09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密文書がリークされ、米・NATOの対シリア偽旗攻撃が暴露されました

2013.08.28 08:35|政治・経済
日本や世界や宇宙の動向さんより転載


秘密文書がリークされ、米・NATOの
   対シリア偽旗攻撃が暴露されました




今朝のNHKのニュースが嫌でも耳に入ってしまいました。
これまでも、アメリカやイスラエルはシリアに核爆弾を数発落としたり、化学兵器で攻撃し続けています。つい最近も化学兵器を使ってシリアを攻撃しました。
しか~~し、いつもの通り、世界の主要メディアを真似するだけの日本のマスコミ(特にNHKは大々的に)は、あからさまにいつもの嘘報道を開始しました。どこかで聴いたようなせりふを並べたニュースです。そうです、湾岸戦争やイラク戦争のときと同じせりふです。初めから嘘だということが分かっていた私としては、このニュースを聴いた時に、まるでタイムスリップをしたかのような感覚を得ました。マスコミのニュースは嘘ばかりで呆れ果ててしまいました。
何を報道したかというと。。。シリア政府が化学兵器を使ってシリア国民を攻撃した。これは人道に反する行為であり、シリア国民を守るために、アメリカはシリア政府と戦争を開始するだろう。ペンタゴンもシリアに対するミサイル攻撃の準備が整っている。。。という内容です。
ただ、シリアやイラン側に立っているのはロシアと中国ですから、NATOやアメリカの同盟国側を応援するのか、シリア、イラン、ロシア、中国側を応援するのか、そんなことを考えると、権力者たちに騙されてしまうだけです。
どちらもこのような戦争を利用して資源強奪と世界制覇を目論んでいるのですから。。。
どちら側の政府も悪の塊です。まずは、シリアで戦争が起こさないように、世界中の人々がメディアの嘘報道に騙されないことだと思います。特に戦争を吹っ掛けようとしている米政府に対し、アメリカの人々はそのことに気が付き、シリア戦争に反対すべきです。60%の米国民がシリア戦争に反対していると言われていますが、せめて90%が反対しないことには。。。
http://beforeitsnews.com/international/2013/08/leaked-documents-u-s-framed-syria-in-chemical-weapons-attack-stormcloudsgathering-2466840.html
(ビデオ)
8月26日付け:リークされた秘密文書について

false-flag-pic15151515151515151511312211323212633.jpg



(ビデオ 概要)
8月21日に、シリア国内で再び、化学兵器が使われました。特にフランスとアメリカは、化学兵器で攻撃されたシリアの悲惨な状況を巧みに利用しています。化学兵器を使って大量虐殺をすることは人道に対する犯罪です。欧米諸国はシリア政府が化学兵器を使用したとして、シリア政府への攻撃の口実にしようとしています。しかしシリア政府は化学兵器を使っていないことは明白です。
これから皆さんに、なぜNATOとアメリカがそのような残虐行為をするのかを明かす証拠文書をご紹介します。
この証拠文書はウェブサイトから誰でもダウンロードできます(サイト内にリンクがあります)。

NATOとアメリカ 対 イランとシリアの戦争は10年以上も前から計画されていたものでした。
9.11の直後に、ラムズフェルド(当時の)元国防長官はクラーク大将に「アメリカはイラクと戦争をする。」と伝えました。クラーク大将がラムズフェルトにその理由を訊いたところ、「自分でもわからない。たぶん他にやることがないからだろう。」と答えたそうです。
さらに「フセインとアルカイダの繋がりも確認できていないが、単に、イラクと戦争をすることにしたのだ。。。。米軍はテロリストと戦うのに十分な戦力を持っている。。。」などと伝えたそうです。また、ラムズフェルドは、アメリカがアフガニスタンを攻撃した後、クラーク大将にメモを見せながら、「アメリカが戦争をしようとしているのは、イラクやアフガニスタンだけではない。アメリカやNATOは、今後5年以内に中東地域の7か国を占領する予定であり、ここにその方法が書かれている。最初にイラクを攻撃して占領し、その後に、シリア、レバノン、リビア、ソマリア、スーダン、そしてイランを攻撃して占領するのだ。」と伝えたそうです。
米政府は戦争を正当化するために、必ず、人権を守るために戦争をするのだと弁明します。米政府はこれまで何回も、最初に対象国に偽旗攻撃を行い、それを対象国政府のせいにして、彼らに対する戦争を仕掛け、何万人もの人々を虐殺するのです。イラク戦争のときも、イラク国民に対して化学兵器を使ったのはフセインであると非難していたアメリカでしたが、実はアメリカが化学兵器でイラクを攻撃していたのです。
1979年以来、アメリカはイランが核兵器を開発していると非難し続け、対イラン戦争を計画してきました。
しかし、CIAや他の諜報部員が、イランの核兵器の開発計画は一切確認されていない、と証言したことで、このようなアメリカのプロパガンダ手法は潰れてしまいました。イランを攻撃する口実を失ったアメリカのネオコンの連中は次の戦略を立て、今度はシリアに目を向けたのです。なぜなら、ネオコンは、シリアとイランが相互防衛条約を結んでいるのを知っているからです。従って、NATO軍がシリアを攻撃すればイランは必ずシリアを守るために戦争に参加することになるのです。
しかしアメリカとNATOは直接的にシリアを攻撃しませんでした。中東の親米国を利用して反政府過激派(FSA)に、武器、その他を供給し、シリア国内で代理戦争を行わせたのです。アメリカとNATOはアメリカと軍事同盟を結んでいるカタールを利用しました。カタールはスーダンから武器を調達し、トルコ経由でシリアの反政府過激派に武器を供給しました。
また、1991年の湾岸戦争でも、カタールは米軍に戦車を供給しました。2003年には、カタール国内に米軍の中央司令部を設置させました。
しかし2013年になり、イギリスを拠点とする軍事契約企業(ブレナム・ディフェンス)の秘密文書がEメールを介してハッカーにより大量にリークされてしまいました。この秘密文書には、カタールの提案として、アメリカがシリアを化学兵器で攻撃し、それをシリア政府のせいにする、ということが記されていました。米政府はカタールの提案を受け入れ、この計画の実行資金を提供しました。
リークされた秘密文書には、化学兵器を使いシリアを攻撃する役割を担う隊員(軍事契約企業の職員)の詳細情報も記されていました。また、文書には、軍事契約企業が請け負っている契約内容、プロジェクトの内容、世界中で実行している週単位の暗殺計画、軍事計画、資金の流れなどが詳細に記されています。その中には、サウジアラビアがイランと戦争をするために軍事支援を行うとするサウジアラビアとの契約内容も記されていました。。。

