をし、回答を求めていたことが分かった。実際に再利用できるのはわずか1%で99%はごみと化す可能性が大。誤った認識を広げる結果になっていた。 (清水祐樹、大村歩)

 アンケートは、最初の設問で「使用済み核燃料の95%がリサイクルできます。どうしてもリサイクルできない約5%が高レベル放射性廃棄物として残ることを知っていますか」と聞いた。

 アンケートには五万人を超える人が回答。一部は機構ホームページ(HP)に掲載されている。本紙が回答を分析したところ、およそ五十人に一人が「5%」に言及。「5%のごみをエネルギーに変える努力をして」(四十代男性)、「5%の部分も利用できれば最高」(五十代女性)といった楽観的な内容が多く、機構の「95%再利用」の説明を信じ込んでしまったようだ。

 しかし、この説明は現実と大きく異なる。再処理により再利用できるのは、95%どころかたったの1%。取り出されたプルトニウムに別のウランを混ぜて混合酸化物燃料(MOX燃料)に再生している。「95%」のほとんどを占める回収ウランは、建前上は資源とされるが、使うあてはなく、ごみと化す可能性が高い。

 さらに、核燃料は何度でも再利用できるわけではなく、現実には一回のみ。MOX燃料を燃やした後は、再処理すること自体が難しく、これもごみ化する可能性が高い。

 なぜ不正確なアンケートの設問をつくったのか、機構に問い合わせたが、「当時の経緯は分からないが、誤った情報を出すはずがない」(広報担当者)と繰り返すのみ。95%再利用の部分も「間違っていない」と繰り返すだけで、是正する考えはない。

<高レベル放射性廃棄物の最終処分場> 高レベル放射性廃棄物は原発の使用済み核燃料の再処理で発生する超高濃度の廃液で、ガラスで固めて300メートルより深い地中に埋め、濃度が下がるまで数万年単位で管理するのが国の方針だ。処分場の条件は近くに活断層や火山がない地域。実施団体として設立された原子力発電環境整備機構が2002年に候補地の公募を始めたが、応募は07年の高知県東洋町(後に撤回)のみで、選定のめどは立っていない。

(東京新聞)

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

福島健康調査 「議事進行表」の存在が明らかに 検討委員は台本通りお芝居してるだけ

2012.10.11 03:19|原発・放射能・原子力
日々雑感さんより転載


福島健康調査 「議事進行表」の存在が明らかに 検討委員は台本通りお芝居してるだけ

53af2327-s.png


福島健康調査:「結論ありき」県民憤り…検討委「進行表」
毎日新聞 2012年10月05日 02時33分

 東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が設置した県民健康管理調査の検討委員会で、県が委員らと事前に調整していたことを示す「議事進行表」の存在が明らかになった。内部被ばく調査の結果については「結語」として「相当に低い」との発言予定を記し、問題となりそうな話題については「そらして下さい」と要望。A4判2枚の文書には県による「振り付け」とも受け取れる記載が列記され、県民らは不信感を募らせている。【日野行介、武本光政】

 ◇議論の場、意見出ず
 「不気味なほど意見が出ない。おかしい」。福島市内の市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」はメンバーが検討委を傍聴しているが、代表の佐藤幸子さん(54)は検討委の議論にそんな疑問を抱いていたという。

 検討委の前日に委員らに送られた進行表には、浪江町と飯舘村、川俣町山木屋の3地域で120人を対象にした内部被ばく調査についての記載がある。調査結果への見解は翌日の検討委で議論されるはずなのに、議事進行における「結語」として「内部被ばくは合計しても1ミリシーベルト未満で、相当に低いと評価」などと記されていた。

 また、内部被ばくの検査手法を巡り「WBC(ホールボディーカウンター)の今後の普及とGe半導体(ゲルマニウム半導体検出器)の逼迫(ひっぱく)状況(牛肉等)を考えると、尿検査でWBCを代替えするのは困難ではないか」との記載もあった。尿検査はホールボディーカウンターと呼ばれる大型機器を使った検査より放射性物質の量を正確に調べられる一方、かなりの量の試料が必要とされ、手間がかかるとされる。また、尿検査に使用されるゲルマニウム半導体検出器は、牛肉などの検査にも使われている。

 同ネットワークは事故直後から尿検査の導入を訴えているのに対し、県は県議会などで慎重な姿勢を示し続けている。佐藤さんは「やっぱり、結論ありきの議論だったのか」と憤りを隠さない。

 また、進行表のうち調査の進捗(しんちょく)状況を巡る項目では、問題視された「緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI)」の話題をできるだけ避けるよう要望。仮に話題になった場合には、別の委員会で検討するとして話題をそらすよう求めていた。
 詳細調査の項目には「予算の有効配分と実効性を踏まえて、あれもこれも追加は不可です」「下記の範囲での議論をお願いします」などとの記載もあり、一定程度議論を誘導したい県の意向がうかがえる。
 内部被ばくに詳しい矢ケ崎克馬・琉球大名誉教授(物性物理学)は「特に下線を引いたりした部分は、影響を過小評価したい思惑を感じる」と、県の姿勢に疑問を呈した。
http://mainichi.jp/select/news/20121005k0000m040113000c.html


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


>内部被ばく調査の結果については「結語」として「相当に低い」との発言予定を記し、問題となりそうな話題については「そらして下さい」と要望


要するに、福島県と検討委員会は
「県民はバカで、与えた情報を理解できないから、自分たちで結論を付けて出せば解からない」
「騒ぐと面倒だから、本当の事は、なるべく隠してしまえばいい。県民の健康とかどうでもいい」
と思ってるんでしょうね。わかります。



」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


福島健康調査:委員発言、県振り付け…検討委進行表を作成
毎日新聞 2012年10月05日 02時33分(最終更新 10月05日 02時36分)

 東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が実施中の県民健康管理調査について専門家が議論する検討委員会を巡り、委員が発言すべき内容などを記した議事進行表を県が事前に作成していたことが分かった。調査結果への見解における「結語」(結びの言葉)が記され、「SPEEDI(緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム)再現データの質疑に終始しない」と求める記載もあった。県の担当者は毎日新聞の取材に「そうしたものを作ったかもしれない」としつつ、内容に対する明確な回答はなかった。

 検討委を巡っては、本会合の前に秘密裏に「準備会」(秘密会)を開き、調査結果に対する見解をすり合わせた上で、本会合でのやりとりを事前に打ち合わせていたことが判明している。この問題が取り上げられた3日の県議会で村田文雄副知事は「意見などをあらかじめ調整した事実はない」と答弁したが、進行表には「○○先生と要調整」(○○は委員の実名)との記載もあった。

 毎日新聞が取材で確認したのは「第3回『県民健康管理調査』検討委員会 進行」と題された文書。関係者によると、県保健福祉部の担当者が作成し、昨年7月24日に開かれた第3回検討委の前日の同23日に委員らに送られた。それ以前の同17日には秘密会を開いたことが分かっている。

 文書はA4判2ページ。「取扱注意」と記され、議事内容や進行を記載している。このうち「ホールボディカウンターと尿(内部被ばく)検査結果について」と題した項目では「結語」として「セシウム134及び137による内部被ばくについては、合計しても1ミリシーベルト未満であり、相当に低いと評価。他の地域の住民では、さらに低いと思われる」との発言予定が記されていた。

 調査の進捗(しんちょく)状況を巡る項目では国や県が有効活用しなかったとして問題視された「SPEEDI」に言及。「SPEEDI再現データ(3月15日の課題)の質疑に終始しない。(SPEEDIの話題のみが着目される可能性あり、そうならないよう願います。また、そうなった場合は、『線量評価委員会』で検討とそらして下さい。)[○○先生と要調整]」などと記載されていた。
http://mainichi.jp/select/news/20121005k0000m040112000c.html 


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


>村田文雄副知事「意見などをあらかじめ調整した事実はない」

あら、不思議!! 

「意見などをあらかじめ調整した事実はない」のに台本が存在して、その台本通り、事が運ぶなんて!!



副知事がこういう見解を述べるということは、県全体の共通認識でこういう隠蔽・誘導が行われている。ということですね。わかります。


毎日新聞は、この進行表の写しは出さないのかな?
独占スクープだから小出しに引っ張ってるのかな?

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

〔放射能〕文科省発表「東京には今も放射性セシウムが降っている」

2012.10.10 13:05|原発・放射能・原子力
低気温のエクスタシーbyはなゆーさんより転載

〔放射能〕文科省発表「東京には今も放射性セシウムが降っている」


東京の数値にがく然。群馬埼玉の5倍以上  ((;゚Д゚)

文科省発表の最新の降下物データによれば、今も放射性セシウムが降っているのは、北は岩手から関東を経て愛知まで、最初の爆発で汚染された地域とほぼ同じ

(注:PDF)
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/contents/7000/6287/24/194_8_1002.pdf




テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

最強健康飲料!? 緑茶には「記憶力向上」の効能もあるらしいぞ

2012.10.09 12:24|健康・病気・医療
RocketNews24.さんより転載

最強健康飲料!? 緑茶には「記憶力向上」の効能もあるらしいぞ

dsc07951.jpg


日本人におなじみの緑茶。その効能は抗酸化作用に血中コレステロールや体脂肪の低下作用、虫歯や口臭の予防やがん予防など、非常に幅広いことが知られている。

その緑茶が持つ新たな効能が、中国の研究チームにより発見された。緑茶には脳内で新しい細胞の形成を促進する働きがあり、記憶力や空間認識能力の向上が期待できるそうだ。

茶カテキンは多種のカテキン類の複合物であり、その主成分はエピガロカテキンガレート(EGCG)と呼ばれる。中国の人民解放軍第三軍医大学の研究チームは、このECGCに記憶力向上や認知症予防効果があると発表した。

同研究チームは、体験した物事を記憶する働きをする『海馬』という脳部位に注目。EGCGが海馬において、様々な種類の神経細胞の元となる細胞の形成を促すことを発見した。

その効果を検証するため、マウスを箱状の迷路に入れて道順やエサの場所を覚えさせる実験が行われた。すると、EGCGを与えたマウスはそうでないマウスよりも短時間で迷路の構造やエサの場所を覚えたという結果が得られたのだ。EGCGが物体認識力や空間記憶力の向上に一役買っていることが証明されたと言える。

この研究発表を受け、海外でも緑茶の潜在的パワーが見直されているようだ。ちなみに、一般的に知られている緑茶の効能は以下の通りである。お茶は、まさに最強健康飲料。コーヒー、紅茶派の皆さんも、たまには緑茶を飲んでみてはいかがだろうか。
 
【緑茶の主な成分および効能】
・カテキン
血中コレステロールの低下、体脂肪低下、がん予防、抗酸化作用、虫歯予防、抗菌・抗インフルエンザ作用、血圧上昇抑制、血糖上昇抑制、口臭予防
・カフェイン
覚醒作用(疲労感や眠気の除去)、集中力持続、二日酔い防止、利尿作用
・テアニン
神経細胞保護、血圧低下、リラックス作用
・ビタミン類(ビタミンC、B2、E、葉酸、β-カロテン)
コラーゲン形成、抗酸化作用、夜間の視力維持
・サポニン
血圧低下作用、抗インフルエンザ作用
・フッ素
虫歯予防
・γ-アミノ酸(GABA)
血圧低下作用
・ミネラル
生体調整作用
・クロロフィル
消臭作用

参照元:DailyMail(英文)、お茶百科
photo:RocketNews24.

テーマ:みんなに紹介したいこと
ジャンル:ブログ

「米国甲状腺協会の次期会長「福島の子供たちは非常事態である」

2012.10.08 06:24|原発・放射能・原子力
低気温のエクスタシーbyはなゆー さんより転載

「米国甲状腺協会の次期会長「福島の子供たちは非常事態である」


510 名前:地震雷火事名無し(新疆ウイグル自治区)
投稿日:2012/10/07(日) 19:51:46.29 ID:27aNmWKL0

私たちは、アメリカ甲状腺協会の次期会長であり、コロラド大学医学科の内分泌チーフであるブライアン・ホーゲン医師に会って話をした。

ホーゲン医師は、原発事故後すぐに、これほど多くの子供に多くの結節と嚢胞が見られることは驚くべきことである。

また、この事実が広く知らされていない、というカルディコット医師の見解に同意した。

彼は、今の超音波エコー検査技術は、どんどん高感度になっているので、2センチより小さい嚢胞(いわゆる流体嚢)なら、細胞診を行う必要はないが、5ミリより大きな結節(シコリ、塊:つまり細胞の塊状のもの)であれば細胞診を受ける必要があると付け加えた。


CONFIRMED: 36 Percent Of Fukushima Kids Have Abnormal Thyroid Growths And Doctors Are In The Dark
(Business Insider by Michael Kelley 2012年7月19日)
http://www.businessinsider.com/fukushima-children-have-abnormal-thyroid-growths-2012-7


世界的な権威アメリカ甲状腺協会の次期会長も「福島は異常事態」だってよ

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

放射線検査をしないコメが市場に流通──不安視される食品業界のタブー構造

2012.10.07 06:11|原発・放射能・原子力
サイゾーpremiumさんより転載

食品業界はタブーと自主規制だらけ!
放射線検査をしないコメが市場に流通──不安視される食品業界のタブー構造


【サイゾーpremiumより】

──福島県産農作物が売れているという。

 原発事故の影響で、首都圏ではスーパーなどの小売店で福島県産農作物を見る機会はほとんどない。当然出荷量もガタ落ちのはず……と思いきや、日経新聞などの報道では2011年度のコメの出荷量は、例年の7割程度を確保しているという。店頭では見かけることがないのに、いったいどこに出荷しているのだろうか?

「福島県産米は、主に首都圏の外食店やせんべいなどの加工食品メーカーで使用されているんです」 と話すのは、ジャーナリストの吾妻博勝氏。『コメほど汚い世界はない』(宝島社)を執筆したコメ流通のエキスパートだ。

 いまや日本では、手軽で安価な食品が氾濫している。オペレーションシステムの改善や人件費の削減などの企業努力で、1円でも商品の原価を切り詰め価格競争に立ち向かう食品産業にとって、味自体は問題がなく、値段も割安となった福島県産農作物は、まさに渡りに船。消費者としても、11年にはサンプリング調査だった放射性物質の検査が、全袋検査へと移行し、しっかりとした検査を行っているんだから大丈夫だと安心する向きもあるが、吾妻氏は「あれだけ検査の様子が報道されれば、すべてのコメが検査されていると〝誤解〟する方も多いのではないでしょうか」と話す。

「今年度米で全袋検査をしたのは、8月に収穫した早場米の一部だけ。さらに、9月下旬から収穫が始まる米で全袋検査されるのは、主としてJA経由の流通米のみです。農家が業者に直接販売する米は全体の5割以上にも上り、それらは検査もされずに流通するものが多い。業者が農家にトラックを横付けして直接買い取り、そのまま激安居酒屋や、加工食品業界へ出荷されるんです」(吾妻氏)と、非正規のルートでコメや農作物が流通しているというのだ。中間マージンを削るため、農家と直接契約を謳っている企業も多い。

「食の安全」が叫ばれて久しいが、O-157など頻発する食中毒や発がん性物質の混入など、消費者は食に対して疑心暗鬼にならざるを得ない状況が続いている。特に「デフレ食品」とさえ呼べる一連の激安フードは、その安さと引き換えに、こうした安全性が不透明な製品も使用されている。

 例えば、かねてから発がん性物質などの危険性が指摘されている食品添加物は、激安フードにとってなくてはならない存在。ハムやベーコン、そしてハンバーグなどの加工食肉には保存料をふんだんに使用することで、流通経費や廃棄リスクを抑制し、合成着色料で新鮮な見た目を演出、化学調味料で味を調えている。合成甘味料のズルチンや合成保存料のフリルフラマイドなど、即座に健康に被害が及ぶものに対しては、厚生労働省も規制を行なってきたが、”ただちに健康に被害がない”ものには、審査も甘い。長期的に摂取し続けた場合や、ほかの添加物と混ぜ合わせた場合のリスクに関しては、安全性が疑問視されるデータが民間の機関から出ていても、そのままにされているものが多い。

 また、いまだに安全性が疑問視される遺伝子組み換え農作物も、激安価格を実現するためには欠かせない。通常の作物よりも生命力が強靭で、収穫量も高いことから価格が安いのだが、その不信感は根強く、一部からはアレルギー、臓器異常、不妊、発がん性などの可能性も指摘されている。

 遺伝子組み換え作物については、アメリカの農薬会社モンサントの日本進出が話題となっている。同社はすでに茨城県に実験農場を建設している。内部で見たことを口外しないという誓約書を書かされた上で、この農場を見学した人物は、その内部の様子を振り返った。

「周囲から完全に隔離された施設の内部には遺伝子組み換えの作物と、普通の作物が並んでいました。除草剤の効果で、普通の作物はほとんど枯れているのに対し、遺伝子組み換えのほうはピンピンしていた。『どうですか?』と自信満々に聞かれましたが、正直気持ちが悪かった」

 作物が枯れてしまうほど強力な農薬が残っているかもしれないのに、本当に人体にとっても安全なのか、十分に議論・検証する必要があるだろう。また、現段階ではその多くに使用表示の義務があるので、日本人が直接口にすることは少ないように思えるが、実は、牛や豚などの家畜飼料として、大量に輸入されており、これらは表示義務がない。結果、我々も間接的にそれらを摂取しているのだ。


■デフレ食品批判映画が圧力で潰された!?

 こうした「安さのヒミツ」は、一部の書籍や雑誌などで報道される程度にとどまっている。自らも製薬会社・食品メーカーで添加物の研究や食品の開発にかかわりながら、『食品業界は今日も、やりたい放題』(三五館)などの著書もある小薮浩二郎氏は、業界からの圧力を指摘する。

「味の素などの大手食品メーカーが加盟する『日本食品添加物協会』は、食品企業幹部や国立大教授などの退職後の受け皿として機能しています。食品添加物に否定的な書籍や記述に対しては強固に反論を行うんです。かつて、食品に関するある書籍が爆発的にヒットした際、同協会から相当強いクレームが飛んだことがあります」

 大企業や食品会社を後ろ盾に持つ同協会は、厚生労働省や消費者庁にさえ抗議を行い、その力は「消費者庁が潰れても、添加物協会は潰れないと言われている」(同)ほど。そして、同協会に対して尻尾を振っているのが、添加物を監視・監督する立場にある厚労省だという。特に食品業界に対しては、国は消費者よりもメーカー保護の立場。森永ヒ素ミルク中毒事件やカネミ油症事件くらい重大なトラブルが起きない限り、国の機関でも添加物に対してネガティブな研究は行っていないのだという。

 では、自由に研究ができそうな大学機関などでの研究は進んでいるのだろうか?

「現在、大学には『産学協同』の風潮があり、企業の論理にのっとった研究が奨励される傾向にあります。一方、製品の欠陥について研究すると、学生の就職に如実に影響があるので、理系大学生の就職先の多くを占める食品メーカーにとって不利益となる研究は、積極的には行いません」(同)

 このように産学官に守られ、食品会社は今日も我々に添加物満載の食品を提供しているのだ。

 また、「食の安全」を脅かす彼らを無視し、自主規制を行うメディア側の弱腰姿勢も浮かび上がってくる。

『ありあまるごちそう』など、食の安全をテーマにしたドキュメンタリーを配給するアンプラグド代表取締役の加藤武史氏が『フード・インク』のキャンペーンの際に直面した事件は、この態度を端的に象徴したものだったという。

「普段エコやナチュラルフードを推進している、あるラジオ局に『フード・インク』のキャンペーンを手伝ってほしいという話を持っていったところ、DJの方々は非常に興味を持ってくれたのですが、局側は『一方的であり、応援をすることはもちろん、扱うこともできない』と激怒され、即却下されました。後日知ったところによると、この放送局の一番のスポンサーはコンビニとハンバーガーチェーンだった(笑)」

 映画『スーパーサイズ・ミー』などでも描かれたように、マクドナルドやコカ・コーラには、人体に影響する物質が入っているなどとし、その安全性が疑問視されている。それらの企業が、安全でも割高になるナチュラルフードを推奨する映画に協力できないのは、なるほどと思うところがあるだろう。11年に食品業界がマスコミにばらまいた宣伝広告費は2660億円と、日本の広告費用における1割を占めている(電通「日本の広告費」)。大手食品メーカーの広告宣伝費にがんじがらめとなっている大手メディアもまた、食品業界の闇を告発することなどするはずもないだろう。

 このような状況に「食品を取り巻く組織が硬直化している」と憤る加藤氏は、農林水産省から受けたある「圧力」も明かした。

「08年から農水省が主導した食料自給率アップを目指した『フード・アクション・ニッポン』というキャンペーンがあり、そのHP上に『フード・インク』の公開情報を掲載してもらうよう掛け合いました。運営を受託する電通とやりとりをし、情報を掲載してもらったのですが、その途端、農水省から『一方的で好ましくない』という圧力がかかり、ホームページから映画の情報を削除されそうになりました」

 結局、この件は電通によって削除されずに済んだが、食に対して真摯に向き合ったドキュメンタリーを「好ましくない」の一言で排除する農水省の姿勢は、この国にはびこる食品事情を象徴している。

「食品の裏側を知ると、モノが売れなくなるという恐怖が、メーカー、小売店、外食チェーンにはあるのでしょう。冷静に考えたら、値段が安すぎる食品は多いし、お寿司やサラダが3日も日持ちするのもおかしい。そのような疑問の芽を、食品を取り巻く組織は必死で摘んでいくんです。『食品について何も考えるな』『黙って買え』というのが、彼らの本音ではないでしょうか」(加藤氏)

 我々にとって身近な存在だからこそ、触れづらい食品業界。自主規制を撤廃し、不当な圧力を打ち消すといった努力がなされなければ、「食の安全」など、空虚なスローガンにすぎないのだろう。

(取材・文/萩原雄太)

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

胎児に腸が飛び出す奇形。顔面良性腫瘍、橋本病、血尿、白内障、熱感など身近な人におきたこと。

2012.10.06 05:55|原発・放射能・原子力
木下黄太のブログ  さんより転載


胎児に腸が飛び出す奇形。顔面良性腫瘍、橋本病、血尿、白内障、熱感など身近な人におきたこと。

2012-09-30 00:00:25 | 福島第一原発


都内在住の女性の方と長時間話しました。ご自身や、家族、身の回りの友人11人に身体異常が出ているそうです。一人を除いて、四十代から六十代の男女。自分がいろんな不調を抱えているのに、まわりの光景がいつも信じられない思いがするとおっしゃっていました。移住も考えられているようですが、いろんなことで踏み切れないまま、今日にいたっているそうです。このメールをだされるのにも、かなり躊躇されたそうです。知り合いの娘さんの胎内にいらっしゃるお子さんの話を考えあぐねて、お伝えになりました。おきていることをそのまま見つめることしか僕はないと考えます。

 最近、僕に届くメールの数は多いばかりではないのですが、みなさん、切羽詰って、あるいは深刻になって出されたものがほとんどなのです。僕はそのお便りをよみ、お話をし続けながら、深く考え込む日々です。

==================================================

前略

いつも情報を発信して頂きありがとうございます。
東京に住むEと申します。先月一度メールを書いたのですが、今一度冷静に考えてみようと、出す勇気がなく、今日に至った次第です。

私の友人の娘さん、首都圏在住の二十代で、今現在妊娠しています。


その娘さんが、妊娠中期に、胎児に異常があるということが判明しました。                            腸の一部が飛び出ているという、とてもまれな異常と診断されました。

この後、大病院にて、帝王切開、そして取り上げた赤ちゃんはすぐに手術という計画だそうですが、退院の目途はたっておりません。

何度か飲食に注意をするように声掛けしたのですが、「うちは気にしないから」の返事で、大変危惧しておりました。コンビニ食、外食は常時、マスク着用はまったくしていませんでした。なので、胎児に異常があると聞いた時は「やっぱり」と思いました。


偶然と言えばそれまでですが、放射能に対するしきい値、感受性は一人一人違います。
東日本に限らず、西日本も瓦礫焼却とまんべんなく流通している食材に気をつけなければ、東日本と同じ運命を辿るのではないかと切迫した思いになります。

首都圏にいる我が家、親戚、友人は2011年夏頃から体に異常が出始めました。下記は11人の人間におきたことです。

橋本病、顔面良性腫瘍、アトピー悪化、帯状疱疹、鼻炎、体のかゆみ、血尿、白内障(手術)、眼出血、、視力低下、頭痛、めまい、熱感(体温調整が悪い)、下痢、吐き気、睡眠異常、倦怠感、尿路結石、脊髄狭窄症(手術)、半月板異常(手術)、肺がん、書ききれないほどです。肺がんの方は亡くなりました。

都民は多くの症状が出ていても、気のせいと思っているのか、気付かない振りをしていると思います。

どうぞ、迷っている方、踏ん切りのつかない方、家族と大モメの方も、命を最優先に考え、少しでも安全な地に移住して下さい。

では失礼いたします。今後も応援しております。

================================================

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

放射性物質が戦後に「ガン」「糖尿病」が急増した原因

2012.10.05 05:41|原発・放射能・原子力
「僕と核」さんより転載


放射性物質が戦後に「ガン」「糖尿病」が急増した原因


スターングラス博士インタビュー

ここで、スターングラス博士にお話をお聞きしたいと思います。彼は、原子力の本場アメリカで、60年代から、核実験や原子力発電による低レベル放射能の影響を訴えて続けて来た、数少ない科学者の一人です。2006年の二月には念願だった来日を果たし、青森県の六ヶ所村も訪ねています。

こんにちは、今日はよろしくお願いします。

S博士「まずはじめに、日本には55基もの原子炉が運転しているのを知ってるよね。」

、、、はい。

S博士「それに、ほとんどが海岸沿いの国土の2割程度の面積に人口が集中していて、原発も割と近くに配置されている。だから、日本政府が2003年度に発行した、過去100年の日本人の死因の推移を見たとき、あまり驚かなかった。」

と言いますと。

S博士「日本では、戦後の50年で、がんの死亡がずっと増え続けている。1900年台の前半は、がんはそこまで存在しなかった。日本に原爆が落とされて、アメリカ製の原子力発電所が導入されてから、一気に増え始めたのだ。今でも日本にある原発の八割がアメリカ製だ。」

はい。

S博士「そして、本場のアメリカで分かって来たことが、原子力発電所というのは、公に発表されているよりも、ずっと大量の放射性物質を放出しているということだ。大半は、細かい分子になった、核の分裂によって産まれる物質で、大気や海に放出されている。核分裂生成物というやつだ。」

はい。これが、自然放射線と混同されると、訳分からなくなりますね。

S博士「その通りだ、そもそも自然放射線というのは、海抜0メートル付近では、0.8 から1mSV(ミリシーベルト)が普通であって、それ以上はラドンなどごく特定の地域しか関係のないものや、0.15mSVほどのカリウムなどを大げさに数えている場合が多い。しかも、ほとんどの自然放射線が外部被ばくを起こすガンマ線で、体の中の特定な器官に蓄積して内部被ばくを起こすものじゃない。ストロンチウム90やヨウ素131などの放射性物質は、体の中に入り込むのと、それと同じ量を地面にばらまいたのでは、威力が全然違うのだ。

分かります。

S博士「ヨウ素131は、ほとんどが一週間の半減期だが、これは首にある甲状腺に集中する。甲状腺というのは、体全体の新陳代謝をコントロールしていて、多くの器官が甲状腺のホルモンによって動いている。だから甲状腺が壊れると、大人だと、甲状腺に異常が生じたり、がんになることがある。また、ストロンチウム90は骨に集中する。これはカルシウムと似ているためで、カルシウムは、骨をつくったり、神経の伝達にも欠かせない。要するに、脳みその働き、考える力に貢献している。よって、ストロンチウム90が引き起こす問題というのは、あまり知られていないのが、カルシウムと同じように骨だけじゃなく、脳にも入り込んで、神経にダメージを与えるため、特に脳の発達に支障をきたすようになる。

赤ちゃんですね。

S博士「赤ちゃんもそうだし、お母さんのお腹の中いる胎児のときからだ。それに、脳みそは10代まで発達し続ける。だからそこに問題が生じると、普通の読み書き、理解する力、計算する力、全体的に影響を受けてしまう訳だ。健康な脳みそをつくる過程でだよ。」

母親は知っておくべき情報ですね。

S博士「これは、本当に伝えなければいけないことだ。繰り返すが、ストロンチウム90やヨウ素131は自然には存在しないもので、ウランやプルトニウムが核分裂を起こしたときのみ、産まれるのだ。原子炉の中で起きていることは、原爆の核分裂が起こす環境破壊と同じなのだ。つまり、核実験などが広めた汚染を、原子力発電所がそのまま引き継いだに過ぎないのだ。」

なるほど。

S博士「これは数年前にJournal of American Medical Associationで発表されたばかりなんだが、妊婦が歯科医でX線を数回受けただけでも、散ったX線が、ヨウ素131のように甲状腺に影響を与えて、それが早産につながる確率が数割高くなることが分かった。こうした未熟児は、現在の医学ではほとんどを救うことができるのだが、X線のせいですでに脳の発達に影響が出てしまっている。それが思考力や、集中力の欠如に表れる。脳の発達に支障をもった未熟児は、自閉症になる可能性も出てくるのだ。

このように器官に集中する放射性物質は、どのようにダメージを与えているんですか?

S博士「ヨウ素131の場合、ガンマ線というのは、X線と一緒で、とても強いエネルギーを持った光を出す。そして、ベータ線は電子なんだが、数ミリしか飛ばなくても、臓器に埋め込まれると周りの細胞を破壊する訳だ。変異を起こしたり、遺伝子を傷つけてしまう。そして、フリーラジカルが産まれる。フリーラジカルとは、マイナスの力を帯びた酸素分子で、寿命も一瞬なんだが、これがプラスを帯びた細胞の粘膜に引き寄せられて、穴を空けてしまうので、大変なことだ。これらのことは、60年代の後半から70年代にかけて分かったことで、原子力発電を始めたずっと後の話だよ。」

はい。

S博士「初めての原発が1942年のシカゴだったから、そのおよそ30年後に分かったことだよ。もう一つ興味深い発見だったのは、X線などの強くて短い刺激がつくる多くのフリーラジカルは、実はお互いとぶつかり合って、そこまでダメージを引き起こせないんだ。これを、私は『混んだナイトクラブ効果』と呼んでいる。分かるだろう、狭い空間に人が入りすぎて、身動きが取れないのだ。これで分かったことが、X線などが与える、自然放射線の一年分に値する1mSVほどの一度の衝撃は、思ったほど効果がなく、同じ量を一週間、一ヶ月の間に分けて微量を受けた方が、細胞あたりのフリーラジカルが少ないために、ずっと大きなダメージを与えるのだ。

そうなんですか。

S博士「このことは、衝撃だった。つまり、X線や原子爆弾のように、集中された強い放射線よりも、永続的な低レベルの放射線の方が、ダメージは100倍から1000倍も大きいことが分かったのだよ。

なるほど。

S博士「我々はヒロシマやナガサキで集めたデータを信じきってしまったのだ。原爆は、主にガンマ線と中性子線を一瞬で放出したから、本当に強くて大量のエネルギーを放出した。ましてや、その頃はフォールアウト(『死の灰』と訳される)のことも良く分かっていなかった。要するに、長期的な低レベル放射能の影響を、今日でも、完全に間違って計算しているのだ。2003年にイギリスのクリス・バズビー (Chris Busby) 氏らが、ヨーロッパのECRR機構(European Commission on Radiation Risk) に頼まれて、原子力発電所のリスクについて過去50年の様々な論文やケースを完全に洗い直したところ、同じ結論にたどり着いたのだ。我々は、低レベルの内部被ばくによる影響を、少なくとも100倍から1000倍、過小評価して見積もっているのだ。

はい。

S博士「もう一つ言いたいのが、ストロンチウム90は骨に入って、強い電子を放出する。骨髄では赤血球と白血球もつくられているから、ここで異常が起きると、白血病を起こす。また、白血球というのは、体のありとあらゆる病源と戦っているから、白血球がちゃんとつくられないと、これは大都市で警察のストを起こすと犯罪率が一気に高くなるようなものだ。分かるね。ストロンチウム90が白血球を壊せば、体中にがんが起きても止めることができない。ストロンチウム89の半減期は50日で、ストロンチウム90の半減期は28年だから、体に蓄積されていくものだ。

そうですか。

S博士「さきほどの低レベルの放射能の話に戻るが、人々が間違いを犯した原因のひとつに、放射線によるがんの治療による。これは動物実験で、一週間おきに集中した放射線をあてれば、健全な細胞は元に戻るということから、放射量を細かく分ければ、体には影響が少ないと信じられていたのだ。ところが、内部被ばくの場合は、少ない量でも常に体の中にある訳だから、慢性被ばくと言っても良い。これが何十年間と蓄積されると、ストロンチウム90のように白血球が壊されていけば、肺炎やさまざまな感染が起き易く、免疫力が激しく低下することに繋がるのだよ。

では、質問を変えます。
原子力発電所は、すべての排出物をモニタして、環境もモニタして、すべては安全だと言います。何がいけないのでしょうか?

S博士「何回も言うが、0.1~0.2mSVほどのX線の影響と、核分裂生成物を比べて、影響を少なく見積もりすぎているから、誤った安全の基準を適用しているところが間違っている。2005年に発行されたUS Academyの論文には、『どんな微量の放射能でも、必ず何らかのダメージを与えている。無害ということなどない』と書かれているくらいだ。一時期、『微量なら健康に良い』と信じられていたのもまったくの間違いで、『一定値以下なら安全』と信じられていたことも、間違いだった。これはようやく最近、世界中で発表されている論文で認められてきたことだ。更に、1000倍もダメージを少なく見積もってものだから、0.1mSVだったものが、実質的には100mSVと同じダメージを加えているのだ。

これらの核分裂生成物は、化学的にフィルタすることってできるんですか?

