FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

福島の子どもに高血圧症 中1年生で9倍に増加!

2013.02.28 12:20|原発・放射能・原子力
とある原発の溶融貫通(メルトスルー)さんより転載


福島の子どもに高血圧症 中1年生で9倍に増加!



140mmHg超が前年の9倍に

福島県が行った県民健康管理調査で、子どもの高血圧症が増加していることが判明した。2011年には中学1年生で、最高血圧が140mmHgを超える子どもが、前年に比べ9倍に増えていた。

f20dd359.jpg


小児生活習慣病予防検診を比較

福島県では、福島第一原発事故の影響を監視するため、県民に対する健康管理調査が実施されている。13日に開かれた第10回「県民健康管理調査」検討委員会では、「平成23・24年度県民健康管理調査「健康診査」の実施状況について」とする資料が配布された。

同資料には、子どもの健康状態を過去と比較するデータも記載されている。「過去に行われた小児生活習慣病予防検診との比較」とする項目では、小学4年生と中学1年生について、2008年~2011年までのデータが並べられた。

それによると、収縮期血圧(最高血圧)で140mmHgを超える中学生1年生は、2010年には0.1%だったが、2011年には0.9%と9倍に増加していることが分かった。

拡張期血圧(最低血圧)では、90mmHg以上の小学4年生は2010年までは見つかっていなかったが、2011年には1.3%も現れていた。

セシウムで心筋、血管にダメージ

チェルノブイリ事故では、セシウムにより心臓の筋肉や血管に対するダメージが観察された。ウクライナでは5000ベクレル~15000ベクレル/㎡の汚染地域に住む子どものうち、55.2%に早期のアテローム性動脈硬化症状がみられている。

この症状は血管に粥(かゆ)状の老廃物がたまって、血流が悪くなるもの。通常は中高年以上の成人が発症し、高血圧の原因にもなる。

摂取したセシウム137の総量と血圧が相関関係にある、とする報告もあり、現在も放射性物質の放出が続く中、高線量地域に住む子どもたちの健康が心配される。

外部リンク

◆平成23・24年度県民健康管理調査
「健康診査」の実施状況について
http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/

(税金と保険の情報サイト)
=========================================

低線量被曝は安全とか言ってる御用学者の連中には,是非とも責任追及したいところですね。

彼らを黙らせないと,避難すべきところにいる人がその必要に気付きにくい。



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント