FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

タバコは”百害あって一利無し”って本当?~③いったい何が有害なの?

2012.01.01 00:00|健康・病気・医療
大切なものを大切に☆彡さんから転載

一言に、タバコは肺がんの原因になるから・・・とばかり強調して異常としかいえないほど禁煙を煽ってるけど、そのタバコのいったい何が(どの成分が)有害なのか?
やたら嫌煙権主張してる人たちの中に答えられる人が果たしているだろうかw

ニコチン? タール? ベンツピレン? ダイオキシン?・・・

①ニコチンについて言えば、はっきり言って発ガン性など全く無いと言われてるもので、世間では常習性になると言われてる成分です。

けど、その常習性っていったい何?
長年喫煙してる人が、しばらくタバコやめると吸いたくて仕方ないだろうけど、刑事ドラマなんかでよく麻薬中毒者がそれを絶つ時に、全身脂汗流してもがき苦しんでるようなシーンがあるけど、そういうのでは全くありません!

そんでもってたとえば、肉、あるいはラーメン、コーヒー、お菓子、ケーキ、etc. なんでもいいけど、そういうのが好きでたまらない人に対して、それを何ヶ月間か辛抱しろと言って、簡単にやめられますか?
そう、タバコに限らず世の中有りとあらゆる物が常習性を持つと言えると思います。

常習性などと大げさに煽ってる正体というのは、ただ単に好きなものを簡単にやめられないというだけのことで、全てに共通することであって、そんなもん理由にもなんにもなるもんじゃないw

そしてこのことを知ってる人は少ないんじゃないかと思うけど、ニコチン自体、人間の体内において大脳や自律神経系の神経伝達に大変重要な働きをする成分であるということ!
アトピーや花粉症、自律神経失調症、アルツハイマーといった、近年急速に増えてきてるこれらの病気というのは、いずれも自律神経や免疫系に異常を生じてることによるもので、このニコチンを摂取することによってそれらが大幅に改善されるということは科学的に証明されてることです。
(少し文章書き換えました 2011.9.28)

煙が嫌だっていう人には、タバコ以外にもツクシやスギナなんかにもニコチン含まれてるので、そういうのを採ってきて食べたりお茶にして飲んだりとかもいいんじゃないかと思うし、実際そういうことを或るサイトに書き込んでみたところ、花粉症の人何人かがそれを試し、症状が大幅に改善したと言われてました♪
(スギナ茶は有名だし、ツクシ飴なんていうのも売られてるようです)

但し、ニコチンには一つ、注意を要する点もあるといわれています。
それは血管収縮作用で、タバコ吸う場合、こっちの方は頭に入れておく必要があるかと思われます。
ただ、あくまで血管を収縮させる作用であって、健康な人にとっては極端に本数増えなかってさえとくに問題ないわけで、コレステロールが溜まったりして動脈硬化になったりするのとは意味が違うわけで、言い換えれば、そういう普段の生活習慣から動脈硬化気味になってる人、高血圧の人、心臓・循環器系に問題あるような人にとっては、場合によって致命傷になりかねないわけで、そういう人たちはタバコ(ニコチン摂取)は控えるべきと思います。

とはいえ、たとえば牛肉等の食べ過ぎからコレステロールが血管にいっぱい付着してしまって、そこにタバコ吸って血管収縮したことによって重大な結果を招いたとして、それがタバコ吸ったからだと言ってタバコだけを悪者にしてしまってるのが今の世の中で、それを云々言うのであれば、そのような状態にしてしまった牛肉等の方が、タバコより以上にもっと大きな問題があるということなのに、牛肉とかに関しては、某国の思惑等もあってほとんど取り上げられることもないのが現実なのです。

もちろん牛肉は、単にコレステロールとかいっただけでなく、いろんな面で健康に非常に有害なものだというのは間違いないわけで、詳しく書くと長くなってしまうのであとは各自で調べてみてください。

さらには、某国あたりは、鯨やマグロなどは可哀相だから殺してはダメ!と言いながら、牛肉はどんどん食べなさいと言ってるわけで・・・

ニコチンにはこのように、血管収縮作用というマイナス面がある反面、このシリーズ①で書いたように、市販のどんな薬でも及ばない非常に優れた薬効が数多くあるわけで、血管・心臓等が健全な人の場合、量が過ぎさえしなければニコチン摂取することは健康面全体から見ても大変良いことと思われます。

②タールというのは、燃焼した後に残るいろんな成分の総称であって、一般に紙巻タバコには、湿潤剤・燃焼剤・防腐剤・香料等、大量の添加物が使われており、JTのページ(一番下にある「タバコ添加物リスト」をクリック)、その一覧を見ることできるけど、おそらくタール分はじめ有害物質の多くはそういった添加物によるものと思われます。
(なので本来ならば、タバコ自体を禁止等するのではなく、いろんな添加物を規制するのが筋!
但し、これら添加物の多くは、タバコに限らず一般食品にも使用されてる物なので、そういった食品を平気で食べてる人がタバコは有害などと叫んでることからしてバカげているw
この後③に書く発がん性物質ベンツピレンなんていうのも、肉や魚焼いた時に生じる量はタバコ600本分に相当する!)