S博士「完全には無理だ。中空糸フィルタやイオン交換樹脂など、どんなにテクノロジーが進化しようと、完璧なフィルタなど存在しない。例えば、アルゴン、クリプトン、キセノン、ラドンなどの希ガスは、化学的にフィルタすることはできない。トリチウムなども水分と同じような性質なので、なかなかフィルタできない。モニタリングは、結局、役割を果たしていないのだ。自然界はストロンチウム90やヨウ素131をつくらないから、自然放射能と比べるのはおかしい。更に、X線などは刺激が短か過ぎる。だから、安全だと思っていた放出量が、実はそうではなかったということだ。

それでも、核実験からの残量放射能が減って来ていて、今では食物に含まれている値も示していますが。

S博士「良いかい。基本的に原子力発電所が自ら検出して発表しているデータはそこまで信用しない方が良い。電力の生産があがるほど、放射性物質の排出はぜったいに免れられないのだ。それに、原子力発電所がどのくらい排出しているかを心配したり論議するよりも、人間にどのくらい入って来ているのかを検出する方がずっと早いのだ。私たちの90年代の研究で分かったことは、アメリカで原子力発電所の近くに住んでいる子供たちの乳歯から検出されたストロンチウム90は、かつての核実験の時代と同じくらい高くなってきているということだ。これは原子力発電所が放射性物質を出し続けている確固たる証拠だ。このプロジェクトもアメリカの政府がデータを公表しなくなったために、独自で始めたのだ。ストロンチウム90の値は、すでに胎内で蓄積されていることが分かることと、ストロンチウム以外の放射性物質も入って来ていることを裏付けるから大事な訳だ。これらはすべて、いわゆる通常の運転で起きていることだよ。」

それは日本にも言えることですか。

S博士「繰り返すが、日本の八割はアメリカ製の原子力発電所であるからして、まず間違いないだろう。原子力発電所の放射性ガスや放射性物質の粒子は、日本の美しい山脈に降り注ぎ、それがきれいな湧き水に混入して、田んぼや畑、飲み水に入って行ってしまうのだよ。風がどっちに吹いていようが関係なく、これがいちばん起こりうる被ばくの方法で、私はこれが日本でがんが急増している要因のひとつだと考えている。ちなみに、ロレン・モレーが日本で集めた乳歯のサンプルからもストロンチウム90が充分なレベル検出されている。これはどこで産まれたか、どこで育ったかによって大きく異なるし、もっと大規模な研究が必要だが、アメリカと同じような状況であると予想される。小児がんを主に、健康な発育が妨げられる確率が数割は高くなるということだ。もちろん、放射性物質による害は成人にもあてはまることだ。」

そうなんですか。

S博士「ついでに、もう一つ重大な話をしよう。ストロンチウム90から出来るのが、イットリウム90だ。これは骨じゃなくて、すい臓に集中する。すい臓というのは、糖尿をおさえるホルモン、インスリンを分泌しているから、ここに異常が出ると糖尿病になる。世界中で、糖尿病が急増しているのは知ってるね。日本は、すでに人口の割合から言えば、アメリカの二倍もいる。そのアメリカだって、イギリスより率が高いのだ。日本では、戦後から現在にかけて、すい臓がんが12倍にもふくれあがっている。50年代の終わりにドイツの動物実験で発見されたのが、ストロンチウム90が電子を放出してイットリウム90になると、骨から肺、心臓、生殖器などに移動するのだが、すい臓に最も高い集中見られたのだ。インスリンがうまく生産されないようになって、血糖値が上がってしまうのだ。今までは放射能が糖尿病と繋がっているなんてまったく認知されていないのだ。これで分かっただろう、国際放射線防護委員会(ICRP)は、当初、放射能の影響として、特定のがんと奇形児くらいしか認めなかったのだ。未熟児、乳児の死亡や、肺、心臓、すい臓、これらの部位への影響はすべて無視されてきたのだ

はい。

S博士「民間エネルギーの最初の原子力発電所は、ピッツバーグに57年に、私が15年間勤めたWestinghouse社によって建てられた。私たちは、汚い石炭の発電所よりも、安くて、きれいなエネルギーだと思っていた。微量の放射性物質が逃げても、大したことないと思っていたのだが、それは大間違いだった。これと同じ原子炉が、今でも日本でたくさん稼働している。70年代にカナダのエイブラム・ペトカウ (Abram Petkau) 博士が発見した、低レベル放射能によるフリーラジカルの影響を、未だに反映できていないのだ。フリーラジカルの性質を分かっていなかったのと、放射線量と人体への影響が比例的な関係だと勘違いしていたのだ。低レベルで起きる様々なことは、ヒロシマとナガサキの生存者を調べただけでは、まったく予期できなかったのは当然のことだ。」

はい。

S博士「だから、原爆の生存者や、X線のデータによって計算された国際的な許容量はまったく間違っている。これは、原子力発電所が大規模に建てられるようになって、何十年も後に分かったことだが、誰もその過ちを認めることが出来ずに、今日まで来てしまった。その理由の一つとして、すでにウラン鉱山に巨額の投資がされてしまっていたことがあるだろう。だから、ウランの利益を受けている人たちは、過ちを認めないどころか、それを絶対に隠したいのだ。ウランは核分裂以外には役割がないから、それがただの粉末のゴミになることを本気で危惧しているのだ。世界中の政府や企業、イギリスの皇室などが所有しているウランは、原子力発電所が他の燃料で動くようになったら困るのだ。

日本企業もかなり先行投資していますよね。他の燃料と言いますと?

S博士「天然ガスだ。天然ガス発電に切り替えれば、なんと、設備投資の7~8割は無駄にならない。天然ガスはあと数十年は持つと言われているから、その間に自然エネルギーを開発すれば良いのだ。コロラド州のフォート・セイント・ブレイン (Fort St. Vrain) は、すでにこの成功例だ。原子炉だけを閉じて、天然ガス用のボイラーを横につくって、タービンの建物など、ほかのものはそっくりそのまま使えたのだ。そう、原子力はお湯を沸かしているだけだからね。原子炉の中の水も放射能を持っているために、配管が錆びて出てくる鉄、マンガン、コバルトなどにも中性子がぶつかって、普通の元素まで放射性になって大気に飛び出てしまうのだよ。これが体内にも必要な物質の場合、放射性の鉄分だって血液に入ってしまう訳だ。」

原子炉を解体しただけで、その付近は大丈夫なんですか?

S博士「そうだ。その証拠にコロラド州は、あらゆるがん、小児がんの率が全米でいちばん低いのだ。解体すれば、新しい核分裂や放射性ガスを止めれば、燃料自体は、まだ残っているが隔離することはできる。それが素晴らしい点だ。もちろん、完全に廃棄するにはたいへんなコストがかかるよ。これはもっと大変な問題だ。だから、原子力産業は、古くなった発電所を解体する巨額のコストを考えていなくて、将来のコストを少なく見積もりすぎているのが、大問題だ。でも、運転を止めることさえすれば、せめて新しい放射性ガスが発生することは抑えられるのだからね。」

環境的には、それがいちばん良い訳ですね。

S博士「とりあえずは、だ。その代わり、何万年、何億年と放射能を持つ核廃棄物をどうするのかを、まだ誰も解決できていない。何故かというと、長い時間が経つと、地下に埋めようが、山に埋めようが、放射線が缶から漏れ始めることが分かっているからだ。缶が空気中のバクテリアに侵されて行くからだ。そうすれば、今度は地下水が汚染される。」

はい。

S博士「環境的な問題はそれにとどまらない。日本のロッカショで起きようとしていることは、全国の55基分の廃棄物を集めるから、どうがんばっても大量の放射性物質を大気と海に捨てることになるだろう。そうすれば魚も死ぬし、近辺の入江に生息する貝や生物が放射性物質を吸い込んで、人間と同じように免疫力が低下して行って、死んでしまうのだ。60年代に核実験が盛んに行われていた時期も、北大西洋では、魚が激減して、核実験が終わったあと、一気に元に戻った。決して乱獲のせいなどではなかったのだ。このことは、今でも世界中の原子力発電所の近くで起きている。クジラやイルカも、川に流した放射性物質によって、みんな影響されているのだ。」

何度も言いますが、それでも原子力発電所は、海への放出をフィルタして、ちゃんとモニタしていると言いますが。

S博士「だから、そんなフィルタがあれば、固形の廃棄物の心配だけで済むから嬉しいよ。でも現実的には、一部の放射性物質しか取り除けないことは、実績で分かっているのだ。しかも、事故や人為的ミスの可能性も計算にいれてなくても、この状況だ。過去には放出しなくて済んだ放射性物質も、大量にあった訳だ。スリーマイル、チェルノブイリ、これらは、世界中に多大なるインパクトを与えたのだ。我々はチェルノブイリが起きた翌年のアメリカでも、統計データとEPAによるストロンチウム、ヨウ素、セシウムの測定量から、数万人規模で過剰な死者が出たと考えている

そうなんですか。

S博士「特に日本の場合は、地震国だということを忘れては行けない。日本の面積にあれだけの原子炉が集中していることと、ロッカショの再処理工場の最大の問題点は、さきほど言ったように全国の燃料棒を集めてプールにいれていることだ。これらは、本当に強い、本当に高レベルの廃棄物で、なんかの拍子に、このプールの冷却水にもしものことがあったら、大惨事では済まないことになるだろう。」

、、、質問を変えます。
なぜ、人間はそのような強い放射性物質を扱うことになったのでしょうか?

