08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『島唄』の本当の意味

2013.09.06 15:20|未分類
『島唄』の本当の意味



hqQ-83tWuojW9qXKC5aMctbcTk81.png


■概要

「島唄」は「THE BOOM」というバンドの代表曲の中の一曲
「THE BOOM」はバンドブームのはしりであった1986年(昭和61年)11月に結成し
そのバンド名は、「常に流行に左右されず自分たちの音楽を貫いていけるように」という逆説で
ヴォーカルの宮沢和史さんが命名したんだとか

「島唄」は1992年1月22日発売のアルバム「思春期」に収録され
その翌年の1993年6月21日シングルカットされた「島唄(オリジナル・ヴァージョン)」が
全国発売となり150万枚以上を売り上げる大ヒットを記録しました
その年の紅白歌合戦にも出場、「レコード大賞」でも「ベストソング賞」を受賞し、
名前の通りブームを巻き起こしました

丁度その頃 全日空による「ANA'S SUMMER 沖縄」という
沖縄キャンペーンが行われており
森高千里さんが出演するCMがバンバンながれるなど
バブルの余韻が残る中
「沖縄」ブームが「島唄」の背中を押して行った そんな時代背景でした


■「島唄」創作秘話

2005年、朝日新聞に「宮沢和史の旅する音楽」というシリーズが連載され、
「島唄」の創作秘話が語られ
この「島唄」の裏歌詞、本当の意味というのが話題になりました


 朝日新聞 「宮沢和史の旅する音楽」  引用


『島唄』は、
本当はたった一人のおばあさんに聴いてもらいたくて作った歌だ。

91年冬、
沖縄音楽にのめりこんでいたぼくは、
沖縄の『ひめゆり平和記念資料館』を初めて訪れた

そこで『ひめゆり学徒隊』の生き残りのおばあさんに出会い、
本土決戦を引き延ばすための『捨て石』とされた激しい沖縄地上戦で
大勢の住民が犠牲になった事を知った

捕虜になる事を恐れた肉親同士が互いに殺し合う

極限状況の話を聞くうちにぼくは、
そんな事実も知らずに生きてきた無知な自分に怒りさえ覚えた

資料館は自分があたかもガマ(自然洞窟)の中にいるような造りになっている
このような場所で集団自決した人々のことを思うと涙が止まらなかった

だが、その資料館から一歩外に出ると、
ウージ(さとうきび)が静かに風に揺れている

この対比を曲にして
おばあさんに聴いてもらいたいと思った

歌詞の中に、
ガマの中で自決した2人を歌った部分がある

『ウージの森で あなたと出会い ウージの下で 千代にさよなら』

という下りだ

『島唄』はレとラがない沖縄音階で作ったが、
この部分は本土で使われている音階に戻した


2人は本土の犠牲になったのだから

2005年8月22日 朝日新聞(朝刊)





■本当の意味
http://matome.naver.jp/odai/2137646585772178801

THE BOOM  「島唄」  作詞:宮沢和史

でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た
(1945年春、でいごの花が咲く頃、米軍の沖縄攻撃が開始された。)

でいごが咲き乱れ 風を呼び 嵐が来た
(でいごの花が咲き誇る初夏になっても、米軍の沖縄攻撃は続いている。)

繰り返す 哀しみは 島わたる 波のよう
(多数の民間人が繰り返し犠牲となり、人々の哀しみは、島中に波のように広がった。)

ウージの森で あなたと出会い
(サトウキビ畑で、愛するあなたと出会った。)

ウージの下で 千代にさよなら
(サトウキビ畑の下の洞窟で、愛するあなたと永遠の別れとなった。)

島唄よ 風にのり 鳥と共に 海を渡れ
(島唄よ、風に乗せて、死者の魂と共に海を渡り、遥か遠い東の海の彼方にある神界 "ニライカナイ" に戻って行きなさい。)

島唄よ 風にのり 届けておくれ わたしの涙
(島唄よ、風に乗せて、沖縄の悲しみを本土に届けてほしい。)

でいごの花も散り さざ波がゆれるだけ
(でいごの花が散る頃、沖縄戦での大規模な戦闘は終わり、平穏が訪れた。)

ささやかな幸せは うたかたぬ波の花
(平和な時代のささやかな幸せは、波間の泡の様に、はかなく消えてしまった。)

ウージの森で 歌った友よ
(サトウキビ畑で、一緒に歌を歌った友よ。)

ウージの下で 八千代に別れ
(サトウキビ畑の下の洞窟で、永遠の別れとなった。)

島唄よ 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
(島唄よ、風に乗せて、死者の魂と共に海を渡り、遥か遠い東の海の彼方にある神界 "ニライカナイ" に戻って行きなさい。)

島唄よ 風に乗り 届けておくれ 私の愛を
(島唄よ、風に乗せて、彼方の神界にいる友と愛する人に私の愛を届けてほしい。)

海よ 宇宙よ 神よ 命よ
(海よ 宇宙よ 神よ 命よ 万物に乞い願う。)

このまま永遠に夕凪を
(このまま永遠に穏やかな平和が続いてほしい。)

島唄は 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
(島唄は、風に乗せて、死者の魂と共に海を渡り、遥か遠い東の海の彼方にある神界 "ニライカナイ" に戻って行きなさい。)

島唄は 風に乗り 届けておくれ 私(わくぬ)の涙(なだば)
(島唄は、風に乗せて、沖縄の悲しみを本土に届けてほしい。)

島唄は 風に乗り 鳥とともに 海を渡れ
(島唄は、風に乗せて、死者の魂と共に海を渡り、遥か遠い東の海の彼方にある神界 "ニライカナイ" に戻って行きなさい。)

島唄は 風に乗り 届けておくれ 私(わくぬ)の愛を
(島唄は、風に乗せて、彼方の神界にいる友と愛する人に私の愛を届けてほしい。)










■解説
http://matome.naver.jp/odai/2137646585772178801

でいごの花:春から初夏にかけて赤い花が咲く。見事に咲いた年は天災に見舞われるという言い伝えがある。

洞窟:沖縄は石灰岩の土壌で畑の下には多くの洞窟や鍾乳洞(ガマ)がある。米軍の攻撃や、自決などでガマの中で多数の民間人が犠牲になった。宮沢の記事にあるとおり。Googleで"okinawa cave"で検索すると、当時の写真が多数出てくる。米軍の攻撃により民間人が洞窟から出てくる写真がこれ。第二次世界大戦の記録をしているアメリカ海兵隊のウェブサイトにある、沖縄戦のページに掲載されている。

ニライカナイ:沖縄の民間伝承で東の海のかなたにあると考えられている異界。豊穣や生命の源であり、神界でもある。年初にはニライカナイから神がやってきて豊穣をもたらし、年末にまた帰るとされる。また、生者の魂もニライカナイより来て、死者の魂はニライカナイに去ると考えられている。

千代、八千代:国歌、君が代の歌詞に合わせて韻を踏んでいる。

プロモーションビデオで、宮沢和史が白の上下の服を着ているのは、死者が着る死装束(しにしょうぞく)を表しているとも考えられます。




■あとがき

以前 自身のブログの バンザイ・クリフにもUPしましたが

なぜ、沖縄にひめゆりの塔があるか
アメ公がサイパンを占領した時
そこにいた日本人オンナ全員を強姦し、虐殺してゴミ捨て場に棄てた
それを伝え聞いた沖縄の女学生は、強姦される前に先に死んだのである


こういったことを聞いたのだと思います

記事にもある様に
「ひめゆり学徒隊」の生き残りのおばあさんに 
捕虜になることを恐れた肉親同士が互いに殺し合った話などを聞き
戦争 そしてアメリカの本当の姿に気づいてしまったのではないでしょうか

戦後の日本統治の戦略による「ボイス オブ アメリカ」により
アメリカナイズされ、嘘の歴史を教えられ
挙げ句の果てには3S政策でスカポンチンにされた方々に
そういった方々に

「島唄よ 風にのり 届けておくれ わたしの涙」

と 伝えたかったのだと思います



この大戦の後も

ベトナム
イラク
アフガン
リビア

そして 今 シリアが
同じ憂き目にあおうとしています
お金や利権、そして覇権のために・・・


それにしてもこんなに深い意味を持った歌だとは知りませんでした

本当に素敵な歌だと思います

みんながこの歌の真意を理解し
暴力 殺戮 紛争 戦争 などが
どういった結果をもたらすものかを共有し
もう このような辛く悲しい歴史は繰り返さないよう
ひとりでも 知り 気づき 行動し 

少しでも世の中が変わって行くことを願わずにはいられません 












テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。