03 | 2017/04 | 05
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【東京高裁】NHK受信料訴訟 「受信者の承諾なしでも契約成立」

2013.11.01 14:07|政治・経済
【東京高裁】NHK受信料訴訟 
     「受信者の承諾なしでも契約成立」




d93eef7c.jpg
難波孝一裁判長



NHK契約「拒否しても通知2週間で成立」 高裁初判断
http://www.asahi.com/articles/TKY201310300542.html
【小松隆次郎】NHKがテレビ受信料の未契約世帯を訴えた裁判の控訴審判決で、東京高裁は30日、「受信者が拒んでも、NHKが契約を結ぶよう通知してから2週間で、契約は成立する」との初判断を示した。そのうえで、この世帯がテレビを設置してから4年分の受信料約11万円の支払いを命じた。

 判決によると、被告の男性=神奈川県相模原市=は2009年1月にテレビを設置した。デジタル放送を見るのに必要な「B―CAS(ビーキャス)カード」のユーザー登録をしたのに伴い、NHKにテレビ設置の連絡が届いた。NHKは契約締結を拒まれ、12年11月に再び契約を求めて書面で通知。男性が東日本大震災でテレビが壊れたと拒否したため、09年2月から13年1月までの受信料約11万円の支払いを求めて提訴した。難波孝一裁判長は、受信契約の成立を書面通知の翌月と判断。NHKの規約から、受信契約の効果はテレビ設置の日にさかのぼると指摘した。



これでは、押し売りの悪徳商法を認めたのと変わらぬ話です
NHKを見ないことを選択させる権利を与えるべきです
その為にはスクランブル化が必要であり、すぐにでも実施すべきなのです

スクランブル化とは有料BS放送などが導入している、
契約者以外は映像を見ることができないようデータを暗号化する技術で、
契約したら初めて見れるようになるものです

そして、NHKのスクランブル化は約9割の人が賛成しています

しかし現在NHKでは「公共放送の理念と矛盾する」などとして導入していません
本当は、国民を洗脳または誘導するために、見せつけることが必要だからなのではないでしょうか
公共放送をうたうのであれば、完全国有化して税金で運営するべきです

今回のこの裁判、NHKが訴えているのは「B-CASカード」のユーザー登録した者だそうです
BSのテロップを消すためにNHKに住所氏名を送信してしまった為なのです

なので
「テレビを持っているとNHKが判断した人に、NHKから一方的に契約締結を通知すれば、
受信者が承諾しなくても通知から二週間後に契約が成立した事にされてしまう」という判決ではないのです
BSのテロップ消し申請というトラップに引っかかり、事実上のテレビ設置報告をしてしまい
それを裁判所が認定したという流れなのです


放送法
第3章 日本放送協会
 第6節 受信料等

(受信契約及び受信料)
第64条

 協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。
ただし、放送の受信を目的としない受信設備又はラジオ放送(音声その他の音響を送る放送であつて、テレビジョン放送及び多重放送に該当しないものをいう。第126条第1項において同じ。)若しくは多重放送に限り受信することのできる受信設備のみを設置した者については、この限りでない。

2 協会は、あらかじめ、総務大臣の認可を受けた基準によるのでなければ、前項本文の規定により
   契約を締結した者から徴収する受信料を免除してはならない。

3 協会は、第1項の契約の条項については、あらかじめ、総務大臣の認可を受けなければならない。
   これを変更しようとするときも、同様とする。

4 協会の放送を受信し、その内容に変更を加えないで同時にその再放送をする放送は、
   これを協会の放送とみなして前3項の規定を適用する。



上記のように「テレビの設置=契約」なのであり
「NHKは見ていない」とか「民放しか見ていない」というのでは
受信料契約から逃れられず、逆にテレビの設置を報告しているようなものなのです

基本的には何らかの登録や申請をした方は別として
契約をしていなければ何の問題もないので、
余計な事を言わず、
NHKから国民を守る党の立花 孝志さんのNHK撃退ステッカーを玄関に魔除けとして張り付けましょう

これでしょうか↓ NHK撃退ステッカー

02d02cbe-s121214545448.jpg


そして立花 孝志さんは「NHK受信料不払い安心保険」(5年保障)を展開されており
NHKに関する問題を解決してもらえるみたいなので、
立花孝志ひとり放送局㈱さんのホームページを参考にされてみてはいかがでしょうか

とにかく、ある程度のプライバシーを持った普通のご家庭であれば
未契約で訴えられることは無いと思います
訴訟恫喝営業などをされても、テレビの有無など余計な事を言わず、
非契約を貫き、直ぐにお帰りいただきましょう
しつこいようでしたら立花 孝志さんに相談するのも手だと思います

あるアンケートで「NHK解体」賛成8割、「今の体制に問題あり」が9割以上となっています
偏向報道や反日放送、視聴料金の徴収、プロパガンダ放送など様々な問題があります

やはり解体が必要なのかも知れません
そして放送法64条改正


先ずは「スクランブル化!」 お願いします








 


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。