10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボストンテロ事件はFBIのヤラセだった

2013.04.22 09:32|未分類
ザウルスでござるさんより転載


ボストンテロ事件はFBIのヤラセだった



54d9547382d701fa2d03503c9fbae507.jpg

ボストンテロ事件はFBIによる“被害演出”だった

英語では “False Flag Operation” という。

あのチェチェン人兄弟はFBIに裏切られ、利用された“被され役(patsy:パッツィー)”にすぎない。



ボストンマラソン圧力鍋テロ事件の第一報が入った時点(4/16)で、わたしは以下のようなメールをカナダとアメリカの友人に書き送っていた。
--------------------------------------------
Hi,

I'm sure the bombing in Boston is America's another "false flag operation." They're drumming up for the next war against Iran. Some poor people from Middle East will be framed up with planted "evidence."

regards,


こんにちは、

ボストンの爆弾騒ぎはまたアメリカ得意の“被害演出”だと思いますね。アメリカは次のイラン戦争の下準備をしているんでしょう。中東出身の不運な人間が、仕込まれた“証拠”でもってハメられることでしょう。

それではまた

------------------------------------------------------

中東ではなく、チェチェンであった。たしかにアルカイーダは中東以外に旧ソ連、アフリカ、インドネシアにもいるのだ。「中東出身の人間」ではなく、「イスラム教徒」と言うべきだったのかもしれない。



その後、ネット上ではFBIの関与を裏付ける証拠が次々とあがってきている。もちろん日本のテレビ・新聞はもちろん、アメリカのテレビ・新聞でもほとんど報じられていない。

あのチェチェン人の兄弟はFBIに使われた単なる“被され役(patsy)”にすぎない。実際に爆弾を仕掛けたのは別にいた可能性もある。今回FBIは傭兵会社を使っていると思われる。

チェチェン人兄弟のうち、兄は殺害され、弟は逮捕されたが重傷である。これから彼の自供としていろいろなことがまことしやかに報じられることだろうが、そのほとんどはFBIの創作であることは間違いない。

以下、“FBIによる被害演出”説の根拠を列挙する。



1  FBIはあのチェチェン人兄弟の兄のタメルラン・ツァルナエフに2011年頃から接触を持っていた。これは兄弟の母親が証言している。FBIはアメリカに移住して日が浅いイスラム系の若者に狙いをつける。ロンドンテレグラフ紙: http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/10007327/Boston-marathon-bombs-Tamerlan-Tsarnaev-interviewed-by-FBI-in-2011.html



2  9.11後にアメリカ国内でテロ事件での起訴が158件あったが、そのうち49件はFBIのおとり捜査官(agent provocateur)などによる教唆・演出(staging)によって“はめられた”(framed)ケースであることが明らかとなっている。(さかのぼって1993年の世界貿易センター爆破事件もこのケースであり、爆弾じたいもFBIが製造し、それをアラブ人に仕掛けさせていた。これは米国CBSテレビがすっぱ抜いている:http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=D7AtLD-oWqc)



3  FBIによる“被害演出”の違法性についてはすでにニューヨークタイムズも問題視している。:http://www.nytimes.com/2012/04/29/opinion/sunday/terrorist-plots-helped-along-by-the-fbi.html?pagewanted=all



4  事件直前の現場に、傭兵会社のユニフォームを着た数人の男たちが画像と映像で確認されている。彼らはみな“黒いバックパック”を持ち、常に携帯や他の通信機器で連絡を取り合っていた。ユーチューブ: http://www.youtube.com/watch?v=3c_pCwkRrNQ


9621ed61db7fae7c9d2953cace87b9c6.jpg

5  上記の男たちのうち2人は、最初の爆破地点のすぐそばにいたが、爆破の直前に離れた場所に移動している。インフォウォーズドットコム: http://www.infowars.com/contractors-at-boston-marathon-stood-near-bomb-left-before-detonation/


