07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国、北京の大気汚染が幻想的なくらいヤバい!

2013.01.31 13:30|健康・病気・医療
中国、北京の大気汚染が幻想的なくらいヤバい!






ensoku2ch

公開日: 2013/01/24

・1月22日、23日の2日間、北京はひどいスモッグに覆われ、霞がかかったような状態になった。22日明け方、北京東部は靄がかかり、高所から俯瞰するとまるで夢の中の­街のように、ぼんやりとぼやけ霞んで見えた。
 濃霧は地上から100メートルの高さまで覆っていた。どれほどのPM2.5がこの町を弄っているのだろうか。
 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2013年1月24日

 PM2.5について
 直径が2.5μm以下の超微粒子。微小粒子状物質という呼び方もある。大気汚染の原因物質とされている浮遊粒子状物質(SPM)は、環境基準として「大気中に浮遊する粒子­状物質であってその粒径が 10μm以下のものをいう」と定められているが、それよりもはるかに小さい粒子。
 PM2.5はぜんそくや気管支炎を引き起こす。それは大きな粒子より小さな粒子の方が気管を通過しやすく、肺胞など気道より奥に付着するため、人体への影響が大きいと考え­られている。
 代表的な微小粒子状物質であるディーゼル排気微粒子は、大部分が粒径0.1~0.3μmの範囲内にあり、発ガン性や気管支ぜんそく、花粉症などの健康影響との関連が懸念さ­れている。
 
www.eic.or.jpより

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。