中でもとくに問題とされてるのが砂糖類で、使われる添加物の中で量的にも最も多いんじゃないでしょうか?
これに関してたとえば、「医療殺戮」ユースタス・マリンズ著の中の一節に次のようなことが書かれてたようです。
・・・ロスチャイルド家の支配する米国と英国のタバコ産業界では、口当たりを良くして乾燥させるためにタバコに「砂糖」を使用している。英国のタバコは17%、米国では10%の砂糖が含まれている。ちなみに英国は肺ガン発生率が世界で最も高い
 (ロンドンのチェスター・ビューティー研究所の研究員である)リチャー・ドパーシー博士は、タバコに添加された砂糖がニコチンタールの中に発がん物質を発生させるのであり、空気乾燥したタバコではこの発がん物質は作られない、と結論づけた。

 博士が調査したところ、ソヴィエト連邦(現ロシア)、中国、台湾では、タバコが原因の肺ガン患者がみつからなかった。この3ヵ国で製造されるタバコはすべて空気乾燥される

未開民族は何千年もタバコを吸ってきたが、からだに何の不都合も生じなかったということである・・・

この後半部分に関しては、タバコが原因の肺がん患者ってのはどうやって判別するのかとか、これを読んだだけでは正直まだ半信半疑な面もあり、もう少し詳しく調べてみないとなんとも言えないけど、もしこれが事実だとすれば、すごい発見ということになります!
(なんにせよ、砂糖というのは加熱するとご存知のようにカラメルになるわけで、カラメルその物に関しても発がん性や変異原性など言われてるし、さらに加熱すればタールになるわけです。)

ちなみに、葉巻やパイプタバコの多くには、添加物はほとんど使われておらず、また紙巻タバコの葉は機械で乾燥させるのに対し、葉巻やパイプタバコの場合は天日乾燥させるようで、そのことがこの引用文中にも書かれてるわけで、その結果、紙巻タバコの煙は酸性になるので口中では吸収されないから肺まで吸うわけで、葉巻とかの煙はアルカリ性になるので肺に入れなくても口中で吸収されると言われています(なので葉巻はふかすだけで基本的に肺までは入れない)。

また最近は、紙巻タバコでも一部には、無添加を謳ってる商品も出ています。
(宣伝になっても問題なので、銘柄名書くのは差し控えておきますw)

あるいは、添加物というわけではないけど、日本で売られてる紙巻タバコの大半は米国産タバコ葉が使われていて、それには猛毒放射性物質「ポロニウム」が一本あたり約0.04ピコキューリー含まれてると言われています。

と、ここまで書いただけで、タバコ類を吸うにしても、どういった物を選択するのが良いかとか、大きなヒントになったんじゃないかとw

参考までに言っておくと、わたいは主にキューバ産(世界の三大葉巻と言われてるのが全てキューバ産で世界最高級品)のシガリロ・紙巻タバコ、インドの大衆葉巻ビ〇ィー(全て手作業で作られており、黒檀の葉で巻いてる中にタバコ葉がほんの少しだけ入ってて、どっちかいうと線香に似た香りがしますw ちなみに値段も安く、普通の紙巻タバコとほとんど同じぐらいながら、インドで買うと25本入りで1~2円程度だとかで、日本にやってくると税金等で何百倍もの値になってしまうようです^^;)、米国産無添加タバコ、中国産健康?タバコ(漢方薬草入りで、どこまで信用できるかはわからないけど中国内の大病院入院患者に実験してみた所、心臓病患者や気管支炎患者らに絶大な効果あったとか?)などを吸っています♪

とくにキューバ産は、プレミアタイプでなくても非常においしいです(^。^)y-.。o○

蛇足になるけど、キューバという国は、これも某国思惑によって悪の象徴のように煽られてるけど、もちろん大ウソ洗脳目的であって、そのうちまた書きたいと思ってるけど、実際は非常にすばらしい国・国民で、世界の理想国家といっていい国です!
(それでも某国による妨害工作等によって、貧しさを余儀なくされてますが)
その貧しい国にあっても、医療技術は世界トップレベルで尚且つ(日本ではすでに死語になってる)”医は仁術”を地でいっており、また食べ物も国を挙げて有機栽培に力を入れています。

③ベンツピレンは、タバコ中に含まれてる成分の中で、発ガン性に最も関係してる成分と言われてるけど、これに関して、コチラのページに、こんなことが書かれてました。

・・・この煙が問題である。肉を焼く時に発生する焦げや煙にも発がん物質であるベンツピレンが大量に含まれる。その量は500gの肉で煙草600本分・・・

焼肉屋、焼き鳥屋、うなぎ蒲焼等の店の前で、旨そうな香りがするなんて鼻をクンクンしてるような人たちは皆、猛毒をいっぱい吸ってるわけで、そんな人たちの中に嫌煙派の人間は一人も居ないんだろうか?
あるいは嫌煙派の人間は仏壇のろーそく・線香もあげないんだろうか?
もちろん、肉・魚焼いたコゲとかにもタバコの煙なんかよりはるかに多く含まれてるので、嫌煙派の人間や、健康上の理由を盾に禁煙を推し進めようとしてる議員や役人たちというのは当然、肉・魚類、あるいは野菜でも焼いた物は一切食べないということか?