4f6e4f245dc6e10cb7b4c5c773994d06.jpg

6  マラソンのスタート地点と爆破のあったゴール地点には当日の朝から爆弾探知犬も動員したFBIによる物々しい爆弾テロ対策訓練があって、マラソン出場者たちをおびえさせた。ローカル15テレビニュース(マラソン出場者の証言): http://www.local15tv.com/news/local/story/UM-Coach-Bomb-Sniffing-Dogs-Spotters-on-Roofs/BrirjAzFPUKKN8z6eSDJEA.cspx

ccfe6956ca41db61df4bfe24c2821f98.jpg

写真は爆発前のものである。



7  チェチェン人兄弟がバックパックを爆破現場に置いた画像も映像も目撃証言もない。また二人のバックパックも爆破後の残骸の写真のものと一致しない。 
http://www.youtube.com/watch?v=c_ZSryxJUjw

4f16b07b22c97d71a5f7160b45280ef4.png

8  爆弾攻撃の予告は一切なかったとボストンマラソン主催者とボストン警察は明言している。さらにボストン警察は“爆弾テロ対策訓練”もなかったとしている。インフォウォーズ: http://www.infowars.com/boston-authorities-in-cover-up-of-bombing-drills/



9  上記の傭兵会社の複数の傭兵の存在についてFBIもボストン警察もノーコメントである。しかし、爆発後、傭兵はFBIと連携して行動している。



10  アメリカのテレビ・新聞は、上記の傭兵の存在については申し合わせたように触れようとしない。メディアに対して何らかの圧力が存在する可能性がある。



11  黒いバックパックを持ったのが容疑者であるならば、上記の傭兵たちの数人はまさにその黒いバックパックを持っていることが画像と映像で確認されている。 (以下の写真を参照)



12  圧力鍋爆弾が入っていたとされる爆発後の黒のバックパックの残骸が上記の傭兵が持っていたものと酷似している。 (以下の写真を参照)



13 容疑者兄弟の兄は拘束時にはほとんど無傷に見えるが、その後“病院で死亡”とされている。口封じの可能性は捨てきれない。



以下、順不同で関連画像を掲げる。



上が爆発後で、二人とも携帯で話をしている。 二人とも同じ黒のバックパックを持っている。

下が爆発前


e25471df8e450a8537e158dedcd4c278.jpg


彼らの所属を示す帽子等のマーク:傭兵会社 クラフトインターナショナル Craft International :
http://www.thecraft.com/

1febc477664e891cde14a74c86746194.jpg


写真拡大する前の写真

276e70bf028e7d24bfb4485bf72d69ad.jpg


別のメンバーが別の場所に潜んでいて、黒のバックパックを手にしている

b0e99f35d8dea26e6f7c2b3eb804e9d2.jpg


爆発直後、慌ただしく動く傭兵たち

9016b9e0ac7053d06c4072b65df99af8.jpg


右: 一瞬のぞいたシャツにも傭兵会社 Craft International のマークが見える

左はマークの比較のためのクラフト社傭兵の写真

25986cca4898d3e16745b1ab109daa61.jpg


爆発現場に残された黒のバックパックと傭兵が持っていたバックパックは酷似している

99d175f9c54263054399d624990bee92.jpg


上が容疑者の兄(死亡)のバックパック、下が弟(逮捕)のバックパック

4f16b07b22c97d71a5f7160b45280ef4.png


爆発直後爆発現場の方を見ながら手に何かを持っているクラフト社の傭兵

c50ef7c92d358aab3edbefe759baef56.jpg

7d686be0aef845c647af8d71d46d84b7.jpg


警察に命じられて道路に伏せ、手を広げる兄のタメルラン・ツァルナエフ:

指先がちゃんと伸びているし、目立った外傷も見られない。警察は“病院で死亡”と発表。

6d1f711163de62a720fb012987530656.jpg


日本の新聞やテレビがそのまま流している報道が真実だと思ってはならない。大きな事件には必ずウラがある。

fe5923a155c1296fd854e3bb848c175e.jpg






  



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。