FC2ブログ
02 | 2020/03 | 04
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

福島県庁の食堂の放射線検出限界1ベクレル、学校給食は10ベクレルなのはなぜか?

2012.10.26 06:02|原発・放射能・原子力
ベストワーストさnより転載


福島県庁の食堂の放射線検出限界1ベクレル、学校給食は10ベクレルなのはなぜか?


■福島県県庁の食堂と学校給食の放射性セシウム検査
2012年10月10日にアップされた福島県庁の食堂と、同県内の学校給食における放射性セシウム検査についての文書が大きな反響を呼んでいる。

1dea82eb-s.jpg
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
福島県庁の食堂の放射性物質の検査の検出限界値は『1ベクレル』ですが、子どもの学校給食(福島市)の検出限界値は『10ベクレル』だそうです。あべこべです。あまりにもふざけた話で頭に血が昇って言葉になりませんので、コメントは差し控えて(激怒 pic.twitter.com/GJ0kJPv1
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


この文書にあるように福島県県庁の食堂では検出限界が1ベクレル/kgの機器を使用しているのに対し、学校給食では10ベクレルを検出限界としているのである。

これに対し、ネットでは怒りのツイートを行っている人が続出している。

3efae6f35c9c4717b33b28be0e2ce4d2.jpg

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
福島県庁の食堂の検出限界値は 『1ベクレル』 子どもの学校給食(福島市)の検出限界値は 『10ベクレル』子どもは、放射線の影響を受けやすいから大人の10倍は厳しくすべきところを福島県は・・・学校給食の検出限界は0.1ベクレルが妥当です

子ども達に「食べて支援」を押し付ける農水省: ツイッターより TVでは放送できないこと@hosodekinai福島県庁の食堂にこう書いてある。「県外産の食材を使っています。」「1」ベクレル以内です。そして、全国の学校給食には... http://bit.ly/TZtGft

ほんっと、腹たちますね“@1radi2: 福島県庁の食堂の下限値は1ベクレル、福島市の給食の下限値は10ベクレル http://mifumiko.blog.fc2.com/blog-entry-590.html … #TEPCO #東電 #原発 #genpatsu #反核燃サイクル #廃炉 #原発マフィア #放射能 #反原発 #被曝

信じられないけど本当なら既に罪人でしょう。RT @shinejay 福島県庁の食堂の放射性物質の検査の検出限界値は『1ベクレル』ですが、子どもの学校給食(福島市)の検出限界値は『10ベクレル』だそうです。あべこべです。あまりにもふざけた話で頭に血が昇って言葉になりません。

残虐なり。“@hosodekinai: 福島県庁の食堂にこう書いてある。「県外産の食材を使っています。」そして、全国の学校給食にはこう書いてある「被災地の知事が安心といっています。皆で被災地の食材をつかって応援しよう!by農水省」世の中、安易に信じてはいけない。”

返事待ち マダァ-? (・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン 真実ですか? RT @niwayamayuki @hosodekinai 福島県庁の食堂にこう書いてある。「県外産の食材を使っています。」そして、全国の学校給食にはこう書いてある

全く信用できないが、写真とかあるの? RT 福島県庁の食堂にこう書いてある。「県外産の食材を使っています。」そして、全国の学校給食にはこう書いてある「被災地の知事が安心といっています。皆で被災地の食材をつかって応援しよう!by農水省」世の中、安易に信じてはいけない。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


まず、公開されている文書の画像には、以下のように書かれている。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
福島県消費組合は、県庁食材において使用する米、野菜等の食材について、市場に流通しているものは安全が確保されているとの考えのもとに仕入を行い、食事を提供しております。
」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」


県庁食堂で「県外産の食材」を使用しているとは書かれていない。


■福島県庁に電話取材した結果
この件に関して福島県庁に電話取材を行った。

やはり、反響が大きく多くの電話がかかってきているとのことである。

まず、県庁職員はこの件について「県庁食堂」と「学校給食」で検査方法が異なるものを同列に並べて批判している誤解であると説明した。

まず、学校給食は「材料の時点」で検査を実施しているということである。一方で県庁の食堂は「出来上がった食事」に対し検査を行っているのである。

逆に言えば、出来上がった食事で検査している県庁食堂は、市場に出回っている食材を安全という前提で食事を作っている。検査をしていない。

流通している食材が10ベクレル以上であっても使用されるのだ。チェックを行っていないからだ。

これでも、調理仕方によっては、調理後の量が増えて1ベクレル未満になることは考えられる。

少なくとも単純に「1ベクレル対10ベクレル」という比較はできない。


■学校給食の時間と予算の制約
また、学校給食は提供する時間が決まっており、複雑な操作が必要な検出機器が使用できないという事情があるという。

自治体によっては学校ごとに給食室があり調理を行っており、高価な危機を購入する予算もないということだ。

福島県としては限られた時間、予算の中で出来る中で、学校給食の安全を確保しているということである。また、自治体レベルでは出来上がった給食は1ベクレルを限界値として専門機関で検査を行っているとのことである。

材料の時点でチェックし、出来上がった食事でも検査しているわけであり、「学校給食」が「社員食堂」に比べおざなりなチェック体制にあるということは言えないのである。

時間と予算という制約はどのようなモノにも存在する。その制限が無いものなどない。その中で出来ることをやってるかどうかが問題である。

福島県の「県庁食堂」と「給食」の問題は明らかにネットの過剰反応であると思われる。

放射能汚染に関してはもっと深刻なことが山ほどあるのだ。


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント