10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【核】ドイツ報道「北極海に放棄された旧ソ連の原子力潜水艦はいつ爆発するかわからない危険な状態」

2013.04.30 07:02|原発・放射能・原子力
低気温のエクスタシーbyはなゆーさんより転載


【核】ドイツ報道「北極海に放棄された旧ソ連の原子力潜水艦はいつ爆発するかわからない危険な状態」



在独法人emi kiyomizuさん
https://twitter.com/kiyomizu5
による暫定訳。


ドイツARTEテレビが報道したドキュメンタリーフィルムを2つ和訳いたしました。
とても重要な内容です。このフィルムはドイツ語ですが、画面を見るだけでもかなり理解できます。
北極海やヨーロッパの海が汚染され続けられていること。放棄されたソ連の核原子力潜水艦は核分裂が始まっており、いつ爆発が起こるか知れないと言う事実。膨大な健康被害が発生することに驚愕いたしました。
少しでも真実を知ってもらいたいと思い,和訳をいたしました。
イギリスの活動家が,世界中が,原発の放射線と廃棄物で汚染されていると言う言葉は事実であると思います。
子供達の生命を守る為に私達は,原発廃止の戦いを続けなければならないと思います。




1: Versenkt und Vergessen(海に放棄された10万トンの核ごみと海に放棄された3つのロシアの核原子力潜水艦,この恐ろしい出来事は,忘れられている)

http://videos.arte.tv/de/videos/versenkt-und-vergessen--7447586.html

映画監督,Thomas Reutter さん,Manfred Ladwig さん,ドイツグリーンピースの活動家 Harald Zindler,さんが,海に放棄された核廃棄物の樽を調査するため、特殊な水中カメラで記録したドキュメンタリーフィルムである。チームはイギリス海峡で沈没した核廃棄物も発見している。

このドキュメンタリーフィルムは、原発関連企業や各国政府(IAEAも含む)が無責任に海に核廃棄物を放棄し、今日では、違法犯罪と云える事を示している!

1995年以来、海に核廃棄物を放棄することは、世界で禁じられている。しかし、まだ陸から海に放射性汚染水を排出することは許可されている。

毎日何かが起こっていると言うことである。(環境破壊と健康破壊がされている)

再処理工場からは液体の核廃棄物がアイリッシュ海(アイルランド島とグレートブリテン島を隔てている海)と英仏海峡に排出されている。

核汚染よる長期的な影響はほとんど不明である。それについての情報もほとんどないことは偶然ではない.

その理由は,指導者たちが,長年にわたって原子力の危険性を軽視し,事実を隠蔽してきたのである!


1970年にフランス・ドイツ・イギリスの原発から出た10万トンの核ゴミが海に放棄され、ドイツグリーンピースがそれを阻止する為の行動を開始した。

だが原発産業界はそれを無視した。セラフィールドの核燃棒も海に放棄されている事実を誰も知らない。

(核ゴミを放棄させられた船員達に、高放射線で危険であることも説明されなく、何の防備服も与えられていなかった)

海に放棄された核ゴミについては、この12年間、何も調査されていない。

ドイツグリーンピースは昨年1年間、北極海の海底に放棄された10万トンの核ごみと海底に放棄された3つのロシアの核原子力潜水艦の調査をおこなった。

1つの核原子力潜水艦は核分裂を始めていることを発見した。
(また、核ごみ,8つのドラム缶を海底から運びだし測定したら,高い線量=プルトニウム=が検出された)

核分裂を始めている核原子力潜水艦が爆発したら,広大な環境汚染がされる.考えられないほどの,健康被害が起こるとドイツグリーンピースの活動家は述べている。

ドイツからノルウェーまでセシウムやプルトニウムが検出されている。

ヨーロッパそして世界中が汚染されている状態である。

ドイツグリーンピースの活動家は「原発産業界に対して責任を追及したい,だが,誰も責任を持とうとしない!」と怒りを述べた。


ジャーナリストはIAEAの幹部に面談した。

海底に放棄されたロシアの核軍艦が核分裂を始めていること、放棄された核ゴミが腐敗している事を伝えたが、IAEAの幹部は「放射線汚染された核軍艦を取り出しても,どこに運んだらよいのか,そんな場所は無い,だから,海底に放置して置くしか,方法はない」とコメントした。