S博士「まず、自然の中で人間が経験してきた放射性物質は、カリウム40だけだ。これは体内に入っても、骨など、どこにも集中しないし、放射線量はストロンチウム90より多くても、体に蓄積もされないから、割とかんたんに体から抜けて行くのだ。地球ができたときに、ウランやたくさんの放射性物質ができたが、どれもストロンチウム90のようにカルシウムに化けて、核分裂生成物が体内に蓄積されるようなことはなかった。一部のアフリカの地下の鉱山の例外をのぞいて、核分裂の連鎖反応は自然ではぜったい起きないのだ。」
(註:20億年前に西アフリカにあるガボンのウラン鉱山で自然核分裂があったとされる)

はい。

S博士「例えば、普通の水の中にある水素は、宇宙線の影響でトリチウムになることがある。トリチウムも、特定の部位で濃縮されない。人間は、自然放射線の中で進化してきたが、これらも体に蓄積はされなかったし、フリーラジカルを長い期間にわたって体内に取り込むこともなかったのだ。海の中に微量に存在するウランも同じことだ。1938年に人間が核分裂を発見してから、すべてが変わってしまったのだ。」

分かりました。
では、日本は島国ですから、海の汚染についてもう少し詳しく教えてください。

S博士「海を守ることは、とても大事なトピックだ。我々が予測できなかったエピソードをもう一つ、教えてあげよう。昔、科学肥料が海に流れ込んで、藻が異常発生すると、魚貝類の酸素を奪ってしまうと疑われていた。その結果、酸欠になった魚や貝が死んでしまう訳だ。ミシシッピ川が流れ込むメキシコ湾で藻が大量発生したときは、窒素、つまり酸化窒素を含む化学肥料が原因だと思われていた。でも最近、新たに分かったことは、キセノンやクリプトンなどの放射性ガスのエネルギーが、大気の酸素と窒素を反応させて、酸化窒素をつくることが分かったのだ。雨が海に運んでくる土砂が化学肥料と同じ役割を果たして、間接的に魚の酸素を奪ってしまうのだよ。この容量で、原子力発電所は、酸化窒素だけでなく、酸素原子が三つくっついたオゾンもつくっている。つまり、原子力発電所が藻の激増に繋がっていることも、誰も予想できなかったことの一例だ。」

そうですね。

S博士「だから、発電所が出す液体廃棄物は、始めは誰もが海は広いし、とても深いので、人間社会にはまったく影響がないと計算していた。しかし、先ほどから言っているように、微量だから大丈夫ということは決して有り得ない。また、Busby氏らの発見が論文で細かく発表されたように、海に放出した放射性物質は、必ず波に乗って浜に返ってくる。イギリス、ウェールズ、スコットランドの原子力発電所付近の砂浜でも、このことが確認されたのだ。日本でもきっと同じことが起きているだろう。海水で薄まると期待していた放射性物質が、波に運ばれて返って来て、それが雨にも混ざって、また土の中にも入ってくるのだ。」

それでも、魚からは放射性物質が検出されてないと言われますが。

S博士「だから、まずそれは安全値がニ、三桁ずれたままだからだよ。もちろん遠洋の魚の方が、放射線を受ける量が少ないし、日本は遠洋漁業が多いから、まだ安全な方かもしれない。それでも、50年前の安全基準が残っていることが問題だ。たいていのガイガー・カウンターは分かり易いガンマ線を計っているだけで、アルファ線やベータ線のことは計れないので、これにはもっと複雑な機械が必要なのだ。」

そうなんですか。

S博士「ガイガー・カウンターは、砂浜にたまったガンマ線を読むことはできるが、魚のアルファ線やベータ線などの正確に計るには、魚の肉や骨をとって、化学的に調べる必要がある。これには大変な技術と計算力が必要になるのだよ。化学的に分離させた液体を、放射線検出用のシンチレーション計数管に通すのだから。つまり、骨にたまるストロンチウム90のように、いちばん強力で、いちばん厄介な放射性物質ほど、かんたんな計器では探知できないのだ。

はあ。

S博士「分かったかい?原子力発電所ができてから30年後に、ペトカウ氏が発表して初めて分かったことがあったように、知らなかったことが多過ぎたのだ。ひとつの細胞が放射線を受けると、周りの細胞が影響を受ける『隣人効果 (Neighboring Effect) 』のことも知らなかったし、いろいろなことだよ。我々は、世界を壊してしまうような原子爆弾をつくってしまった償いとして、原子力発電を急ぎすぎたのだ。」

どういうことですか?

S博士「核分裂が発見されたとき、多くの物理学者は大学の研究室を出て、マンハッタン・プロジェクトに参加した。当時はヒットラーが世界的な脅威だったからだ。ドイツに原爆を渡してはいけない、と。同じことがイギリス、フランス、ロシアでも起きた。そのうちに、スターリンが出て来て、今度は冷戦が始まって、多くの物理学者は核戦争を避けるためにと、核爆弾の開発に一生を捧げたのだよ。と同時に、そんな軍事目的に利用されただけで死ぬのは良心が耐えられなかったのだろう、アイゼンハワー大統領が提唱した『平和な核利用』のアイディアに皆が飛びついたんだ。アイゼンハワーは、『クリーンな原子力』をつくる原子力発電所を世界中に売り込もうと躍起になって、物理学者はそれを喜んでその手助けをした。ヒロシマとナガサキで起きたことや、人類を滅亡させる核兵器をつくってしまったことへの罪悪感のためにね。」

とても興味深いです。
でも彼らは、放射能の影響を予知できなかったのですか?

S博士「そのときは、本当に経験とデータが少なかった。いろいろな不幸が重なって、今の状況をつくってしまったのだよ。多くの人は、核爆弾がないと不安でしょうがなかった。私の孫みたいに、お気に入りの布団がないと眠れないのと一緒でね。共産主義が世界を食い尽くしてまうのを止めるには、核爆弾が必要だと本気で思ってたのだ。これが核の軍拡の原因であり、それに乗っかって、アイゼンハワーがきれいなエネルギー政策と称して原子力を勧めたものだから、誰もが信じきってしまった。日本の場合は、国民がたいへん丁寧できれい好きだから、モクモクと汚い煙が出る発電所と違って原子力は魅力的だったに違いない。」

では、これだけの知識が今あって、それを知っている専門家も世界中にいると思うんですけど、根本的なところで変えて行けると思いますか?

S博士「これが実は難しいのだ。何故かと言うと、大学の研究室などのリサーチのほとんどは、政府の補助金で成り立っているからだ。その政府が、原子力発電はクリーンだと信じ切っていたものだから、今になって過ちを認めたくないのだ。例えば最近でも、コネチカット州の原子力発電所で問題があったのが分かっているにも関わらず、微量だから問題ない、と繰り返すだけだ。EPA(米環境庁)も、原子力産業を守ろうと、必死になっているのだ。石炭による発電が産むスモッグや水銀と違って、クリーンなエネルギーだと言う、昔の謳い文句そのままだ。でも水銀では、爆弾はつくれない。分かるかい。」

それは、今だと強く言われてますよね。二酸化炭素を排出しないから良いんだと。

S博士「それはいつの時代も言われてることだが、でも、本当は、ウラン鉱山の採掘、ウランの運搬、ウランの濃縮、多くのエネルギーを使って、石炭を使ってウランも濃縮すれば、世界のCO2排出量は、原子力発電所を増やすことで解決できないことは、誰の目にも明らかだ。その上に、今知られているウランの埋蔵量もたった数十年でなくなってしまうことを、誰も気にとめていないようだ。現在では、石炭が排出するガスを地中に送り返して岩に変えることによって、CO2の排出を防ぐ方法も出て来ているのだ。」

石炭が見直されてるのは聞いたことあります。

S博士「その他にも海洋エネルギーや、地熱エネルギー、風力、太陽、沢山方法はあるし、水素だけでもさまざまな活用法がある。これを原子力産業がひた隠しにしているのだ。ウランに莫大な投資している人たちが、新しい発電方法の浸透を防いでいるばかりか、健康への害も隠している。私が何十年も経験して来たことだが、体質的にモラルを忘れた産業だと言わざるを得ない。」

一般の人へのメッセージとして、自分の健康を守るには何をおすすめしますか?

