06 | 2017/07 | 08
-
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いのちをいただく」

2013.04.05 11:22|健康・病気・医療
Think the Earthさんより転載


食卓の向こう側〜いのちをいただく



絵本「いのちをいただく」をご存知でしょうか。
西日本新聞社より「食卓の向こう側シリーズ」として発行されているこの本は、熊本県の食肉加工センターで働く坂本さんと、坂本さんの息子しのぶくん、牛の「みいちゃん」を通して私たちの命・生を見つめます。

絵本の舞台となる熊本など、九州の情報を動画配信している情報サイト「さぐる九州大陸」さんが、「いのちをいただく」の読み聞かせ動画を配信していらっしゃいます。
許可を頂き掲載させて頂きましたので、ぜひご覧ください。
また、語り手 徳永玲子さんのインタビューも合わせてご覧ください。

→さぐる九州 「いのちをいただく」



「みいちゃん」が「牛肉」になる。それは私たちのいのちが、ほかの動物たち、植物たち、たくさんの命に生かされているということ。
いのちをいただいて生きていく。
私が最初にこのお話しに出会ったのは、紙芝居「いのちをいただく」を読んでもらった事がきっかけでした。小学生の息子と一緒に聞いた後は、お互いにさまざまな思いが湧いてきて、二人でいろいろと語り合ったことを覚えています。

「いただきます」って日本独特の食卓文化なのですよね。その夜の食卓には、自然と感謝がこもった「いただきます」が響きました。

忙しい毎日の中、1日3回の食事で食卓の向こうにある「いのち」に向き合うことが難しい方も多いと思います。
そんな日々をおくる方もまずは月に一度、お箸が並ぶ様子に似た「11日」に心のこもった「いただきます」を始めてみませんか?

「いただきます」という言葉は、いのち・いのちを育む自然・たくさんの手を借りて食卓に届く、多くの方の労働・調理法や保存法などの知恵・食卓を共に囲む周りの人への感謝がつまった、とてもすてきな日本語です。


中略

248xauto-211x300-thumb-130x184-3362.jpg
内田美智子先生 プロフィール
国立小倉病院附属看護助産学校助産師科卒。1988年から内田産婦人科医院に勤務。夫は同病院院長。 同院内で子育て支援の幼児クラブ「U遊キッズ」を主催。 「生」「性」「いのち」「食」をテーマに全国で講演活動を展開。思春期保健相談士として思春期の子どもたちの悩みなどを聞く。九州思春期研究会事務局長、福岡県子育てアドバイザー、著者に『ここ 食卓から始まる生教育』『いのちをいただく』(いずれも西日本新聞社、共著)など。







テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。