ジャーナリストが「北極海に放棄された核原子力潜水艦が核分裂し,爆発し環境汚染することを、貴方はどう考えるか?」と質問したが「そのような物理的なことには,答えられない」と述べた。
(非人間的で,無責任な回答であった.)

物理化学者クリス・バズビー博士が、セラフィールドに近いALDERNEY島の住民たちの白血病の発生率が他の地域の住民よりも10倍も高い事実を報告した.


"住民からの情報.白血病の例"
ALDERNEY島の12歳の子供は白血病.(幼児のとき,毎日海岸で砂遊びをし,放射線が原因であると母親は話した.)
もう1名,幼児のとき,白血病になり現在(19才)の現在も白血病である.
脳癌が2名.
セラフィールドでは7歳の子供が骨癌.
(病気のデーターは当局が秘密にしており,これ以上の事実を知ることは困難である.)


バズビー博士は,海岸の土壌から,高いセシウムと高いフ゜ルトニウムの放射線量を検出した.(プルトニウム106ベクレル/kg,セシウム204ベクレル/kgである)

毎日,海岸の土は削り取られているが,毎日,海岸からプルトニウムが検出されている.

セラフィールドでは,人々の体や歯、さらに家の中のホコリからもプルトニウムが検出されている.

だが,当局は,何も問題はないと答えている.住民の健康被害についても,興味を示していない.

そして、セラフィールドは清潔な街だと宣伝されている.

クリス・バズビー博士は,ALDERNEYは非常に危険であり,海岸の砂の放射線が体内に吸入されると,癌になると警告した.
又,土壌にしみ込んだ放射線は濃縮され,より高い放射線量になると述べている.


ドイツグリーンピースの活動家は、ヨーロッパの各地域の海草の放射線測定をし,海草からは、アレバ社が発表した放射線量より5倍も高い放射線量を検出した。また、ミミズは通常の規定値より、2000倍から3000倍も放射線汚染されている事を発見した。


原発から排出された放射線汚染水はセラフィールドからノルウェーまで流れ、ヨーロッパの海は汚染され続けている。

魚が汚染され、人間にとって食物連鎖が起こることは確実である。

そしてセラフイ-ルト゛は今までに,500kgのプルトニウムを海に排出している.(この事実は誰も知らない)


ジャーナリストはロンドンの保険省の幹部に面談した.
保険省の幹部は「ALDERNEY島やセラフイ-ルト゛で発生している白血病については原発による,原因ではない」とコメントした.
英国の保険省のメンハ゛-は,ICRPのメンハ゛ーでもある.ICRPが基準値値を決め,英国の保険省が,それに従っている.(まさに原発マフイアである)

英国グリーンピースの活動家は「私は激怒している!人々は,何も事実を知らされない。すべてロンドンの当局が決めているのである!」と話した.


ドイツ放射線核防護協会の核専門家は「原発を建設するときの報告書には,原発エネルギーは安価であると報告されているが,リスクは,原発の放射線により,癌,白血病,甲状線癌,その他の病気が発生し,短命である」と文書で報告している.

政府は原発による健康影響を知っているのである.でも,政府は,経済的に思考し,物理的(原発による健康影響)は、全く考えようとしないと批判した.





2: Atomfriedhof Arktis

http://videos.arte.tv/de/videos/atomfriedhof-arktis--7447590.html

ドキュメンタリー・フィルム「核廃棄物の墓場・北極海」


17万トンの核ゴミ.19隻の核廃棄物船,14基の古い原子炉,3つのロシアの核原子力潜水艦が,北極海に放棄された.

