07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あの日から2年

2013.03.11 15:35|原発・放射能・原子力
MU(ムー)のブログ


あの日から2年



みなさん、こんにちは。
東日本大震災から丸2年が経ちました。被災地では犠牲者の冥福を祈る追悼式が
行われています。仮説住宅や借り上げ住宅で避難生活を余儀なくされている被災者
の数はなお31万人もおられるのが現状です。福島第一原発も廃炉が決まったとして
も道のりはまだ遠く、40年とも50年ともいわれています。

ご紹介する動画は震災の年にアップされたものなので、少々「?」の部分があるかも
しれませんが、日本人がひとつになった日々をもう一度思い出してみたくなりました。
もっと深く考えれば、日本だけでなく、世界の人々と「何かの想い」がつながった日々
ではなかったでしょうか。犠牲者のご冥福をお祈り致しますとともに、原発事故の収束
のために懸命になって働いてくださった方々にも、改めて感謝申し上げたいと思います。







診療で気づかされた東北人の強さ 国際支援チームの米国籍医師

dst13031100040000-n1.jpg

東日本大震災で各国から派遣された国際支援チームの中に米国籍の医師、
生原(いくはら)睦夫さん(50)の姿があった。平成23年3月28日付の本紙で
「母国、日本の力になりたい」と語った生原さん。支援活動を通じて心を動かされ
たのは「日本人、東北人の我慢強さ」だった。

生原さんは「アイク生原」の愛称で日米間の野球交流発展に尽力した昭宏氏の長男
として幼少時から米国で育った。長らく内科医として病院勤務をしていたが、2010年
ごろから「苦境に立つ人々に希望を持ってもらえるような活動をしたい」とボランティア
活動に身を投じた。

震災時に米国の緊急災害医療支援チームの一員として最初に訪れた宮城県東松島市
の避難所。家族を亡くした若い女性看護師が何十時間も休みなしで働いていた姿が
印象に残っている。

自分自身も悲しいであろう境遇の中、体調も心配だったので「大丈夫ですか」と尋ねると、
女性は毅然(きぜん)とした様子で「他の人の方がもっと大変だから。嘆いている時間は
ないんです」と気丈に答え、被災者の世話を続けていた。

「日本人は冷静で感情を表に出さないといわれるけど、他人への感情、思いを人一倍
持っている。自分を犠牲にしてでも奉仕する」

生原さんはその後も被災地をたびたび訪問。昨年12月には宮城県南三陸町の中学校に、
米ロサンゼルスの中学生がつづった励ましの絵はがきや手紙を届けた。
「あなたたちのことを忘れてはいない」。被災地の子供にこう伝えたいとの思いからだった。

生原さんは日本人に感謝しているという。「本当に苦しいときにこそ見せた、人間の『好意』
を見ることができてうれしかった。あのときの日本人の振る舞いを私は忘れない
              (産経新聞 2013.3.11)




テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。