07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線が慢性腎臓病に影響

2013.02.12 05:57|原発・放射能・原子力
中国新聞さんより転載


放射線が慢性腎臓病に影響


被爆者のうち、浴びた放射線量が多い人ほど慢性腎臓病を患うリスクが高まることが、放射線影響研究所(放影研、広島市南区・長崎市)の研究で分かった。慢性腎臓病は放っておくと腎不全となるほか、心筋梗塞脳卒中になりやすくなる。放影研によると、慢性腎臓病と被爆線量との関連性が分かったのは初めてという。

 長崎研究所の世羅至子(のぶこ)研究員たちが、2004~07年に放影研の健康診断を受けた長崎の被爆者1040人のデータを調査。このうち被爆線量が推計できる746人を対象に、腎機能障害の有無と被爆線量の関係を解析した。

 その結果、被爆線量が多い人ほど慢性腎臓病にかかる傾向があった。計算上では、被爆線量が1シーベルト増えるごとに、発症するリスクは1・29倍に、重度になるリスクは3・19倍に高まる。

 746人のうち慢性腎臓病の患者は162人で、このうち重度の患者は13人だった。


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。