05 | 2017/06 | 07
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然な方法で身体をデトックスする方法

2013.11.06 13:00|健康・病気・医療
世界の裏側ニュースさんより転載


「自然な方法で身体をデトックスする方法」
(How To Naturally Detox Your Body)


http://www.naturalcuresnotmedicine.com/2013/07/how-to-naturally-detox-your-body.html 
より翻訳


何世紀にもの間、身体をデトックス(解毒)する慣習は、
私たちの細胞や組織に蓄積された健康に良くない毒物や蓄積物を
除去するために行われてきました。


ヒポクラテスは、
このような毒物を素早く除去するために断食をすることを勧めています


また、ガンジーのような歴史的に有名な著名人たちも断食療法を行ったり、
その他古代の有名な学者イブン・スィーナー、アスクレピアデス、ケルスス等は
健康と強さを取り戻すためとして、患者に3~5週間の水断食を推奨していました。


医学の先駆者であるパラケルススは、
多くの疾患に対する最高の治療法は断食である、と主張していました。


ただ、このような大がかりな断食療法を、
毎日の普通の生活の中で実行するのは難しいという人も多いかもしれません。


私は何か慢性的な疾患をもった時は、治療すらために水断食をしています。
ほとんどの時は、(問題のある)体内組織は自分で浄化してくれています。



水断食が難しいのであれば、
体内の器官がデトックスするよう促進する野菜や果物、ハーブなどを食べてみる方が、簡単で安全な方法ではないでしょうか。


この食事法は、身体が回復するためには時間はかかるかもしれませんが、
少なくとも私たちが毎日絶え間なく摂りこんでいる有毒物質を除去する手助けとなります。




身体には肝臓や大腸、腎臓などの器官、
つまりデトックス(解毒)を行う独自のシステムがあります。




*肝臓*

最前線で有毒物質から身体を防御しているのが、肝臓です。
肝臓は、食べ物や環境内の有毒物質が血流に入り込み、
病氣の原因となることを防ぐためのフィルターのような働きをしているのです。


肝臓が危険な状態にある場合は、これらの毒物は肝臓を迂回し血流に入り込み、
様々な病氣や疾患に悩まされることになります。




*大腸*

大腸内には善玉菌というバクテリアが存在し、
この善玉菌が体内の腸に残りそうな残骸を、
すべて体外に流し出す手助けとなる様々な化学物質を生成しています。


このような解毒システムが
体内の有毒物質を体外に排出する手助けをしているので、
体内のモノが常に移動するように心がけ、
いつも便秘や下痢を患わないようにすることはとても重要です。


しばらく便意をもよおしていない場合や、一日に腸の動きがごくわずかしかない場合は、腸内に毒物が蓄積して、不快感を感じているかもしれません
(これが原因で様々な健康上の問題へとつながります)。

 
そうなると毒物が体外に排出されるかわりに、
体内に残留して血液へと吸収され、悪い結果(病氣など)となってしまいます。




*腎臓*

腎臓では血液が常にろ過され、尿という形で毒物を排出しています。


肝臓・大腸・腎臓が不全になれば、ガンや糖尿病、過敏性腸症候群、
あるいは自己免疫疾患の発症といったといった
健康的な問題をひきおこしかねません。



下にあるのは、

身体の各部をデトックスするためにおすすめの食品のリストです。


個人的には、生の果物や野菜、しぼりたてのグリーン・ジュース(青汁)、
大量の水を中心に下のリストの食品を加えたホールフーズなライフスタイル

切り替えることをおすすめします。




血液
にんにく、葉物野菜、赤唐辛子、ビーツ(根野菜の一種)、しょうが、アボガド

リンパ
にんじん、アスパラガス、トマト、ベリー類、エキナシア、
レンゲ(マメ科ゲンゲ属の植物)



腎臓
たんぽぽ、ビーツ、ベリー類、キャベツ、スイカ、ぶどう

肝臓
たんぽぽの若葉、にんにく、ビーツ、ブロッコリー、レモン、ウコン


バナナ、しょうが、ウコン、アスパラガス、フェンネル

すい臓
ブロッコリー、ぶどう、ベリー類、トマト、にんにく、アボガド

胆のう
リンゴ、きゅうり、レモン、葉物野菜、ビーツ類、さつまいも




デトックス効果のある食物






参照源: Live Love Fruit
http://www.naturalcuresnotmedicine.com/2013/07/how-to-naturally-detox-your-body.html#HPyT5DPj5A5cEoxy.99






今の世の中 「飽食の時代」と言われています
しかし人類の歴史のほとんどが「飢餓」と戦ってきたわけであり
体も少食や飢餓の状態で有効に働くようにできているのではないでしょうか

ムスリム(イスラム教徒)には「ラマダン」という「断食を行う1カ月=断食月」があります
厳密にいうと「断食」は「サウム」と言うそうです
断食といっても1ヶ月間という期間を完全に絶食するわけではなく、日の出から日没までの間の絶食です

故小室直樹氏は宗教とは「人間のエートス(行動態度・行動様式)」であると述べています
そしてイスラム教は外面に現れる行動様式の宗教なのであり、
生活規範などが事細かに定められており、宗教と政治と経済が一体化して、
全く矛盾がない宗教と言っています

イスラム教は絶食がもたらす治病作用や健康増進を知っていて
「ラマダン」という規範を設けたのではないでしょうか

ちなみに「ラマダン」のことを、インドネシアでは「Puasa(プアサ)」と言うそうです
そして「puas(プアス)」という言葉が「満足する」という意味なことから
「ラマダン」によって、「食の喜び」や「満足する事」を認識する意味合いがあるのだ言われています
吾唯足知」ということでもあると思います

ともかく、少食、絶食がデトックスには有効であることは間違いないと思います

そしてその機能の担っているのが肝臓や腎臓なのです
昔から、特に大切な事を「肝腎要」と言っいることからも
肝臓や腎臓が体にとってとても大事な器官であることがわかります

少食や絶食により、消化器官にかかる負担を軽減できることから、
そのエネルギーを肝臓や腎臓に割り振り、解毒作用や治病作用、健康増進作用を
もたらす結果となっているのではないでしょうか

そして、デトックスを促進する食品ですが
特に、野菜や果物の生のものは火を通すと酵素が死んでしまうので
そのまま、生で摂取できるといいと思います

放射能や化学物質が食品に混入している昨今


デトックスは寿命にかかわる大きなファクターなのです









テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。