09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け止めクリームより、ココナッツオイルを!

2013.08.10 13:55|健康・病気・医療
日本や世界や宇宙の動向さんより転載


日焼け止めクリームより、ココナッツオイルを!


今の季節に役に立つ記事を見つけました。私も山登りにはどうしても紫外線が強いため、日焼け止めクリームを塗っています。しかし、日焼け止めクリームは発がん性があるということを知っていたため、どうしてよいものやら。。。と悩んでいました。
そして、日焼け止めクリームの代わりになる天然のものはないものか。。。と思っていたところ。。。見つけました。
純正のココナッツオイルが良いそうです。乳液やクリームの代わりにココナッツオイルを使っても良いそうですが、特に日焼け止め用に、一般の日焼け止めクリームの代わりに、以下のような肌用ココナッツオイルを使おうと思っています。以下の商品はアマゾンで購入しました。






http://naturalsociety.com/ditch-toxic-sunscreen-use-coconut-oil-instead/
(概要)
6月29日付け:

sunscreen_on_beach-263x164.jpg


夏は海の季節ですが、海でなくともプールで泳いだりしませんか。しかし、紫外線から皮膚を守りたくても、有害な日焼け止めは使いたいとは思いませんね。日焼け止めクリームに頼るよりはエキストラ・バージン・ココナッツオイルを皮膚に塗り、タオルと日傘で日焼けを防ぎましょう。
あなたのキッチンに置いてあるエキストラ・バージン・ココナッツオイルはあなたの皮膚を守ってくれます。
ココナッツオイルは何千年も前から太平洋諸島の原住民が日焼け止めオイルとして使ってきた天然日焼け止めオイルなのです。身体に無害なココナッツオイルがあるのに、なぜ有害な日焼け止めクリームをあなたの皮膚に塗らなければならないのでしょうか。
日差しには2種類の紫外線が含まれています。UVAとUVBです。
皮膚をUVAに当てすぎると皮膚を痛め、最悪の場合、皮膚がんの発症や皮膚の老化を招きます。しかし、UVBも同様に皮膚を傷つけ、日光皮膚炎を発症させます。ただ、UVBは皮膚を介して皮膚がんを予防するビタミンDを吸収させてくれます。日光に当たることで体内にビタミンDが吸収されます。
日焼け止めクリームを使ってUVBをブロックするということは、ビタミンDの吸収を阻止することになり、皮膚がんのリスクが増します。また、日焼け止めクリームには、発がん性物質が含まれています。
有害な日焼け止めクリームを使うのをやめましょう!

環境専門家の研究結果によれば、販売されている約75%の日焼け止め商品には発がん性のある有害化学物質やホルモンの異常をきたす物質が含まれていることがわかりました。

店頭で販売されている一般的な日焼け止め商品に含まれている物質:
●レチニール・パルミテート(皮膚がんを発症させる)
●オキシベンゾン(ホルモン異常、細胞の損傷、発がん性)
●亜鉛とチタニウム・ナノ粒子は無色の日焼け止めローションに含まれる。
日焼け止めクリームを皮膚に塗ると、上記の物質や他の有害物質が皮膚を介して血管に吸収されます。従って、経口服用と同じように身体に有害なのです。

日焼け止めのSPFの嘘:
消費者はSPF50以上の日焼け止めクリームを購入すべきではありません。SPFは紫外線の吸収、反射、分散によって効果が出ます。しかしSPFが高い数値のクリームを使っても数値が低いものと比べて紫外線防止効果はそれほど変わりません。SPF15でもUVBを93%ブロックします。SPF30は97%、SPF50は98%です。
ココナッツオイルはSPF10の効果があり、十分にUVBをブロックし、90%のビタミンDの吸収をします。ただ、SPFの割合は有害なUVAをブロックする割合を示すものではありません。

日焼け止めクリームの代わりにココナッツオイルを使いましょう:
毎日、日差しを浴びることは、ビタミンDが吸収されますから健康維持に重要なことです。ただ、日差しを浴びすぎると何等かのトラブルが起きます。

日焼け止めを防ぐには、ココナッツオイルなど身体に無害な天然のものを使いましょう。
ココナッツオイルを皮膚に塗ることで、日焼けを予防し、また、皮膚がんを予防します。日焼け止めクリームとは違い、天然のエキストラ・バージン・ココナッツオイルは、ビタミンDを合成するUVBを完全にブロックするわけではありませんから、必要なビタミンDを吸収できます。また、日差しを浴びすぎることによる皮膚の下部組織のダメージを防ぎ、皮膚を保護してくれます。ココナッツオイルを使うと日焼けによる皮膚の炎症を防ぎ、淡褐色に日焼けします。またココナッツオイルを使うことで皮膚を丈夫にし、皮膚自体が日差しに強くなり、日光皮膚炎を起こしにくくなります。
ただし、加水分解されたものや何等かの処理が加えられたココナッツオイルは使用しない方がよいでしょう。
純正ココナッツオイルがベストです。








テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。