07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHKスペシャル「密着 エネルギー争奪戦~日本の逆襲~」

2013.06.09 02:29|未分類
NHKスペシャル「密着 エネルギー争奪戦~日本の逆襲~」







動画の内容

東京電力・福島第一原発事故以降、火力発電所をフル稼働するために天然ガスの輸入が急増している日本。

年間8兆円を超える貿易赤字の要因となり、日本経済に大きな負担となっている。時を同じくして、アメリカから始まったエネルギーの大変革。これまで不可能とされてきた地中深い岩盤・シェール層から天然ガスや石油を掘り出す技術がいち早く確立されたことによって、アメリカはエネルギー輸入国から一転して産出国になろうとしている。

こうした動きは〝シェール革命〟とも呼ばれ、中東や資源大国ロシアをも巻き込み、エネルギーの地殻変動を巻き起こしている。シェール革命によって、供給量が増えると予想されることから、天然ガスが新たなエネルギーの主役となろうとしている。

一方で、天然ガスによる高効率の発電システムの導入を進める日本に、世界の大手メーカーが受注攻勢をかけている。こうした状況に日本はどう向き合おうとしているのか。アメリカやロシアから安い天然ガスを調達しようと奔走する商社。そして、最新鋭の火力発電システムの市場を巡り、海外メーカーとの受注競争を繰り広げる重電メーカー。エネルギーを巡って国家レベルで駆け引きが繰り広げられるなか、日本は、直面する困難を乗り越えられるのか―。

最前線の動きを捉えながら、日本のエネルギー戦略のあり方を見つめる。

引用元:NHKスペシャル




週末にゆっくりごらんください






  




テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。