05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マクドのポテトの17の原料が明らかに!

2013.07.30 08:42|健康・病気・医療
世界の裏側ニュースさんより転載


マクドのポテトの17の原料が明らかに!


7月1日【PreventDisease】

「マクドナルドの情報公開キャンペーンでフライドポテトに含まれている17の原料が明らかに」


昨年、マクドナルド社が情報公開キャンペーンを開始した。


その狙いはマクドナルドが健康を意識しているというイメージをマーケットに与えようとし、かつソーシャルメディアをもっと活用しようというものであったが、実際にはマクドナルドというブランドに対する熱愛が語られることはなく、このハッシュタグはマクドナルドの食べ物がいかに悲惨なものであるかを語るフォーラムになり果ててしまった。


マクドナルドのフライドポテト(フレンチフライ)の原料はインターネット中に瞬く間に広まった。消費者は、フライドポテトの原料はじゃがいもと調理油という基本的な原料の二つではなく、なんと17もの原料が含まれていたことを知ることとなったのだ。


このキャンペーンはさほど新しいものではない。昨年の6月、同社はYouTubeの動画を使って 消費者の質問に答え始めている。


消費者からは、「広告の写真と実際の食べ物が全然違って見えるのはなぜですか」などという質問が寄せられている、この「マクドナルドの食べ物に対する、あなたからの質問(“Our Food, Your Questions”)」 キャンペーンは、製造過程をオープンにし、もっと正直で透明性の高い印象を与えるのが目的だ。


マクドナルドには口コミで広がった動画(「ハッピーミールを食べてはいけない理由」)や、食欲をなくすようなイメージなどの悪評がついてまわっているが、Facebookやツイッターで消費者から質問を求めることによって、消費者からの信頼性を構築させることを狙っているようだ。


同社はとうとう、このファーストフード・チェーン店のポテトフライがどのように製造されているかという企業秘密を開示し始めた。


ポテトの産地、製造過程、揚げ油の種類、なぜ大量の塩がかけられているかなどの、ポテトに関する消費者からの質問に答える形で動画が作成された。





ニューブランズウィックに所在を構えるマックチェーン・フーズの製造部部長、Mario Dupuisが質問に答えている。


ポテトはどこで洗浄され、皮をむかれてカットされているか。また、ポテトの色の変色を避けるために漂白し、それにより「自然の糖分が除去」され、その後、色を統一させるためにグルコース(ブドウ糖)に浸される。

またポテトが灰色にならないようにするための原料も含まれていて、最後に余分な水分を飛ばすことで揚げ時間を45~60秒に短縮させている。それからポテトは冷凍されて出荷されるのだ。


最悪なのは原料であろう。ジャガイモと揚げ油というフライドポテトの標準的な2つの原料の代わりに、約17種類が使われていることがマクドナルド社のウェブサイト内の「原料に関する事実ingredients facts list)」に表示されている。


o0428039012627563462.jpg



原料

ジャガイモ、キャノーラオイル、水素添加大豆油、ベニバナ油、自然調味料(植物由来)、ブドウ糖、酸性ピロリン酸ナトリウム(色の保持)、クエン酸(保存料)、ポリジメチルシロキサン(消泡剤)


揚げ油(キャノーラオイル、コーン油、大豆油、水素添加大豆油、THBQ :tert-ブチルヒドロキノン、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)


調味料(ケイアルミン酸ナトリウム、ブドウ糖、ヨウ化カリウム)


ぱっと見るだけでも、上記の原料は人体に悪影響を及ぼすものであることがわかる。


遺伝子組み換えのもの(キャノーラオイル、コーン油、大豆油)や水素添加されたもの(大豆油)、化学的保存料や消泡剤(THBQ、クエン酸、ポリジメチルシロキサン)、そして人工着色料(酸性ピロリン酸ナトリウム)など。


マクドのポテトにこれだけの原料が含まれているのを知っている人など、どれほどいることだろう。マクドナルド社による情報開示キャンペーンのおかげで、人工的な食べ物と本物の食べ物の違いがわかる人が増えてくれることを祈ってやまない。


******

【コメント】

これ、前からずっと気になってたんですよね。


でもさすがに想像以上で驚きました!


しかも、これだけ「公開」といっても原料の 「自然調味料(植物由来)」!!
やっぱり意味がわからない。。。どうしてはっきりと言えないのでしょうか?企業秘密??




これを公表してマックが健康を意識しているというイメージを与えられると思う思考が理解できません
どう見てもネガティブインフォメーションです
これにコーラとバーガーのセットとは・・・
考えただけで胃もたれしそうです
好きな人は好きなのでしょうが個人的にはノーサンキューです


あなたもいかがですか?ケミカルポテト!









テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

ケミカルポテト

揚げ油に問題があるって、だけ思っていました。
たしか、ラー〇も入っていますよね?学校給食の廃〇も!と小耳にはさみました。しかも、取替え時間が‥。

”ケミカルポテト”言いえて妙です!有り難うございました。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。