09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【健康】 ”ボジョレヌーボ”のナゾ

2013.11.20 14:08|未分類
(C)武田邦彦 (中部大学)さんより転載


【健康】 ”ボジョレヌーボ”のナゾ



「beujolaistdyno.367-(8:59).mp3」をダウンロード

日本にはいろいろなナゾがある。都市伝説と言っても良いけれど、
その一つが“ボジョレヌーボ”というものだ。
最近ではそれほどでも無いけれど、一時はフランスの新しいブドー酒が出荷される時期になると、
「ボジョレ解禁」ということで、酒屋にはボジョレが並び、
バーに行くとママが「今日はボジョレね」といって出してくる。

でも、少しおかしい。まずは次の表を見てもらいたい。

bandicam_20130828_211545443.jpg世界の一人あたり、ワインを飲む量は
日本が2リットルだが、ヨーロッパは少ない国で
20リットルと日本の10倍。
イタリアやスイスなどのようなワイン好きの国は
40リットル以上は飲む。日本の20倍だ。

ところが、ボジョレヌーボの輸入量は
日本が世界の約半分、46%も輸入する。
それに対してワイン好きのイタリアやスイスは
たった2.2%、
つまり日本の20分の1にもならない。


ワインを日本の20倍も飲む国が、ボジョレになると日本の20分の1というから奇妙だ。
一人の一人が飲むワインの中でボジョレの占める割合という点では
「日本はイタリアの400倍」と言うことになる。
日本人は田舎者なのか、NHKが「空気」を作ってしまうのか、なにか恥ずかしくなる。

日本人が世界で笑いものになる例は多い。このボジョレヌーボが一つ、
もう一つは産業人なら誰でも知っているISO9000とか14000とかいう資格(規格)だ。
こちらはイギリスが発祥地だが、日本の会社はISOの資格を取らないとビジネスもできないと言って、
これも世界の半分が日本という「笑いもの状態」だ。

地球温暖化は、アメリカが震源地で、当のアメリカは何もしていないが、
日本は世界でタダ一カ国必死でCO2の削減をしている。
リサイクルはドイツ発だが、家電リサイクルのようなことをしているのは日本だけ。

ワインはフランス、ISOはイギリス、温暖化はアメリカ、そしてリサイクルはドイツ・・・
どうも白人コンプレックスのようにも思えるが、日本での震源地はNHKに代表されるマスコミで、
「右へならえ」主義があるから、一つの新聞や放送局が報道すると、全局が同じことを言う。
だからいつも「全員一致」となって、外国から見ると「日本人ってなに?気持ち悪い」ということになる。

個性なし、個人の意思なし、集団主義、多様性なし、違いを認めない、
そしてバッシング文化なのだろう。
でも日本のように2000年の歴史を持ち、確固とした日本文化を持つ国としては珍しい。
ある心理学者は、明治維新と第二次世界大戦ですっかり日本人は幼児化したと分析しているが、
本当にそうではないだろうか?

最近、さらに幼児化は進み、“ゆるキャラ”なるものが横行している。
幼児がゆるキャラを喜ぶのは良いとして、大人までがキャーキャー言っているのを聞くと
「たわいがない」では済まされない気がする。

「平和が大切」と叫ぶ人たちも、
アメリカがイラクに「大量破壊兵器がある」と言ってイラクに大量の軍隊を送っても、
シリアが「化学兵器を使った」と言って国連安保理での決議もしていないのに、
「明日は空爆か」と報道し、批判的コメントを聞くことができない。

幼児化、親方日の丸、羊のような集団・・・
なんと言ったらこの情けないボジョレヌーボ騒動が終わらないのだろうか?

武田邦彦






明日、2013年11月21日はボージョレー・ヌーボーの解禁日です

基本的なおさらいですが、ボージョレーヌーボーとは
その年に収穫された葡萄を使い、フランス・ブルゴーニュ地方のボジョレ地区で作られる新酒ワインのこと

同じ品種の葡萄を使って同じような作り方をしたワインでも、ボジョレ地区以外でできたワインを
ボジョレヌーボーと呼んではいけないことになっているんだとか


お隣の国ではフライングをして昨日から売り出しているみたいですが
ボージョレ・ヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日です
今年も多くの日本人がマスコミに踊らされて飲むのだと思います
それにしても世界の約半分の46%も輸入(2007年実績)していたとは驚きです

以前は私も流行りに任せて買ってましたが
正直、とびきり美味しいわけでもなく、しかもそんなに安くないので
いつからか買うのを止めました

日本は何でもかんでも こういったイベントに便乗してモノを売ろうとしますよね
ハロウィンだのクリスマスだのバレンタインだの・・・
お前ら何人か!って言いたくなりますね

そして、世界からは田舎者あつかいされているのかもしれませんね

ただ、こういったイベントで和気藹藹 楽しむのは嫌いでは無いのですが
国民の志向などがひとつに束ねられるような
マスメディアによるファッショは怖いものがありますよね
それにより、個性なし、個人の意思なし、集団主義、多様性なし、全員一致 ⇒⇒⇒ 気持ち悪い・・・

結果、B層形成

打開策はいつも言っていることですが


先ずは TV、新聞を止めることです








テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

No title

iphoneが日本が一番売れているというのも情けないですね。一時韓流がブームになりましたが、日本のおばちゃんはいまだにはまっているかもですね。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。