09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんの主要な原因は大気汚染、WHO

2013.10.18 16:19|健康・病気・医療
afpbb.comさんより転載


がんの主要な原因は大気汚染、WHO



【10月17日 AFP】
世界保健機関(World Health Organisation、WHO)は17日、
屋外大気汚染をがんの主要な原因と分類すると発表した。

 WHOの外部機関「国際がん研究機関(International Agency for Research on Cancer、IARC)」の
クルト・シュトライフ(Kurt Straif)氏は「われわれが呼吸している空気自体が、
発がん物質で汚染され続けている」と述べ、今や屋外大気汚染は全般的な健康への主要リスクのみならず、
がん死亡の環境的な要因となっていることが分かったと明らかにした。

 IARCの報告によると、一流専門家チームは、大気汚染にさらされることが肺がんの原因となり、
膀胱がんリスクも高まるという「十分な証拠」を得たという。

 大気汚染の組成や、大気汚染に人がさらされる程度は地域によって大きく異なるが、
IARCが導いた結論は地球上のすべての地域に当てはまるという。

 大気汚染が呼吸器や心臓疾患リスクを高めることは、既に知られている。

 IARCによると、近年、急速な産業発展を遂げる多人口国家を中心に
大気汚染への露出が著しく増加している地域がみられるという。

 最新となる2010年のデータによれば、大気汚染が原因の肺がんにより世界で22万3000人が死亡している。

 これまでIARCは、個々の化学物質や、ディーゼル車の排ガス、溶剤、金属成分、ちりなど
大気中に含まれる混合化学物質の計測を行ってきたが、
今回の発見は大気質そのものを対象に導き出した結論だ。(c)AFP





肺ガンの主たる原因って放射性物質だとおもうのですが
WHOはIAIAとお友達なのでそんな事言わないでしょうが
おっしゃる通りお隣の国の大気汚染も原因の一つではあるのでしょうが


日本は毎時1000万ベクレルの罪深い汚染をしているので何も言えません









テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。