07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結果を出すためには「質」よりも「量」をこなして学習することが重要

2013.10.28 08:37|未分類
GIGAZINEさんより転載


結果を出すためには「質」よりも「量」をこなして
     学習することが重要




「量より質」という言葉がありますが、
実際に成功した人物は「質を上げるために大量の練習をこなしてきた」と
インタビューなどで話す人が多いそうです。
「質」を上げるための1番の近道は「量」である、と主張するHerbert Luiさんが
実在する成功者の経験談などを自身のブログで公開しています。

Quantity Should be Your Priority
https://medium.com/better-humans/3bc2b16fe3f5

芸術家のDavid Bayles氏とTed Orland氏は、
共同著書であるArt & Fearの中で、「量」と「質」のどちらを優先すればいい結果を導けるかを測る実験について記しています。

実験はある学校の陶器を作成する授業で、生徒を「量」と「質」2つのグループに分け、
一定期間つぼを作成する練習をしてもらうというもの。
実験前に、「量」グループには作成したつぼの量で評価をくだし、
「質」グループには作成したつぼの質で採点するということだけが伝えられました。
実験の結果、「量」グループが最もクオリティーの高いつぼを作り出すことに成功。
著者によれば、「量」のグループは多くのつぼを作成している間に犯したミスから学習し、
いい結果を生み出せたとのこと。
一方「質」グループは、完璧に作成する方法を考える事に時間を費やしましたが、
実際の作品に反映させられませんでした。


アメリカの歌手であり音楽プロデューサーのカニエ・ウェスト氏は、自身の楽曲「Spaceship」の中で、
有名なミュージシャンになることを目指していた時には毎日5曲作成していた、と歌っています。
この言葉からは、グラミー賞に何度もノミネートしたウエスト氏が、
毎日繰り返していた膨大な量の作曲活動から、多くを学んでいたことがわかります。


また、YouTubeで公開されている「Girl learns to dance in a year」というムービーでは、
ダンス未経験の女性Karen Chengさんが1年でダンスをマスターする様子が撮影されています。
1年間毎日ダンスの練習を続けたChengさんの練習初日と、最終日のダンスを見比べると、
その上達っぷりにはただ驚くばかりです。

Karen Chengさんが1年かけてダンスを学習する様子は以下のムービーから確認できます。

Girl Learns to Dance in a Year (TIME LAPSE) - YouTube



Chengさんが、練習量から自身のスキルを上達させたことはダンスが初めてではありませんでした。
以前ChengさんがMicrosoftのプロジェクト・マネージャーを務めていたころ、
本当はデザイナーになりたかったことに気づいたそうです。
いざデザイナーになると決めたChengさんは、仕事が終わるとすぐに帰宅し、
毎日デザイナーになるための勉強を独学で敢行。
その結果、見事Chengさんはデザイナーになるという夢をかなえたとのことです。


Jennifer Dewaltさんはホームページなど作成する際に必要なコードを学ぶために、
180日で180個のウェブサイトを作成することに挑戦しています。
Dewaltさんは、驚くべきことに仕事もせずにこのチャレンジに挑んでいます。


アメリカの著名なラジオパーソナリティであるIra Glass氏は、
「This American Life」という番組の中で、
最高の結果を導くためには作業を何度も何度も繰り返すことが重要である、という旨の発言をしています。
ただ、作業を繰り返すだけではなく、1つ1つにデッドラインを決めて順守することも大事です。


つまり、一度で完璧なものを作ろうとせずに、
完璧でなくても毎日何かを作り続けることでいい結果を導き出せるとのことです。






この代表的な学習が「公文」ですよね
繰り返すことにより記憶を海馬に埋め込んでいきます

ただ、質も重要だと思います
間違った事を繰り返しやっていても
何の成果も上がりません

正しく内容でより良い方法も大事なのです

週明けの月曜日です


良い結果を出すために、この一週間、量をこなしてみてはいかがですが












テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。