04 | 2017/05 | 06
-
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気仙沼→尖閣→福井沖…津波で5千キロ漂流漁船

2013.08.07 22:12|原発・放射能・原子力
読売新聞さんより転載


気仙沼→尖閣→福井沖…津波で5千キロ漂流漁船


3日午前7時10分頃、福井県坂井市三国町安島沖の日本海を航行中の貨物船から「小型船が漂流している」と118番通報があった。

 敦賀海上保安部の巡視船が約5時間後に小型船を見つけ、同県敦賀市桜町の岸壁まで運んだ。

 同海保の調べでは、漁船登録番号などから、宮城県気仙沼市の漁業村上千代志さん(56)所有の漁船「千代丸」(全長5・6メートル)で、2011年3月の東日本大震災の津波で流失していたことがわかった。今年6月下旬、沖縄県石垣市の尖閣諸島北方沖で、第11管区海上保安本部が見つけたが、悪天候で回収できなかった。

 千代丸は親潮などに乗って太平洋側を南下した後、日本海を北上する対馬海流に乗り、計4000~5000キロを漂流したとみられる。村上さんは「2年以上も漂って、よく見つかったものだ。使える状態であれば引き取りたいが、輸送費がいくらかかるか心配だ」と話しているという。

(2013年8月4日07時08分 読売新聞)




この漁船、宮城県から福井県沖まで長い旅路となったわけですが
当然、海中に溶け込んだ放射性物質も同様の旅路をたどっているということです

こんな記事もありましたが
宮城・南三陸から2400キロ 流失ポストが西表島に漂着
海洋汚染はどこまで進んでいくのでしょうか?

私は東京から福岡県に来てから
お魚さんは長崎県産を中心に福岡県、大分県、山口県産の産地を選んでいたのですが
この記事を見るとお魚を食すのを少しためらってしまいます

ただ、チダイズムさんやべぐれでねがさんのブログを見ていると
現時点で、魚の放射能汚染はそこまで酷くないので
生体濃縮はそれ程 進んではいないとは思います

しかし 汚染水なんだか超汚染水なんだかが
溢れるんだかで
ま~元々だだ漏れなんでしょうが
そんなのに便乗して 貯蔵している汚染水も
密かに放出したりする可能性もあり
今後、更なる海への汚染は 「間違いない~」(BY長井秀和さんがまねする池○大作さんのまね)
というわけで
海洋汚染が深刻化するわけで
海の幸には注意が必要ですね
ってことがいいたかったわけです・・・(笑)

海の幸が海のウミになってしまいそうです


悔しいです









テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。