06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スマフォの通信費が高いので月額1000円未満の格安SIMカードで通信する人が急増

2013.10.14 21:00|未分類
スマフォの通信費が高いので月額1000円未満の
     格安SIMカードで通信する人が急増




格安SIMカードでの通信は
スマートフォンのパケット通信の料金が高いと感じていて、
なおかつ外で画像の多いページや重いページ、動画サイトを見ることが少なく
そんなに速い通信環境を必要としない人に向いていて

スマートフォンとタブレットを同時に持ち歩くユーザーや、通話を必要としないユーザーらが
通信料金を抑えながらも高速通信をしたいというニーズから利用されています

この通信(MVNO)を利用すれば、
ドコモやAU、ソフトバンクの高額なデータ通信プランを利用しなくても、
いつでもどこでも高速LTE回線等でインターネットに接続が可能となるのです


格安通信サービス利用で節約 MVNOの動きが活発に
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20130906/ecn1309060747005-n1.htm
Googleの7インチタブレット、ASUS製のNexus7(2013)の販売が日本でも始まった。
昨年の2012モデルに対して、薄く軽くなり、正当な進化をしているといえる。
今回は、LTE版もWiFi版とほとんど間を置かずに9月中には発売されるようで、
そちらを待って入手すればスマートフォンと同様に、
SIMスロットに通信事業者から発行されたSIMを装着することで、単体で通信ができる。

 こうした動きもあって、
既存のMVNO(キャリアから回線を借りて独自サービスを行う事業者)の動きが活発になってきている
月額料金980円のSIMなどを販売し、
格安でスマホ通信をかなえるサービスを提供している事業者である。
具体的には、NTTドコモから通信網を卸しで入手し、
一般消費者にそれを格安で販売するというビジネスだ。実際の通信網をもたないことから、
モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーターと言われる。
MVNOはその頭文字をとったものだ。

 本当は単体で通信ができるのが一番便利なのだが、
スマホとは別にタブレット用にもうひとつ通信のための契約をするのはコスト的に大変だ。
そこで、こうしたMVNOのサービスを利用すれば、出費を低く抑えることができる。

 業界最安値をアピールするOCNは既存サービスをリニューアルし、
「OCNモバイルONE」の提供を開始した。
利用スタイルに合わせて5種類ものコースを用意しているので、
ユーザーは自分の使い方に応じて選択できる。
たとえば、1日30MBコースなら高速通信が30MBまで毎日できて、
それを超えると当日の24時まで200Kbpsに速度が落ちるという具合で、
その価格が月額980円となっている。

 以前使っていたガラケーをもう一度使うことにして、
スマホはこうした格安通信サービスで運用するというユーザーも増えてきた。
いわゆる2台持ちになってしまうが、ガラケーは音声通話専用にして、
その他のデータ通信はスマホにゆだねるという使い方だ。
ガラケーの優位性はバッテリーの稼働時間にある。
使い方にもよるが、着信を待ち受けて、たまに通話するくらいなら
1週間くらいは充電しなくてもバッテリーがもつかもしれない。
これもまた消費者の知恵ではある。 (山田祥平)



■SIMフリー

このSIMカードというのは契約者の電話番号や契約情報などが記録された小さなICチップカードで
日本では、端末を通信会社が通信契約とセットで販売してきたので
その通信会社のSIMカードはその会社用の端末でしか使えないように
「SIMロック」というロックがかかっていました

ですので、MVNOを利用するには
そのSIMに対応している機種か、SIMロックを解除するか、SIMフリーの機種を利用しなければなりません
MVNOによっては自社SIMカードの動作確認を行っていたりするので調べてみて下さい 例 IIJmio

しかし、世界的にはこのロックが掛かっていない「SIMフリー」が当たり前に使われています
その流れを受け、又、利用者の増加もあり、少しずつ「SIMフリー端末」が増加していることから、
MVNO各社の競争がますます激しくなっており、
通信量の増加やプランの豊富などサービスの拡充や値下さげで個性を競い合っています



月額1000円未満の格安データ通信SIM
Baidu IME_2013-10-12_18-39-15
出典:http://ascii.jp  


月額1500円前後のワンランク上のプラン
Baidu IME_2013-10-12_21-3-47
出典:http://ascii.jp  



simフリーモバイルLTE通信搭載タブレット 【人気】

Google Nexus 7 (2013) TABLET/ブラック(Android/7inch/APQ8064/2G/32G/BT4/LTE) ME571-LTE



■セルスタンバイ問題も解決

格安SIMカードでの通信で一つ問題になるのがセルスタンバイ問題です
セルスタンバイ問題とはMVNOが提供するデータ通信専用SIMカードを利用すると
「アンテナピクトが表示されない」「バッテリーの消費が激しい」「圏外時間が異常に長い」など
こういった問題が一部機種において発生することが知られています

これは機種に依存している問題で、この現象が出る機種もあれば、出ない機種もあります
また、MVNOでも音声通話付きプランならこの問題は起こりません
しかし、もし症状が起こる機種でも
「SMS」(ショートメッセージサービス)に対応しているSIMを使えば問題が起こらないのです


■SMSのメリット

このSMSは短い文章のショートメールを送信できる機能ですが送信する毎に送信料がかかるため、
無料で送信できるメールサービスが普及した日本ではそれほど使われていませんでした
ですが先程のセルスタンバイ問題も解決できることから
MVNOでも契約プランの中にSMSのオプションが用意され、サービスが開始しされ始めています

また、LINEやGREE、オンラインゲームなど最近のSNSサービスは
会員登録を行う際の認証用にSMSを利用するケースが多くなっているので
SMS未対応だと会員登録ができなかったり、別の手段で身元確認を行う必要があります
なのでSMSに対応することで、これらのサービスを登録することが可能になります
このようなデータ通信専用MVNOサービス特有の問題が回避できるというのは大きなメリットといえます


■スマホ向けIP電話アプリ

音声通話用携帯電話とデータ通信用のスマホの2台持つのは面倒ですよね
そんなときは、便利なのが050番号を使ったIP電話アプリ
IP電話アプリにもいくつか選択肢があるりますが、
これまでは古参の「050plus」が支持されていましたが、最近では基本料金無料の「SMARTalk」も人気があります

この2つのアプリは、データ通信用のスマホだけでなく、
今、皆さんが使っている普通のスマホでも050の番号が使えます
1つのスマホで2つの番号を持つことができ、IP電話と、通常の電話の使い分けができます
しかも携帯電話や固定電話宛の通話料が090の番号よりも約60%も安くなるのだとか
ですので「スマホの通話料が高いので節約したい!」という人にもオススメのサービスです

SkypeやLINEのように相手がアプリを入れる必要もなく、
アプリを入れてない人とも、普通にやり取りもできるのが、このアプリの魅力です

「SMARTalk」に至っては月額基本料金が無料となっています
さらに、プッシュ通知で着信可能なのでアプリをバックグラウンドで起動しておく必要がなく
バッテリーの節約になり、スマホの弱点であるバッテリー問題にも貢献します
また、『SMARTalk』は通話を録音したり、他の番号に着信転送をすることも可能なのです

肝心の通話クオリティに関しては、途中で音声が飛んだりすることもあり
やっぱり携帯電話経由の方がクオリティーが高いようです


■「050plus」と「SMARTalk」の料金比較

【携帯電話への通話料金】
『050plus』 → 1分16.8円
『SMARTalk』 → 30秒8.4円(1分だと16.8円)+月額:0円


【固定電話への通話料金】
『050plus』 → 3分8.4円
『SMARTalk』 → 30秒8.4円(3分だと50.4円)


【国際電話への通話料金】
『050plus』 → 国によって違う
『SMARTalk』 → 30秒8円(世界32カ国に対応で一律料金)


大きく違うのは固定電話への料金です
固定電話への通話が多いようであれば、月額料金315円を払ってでも「050plus」の方が良さそうです


■まとめ

私はスマホは使っていませんが嫁さんが使っていて、請求料金を見るとやはり高い
安くする方法はないかと調べて見ると
MVNOデータ通信とIP電話アプリに行き着きました

MVNOデータ通信は安いプランであれば1000円以下ででき
しっかりしたプランでも数千円でできます

IP電話アプリは月額基本料が無料もしくは315円などと格安で
通話料金もスマホにくらべ約60%も安くできるという優れもの
通話クオリティーは劣るが費用対効果を考えると納得できるものと言えます

先ずはIP電話アプリをやってみるといいと思います
「SMARTalk」は月額料金が無料なのでリスクはなく、使いにくければ使わなければいいのです
番号が一つ増えるので使用しなくても受信専用などの捨て番号としても使えます

もし、使い勝手が良く、自分のスマホがMVNOSIMの対応機種であれば
格安MVNO通信を始めるといいと思います
調べて見ると「IIJmio ミニマムスタートプラン 」がいいみたいです
当然「SMSオプション」を付けるのを忘れずに

もしこれで用が足りるのであれば かなり節約でき、かつ安心してスマホライフを楽しめると思います


「吾唯知足」 われ 只 足るを知れば 良い結果を生むのです










テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。