09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就活面接でドアノック 何回たたくのが正解?

2013.04.23 08:30|未分類
J-CASTさんより転載


就活面接でドアノック 何回たたくのが正解?



就職活動において、何かと気になるのが「面接時のマナー」。あいさつや敬語の使い方、質問への切り返し方などについて、ネット上でさまざまな情報が交換されている。中でも、意見が分かれているのは「ノックの回数」だ。


ノック2回は「トイレ」を連想

ふつうノックといえば、「トントン」と2回たたけばよさそうなもの。しかし「2回はダメ、3回にすべき」というアドバイスも少なくない。理由は、

「2回はトイレのノックを連想させ、下品なため」

だそうだ。一方、「ノックは4回」がベストという説も。「Yahoo!知恵袋」には、

「3回は親しい相手に対する回数であり、4回は初めて訪れる所や礼儀の必要な相手に対する回数です。単に4回ノックするのでなく、2回+2回する方が、日本人的に印象が良いらしいです」

さて、本当のところはどうなのだろうか。英国留学の経験もあるマナー講師、ウィズの西出ひろ子氏によると、ノックは3回が無難だという。

「ヨーロッパでの常識では、2回はトイレ、3回以上はその他の部屋です。日本のビジネスマナーでは、オフィスや面接においては3回とされています」

ツイッター上には、「人事の方から『今日面接した中で、正しく3回ノックしたのはあなただけだった』と言われた」というつぶやきも見られる。回数をいちいち数えている面接官も、実際にいるらしい。

もっとも、中堅商社で採用を担当するAさんのように、気にしないという人も。

「普段のビジネスにおいて、ノックの回数が重視される場面はないですからね。面接時にだけ神経質になることは無意味ですし、それが採否を分けることはありえません。海外とのビジネスマナーとして必要ならば、入社して覚えればいいことです」

念のため、秘書技能検定の事務局に確認すると、「ノックは何回なら○、何回なら×というような問題の出し方はしておりません」。

とりあえず自分のノックは3回と決めておき、他人のノックは2回でも4回でも、いちいち目くじらを立てないというのが、無難な大人の対応ということになるだろうか。









  


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。