04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ政府は米政府のインターネット監視体制について疑問を投げかけました。

2013.06.13 11:56|未分類
日本や世界や宇宙の動向さんより転載


ドイツ政府は米政府のインターネット監視体制について疑問を投げかけました。


米政府の異常な監視体制がヨーロッパにも波紋を与えています。アメリカでは、全ての米国民の(特にインターネットや電話、Eメールなどの通信記録)行動が監視されるようになってしまったのですから。。。
米政府は本当に米国民だけにこのような監視体制を敷こうとしているのでしょうか。イギリスの諜報機関もアメリカのNSAと共謀してインターネットを介して英国人の個人情報を盗んでいたことが分っていますし。。。
ヨーロッパでは米政府の異常な監視体制に黙って見ていられなくなっているようです。今後、オバマ政権による監視体制は世界的な問題に展開するかもしれませんね。
日本は大丈夫でしょうか。日本政府はオバマ政権に対して、何も物申すことができない立場でしょうから、アメリカの諜報機関は日本でもやりたい放題でしょうねえ。
中国のサイバー攻撃も盛んですから、日本は狙われっぱなしです。

http://www.zerohedge.com/news/2013-06-11/germany-demands-obama-explain-american-style-stasi-methods
(概要)
6月11日付け:

ドイツは、アメリカが行っているシュタージ・メソッド (シュタージとは・・・東ドイツの秘密警察、諜報機関の国家保安省であり、徹底した監視態勢で東ドイツ国民を震え上がらせた。ゲシュタポ、ソ連のKGBをしのぐ監視網を敷いた。) について、開いた口が塞がらないほど驚いています。アメリカは手に負えない状態になってきています
ロイターの記事によると、来週中にオバマは訪独する予定になっていますが、その前にドイツ政府は既に米政府によるインターネットのスパイプログラムについて激怒しており、訪独中のオバマに対し、米政府が東ドイツのシュタージ的な戦術を使いインターネットを監視する理由についての説明を求めるとしています。
監視・追跡・統制社会が強化されるほど、国民の自由は奪われる。アメリカは国民の通信記録を過度に監視しているようだが非常に憂慮すべきことであり、無視できない。」とメルケル政権下の法相が発言しました。
オバマは、ドイツの法相の発言に対する反論として、個人情報へ違法にアクセスすることを阻止し、米国民の電話を誰も盗聴できないようにするための処置である、と答えていますが。。。ドイツ政府は、「東ドイツが崩壊した時にこのような監視体制の時代は終焉したと思っていたが。。」と反論しました。

ロイター記事:
ドイツのメルケル首相のスポークスマンは、来週水曜日に行われるオバマ大統領との会談で、メルケル首相がアメリカのインターネット監視体制についての問題を取り上げる予定であることを伝えました。これにより、1963年にケネディ大統領がIch bin ein Berliner(私はベルリン市民である)と言った時から50年経った米独関係を祝うための米独会談に陰を落としました。
ドイツでは、政府の監視体制は、非常に慎重に扱うべきトピックであり、ドイツ国民の間では、東ドイツのシュタージ秘密警察と多数の密告者のネットワークに関して、現在でも、昨日のことのように思い出される恐ろしい体制だったのです。
個人データ保護を担当するドイツ当局者(Peter Schaar氏)は、「ヨーロッパでは米政府の監視体制が大きな問題として取り上げられている。問題は、我々ヨーロッパ人は、アメリカによる包括的な監視プログラムから保護されていないということだ。つまり、アメリカによる監視体制下で、ヨーロッパの法律は適用されないということだ。アメリカの法律はアメリカ人のみを保護することができる。」と伝えました。




ヨーロッパだけでなく世界中でこの問題を大きく取り上げてもらいたいものです

ドイツ政府 「スパイプログラムについて激怒」 よくぞ言ってくれました!
スパイプログラムがバレたことに激怒 でなければ良いのですが
そして この批判が 民衆にたいしてのポージングーのグーグ グー でなければ・・・

ドイツ政府とアメリカとの会談に期待しましょう










テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。