09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェイン、珈琲で心臓注意

2013.02.07 06:55|原発・放射能・原子力
木下黄太のブログさんより転載


「バス待ちの間に逝った」「乳搾りしていて逝った」チェルノ突然死との類似。カフェイン、珈琲で心臓注意。


東京有名神社のご子息が、落ち葉の掃き掃除をしていて、心臓の突然死をなされたことについて、野呂美加さんにお伝えしたら、興味深いチェルノブイリでの突然死のディテールとコーヒー(カフェイン)への注意がきました。これは、参考になる話なので、そのまま転載いたしますね。

====================================================

 もろチェルノ話ですね。私たちも、「牛の乳しぼっっていると思ったらそのまま逝っていた」とか、「バスを待っている間に逝った」とかそんな感じです。毎年、若い人から突然死していました。

 当初は、「カローシ」(日本の言葉)も飛び交い、残業も働き過ぎもないのに?とにかく突然死するなんてねぇ、と呑気に話していました。事故から6~7年後ぐらいはそんな不思議現象として、会話していたのを覚えています。
 あの人達、すごい太っているからなのか、最初は、区別がつかなかったのです。数字がどんどん積み上がってきて、子供達の心臓に穴がいっぱいあいているという話を聞いて、だんだんと、ああそういうことなのかとわかってきたようなものです。
 だから、小さな穴があいている子が多いから徴兵に行かない子も増えています。
 それに、カフェインをとると心臓が痛くなるといっていましたので、みなさんに注意をうながしてあげてください。
 大人になってもコーヒー飲めない、のんだから心臓の周辺がいたいと。

心臓の異常は、子供達の高血圧が発見されて騒いでいました。家族関係も全部調べていました。日本のレベルの低さに驚きます。
遺伝ではない、地域の子どもに高血圧が起こっている、という話と、太り気味というか太っている人が、ころころ心臓死していくのと、病院はてんこもりだったように思います。

======================================================

 カフェインの過剰摂取は、高血圧、心臓病、癲癇などの方にはもともとダメです。僕は、ガラナを何回か飲んだことがあって、これを飲むとほんとに眠らなくなりますし、疲れ知らずになりますが、心臓への負荷があきらかに過剰にかかっているのが分かり、危険だなと思い、それ以後ほとんど飲んでいません。

 ガラナは、コーヒーの数倍のカフェインが含有している場合が多い飲料です。だから、顕著にわかりましたが、コーヒーでも一定量のカフェインはあり、弱いそうした反応はあります。

 そして、そのようなコーヒーでも、心臓に影響が与える事例が、チェルノブイリで見聞きする話を聞くと、こうしたことには注意を促したほうが良いと思います。被曝している自覚がある人は、高血圧になっているのと同じことですから、高血圧症状でやってはならないことを避けるのは、実は効果があるということでもあります。 その意味で、血圧の薬を飲み、コントロールを常時している群の方が、何にも感じていない人よりも、実は放射性物質に起因する可能性がある突然死に対処可能かもしれません。

 こうした点で、野呂さんにも僕にも、共通感覚として、ビタミンをきちんととること、安全で新鮮な果実を、きちんと食べることは大切だろうという点で、一致しています。もちろん、恒常的にうまく、果実を取れない人は、ビタミン剤(特殊なものでなく、通常の市販品)での摂取しかないですが、汚染されていない果実をきちんととり続けることは、被曝への対処として、やり続けるべきことだろうと思います。これは、軍事的な情報源に近い線ほど、ビタミンに触れているケースが多く、実際にチェルノブイリでもおこなわれていることだからです。しかも、安価にどの人も対応可能な内容の話ですから。

後略



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。