07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オランダ人エドゥアルド・ヴァン・ティン氏の日本人へのメッセージ(拡散希望)

2013.06.16 10:43|未分類
『文殊菩薩(ブログ版)』さんより転載


オランダ人エドゥアルド・ヴァン・ティン氏の
日本人へのメッセージ(拡散希望)




林田明大の「夢酔独言」 2013年04月16日

●オランダ人エドゥアルド・ヴァン・ティン氏の日本人へのメッセージ(拡散希望)

◆「日本の功績は、偉大です。血を流して戦ったあなた方こそ、最高の功労者です。自分を蔑(さげす)むのを止めて、堂々と胸を張って、その誇りを 取り戻すべきです。」

アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】


 この動画
「アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】」
 は、私は涙なしには見れない。
 そして、今は亡き父に見せたかった動画でもある。
 私の父は、自ら関東軍に身を投じ、満州で戦い、終戦とともにシベリアに抑留され、バイカル湖の周辺の森林伐採という重労働の中で病を得て、二年半後に帰国した。
 そして、戦争中のこと、シベリア抑留のことなどに関しては、ほとんど語らないまま亡くなった。
 帰国後、侵略戦争に加担したと言われ、自らの戦争体験に負い目を感じて生きていたのだろう。

 動画のことに、話を戻す。
 平成3年、日本の傷痍軍人会代表が大東亜戦争の対戦国であったオランダを訪問した折、同国の傷痍軍人会代表とともに、首都アムステルダム市長の親善パーティーに招待された。
 以下は、 当時のアムステルダム市長エドゥアルド・ヴァン・ティン(Eduard van Thijn)(日本ではよく「サンティン」と誤って呼ばれている)氏による歓迎の挨拶である。

「あなた方日本は、先の大戦で私どもオランダに勝ったのに、大敗しました。今、日本は世界一、二を争う経済大国となりました。
 私たちオランダは、その間屈辱の連続でした。すなわち、勝ったはずなのに貧しい国になりました。戦前はアジアに本国の36倍もの面積の植民地インドネシアがあり、石油などの資源産物で、本国は栄輝栄華(えいようえいが)を極めていました。今のオランダは、日本の九州と同じ広さの本国だけになりました。

 あなた方日本は、
『アジア各地で侵略戦争を起こして申し訳ない、諸民族に大変な迷惑をかけた』
 と自らを蔑(さげす)み、ペコペコ謝罪していますが、これは間違いです。

 あなた方こそ、自ら血を流して、東亜民族を解放し、救い出す、人類最高の良いことをしたのです。

 あなたの国の人々は、過去の歴史の真実を目隠しされて、今次大戦の目先のことのみを取り上げ、あるいは洗脳されて、悪いことをしたと、自分で悪者になっているが、ここで歴史を振り返って真相を見つめる必要があるでしょう。

 本当は私たち白人が悪いのです。

 100年も200年も前から、競って武力で東亜民族を征服し、自分の領土として勢力下にしました。植民地や属領にされて、永いあいだ奴隷的に酷使されていた東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと、遠大にして崇高な理想を掲げて、大東亜共栄圏という旗印で立ち上がったのが、貴国日本だったはずでしょう。

 本当に悪いのは侵略して、権力を振るっていた西洋人のほうです。日本は敗戦したが、その東亜の解放は実現しました。

 すなわち、日本軍は先勝国のすべてを、東亜から追放して終わりました。その結果、アジア諸民族は各々独立を達成しました。

 日本の功績は、偉大です。
 血を流して戦ったあなた方こそ、最高の功労者です。
 自分を蔑(さげす)むのを止めて、堂々と胸を張って、その誇りを 取り戻すべきです。」


 エドゥアルド・ヴァン・ティン氏は、やがて、国民から推されてオランダ王国の内務大臣に選ばれた。

 以下は、動画の最期のほうに出る言葉である。

「現在、日本に謝罪と賠償を求めている国は、日本と戦っていない共産党中国と南北朝鮮だけです」

-----------------------------------------------------------------------------------

 アムステルダムの光芒【照らされた日本の誇り】
[You-Tube動画]アップロード日: 2011/09/12

アムステルダム市長で、その後オランダの内務大臣に選ばれたエドゥアルト・ヴァン・テ­ィン(Eduard van Thijn)氏の言葉です。(日本ではよく、「サンティン」と誤って呼ばれています)
アジア諸国だけでなく、戦勝国側でも、大東亜戦争における日本の正当性を認める声が上­がります。現在、日本に謝罪と賠償を求めているのは、日本と戦っていない中華人民共和­国(中国共産党)と韓国、北朝鮮の3か国だけです。世界の教養ある人から見れば、日本­の「私たち日本が悪でした」という自虐史観は異常に思えるのでしょう。もうこのGHQ­に押し付けられた嘘だらけの自虐史観を捨てて、真の誇りを取り戻しましょう!【拡散希­望】
光芒(こうぼう)とは、雲の切れ間から太陽の光が線になって差し込む現象です。




大東亜戦争」この呼称に違和感を感じる人もいると思います
先の戦争は日本が全面的に悪かったと感じている人もいると思います

これこそが洗脳支配の記事にもあったように 「日本は悪い」「アメリカ正しい」 という
アメリカナイズの刷り込みで
戦後アメリカが行ってきたヴォイス・オブ・アメリカ(VOA)の政策の影響に他ならないのです
これは早稲田大学社会科学総合学術院教授の有馬哲夫氏が執筆した本に詳しく書かれています
有馬哲夫氏の本は何冊も読んだのでどの本なのかうる覚えではありますが
「原発・正力・CIA―機密文書で読む昭和裏面史」だったと思いますので興味のある方は是非読んでみてください




日本人が西洋人から東亜民族を解放し、救い出すという良い一面があったということを知られたくなく
反米感情を極力抑えたかったのだと思います

戦争を美化するわけではありませんが  
欧米の侵略からアジアを守るために、「鬼畜米英」をかかげ、民族の命運を賭けて戦うという思いを持って
戦い 亡くなられていった方々・・・
上の動画にある特攻していった映像
そんな思いを持って特攻して行ったと思うと 胸から熱いものがこみ上げてきます

東京にいる頃 オランダの政治学者であるカレルヴァンウォルフレン氏のシンポジウムを聞く機会があったのですが
話し始めてまもなく「あなた達は嘘の世の中を見せられています」と発言したのを覚えています
慰安婦しかり 南京大虐殺しかり 戦争だって ホロコーストだって
教えられてきた歴史とはかけ離れているものなのかも知れません
過去の歴史の真実を目隠しされてきたのです

なので このブログの主題でもある「真実の追求」をしていき 本当の事実を共有していきたいのです

もう歴史を振り返り自国を蔑み下を向いて歩くのは止めましょう
そして 誇りを取り戻し 胸を張って堂々と歩いていこうじゃありませんか



今まで 日本を築きあげてくださった 祖先の方たちに報いるためにも









テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。