09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第4号燃料取出し作業にアメリカ政府が乗り出すことに

2013.11.03 18:13|原発・放射能・原子力
世界の裏側ニュースさんより転載


第4号燃料取出し作業にアメリカ政府が乗り出すことに



「福島の危険な収束作業に対するアメリカの援助を東電が受け入れる」
(TEPCO accepts US offer to aid dangerous Fukushima cleanup)


11月2日【RT】http://rt.com/news/fukushima-tepco-us-aid-139/


福島第一原子発電所の汚染除去および廃炉を行う作業に対しアメリカ政府が援助を申し出ていたが、東京電力(TEPCO)がその申し出を受入れを決定した。4号機から使用済み燃料を取り出すという大規模な作業から、この決定が反映されることとなる。

米国エネルギー庁長官アーネスト・モニツ(Ernest Moniz)はその原子力発電所を見学に訪れていたが、その際に決断を行ったと東京電力社長の廣瀬 直己は発表している。


東電のウェブサイトに公開された廣瀬氏の声明文

「モニツ長官と私が行った会談の中で、日米二か国のみならず、全世界における原子力発電および廃炉産業に貢献するために、原子力発電所の安定性や廃炉のためのテクノロジーおよび知識を共有することによって、(両国間の)連携をさらに強化する必要性があるということで意見が一致しました」


2012年、日本とアメリカは、民間の原子力問題により一層の力を注ぐことを目的として、二か国間協議委員会を設置した。

福島原発の非常時における対応や規制の問題に関する意見を交換するために月曜、日米の委員会がワシントンDCで会合を行う予定になっている。

東電社長は、
福島第一発電所にアメリカの経験と専門知識を持ち込むことで、日本は良い影響を受けることになる」と高い希望を持っているという。


廃炉に向けて数多くの挑戦するに当たり、連携をしていく予定です」と、日本の公営放送局NHKへのインタビューの中で話している。


金曜、エネルギー庁のモニツ長官は、第4号機の使用済み燃料プールから燃料を取り出す下準備として、操作不能になった福島原発へ視察に訪れた。


アメリカの当局者は、廣瀬がエスコートし、また原発施設内の他の施設も訪問している。訪問先には、汚染水の貯蔵タンクや放射能汚染水処理施設などが含まれている。

予定通り、11月中旬に4号機から原子力燃料棒を取り出す作業は始まることになりそうです

モニツは、2011年3月に福島震災によって一連の原発事故が起こって以来、福島を訪れたアメリカ当局者の中では最もランクが高い。

第4号機の燃料取出しは、東電が取り組んだ中でも最も危険な作業で、少しでも動きを誤れば、以前の事故に比較するとその何倍にもなるすさまじい量の放射性物質が大気中に放たれ、あるいは当初の災害よりも何倍も被害の大きい爆発の原因ともなりかねない。


4号機には、チェルノブイリの10倍ものセシウム137が保管されている。もう一度、核災害が起これば、この惑星にとって最終的な大災害の始まりともなる可能性もあると、一部の科学者らは警告している。しかし、この11月中旬に行われる燃料取出し作業は、何十年もかかると予想されている廃炉プロセスへの第一歩に過ぎないだろう。


モニツはこの除去作業について、
世界に対して目覚ましい貢献」となり、「次のステップが順調に、能率よく安全にいくのを見守りたい、と皆が思うようになるでしょう
と話している。


(翻訳終了)
***






北半球の命運をかけた燃料棒の取り出し作業
東電に任せるのも心配ですが
アメリカ様にイニシアチブを取られるのも怖いですね

本当に人類の命運がかかっているのです


祈るしかなさそうです








テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。