04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<川崎重工>突然の解任劇 新経営陣かじ取り難しく

2013.06.14 14:23|政治・経済
Yahoo! JAPANさんより転載


<川崎重工>突然の解任劇 新経営陣かじ取り難しく


毎日新聞 6月13日(木)23時50分配信

Baidu IME_2013-6-14_13-29-6造船・重機大手の川崎重工業が13日、長谷川聡社長ら幹部3人を解任した“クーデター”の背景には、3人が三井造船との経営統合交渉を独断で進めていたことに対する社内の強い反発がある。川崎重工は同日、三井造船との統合交渉の打ち切りも決定したが、競争が激化する世界市場でどう生き残るかの道筋は不透明となり、新経営陣のかじ取りが試される。

【写真】解任された長谷川聡社長

 「(長谷川氏らは)見過ごせない行動を繰り返した。数十年来、苦楽を共にした仲間だが、このような結論に至ったことはざんきに堪えない」。13日午後8時過ぎ、東京都内で開かれた緊急記者会見の冒頭、村山滋新社長はこわばった表情でそう語った。

 川崎重工と三井造船の統合交渉が報道されたのは4月22日。交渉は長谷川氏らが「独断で進めていた」(村山社長)ため、全取締役が交渉について聞かされたのは、わずか1週間ほど前だったという。

 しかし5月23日の会議では統合交渉に対し「反対意見が多数を占め」(村山社長)、統合交渉打ち切りを決める臨時取締役会を13日に招集することを決定。推進派の長谷川氏らはこの動きを察知し、打ち切りを阻止するため、議長に採決させないように働きかけたうえ、統合の是非は26日の株主総会後に決定するよう「(取締役会の)機関決定の成立を妨害しようとした」(同)という。

 ただ、取締役の多数が村山社長らに賛同し、臨時取締役会は同日午後3時にスタート。全取締役が出席する中、解任の緊急動議が提出され、長谷川氏ら3人の解任と統合交渉打ち切りを決定、わずか35分で終了した。村山社長は会見で「(長谷川氏らは)独断で統合交渉を進め、取締役会を軽視しており適性を欠く」と説明した。

 ただ、三井造船は川崎重工と国内生産拠点が近く、類似の船を建造しているうえ、洋上の石油・ガス田開発の設備や技術にも強みを持つ。エネルギー分野の強化を目指す川崎重工は経営統合で三井造船の技術を取り込むことができ、資源関連ビジネスの拡大が期待できる。業界からは「十分に補完し合える関係だ」(大手造船)と評価する見方もあった。

 記者会見では統合交渉に反対した理由を記者から再三質問されたが、村山社長は「守秘義務があるので申し上げられない。合理的に判断した」とだけ繰り返した。川崎重工は鉄道車両や航空関連部品、プラント、二輪車など事業の多角化が進んでおり、「造船に依存する三井造船を抱え込むメリットはない」との判断が働いたとみられる。実際、統合交渉が報道された直後、川崎重工の株価は下落、会見に同席した松岡京平副社長は「統合は企業価値の向上につながらないと市場が反応し、自分も打ち切りを判断した」と説明した。

 一方、川崎重工と三井造船の取引銀行は両社の交渉を後押ししており、突然の発表に「想定外」(銀行筋)と驚きを隠さない。造船業界は、中国や韓国の台頭で世界的な競争が激しく、「思い切ったM&A(企業の合併・買収)でもなければ先行きは見通せない」との見方も強い。今回の破談が将来にどうつながるか、注目が集まる。【松倉佑輔】






この解任劇 果たして 独断での三井造船との統合交渉が問題視されたのでしょうか?
解任した村山社長からの一方通行の報道で 解任された長谷川元社長からの話が出てきていませんね

どうしても先日発表された 「非食用の稲わらから低コストでバイオエタノールを製造する技術を確立」の影響と見てしまうのは私だけなのでしょうか?

この技術の影響により石油の価値が下落する可能性があります
ニクソンショックまでは金兌換制により金に裏付けされた紙幣でしたが
その後の紙幣は石油と交換権を持ち、石油に裏付けられるものとなっています

その担保となる石油の価値が下落することは大きな問題になるのではないでしょうか

イラクは石油の決済をユーロに変えようとして  フセイン政権が・・・
リビアは石油の決済をディナ金貨に変えようとして  カダフィー大佐が・・・

これは直接的に通貨を切り替えようとして起こった事件と言われています
同様に石油が不要になるような資源・技術は闇に葬られてきたとも言われています
今回の件はそうならないで欲しいと願っています


やはり ユダヤ金融資本勢力の仕業なのでしょうか










テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。