FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

刑務所で相次ぐ、健康不良、死亡-1年前から予言していたアサツーディ・ケイの報告書

2013.02.16 05:23|原発・放射能・原子力
院長の独り言さんより転載


刑務所で相次ぐ、健康不良、死亡-1年前から予言していたアサツーディ・ケイの報告書



今までほとんど見られなかった刑務所での死亡が報告されるようになってきました。

●福井刑務所で受刑者死亡 病死か

2013年2月11日 西日本新聞 19:36 カテゴリー:社会
 福井刑務所(福井市)は11日、60代の男性受刑者が死亡したと発表した。同刑務所によると、腎疾患があり、病死とみられる。

 10日午前9時25分ごろ、刑務所で検診した看護師が受刑者の呼吸が弱く、呼び掛けへの反応が鈍いことに気付き、市内の病院へ搬送。透析治療をしたが容体が悪化し、11日午前2時半ごろに死亡が確認された。

 同刑務所は福井地検と福井南署に通報。目立った外傷はなく、司法解剖して死因を詳しく調べる。



●網走刑務所 相次ぐ病死 1カ月で3人「異常」 3年前から常勤医不在

北海道新聞 どうしんウェブ(02/05 10:38)
 【網走】網走市の網走刑務所(川村宣公所長)で、受刑者の病死が相次いでいる。昨年以降7人が亡くなり、このうち3人は年明けの1月に集中した。網走刑務所では3年前から常勤の医師がおらず、本来必要な医療体制をとれていない。連続する病死との因果関係は不明だが、法務省は「1カ月間に3人が亡くなることは異常だ」として、受刑者の健康管理に細心の注意を払っている。

 1月22日夕方。網走刑務所の50代の男性受刑者が「熱っぽい」と言い出した。体温は38・7度。氷枕が渡されたが、23日朝になっても、めまいや下痢に見舞われた。看護師資格のある刑務官らがいる医務課を通じて、電話で症状を伝えられた非常勤の医師は、風邪と判断して薬を与えるよう指示。昼すぎ、男性が息苦しさを訴えたため網走市内の病院に搬送され、24日未明に急性肺炎で死亡した。男性はもともと呼吸器系の疾患があったという。

 1月30日に死亡した別の50代の男性受刑者は、亡くなる6日前にのどの痛みを訴えた。翌日、非常勤医の診察を受けて薬を処方され経過観察を指示されたが、4日後に病状が悪化。搬送先の病院で急性肺炎で死亡した。

 2人を含め、昨年4月以降に死亡した7人の死因はさまざま。刑務所内で不調を訴えるなどした後、搬送先の病院で亡くなった。



●熊本の税務調査情報漏えい:国税法違反罪の岩城被告が死亡 拘置支所で心筋梗塞 /

熊本毎日新聞 2月7日(木)14時22分配信
 八代税務署職員が税務調査情報を漏らしたとされる事件で、情報を聞き出したとして国税通則法違反教唆罪で公判中の自営業、岩城正一被告(52)=八代市新地町=が6日、熊本刑務所京町拘置支所で死亡していたことが同刑務所への取材で分かった。死因は急性心筋梗塞(こうそく)と見られるという。



●トリカブト事件で服役中に病死 神谷力受刑者、73歳

 「トリカブト殺人事件」で殺人罪などに問われ無期懲役が確定し、服役中だった神谷力受刑者が昨年11月に大阪医療刑務所で病死していたことが12日、関係者への取材で分かった。73歳だった。
スポニチ[ 2013年2月12日 18:13 ]




●〈ニュースを問う〉 富山刑務所の受刑者死亡

中日新聞(2012年11月18日)
 富山市の富山刑務所で2月、70代の男性受刑者の病状が急変して死亡した。弁護士らでつくる第三者委員会は、医学知識のない職員による救急搬送の判断などをめぐり「不適切な点がある」と指摘した。背景には常勤医のなり手不足もあり、死亡した経緯の検証に加え、刑務所医療の担い手確保に向けた対策を進める必要がある。
 ざっと見ただけでこれだけ。



そして、軽微な病気としてはさらに多くなります。

●大阪刑務所で集団食中毒 1074人が症状訴え

●堀江貴文受刑者が激しい「血尿」で苦しんでいる 2012年1月14日土曜日

アサツーディ・ケイの被曝に関する報告書は、
原発工作員アサツーディ・ケイの報告書に見る「正しい」Q&Aの書き方で紹介いたしましたが、
この報告書の150ページに恐るべき内容が掲示されています。

●報告書

2013021201-thumbnail2.jpg

Q53:
刑務所では放射性セシウムに汚染された食品ばかりが出され、そのために心筋梗塞でたくさんの受刑者が亡くなられていると聞きましたが本当でしょうか。
A:
全国各地の刑務所は厳密には刑務所、医療刑務所、社会復帰促進センターの3種類がありますが、食品の仕入れ先業者は管轄している法務省矯正局による公開入札によって決められています。刑務所への食品等物品の仕入れは、法務省矯正局から調達が公示されて、業者が応札して、決定されます。また、入札情
報は公開されているため、それぞれ矯正施設毎の調達情報は官報、ホームページ等で確認できます。
放射性物質を含む食品は、食品衛生法に基づく暫定規制値未満の物しか食用に供することができないため、その流通は厳格にモニタリングされており、入札業者は放射性物質のモニタリング検査を受けて市場に流通している食品を刑務所に納入していることになります。このため、刑務所で暫定規制値を超えた食品が使われているということはありません。
なお、放射性物質が含まれる食品の摂取による内部被ばくと心筋梗塞の因果関係については国際的に認められていません。



 背筋が震え上がるとはこのことではありませんか?

そもそも、このアサツーディケイの報告書が書かれたのは、平成24年3月の話で、上記で述べたような心筋梗塞の増加など一般のニュースにすらなっていません。それなのにわざわざ、このような質疑応答でとりあげる。これをやぶ蛇と言わずして、何というのでしょう。そして、最後の一文に日本政府の立ち位置がびしっとかかれています。「食品による内部被曝の健康被害は一切認めない」食べて応援をして、調子が悪くなったとしても、自業自得なのです。

◆関連ブログ
原発工作員アサツーディ・ケイの報告書に見る「正しい」Q&Aの書き方2012年11月16日

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント