07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アトピーの本当の原因について

2013.02.01 06:27|健康・病気・医療
アトピーを3ヶ月で治す方法さんより転載


アトピーの原因と対策要約">アトピーの原因と対策要約


1.アトピーの原因とは
  
 一般的には原因は体質であって、アレルゲンに触れることによって発生すると言われています。ところが、そのような体質は現実的には存在しません。遺伝子は両親から正しく引き継がれるので、確率的にはおじいちゃんの代までアトピーの家族がいなければ、アトピーの子供は(突然変異でもない限り)生まれないわけです。ですが現実は大きく異なることを皆様はよくご存知だと思います。
蛇足ですが、医師(医学会)は原因や治療法ががわからない(もしくは医師会でオーソライズされない)場合、原因は体質だといいます。これは原因としてどんな疾病にも通用するからです。言葉の遊びです。彼らの論法でいけば風邪をひくのも体質が原因だといえます。だって同じような環境で生活していて、風邪をひく人もいればひかない人もいるわけで、
風邪をひかない人もいることを理由に風邪をひいた人の原因は体質だと言える訳です。原因を追究するにはまず”体質”などという言葉の遊びから脱却することが必要です。

また、アレルゲンが原因というのもおかしな話です。巷の皮膚科ではアレルギーテスト(RIST/RAST)でIge抗体値と特定のアレルゲンに対する反応を見たりします。そこで、ダニだのハウスダストだのに通常の10倍も過敏だから取り除きなさいという指導がされます。ところがあの血液検査に出ている数値を合計してもIgeの合計値よりもはるかに低い数値にしかなりません。Ige抗体値が高くなっている原因は他にある、即ちアレルギーテストでは原因を特定できないことのなによりの証拠です。それに、ダニやハウスダストが真の原因なら昔はアトピー患者が存在しなかったという事実の説明がつきません。昔のほうがずっと環境が悪いですから。

アトピーの原因を追究すると免疫のことも調べなければならず、真の原因を把握するのには苦労しました。いろんなHPを調べたのですが、医師でさえもあいまいな記述をしていたり、もっとひどい場合は肥満細胞の話まで持ち出して、知識をひけらかして力説する割には肝心の免疫の働きに間違った記述をしていたりするからです。というわけで色々調査した結果、今のところパーフェクトと思われる原因を述べます。
 

1.まず、農薬漬の野菜や、薬物漬にされた
  豚や鳥の肉など汚染された食べ物(分解されにくいたんぱく質)
  を食べるとします
2.通常はアミノ酸等に分解され、分解されて不要になった分は
  排泄されることになります。
3.消化器官が弱いと分解されずにそのまま腸に来ますが、
  異物であるたんぱく質は腸の粘膜からは吸収されず、
  これまたそのまま排泄されます。
4.ところが腸の粘膜が弱っていると、
  異物をそのまま吸収してしまいます。
5.このとき異物が体内に侵入したとしてTh2(正しくはヘルパーT細胞といいます)が活性化し、
  サイトカインを出しIge抗体の生産を促します。

Baidu IME_2013-1-19_10-27-57

6.こうしてどんどん異物が蓄積され、Th2はますます活性化します。
  すなわち異物がいつ来るかと待ち構えているわけです。
7.こうして臨戦態勢を整えているところに、
  肌の弱い部分がダニやハウスダストなどのアレルゲンに触れると、
  (本当の原因はすでに取り込んでしまった異物にあるのに)
  これが原因とばかりに武器であるIgeを大量生産し
  ここで戦い始めてヒスタミンを放出して湿疹を起こすわけです。
8.花粉症の場合は、自分の体が臨戦態勢にあるときに運悪く
  花粉を吸ってしまい、体がこれを敵だとみなしてしまって鼻で大爆発した結果発病します。

従って真の原因は汚染されて分解されにくいたんぱく質であるといえます。(言い換えれば、取り込んではいけないたんぱく質を分解も排泄もせず取り込んでしまう消化器官にあります)

花粉やダニはTh2に生産を促され、Ige抗体が一気に戦いに入る引き金に過ぎないわけです。また、いかなるたんぱく質も抗原になりうるわけですから、根本的な治療をしない限り、ダニを取り除いた環境で暮らしたとこで、Th2が不活性化することも、Ige抗体が減少することもなく、(多少は減少しますが)今度は別のアレルゲンに反応するということは容易に予測できるわけであって、根本的な原因を抑えていないとアレルギーマーチに代表される永遠の戦いに突入してしまうのです。高額のアトピーグッズを買って、少し良くなって、まただんだん効き目がなくなってきてまた別のものに手をだすというのは典型的な例です。

だから、食べ物だけに気を使えばいいかというとこれがまた違っていて、厄介です。例えば塩素成分(殺菌が目的です)の多い水道水を飲んだりその風呂に入っていたりすると、体内の善玉菌まで減少してしまって結果的に異物を吸収しやすい体になってしまいます。また、大気汚染によって汚染された花粉や埃など(汚染されたたんぱく質)さらされていると、ますます体は臨戦態勢をとってIge抗体値を高めてしまいます。
                                 
長く書きましたが、真の原因は、汚染された食物、水、空気なのです。要するに環境です。ですから、直す方法は次の2つの方法のうちいずれかを実現することが必要です。
1.汚染された食物を摂らず(天然物の魚や無農薬野菜しか食べず)、
  塩素を含まないきれいな水を飲み、きれいな風呂に入り
  空気がきれいなところで生活する
2.汚染された環境で生活しても汚染物質を体内に取り込まない
  屈強な消化器官や皮膚や粘膜をつくる。

ちなみに1については医師をはじめ多くの方が認めているところです。海外に長期滞在しているとアトピーが治るというのが良い例です。また、”完治”を目指すなら食物、水、空気のすべての条件が揃っていないといけません。無論、食物を改善するだけでも”効果”はあるのですが、”完治”には及ばないと理解下さい。こうして考えると1の方法は一般人にはまず無理ですから、我々には2の方法しかないわけです。また、現実、アトピーがひどくなっていると、体を屈強にするなどと悠長なことを言っていられなくて、とにかく外面を何とかしたいわけです。
ですから、アトピー治療は
・原因はともかく湿疹を早く治す
・消化器官と皮膚を改善する
を同時に実行していく必要があります。


閑話休題
 よくHPで医師や民間療法の方が原因は水だとか、汚染物質だとか言ってだから私の発明したXXX食品を食べないといけないとか、だから私の漢方を飲む必要があるなどとすぐ商売に走っている姿を見かけます。こんなのだめなんですよね。彼らは水とか食物とかにしか着目していませんから。(本当の治療法を知っていても儲けるために隠していますから)ここまで読んでいただいたらお分かりのように短期間で治そうと思ったら、水だけとか食物だけとか1点を改善するだけではなく、全部同時に実行する必要があるのです。私は医者ではないから事実を覆い隠しても仕方がないので治療法を全部公開してしまいます。


2.アトピーの対策について
 上記の通り
  ・とりあえず皮膚を修復する
  ・異物を取り込まない体を作る
 を同時に実行する必要があります。
 大まかには以下の通りです。
 それと今まで書き忘れていましたが、当方が提案する治療法は
 ステロイド、抗アレルギー剤、保湿剤は一切用いません。

 皮膚修復の手法として
  ・皮膚の消毒実行
  ・適切な軟膏の塗布
  ・塩素成分を除いた入浴
  ・汚染外気の遮断

 消化器官強化の手法として
  ・腸の善玉菌保持
  ・便通の改善
  ・胃の強化
  ・活性酵素の除去

があります。それぞれの詳細は別のページで述べます。時間の関係から工事中のページがありますがどうぞご覧下さい。あと今後自分の治癒過程も記す予定ですのでどうぞご期待下さい。



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。