もしそうでなければ、健康上の理由でタバコがダメだと言ってるのは、禁煙を強く訴えるためのもっともらしい口実作りに無理やりこじつけただけに過ぎず、本当は単にあの煙や臭いが好きじゃないだけということの証明になると思うw

④ダイオキシンは近年非常に問題視されてて、家庭でほんのちょっとのゴミや、庭・畑で抜いた雑草などを燃やすことすら禁止されるようになったけど、果たして本当にそれほどの猛毒なんでしょうか?

コチラのページあたりに詳しく書かれてる内容から、要点を簡単にまとめると、

ダイオキシンが猛毒だというデータを出したのが、モルモットを使った実験によるデータを用いたわけで、結論を言うとこのモルモットというのだけが、なぜか特異的にダイオキシンの影響を極端に受ける動物だったわけですw

ダイオキシンのモルモットでのLD50(実験の結果半数が致死に至る量)は0.6μg/kgで、これを人間の体重に換算して決められたのが安全基準のようなもんなわけながら、実はこのLD50の数値が、モルモット以外の他の動物ではどれも桁違いなわけで・・・

たとえば同じ齧歯目のハムスターではなんと5000μg/kgだし、犬では3000μg/kgなど、モルモットの何千倍・何万倍もの量でないと影響を受けないということがわかっています。
最近でこういった実験に使われるのは、たいていマウスかラットなのに、なぜに敢えてモルモットを使った実験データを用いたんでしょうねww

もちろん人間も例外ではなく、というより人間は犬やハムスターよりさらにダイオキシンに強いようで、
・・・今までに何度か事故などにより大量のダイオキシンがばらまかれたケースがありますが、これによる死者はほとんど出ていないのです。

最も顕著なケースは、北イタリアのセベソで起こった事故です。1976年7月、この町にある農薬工場で化学反応の暴走が起こり、推定130kgものダイオ キシンが噴出しました。これは周辺数キロの範囲に飛び散って17000人がこれを浴び、しかもまずい対応のために避難が始まったのは事故から1週間が経過 して、住民がたっぷりとダイオキシンを吸い込んでからになってしまいました。住民の血中ダイオキシン濃度は通常の2000~5000倍にもはね上がり、悲 惨な事態を予見してイタリアのみならずヨーロッパ一円がパニックに陥りました。

ところが驚くべきことに、22億人分の致死量(モルモットでの数値)のダイオキシンが狭い範囲に降り注いだこの事故で、死者は一人も出ていません。奇形児 の出産を恐れて中絶した妊婦もたくさん出ましたが、胎児にも特別な異常は見られなかったということです。出産に踏み切った女性たちの子供や直接ダイオキシ ンを浴びた住民たちはその後長い間追跡調査を受けていますが、体質によりクロロアクネ(吹き出物に似た数ヶ月で治る皮膚病)が出た人を除けば、病気の発生 率・死亡率など特に異常は見られていません・・・

どう考えてもこれは、(政府らが)悪意でダイオキシンを有害と煽って、ゴミ等個人で勝手に燃やせないようにして、金儲けに繋げているとしか思えませんw

二酸化炭素による地球温暖化、ダイオキシン猛毒、タバコが肺がんの原因・・・
どれも世界ぐるみの大ウソ、デッチアゲで、それによって仕組んだ連中は大儲けしてるわけなのです!

前にも書いたように、タバコには、市販のどんな薬も及ばないほどのすばらしい薬効の数々があるわけで、タバコが普及していれば、それだけ病気になる人が少なくなり、医薬業界が儲からなくなってしまうからこそ、ああやって禁煙を煽ってるわけですw

今日の時事通信ニュースにも、こんなのがありました。
250万年前のタバコの葉の化石を発見=ペルー

・・・同博物館は、アメリカ大陸の先住民は西欧人が15世紀にやってくるずっと以前からタバコを吸ったりかんだりしていたほか、目薬から下剤までとあらゆ る治療薬として使っており、また戦いに行く戦士の顔や性交前に女性にその煙を吹きかけるなど、儀式にも用いていたと語っている。

今回のタバコシリーズ、いかがだったでしょうか?
世の中、一部富裕層や大企業のために、政府・マスゴミぐるみで、いかにウソ・デッチアゲで庶民を騙し、煽ってるかということがよくわかったんじゃないかと思いますが・・・
一応、次回にまとめのような感じで書いて、このシリーズを終わりたいと思ってます。

転載終了

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント