07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【煙霧も放射能汚染!】首都圏襲撃の「煙霧」は4362ベクレルだった!

2013.03.22 09:56|原発・放射能・原子力
ベスト&ワーストさんより転載


【煙霧も放射能汚染!】首都圏襲撃の「煙霧」は4362ベクレルだった!



■草加市で測定された砂ぼこりが4000ベクレル超え
2013年3月20日、「日暮里放射能測定所-にっこり館-」が3月10日に首都圏を襲撃した「煙霧」の砂ぼこりが4000ベクレルを超えていたことをツイートした。





先日の関東を襲った煙霧(砂埃)について、草加市の路上で採取したものを測ることができました。結果:4362Bq/kg(2976,1386) となり、高い数値を記録しました。汚染は決して消えません。改めて警鐘を。




煙霧は3月10日に東京をはじめ首都圏全域を襲い、空を黄色くし、ネットを騒然とさせた。


732c098b5201e7cda27d2df30a24b4fc.jpg


「日暮里放射能測定所-にっこり館-」のツイッター公式アカウントによると、埼玉県草加市で採取した砂ほこりが1キログラム当たり4362ベクレルを計測したとのことである。

■首都圏地表の放射能汚染

煙霧とは地表の土ぼこりなどが強風により舞い上がる現象である。

つまり、首都圏の地表がかなりの濃度で放射能汚染されているということになる。

3月10日、ネットでは「PM2.5だ!」、「黄砂だ!」と騒然となっていた。

結局、「煙霧」は首都圏における地表の汚染が危険レベルであることをあらためて証明した結果になったようだ。

強風の日は放射線量が上昇することは以前から指摘されていた。

実際に福島県でも強風の日は線量計測値が跳ね上がる傾向にある。


f514936c9a355daf3861902328805ede.jpg


同アカウントは、「汚染は消えない」としてあらためて注意を呼び掛けている。






テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。