FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

セシウム入り食品販売を小売店に強制 森担当相

2013.02.07 07:08|原発・放射能・原子力
とある原発の溶融貫通(メルトスルー)さんより転載


セシウム入り食品販売を小売店に強制 森担当相



小売店に福島県産品販売を強制

自由民主党の森雅子少子化担当相は「福島民報」のインタビューに答える中で、福島県産品を販売するよう小売店に強制する法律などの制定を検討する考えを示した。同大臣は福島県出身で、消費者庁も担当する。

2dbd0236.jpg


「風評被害」対策を法制化

福島第一原発事故により、県内が深刻に汚染された福島県では、県産農産物などの販売に影響が出ている。セシウム含有量100ベクレル/kgを下回る食品は、販売されているが、その他の商品も「風評被害」によって敬遠されるため。

森少子化担当相は2日までに、地元「福島民報」の新春インタビューに答えたが、その中で、「安全が確認された」農産物や工業品などの販売促進について、法制化する方針を明らかにした。


営業の自由侵害は憲法違反

この法律では、福島県産品を店頭で販売する店舗を優遇するとともに、同県産品の販売を小売店に対して強制する、という。

「安全が確認された」商品が対象だというが、具体的な基準は食品であれば100ベクレル/kgを下回っている、とされているだけにすぎない。

検査漏れの可能性や、99.9ベクレル/kgの食品を食べ続けることが、子どもの健康にどういう影響を及ぼすか、民主党政権下で作られた現在の規制、流通体制についての検討はなされていない。実際、100ベクレル/kgという基準については、国際的に「危険」とする異論も多い。

また、商店に福島県産品の販売を強制すれば、憲法22条1項で保障されている「営業の自由」を侵すことになる。初入閣に際し、地元にいい顔をしたいのはわかるが、弁護士出身の政治家なら、憲法の重要性は理解できるはずだ。

外部リンク

◆福島民報
http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/

◆森まさこ wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/森雅子

◆JA全農福島
http://www.fs.zennoh.or.jp/

(税金と保険の情報サイト)
=========================================

汚染されたものを販売する法律を作って,「風評被害」をなくせるわけないじゃないですか。

「汚染の低いものを作りましたので,信頼を取り戻せるまでの間,なんとかお店に置いていただけないでしょうか?」と言うべきでしょう。

一体どういう思考回路してるんだろ。森担当相。

「├┬食べて応援すべき?」カテゴリの最新記事

●セシウム入り食品販売を小売店に強制 森担当相

●「県外産の食材を使っています。」by福島県庁(その2)
●「食べて応援しよう!」 twitterの検索結果
●「県外産の食材を使っています。」by福島県庁(その1)
●相変わらず「子供に被曝」の川崎市長



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント