FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

不気味 福島県飯舘村で男の子が生まれない

2013.03.01 17:50|原発・放射能・原子力
税金と保険の情報サイトさんより転載


不気味 福島県飯舘村で男の子が生まれない



事故以来、女児の半分

福島第一原発事故で高レベルに汚染された福島県飯舘村で、男児の出生率が極端に減っている。2011年12月~2013年1月までの出生数は、女児36人に対し、男児18人と半数にとどまる。

0df86f351891ea3f6fd42829549852bd.jpg


深刻な被ばくを受けた村で

飯舘村は福島第一原発から北西に約40kmの地点にある。2011年3月に発生した福島第一原発の事故では、風向きにより大量の放射性物質が降下したが、当初の避難区域に指定されていなかったため、住民は深刻な被ばくを受けた。

その飯舘村で、赤ちゃんの出生について異常事態が発生している。男女の出生比率に極端なかたよりがみられるのだ。福島県が発表している資料を集計したところ、2011年12月から2013年1月までに、女児が36人生まれたのに対し、男児は18人しか生まれていないことが判明した。

一般に受胎から出生までは265日強とされる。福島第一原発の事故は2011年3月14日なので、同年11月以降に生まれた子どもは、事故後に受胎した可能性が高い。

厚生労働省の統計によると、全国的な出生比率は、明治32年~2009年まで、一貫して男児の方が少し多く、女児が上回ったことは一度もない。


被ばくダメージが大きい男児

こういった現象について、説明的な情報を記載する専門家もいる。がん治療を専門とする「リンパ球バンク株式会社」のブログによると、女性に比べ、男性の方が放射線の影響を受けやすいという。

放射線によりダメージを受ける染色体は通常2本で1対になっているため、一方がダメージを受けても、もう一方をコピーすることで修復できる。性を決める染色体が、男性では「X・Y」と対になっていないため、「X・X」の女性に比べ、修復力が弱くなる。

同ブログでは放射線により「男児が生まれにくくなった」とする研究者の体験談を掲載している。

大学でも放射性物質をしょっちゅう扱っていましたが、研究室の卒業生で、女の子が生まれた話をきくことはあっても男の子が生まれた、という話はきいたことがありません。(リンパ球バンク株式会社ブログより抜粋)


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント