FC2ブログ
02 | 2020/03 | 04
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ファスト・フードが子どもの喘息やアレルギーの増加に関連 国際共同研究

2013.01.31 06:01|健康・病気・医療
農業情報研究所さんより転載


ファスト・フードが子どもの喘息やアレルギーの増加に関連 国際共同研究



「子どもの喘息とアレルギーの国際研究」と題する大規模国研究の一環をなすファスト・フードに関する研究が、バーガーをはじめとするファスト・フードを常食とする若齢のティーンエージャーは、厳しい喘息や湿疹に罹りやすいことを明らかにした。

 51ヵ国32万人ほどの13-14歳のティーンエージャーと、31ヵ国18万人ほどの6-7歳の子どもが参加したこの研究によると、週に3回以上ファスト・フードを食べるティーンエージャーが厳しい喘息に罹るリスクは40%近く高く、同じく6-7歳の子どもでは厳しい湿疹や鼻炎に罹るリスクが27%増える。ただ、週に3回以上果物を食べると、これらのリスクはそれぞれ11%、14%減るという。

 ファスト・フードとこれらの疾患の厳しさには、ファースト・フードに含まれる高濃度の飽和脂肪酸、トランス脂肪酸、塩分、炭水化物、唐、そして恐らくは保存料が関係しているのではないかという。

 Do fast foods cause asthma, rhinoconjunctivitis and eczema? Global findings from the International Study of Asthma and Allergies in Childhood (ISAAC) Phase Three,Thoraxx Online First,13.1.14
http://thorax.bmj.com/content/early/2013/01/03/thoraxjnl-2012-202285.short?rss=1(abstract)





 

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント