10 | 2017/11 | 12
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子どものおやつにカフェイン添加は「危険」、米当局が警鐘

2013.05.09 11:05|健康・病気・医療
AFPBB News さんより転載


子どものおやつにカフェイン添加は「危険」、米当局が警鐘



【5月7日 AFP】米食品医薬品局(US Food and Drug Administration、FDA)は3日、ガムやゼリービーンズなど子ども向けの菓子やスナックへのカフェイン添加は「危険」であり、規制も検討していると警告した。

 米国ではホットケーキ用シロップやインスタント・オートミール、ワッフル、ポテトチップス、マシュマロ、ヒマワリの種などにカフェインを添加したものが「ハイエナジー」食品として販売されている。前月にも米菓子大手マーズ(Mars)が、リグリー(Wrigley)ガムのラインアップで新たにカフェイン入り製品を発売した。

 こうした傾向を危惧したFDAのマイケル・テイラー(Michael Taylor)副長官は、飲料分野外でカフェイン添加製品が増加していることを「非常に憂慮している」と述べた。
 
 FDAのウェブサイトでテイラー長官は「食品業界の一部は、疑わしく危険と思われる方向へ進んでいる」との見解を示すとともに、カフェイン添加食品の流行を示す残念な例の1つとしてガムを挙げ、「このガム1本で、4杯分のコーヒーをポケットに入れているようなものだ」と語っている。

 リグリーのカフェイン入りガム「アラートエナジー・カフェインガム(Alert Energy Caffeine Gum)」は、大人向けに「外出先でのカフェイン摂取量を自分で調節できる」商品として、4月末に発売された。だが、一般に出回っているリグリー製品は、あらゆる年齢の人が購入できると批判する声が上がっていた。

 テイラー氏も「カフェインが添加された一連の新製品には、子どもや少年少女たちにとって魅力的でカフェイン摂取の影響も知らずに容易に入手できるものも含まれていること」を懸念している。

 テイラー氏によれば、FDAは1950年代にソーダ飲料コーラへのカフェイン添加を初めて認めて以降、カフェインの使用について特別な規制は行っていない。だが、これは「現在のようなカフェイン入り製品のまん延を予期していなかったためだ」とテイラー氏は指摘している。

 FDAは2010年、アルコール飲料へのカフェイン添加を禁止。さらに昨年には、カフェイン入り栄養ドリンク「モンスター・エナジー(Monster Energy)」を飲んだことに関連するとみられる死亡例が複数報告されたことを受けて、高カフェイン入りエナジードリンクについて疑問を呈している。(c)AFP






  


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。