03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府があなたに絶対に見てほしくない映画

2013.09.26 23:10|健康・病気・医療
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」さんより転載


政府があなたに絶対に見てほしくない映画



Baidu IME_2013-9-26_13-40-26









精神医薬のとんでもない副作用 (サイド エフェクト)
http://www.side-effects.jp/




ムービーウオーカーでは、「サイドエフェクト」
先週 「見てよかった映画第一位」を 獲得。

https://twitter.com/sideeffectjp/status/380514994233679872


(※先週第一位獲得)


しかし、このとんでもない映画は
今日、(木曜日)明日(金曜日) で上映を不自然に早期に終了。

ソダーバーグ監督は 天才だと感じる映画。

実際に映画の中で出てくる
SSRI、SNRIと呼ばれる抗うつ薬は、
それが原因で 副作用として 自殺、他殺が引き起こされたとして
欧米では、精神医薬に対する政府の補助金がゼロになり(特にアメリカ)

処方した医者は
こんなとんでもない薬を処方したことで患者が人を殺したということで裁判になり
製薬企業は何億円という損害賠償金を支払えという裁判所の命令が出ているため

社会的に大問題となっている。




映画で出てくる、
ゾロフトエフェクサ その他の従来の薬は
実際に欧米で大量処方されている抗うつ薬の名前である。

ただ、日本では、欧米で抗うつ薬の副作用で自殺、他殺ということが起こっていることが
社会的に大問題になっていることは国民に知らせないらしく

マスコミはできる限り報道しないように最大限の努力を払っているのである。


そして このすごい映画は
今日、明日金曜日で上映が終了してしまうのだ。

ソダーバーグ監督は「セックスと嘘とビデオテープ」でカンヌ映画祭で賞をとった鬼才であるが

今回のこの映画で本当は引退に追い込まれてしまっているのではないか?

http://www.side-effects.jp/

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id346151/






若年層死因の1位は自殺だそうです
その22%はうつ病が原因 

自殺との因果関係が指摘されている
抗うつ剤、睡眠障害治療剤、統合失調症治療剤などの
中枢神経領域治療剤(10品目)の市場は 前年比7.3%増の5143億円で
十数年前よりうなぎのぼりに伸びています

中枢神経領域治療剤(10品目)

抗うつ剤、双極性障害治療剤、抗不安薬、睡眠障害治療剤、統合失調症治療剤、抗てんかん剤、抗パーキンソン病剤、レストレスレッグス症候群治療剤、ADHD治療剤、神経変性疾患治療剤


img_1530830_38302381_0.jpg


こういった精神薬の多くに
「自殺企図」と医薬品添付文書に書かれているそうです

副作用は「自殺企図」だけでなく
興奮、誇大妄想、支離滅裂、激高などの躁病的行動、
攻撃性の増大や暴力的行動、幻覚や記憶喪失などもあり
事故や犯罪に繋がる可能性がある症状が起きるのです

最近頻繁に起こる連続通り魔などの理解不能な凶悪犯罪の背景には
精神薬が深く関わっていると言われています

こういった凶悪犯罪の原因が精神薬だと知れ渡り
責任を認めざるを得なくなってしまえば
巨額の賠償費用と責任問題がでてきてしまうので
製薬会社、医者、厚生労働省、国、マスコミはダンマリを決め込んでいるのだと思います

そして被害者は当事者だけではありません
大量の精神薬を処方しクスリ漬けにしているクスリの費用の大部分は
私達が収めている国民健康保険料で支払われているのです

そういった薬の利権のために国民健康保険料が値上され
東京23区内では、高い人で 年16万円も値上げされたの人もいて
「納付通知書」を受け取った住民から
「高くて払えない」「毎年値上げが繰り返され、もう限界」と悲鳴が上がっているそうです


Baidu IME_2013-9-26_22-39-3


また、精神面が健康だからといって安心していられません
世界の大手製薬会社の販売戦略は、「健康な人にクスリを売ること」だそうです
クスリを消費するために病気がつくられ そこにはめられるのです

実際に、権威ある医学雑誌として知られる
『ニューイングランド・ジャー ナル・オブ・メディシン』の「製薬企業と医師の腐敗構造」という記事で
向精神薬パキシルの 製品マネージャが
「まだ誰も気づいていない顧客マーケットを掘り起こして拡大させることは、マーケティングをやる人間の夢だ社交不安障害を使って我々がやっているのがそれだ」 と語ったそうです

引っ込み思案、恥ずかしがりや、怒りっぽいなど
病気とは思えないようなことに社交不安障害という病名を着けてクスリを処方し
クスリ漬けにしていくのです

そして 最悪 自殺か他殺です

薬の大量服用や長期服用は人生の終わりの始まりです



「人間」 やめますか?それとも 「クスリ」 やめますか?









テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。