05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原爆投下、イギリスも合意していた アメリカの公文書で明らかに

2013.08.06 14:44|未分類
The Huffington Post Japanさんより転載


原爆投下、イギリスも合意していた アメリカの公文書で明らかに





米国による原爆投下や戦争に批判的な映像作品で知られる米映画監督、オリバー・ストーン氏が2013年8月4日、広島市を初めて訪問した。広島に原爆が投下された6日には、平和記念式典に参列する。朝日新聞デジタルが伝えた。


【関連記事】
・ 原爆投下、イギリスも合意していた アメリカの公文書で明らかに




ストーン監督は4日夜、米アメリカン大学のピーター・カズニック准教授とともに、広島平和記念資料館(同市中区)を訪問した。広島市立大の田中利幸教授が案内し、展示について解説を受けながら見学。展示の解説文を丹念に読み、時折質問をしながら回った。

ストーン監督は見学後、報道陣の取材に応じて「私自身、最初は原爆投下の正当性を信じていた。広島を忘れてはいけない。正しく記憶しておく必要がある」などと話した。

また、「原爆が終戦を早め、それ以上の犠牲者を防いだ」とする米国内の論調について、「米国が創り上げた神話。全くのうそだ」と強調。アジア情勢にも言及し「中国を意識して、アジア諸国が軍事力を強化している」と危機感を表明している。

オリバー・ストーン監督は、8月5日の平和市長会議総会に出席するほか、6日には平和記念式典などに参列する。

■ 「憂慮すべき史実の数々を、できるだけ多くの日本の人々に知らせたい」

ストーン監督は昨年、第2次世界大戦前夜の1930年代からオバマ大統領登場に至る米国現代史を独自の視点で描くドキュメンタリーシリーズ「もうひとつのアメリカ史」(全10本)を制作した。脚本はアメリカン大学歴史学科のピーター・カズニック准教授(65)と共同執筆。特に原爆投下には1本を充て、当時の米政権内には反対する声が多く、原爆を使わずに日本を降伏させることができたにもかかわらず、最終的にあえて原爆投下に踏み切った経緯を明らかにした。

ストーン監督は朝日新聞に対し書面インタビューに応じ、広島、長崎を訪問する目的について、「被爆者に会い、彼らの経験を聞きたい。ドキュメンタリーで掘り起こした憂慮すべき史実の数々を、できるだけ多くの日本の人々に知らせたい」とした。

沖縄については「沖縄は日本による抑圧を何世紀にもわたって受け、米国による軍事的占領を約70年も受けている」と指摘。在日米軍基地の7割が集中する現地住民らの声を取材したいとした上で、「沖縄の人々の力強い運動は世界中の反基地運動に勇気を与えるものであり、私は連帯を表明したい」と答えた。




7月上旬に、仕事の都合で広島へ行く機会があり
原爆ドームに行ってみましたが改装中でした
CA3I0256.jpg

この上空で原爆が炸裂し、多大なる死傷者がでたと思うと
何というか 言葉にならない気持ちになりました

もう二度とこういう悲劇を起こしてはいけません

だが、今の日本は戦争に向けて直走っているように感じて仕方ありません
安倍さんしかり石破さんしかり・・・

自民党に入れた方は その一票が赤紙となって帰ってくるかもしれないのです
日本国憲法の改正 許してはいけません
広島原爆の投下されたこの8月6日
もう一度  政治について 平和について 思いを巡らせましょう 


もう原爆の被害者が出ないように


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。