S博士「アメリカでは記録を公表することも止めてしまったので忘れられてしまっているのだが、原子力発電所付近の農場がつくった牛乳は、まず飲まない方が良いだろう。また飲み水は、逆浸透装置を使えば、ほとんどの重い放射性物質はフィルタすることができる。本当は行政がやれば良いことなのだが、コストが高過ぎるのだ。」

それでは、今日はここまでにします。ありがとうございました!

S博士「ありがとう。ほかに質問があれば、何でもきいてくれ。」





ernest.jpg
   
  アーネスト・J・スターングラス博士 (Dr. Ernest J. Sternglass)
1923年、ベルリン産まれ。
14才の時に家族とアメリカへ移住。若き頃に、既に世界的権威だったアインシュタインと議論を交わし、科学の志を新たにする。1960年から1967年は、ウェスティングハウス社の研究室でアポロ月面科学ステーションプログラムの局長を務める傍ら、アメリカの大気圏核実験に反対するようになる。彼が国会で発表した研究の成果は、ケネディ大統領が'63年にまとめた部分的核実験条約(PTBT)の締結に大きく貢献した。(ケネディはその僅か三ヶ月後に暗殺されてしまう)70年代に入って、今度はそれまで安全だと信じていた原子力発電所の危険も公に問うようになる。'81年に出版した「Secret Fallout: Low-level Radiation from Hiroshima to Three Mile Island」 (邦題:赤ん坊を襲う放射能)は、低レベル放射線研究の代表的な本となった。1983年よりピッツバーグ医大、放射線医学名誉教授を務める。過去にスタンフォード大学、インディアナ大学、フランスのアンリ・ポアンカレ大学、ジョージ・ワシントン大学、コーネル大学で放射線医学と物理学の教壇に立つ。1995年より、Radiation and Public Health Project (放射能と公共健康プロジェクト)局長。
(photo by Leuren Moret, Februray 2006, Japan)

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

あなたが多分知らない子宮頸がんワクチンの真実 ラッセル・ブレイロック博士 + 

2012.10.04 06:01|健康・病気・医療
さてはてメモ帳さんより転載

あなたが多分知らない子宮頸がんワクチンの真実 ラッセル・ブレイロック博士 + 
http://ameblo.jp/friends-dc/entry-11353635236.html より本文転載

あなたが多分知らない子宮頸がんワクチンの真実 ラッセル・ブレイロック博士のインタビューより
http://www.naturalnews.com/037154_Gardasil_HPV_vaccines_scientific_facts.html


1、第一その根拠が嘘です。HPVそれ自体では子宮頸がんの原因にはなりません。エビデンスによれば、子宮頸がんが出来るには次の組み合わせの複数のウィルス、もしくはウィルととバクテリアによる同時感染が必要な事が分かっています。例えば、エプステイン・バーウィルス[Epstein-Barr virus]とHIVやクラミジア等とHPVの同時感染です。

2、出産をコントロールするビルとホルモン薬はHPVのリスクを上昇させます。

3、今までに子宮頸がんのワクチンが子宮頸がんを予防すると証明された事は有りません。いずれにしろなんの科学的な根拠もないのです。

c0139575_22595664.jpg


4、100株以上あるHPVの中でほんの15種類ほどが子宮頸がんの原因になります。

5、子宮頸がんのワクチンはそのうちの本の2~4株を対象にしているだけなので、あなたはそれを受けても他の2/3以上の子宮頸がんの原因となる危険性のある株には無力です。だから、あなたは接種後も子宮頸がんの検診を定期的に受ける必要が有るのです。

6、あなたはワクチンを受けても子宮頸がんの発生率を減少させることは出来ません。研究では人の免疫システムはワクチンで獲得した株への抵抗性を発達させるので、他の株が優勢になるだけです。

7、米国疾病予防管理センターのウエブサイトでは人の体の免疫システムは2年以内にヒトパピローマウイルスを2年以内に消失させることが出来きる事(70%は1年以内に消失)が書いてあります。

8、子宮頸がんのリスクを上昇させる最も強力なプロモーターはの一つは喫煙です。女性で喫煙する人は前癌病変を子宮頸がんに進行してしまうリスクがしない人に比べて、2、3倍もあります。

9、食事が鍵です。栄養価の低い食事をしている人はリスクが上昇しまうすが、一方でビタミンB12や葉酸を十分な量摂取している人は子宮頸がんとヒトパピローマウイルスの感染のリスクを79%減少させることができます。

10、食事での組み合わせはどんなワクチンよりもヒトパピローマウイルスに対する十分な対策になる事が証明されています。

11、商業的な売り込みは全て嘘です。それは私たちのこの時代において最も壮大で有害な医学的な嘘の一つです。

12、公式に、ワクチンが約100の死亡例と500の永久的な障害の症例と関連があることが発表されています。

13、それらの数字は自発的に報告されたもので、歴史的にはたった2~10%のケースの例から報告されているにすぎません。その他の多くの症例では、報告すらされていなく、それで、控えめに見積もっても5000人の少女と若い女性がワクチンによる副作用を受けている可能性があります。

14、子宮頸がんはアメリカではとても希なガンで、年間に12000症例が報告され、そのうちの4000人が死亡します。

15、多くの少女と若い女性は重大なワクチンによる副作用を経験していますし、その死亡例の人数を超えています。

16、副作用は、多発性硬化症、脳炎、失明、心膜炎、昏睡、死亡など多くの症状を含みます。

17、最初に行われたワクチンのガーダシルは違法に行われています。米食品医薬品局はワクチンが認可されるまでに臨床試験が行われ4年の経過を見ることを要求しています。しかしガーダシルは市場に出るまでにたった6ヶ月でした。それでFDAは認可しているのです。

18、テキサスのリック・ペリー[Rick Perry]州知事は実際は子宮頸がんにかかる平均連例は48歳でHPVの潜伏期間は20年間であるにも関わらず、2007年にテキサスの6年生の少女にワクチンを受けることを義務化しました。かれは議会の反対を押し切ってそれを強制しました。

c0139575_2382174.jpg


19、人々はワクチンを受けることを強制されますが、でもそれは実際には法律で決まっているわけでは無いのです。

20、ペリー州知事はワクチンメーカーから多額な賄賂を受け取っています。

21、ぺりーは、元メルクから雇われたロビイストのスッタフの代表を務めていました。メルクは2009年にガーダシルを作ったメーカーで、彼と巨大製薬会社は繋がりが有りワクチンを推進するモチベーションがあることが暴露されています。

c0139575_1175561.jpg


22、テキサスの立法府はペリーの少女にに対するワクチン接種の強制命令を公衆の強烈な反発により覆しています。
しかしながら、判例が成立し、他の州や国でもそれに追随するようにして法定に持ち込まれています。

23、パップ・スメァーだけでも80%の子宮頸がんが防げます。年に一でパップ・スメァーをするとあなたが子宮頸がんにかかる確率を0.02%に減少させることができます。

24、子宮頸がんワクチンはそのリスクはほとんど公開されずインフォームドコンセントを得ないまま違法に何百万人もの人に接種されています。

25、大衆は患者を守るインフォームドコンセントに関する法律があることを知りません。それらはワクチンによって障害を得た人々にとって法律的な戦略を与えてくれます。

26、ワクチンの製造メーカーはワクチンに関連する危険性を医者に公表したり話し合ったりすることを望んでいません。なぜならば、彼らは人々にそれを受けない事を選択して欲しくないからです。これは複数の医学雑誌で文書化されています。それにも関わらずまだ違法に医者たちにそのリスクは公表されません。

27、FDAのウエブサイトによれば、世界中の何百万人という少女、ティーンエイジャー、成人女性にワクチンが接種される前にほんの21000人の少女たちに臨床試験が行われただけです。

28、FDAのウエブサイトでは男性ではワクチンのテストが行われたことには何も触れられていません、それなのに米国疾病ヨボウカンリセンターではワクチンはすべてのティーンエイジャーから21歳までの男性に推奨されるべきだと言います。

29、インフォームドコンセント法はワクチンの効果について疑問を投げかけてもいます。それであなたはワクチンの効果について質問し回答を得る権利を有しているのです。なぜあなたはそのリスクと接種に甘んじる必要があるのでしょうか?

