07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの複数の地域では既に戒厳令の前段階になっています!

2013.05.03 10:03|未分類
日本や世界や宇宙の動向さんより転載


アメリカの複数の地域では既に戒厳令の前段階になっています!



アメリカの複数の地域では既に戒厳令の前段階に至っています。当局は各地で爆破事件や襲撃事件を起こしたり、他の様々な犯罪を創作して、カモになった犯人の検挙のために地域全体を封鎖しています。何かがあると、すぐに、アメリカ中に重武装の部隊が派遣され、街全体が警戒態勢となります。アメリカでは数年前から街角で堂々と軍隊や警察官による捜索訓練が行われてきました。市民はその光景に不安を覚えていました。なぜそのような訓練を行ってきたかが、これで分かります。数年前から戒厳令を敷くために当局はあらゆる準備をしてきました。戒厳令を敷くには、各地に事件が起きなければなりませんから、当局は各地で酷い事件を演出しています。そのことで罪のない市民が殺されています。
それにしても。。。未だに何も気が付いていない米国民が非常に多くいるようです。このままでは、本当にアメリカは大変なことになってしまいます。日本からこのような状況を観ていると。。。なぜ、米国人の多くは政府のやっていることに何の疑問も感じずに、オバマを支持し、当局のやりたい放題にさせているのだろうかと。。。と不思議に思ってしまいます。もちろん、ネットで様々な情報にアクセスしている人々も多くいますが。。。まだまだ、何にも考えずに日々を暮らしている人が多いのがアメリカです。そのような人々は下手すると家畜にされてしまいますよ!クマが冬眠から目を覚ますのはいつなのでしょうか。もう5月もすぐそこだと言うのに。。。
http://beforeitsnews.com/survival/2013/04/virginia-martial-law-shelter-in-place-ordered-lifted-in-fredericksburg-virginia-2471228.html
(概要)
4月28日付け:
welcome-tyranny-what-strikes-about-the-event-ease-with-which-politics-1366594535.jpg

(↑ 何が一番衝撃的かというと、当局は街全体を封鎖し米国民に室内退去を命じ、職場、病院、買い物、犬の散歩にすら行けなくなってしまうのです。当局は、戒厳令を敷くための前段階を準備しているのです。これらの対応策は(戒厳令とは呼ばれていませんが)日中の外出禁止令なのです。2年前、国土安全保障省のトップは、今後はテロリズムに焦点を当てるのではなく国内の過激派を集中的に取り締まることにした、と言っていました。事件の被害者が4、5人であっても犯人が1人であってもこのような厳戒態勢が敷かれるのです。当局は犯罪に対して過剰反応をしています。1人の容疑者(当局のカモになった可能性がある)を捜索するのに街全体を封鎖したのですから。これはこれまでにない展開です。これは、今後のアメリカの自由社会にとって不吉な現象です。)

マサチューセッツ州ボストン、カリフォルニア州バレースプリング、バージニア州フレデリックスバーグ、ペンシルベニア州フィラデルフィア・・・・これらの地域に共通するものは?最初の3地域には、最近になって犯罪者検挙のための「安全を確保する命令」が下されました。フィラデルフィアでは安全を確保する命令下で市民は何をしたらよいかについての注意書きが公布されました。安全を確保する命令は戒厳令に先駆けた新たな暗語なのでしょうか。多くの市民は当局によるこのような処置について、犯罪者から市民を守ろうとしてくれていると喜んでいます。市民は当局の指示通りに行動するでしょう。こんなことだから、アメリカには自由がなくなりつつあるのです。
バージニア州フレデリックスバーグでは、メリーワシントン大学の21歳の学生に暴行した男を捜索するために、当局は、真夜に市内一体を閉鎖しました。3:30amに、容疑者は武装している可能性があると大学から警告が発せられました。しかしそのような男が存在したのかも不明です。容疑者が大学構内に入っていったのを目撃されたために予防処置としてそのような対策が取られたとされます。しかし、容疑者のチェンバーズが、フレデリックスバーグやスポットシルバニアで犯した犯罪(拉致、暴力犯罪、重窃盗罪、不渡小切手や虚偽記載でお金を得るなど)で4:18pmに逮捕されるまで、安全確保の非常警報が出ていました。
以下のビデオは事件直後のボストンし市内の様子を映しています。このような状況を見たのは初めてです。1940年代のナチスドイツと良く似ています。米国民はこのことに対して大きな関心を持つべきです。もはや、かつてのアメリカはここには存在しません。気が狂った警察国家は、たった一人の犯罪者を捜索し逮捕するのにここまでやるのです。言いたくないのですが、もしこのまま何も変わらなければ、我々はこのような当局のやり方に慣れるしかないのです。NWOを支持する側の活動は始まったばかりです。





(↓重武装の部隊がボストンに派遣され、カモになった容疑者を逮捕しました。)
terrorism-works-this-grand-show-force-which-even-the-fbi-adm-politics-1366775352(1).jpg






  




テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。