このような秘密文書がリークされても主要メディアは一切報道しません。誰もこの件に関して調査する気配もありません。しかし彼らが戦争犯罪を行っていることは明らかです。
3月19日にシリアでサリンガスが使用されました。その時、越えてはならない一線を越えたということです。イスラエル政府と米政府は即座に、これはシリア政府の仕業であると宣言しました。しかしサリンガスの被害者の多くがシリア政府軍の兵士だったのです。5月に国連による詳しい調査が実施され、その結果、サリンガスを使ったのはシリアの反政府過激派であることが判明したのです。シリア政府は化学兵器を一切使ってないことが証明されました。
この事実が公表されると、主要メディアは、直ちにニュースのテーマを変えて、視聴者をはぐらかしました。
アメリカが支援するシリアの反政府過激派は、シリア政府をはめて、NATOやアメリカにシリアを侵略させようとしたのです。
アメリカとアメリカの同盟国は、シリアのアサド政権を倒すために、化学兵器を使ってシリア国民を大量虐殺するという戦争犯罪を犯しているのです。

シリアが化学兵器で攻撃された後、米軍はシリアを撤退すべきなのに、現在、シリア周辺で米軍兵力を増強しています。これはアメリカのいつものやり方です。アメリカがシリアにサリンガスを撒き、それをシリア政府のせいにし、シリア政府と戦争を開始するのです。
主要メディアも、化学兵器を使ったのはシリア政府であると大々的に報道しています。また、アメリカとフランスも、即座に、化学兵器を使ったのはアサド政権だと非難しました。そしてペンタゴンはシリアへのミサイル攻撃を示唆しています。
しかし、例え、ペンタゴンがミサイル攻撃を行ったとしても、このようなでっち上げは全てバレてしまっています。
シリア政府軍は、つい最近、化学兵器で攻撃された地域のトンネルの中に大量の化学兵器が隠されていたこと発見しました。
さらに、シリア政府は欧米勢力によって化学兵器が使われていたことを証明するいくつかの情報を入手しています
・5月31日、トルコの治安部隊は、シリア国内に潜伏している反政府過激派がシリンダーに入った2kgのサリンガスを所持していたのを発見しました。
・6月7日、シリア政府軍は、シリア国内に潜伏している過激派が化学兵器を所持していたことを発見しました。
・米政府が過激派を使い、シリアを化学兵器で攻撃し、それをシリア政府のせいにするという計画が記された秘密文書が今回、リークされました。

シリアの過激派、アメリカ、NATOが、シリアと戦争をしてシリア政府を倒すことで、どのような利益をもたらすのでしょうか。NATOやアメリカは、シリアを占領したいのです。
そのため、過激派はシリア政府が市民を攻撃し、大勢の死傷者が出たとする偽装ビデオを世界に向けて公開しています。

彼らは8月1日に化学兵器を使ってシリア国民を攻撃しました。
ロシアと中国はシリアとイランを支持することを表明しました。アメリカがシリアを攻撃したなら、核戦争に発展する可能性があると、ロシアが警告しました。そのような最悪な事態にならなくとも、アメリカがシリアとの戦争を開始したなら、シリアやイランの人々が犠牲になってしまいます。もしアメリカがシリアを占領したなら、大量のシリア人の命が奪われることになります。イラクなど、これまでアメリカが戦争を始めた国はどこも状況が改善されていません。アメリカがシリアと戦争を開始すると、シリアは破壊されます。
我々は全力を注いで、米政府のシリア戦争を阻止しなければなりません。













テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。