30、ワクチンの製造メーカーは立法府に働きかけてあなたがワクチンの合併症に対して訴える事が出来ないようにする法律を通させましたが、でもあなたは訴える事ができます。


(本文訳終了)


関連

バイオハザード大攻勢:ジャパンワクチン設立パーティー
http://satehate.exblog.jp/18189843/

ワクチンによる虐殺は、もはや単なる理論ではない by David Rothscum 1
http://satehate.exblog.jp/16008618/

ワクチンによる虐殺は、もはや単なる理論ではない by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/16014573/

ワクチンによる虐殺は、もはや単なる理論ではない by David Rothscum 3
http://satehate.exblog.jp/16028745/

著名科学者が警告するHPVワクチンの危険性 By Dr. Joseph Mercola
http://satehate.exblog.jp/13826532/

メディアはHPVワクチンの販売促進のために宣伝を発し、子供たちの死を受けて信頼を新たにする
http://satehate.exblog.jp/12699648/

ガーダシル」と「リビア新政権 by thinker +
http://satehate.exblog.jp/16877907/

白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15912246/

子宮頸がん:予防ワクチンに疑義 大崎の医師が市の助成見直し要請へ/宮城

救援金・義援金・ワクチン! + 東日本女子駅伝
http://satehate.exblog.jp/17083508/

ノルウェー・カバラバカ連続テロ事件 の続き + 放射能テロ の続き + ワクチンテロの続き
http://satehate.exblog.jp/18379252/

サーバリックスによる日本の子供たちの健康被害、 500名以上 ! さとう内科循環器科医院 - 宮城県大崎市 (2012年6月24日 19:06)

また大竹で爆発 ワクチン禍も爆発
http://satehate.exblog.jp/18157318/

c0139575_2581383.jpg


毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種へ
http://satehate.exblog.jp/17618413/

政府は、強い毒性と感染力を持つ新型インフルエンザの国内流行が予想される場合、国民の安全確保のため、原則として全国民に予防接種を行う方針を固めた。

国内の医薬品メーカーなどと連携し、2013年度に000万人分のワクチン供給体制の確立を目指す。9日の閣議で特別措置法案を決定し、今国会に提出する予定だ。

ほか多数




来月妊婦の対象拡大  いわき市が内部被ばく検査で
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/09/post_5113.html

・・・既に検査を受けた中で集計済みの1万2134人のうち、放射性物質が不検出だったのは1万1514人で94・9%、検出されたのは620人で5・1%だった。検出された人のうち最大値は1キロ当たり3300ベクレルだった。これまでの対象については来年8月末の検査終了を予定していたが、今年度末までに前倒しする。・・・

(2012/09/26 11:38


小学生37人手当て 熱中症か 9月26日 1333
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120926/k10015291071000.html

26日午前、大阪・豊中市の小学校で運動会の練習をしていた児童37人が、吐き気など熱中症とみられる症状を訴え、病院で手当てを受けています。

・・・大阪管区気象台によりますと、豊中市の午前9時の気温は23度9分を観測していました。


うめこは反原発‏@sanyuujin

@hiromi_8 今日の北橋市長の発言「決して許せない蛮行・・・」あなたに返したいわと!決して暴力は許せないんだけど、今は北橋市制のほうが数段、怖いのにね。


杉本祐子 ‏@ikarostayuu

山口県内でも0.4μあったし、錦帯橋でも0.3。岩国周辺は、0.4~0.3。奇形が出てもおかしくないわなぁ。此処の秋の草花も変形が出てるってスタッフが言ってるさぁ。

「RSウイルスで」学級閉鎖 09月26日 19時43分
http://www3.nhk.or.jp/kitakyushu/lnews/5025297641.html

北九州市によりますと、学級閉鎖が行われるのは、八幡西区にある認定こども園、成松幼稚園の1歳児と2歳児のクラスです。


【富山】本焼却まで試験焼却後2ヶ月(北陸中日新聞)  2012-09-26 07:26:00NEW
http://ameblo.jp/savechildtoyama/entry-11364219241.html


土壌沈着量調査結果 常総生協
http://www.coop-joso.jp/radioactivity/result_soil.html

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

柏市や松戸市、茨城県内の子どもたちにも甲状腺に嚢胞やしこり、腫瘍が発見され始めている

2012.10.03 06:37|原発・放射能・原子力
柏市や松戸市、茨城県内の子どもたちにも甲状腺に嚢胞やしこり、腫瘍が発見され始めている

こども東葛ネットさんより転載

(中略)
原発爆発後、北風によって放射性プルームが茨城県から千葉県北西部に流れ、降雨によって土壌が汚染されました。

発災当初の汚染から内部被曝があったのかどうか?。

放射性プルームと降雨の影響で汚染されたセシウム汚染沈着量は、千葉県北西部で平均でも8万~10万ベクレル/㎡であったことがわかってきました。

柏市や松戸市、茨城県内の子どもたちにも甲状腺に嚢胞やしこり、腫瘍が発見され始めており、母親たちは不安にかられています。

DNAは自分の持つ修復能力以上の放射線を浴びた場合には損傷を完全に修復できず、その傷が細胞にとって致命的である場合には、細胞死に至り、それが原因となって臨床的な放射線障害として現れてきます。特に胎児や子どもには、晩発障害(先天障害、悪性腫瘍、免疫異常など)という形で影響が出てくる可能性が否めません。
内部被曝への対策、初期被曝による影響の観察、専門機関の養成や検査体制の検討などのとりくみが必要です。
(後略)

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

オバマ大統領の指示で、イラン核施設へサイバー攻撃。ウラン濃縮に使われる遠心分離機を一時、使用不能に

2012.10.02 05:46|原発・放射能・原子力
原発問題さんより転載

オバマ大統領の指示で、イラン核施設へサイバー攻撃。ウラン濃縮に使われる遠心分離機を一時、使用不能に

WiLL-2012年8月号 
G・ボグダンの 世界の常識を疑え
 もう一つの「オリンピック」 より一部紹介

 今年はオリンピックイヤー。世界中のメディアがロンドン五輪について
報じているなか、もう一つのオリンピックも注目されている。
それはオバマ大統領が指示したイランへのサイバー攻撃、
コードネーム「オリンピックゲームス」だ。

 NYタイムズ紙の取材によると、アメリカ発信のサイバー攻撃は
ブッシュ時代からはじまった。ブッシュはイランの核濃縮を軍事的に
止めることができなかった。唯一、可能だったのがサイバー攻撃で、
それによって進行を遅らせることであった。オバマはそれを
さらに拡大した。

 イスラエルとアメリカの技術者は、イランの中部にある
ナタンズの核施設をコンピュータウィルスで攻撃。
ウラン濃縮に使われる遠心分離機の五分の一を一時、使用不能に追い込んだ。
核施設自体はネットに繋がっていないため、イスラエルのスパイが、
ウィルスソフトをメモリースティックを使って施設内のコンピュータに
アップロードしたのだ。以後三年間、施設で働いている技術者は
機械をまったく信頼できなくなった。サイバー攻撃は大きな成功を
収めたのである。

 このサイバー攻撃が明らかになったのは、偶然だった。自分のPCを
施設のネットワークに繋いでいたエンジニアが、PCを家に持ち帰って
インターネットに繋いだため、ウィルスが全世界に広がってしまったのだ。
アンチウィルスソフトを開発するロシアの会社がウィルスに気づいて、
発表した。

 (略)

 ところで、専門家によると、サイバー攻撃のほとんどは中国から
発信されているという。今回のようにアメリカが発信したケースは
珍しい。むしろ、仮にサイバー戦争がはじまったら、ミサイル攻撃から
食材の管理まで、すべてオンラインで行っているほどネットへの依存度が
高いアメリカ軍がもっとも被害を受けるだろう。

 このままサイバー攻撃がエスカレートすると、新たな冷戦を生む可能性がある。
冷戦時代、「核抑止」が米ソ間の平和を守ったが、現在はサイバー攻撃が
核の代わりとなるのだ。アメリカが北朝鮮の核施設を攻撃しなかったのは、
北朝鮮と同盟を組んでいる中国の反撃を恐れたからだ。
 
 アメリカのサイバー攻撃は、危険な扉を大きく開いた。

(紹介終わり)

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。