1993年に,ロシアの船が,日本海で核廃棄物を放棄するのを,4人のグリーンピースの活動家達が止めようと行動した。そして、放棄される核ゴミの放射線量を測定しようとしたが、彼らは水ホースで攻撃され、放射線は測定できなかった。ロシアの船員は、誰も放射線防護服を着用していなかった.

その後も、ロシア船AMPYは、放射線汚染水を200億リットルも北極海に投棄している。

ロシアの核専門家は,放棄した核廃棄物で,年間3・7兆ベクレルのセシウムで海が汚染されていると推算した.

だが、ロシア政府は「何も危険が無い,我々は核原子力潜水艦を引き上げる計画をしている」と公式発表している。

ドイツの放射線防護協会の核専門家RENNENBERG氏は,放射線災害は始まっており,ロシアの原子力潜水艦から,放射線は漏れ,海は汚染され続けていると述べた.

ノルウェーの海は,どのくらい放射線汚染されているのか,誰もシナリオを語ることができない。恐ろしいことである。


北極海は、タラの水揚げで世界で最も重要な漁場である。ここから、魚がヨーロッパに送られてくる。
しかし、海底は核廃棄物で汚染され危険な状態である.

放棄されたロシアの原子力潜水艦内に,1000個の金属製の箱があり,その箱には放射性廃棄物と使用済み核年棒が保管されている。
北極海でロシアの核廃棄物が処分されたことは,秘密軍事で推進され、記録もされていない。

ロシアの核原子力潜水艦のエンジニアであるアレキサンドラ・ニクティンは、放棄されたロシアの原子力潜水艦が,北極海を汚染をする事をソ連で公式発表し、ソ連警察から,スパイと思われ逮捕され,10ヶ月拘束された.

科学者たちの国際チームは、3つの古いソ連の原子力潜水艦が放棄された,最も危険な場所を見つけて、現在,地図を作成しようとしている。

ある,ソ連の陸軍関係の男性が,我々に証拠になるCDを提供してくれた.そのCDは,放棄されたロシアの原子力潜水艦が,いかに錆びれ,塩水で腐食されているか写し出されている.
(彼の立場が危険なので,彼の顔写真は見せることができない,又,名前も匿名である.)


潜水艦の外側は、驚くほど錆びれ,水中写真で、外側の亀裂を写している。多くの場所が塩水で腐食されている.
長年,放射線が漏れていることが事実であることは,測定結果が示している.

ロシアの専門家は、放棄された原子力潜水艦が,制御不能な核連鎖反応が起こることを警告している.


ドイツの放射線防護協会の核専門家RENNENBERG氏は,放棄されたロシアの原子力潜水艦は,短期間に,核分裂が起こり,大災害が起こる可能性が高いと話した.

19995年,放棄された原子力潜水艦に,放射線が漏れないようにチタンのドアが取りつけられた。
(チタンで30年間だけ放射線が防護される。30年後に再度、取りつけなければならない)

ロシア当局は、少なくとも2014年までに,3つの原子力潜水艦のうち2つを,海底から引きあげたい旨を報告しているが,実際にそんなに早く実現できるのだろうか?

(IAEAの幹部は,ソ連の核原子力潜水艦を,海底から引き上げることに反対している)
取りだすことは,労力は膨大で,核年棒が破損する可能性があり、危険な行為である.

しかし、現在まで,原子力潜水艦を取りだすための,ロシア政府の動きは全く無い.
(ロシアの原発企業が,放棄された原子力潜水艦のうち1つを取り出すための計画文書と、その費用は216億ドルかかることに関してロシア政府に計画書を提出しているが、政府からは何の返事も無いと話した)

ロシア政府は「今すぐの危険はない」と公式報告をしているが、ロシア政府内部文書には「環境の大災害が差し迫っている」との真実が書かれている。






  


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。