09 | 2017/10 | 11
-
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミ分別収集ほどムダ遣いはない!~今さらその実態知らないはずないのになぜ誰も怒らない?

2013.05.14 08:51|未分類
大切なものを大切に☆彡さんより転載


ゴミ分別収集ほどムダ遣いはない!~今さらその実態知らないはずないのになぜ誰も怒らない?



ゴミリサイクルが、”二酸化炭素による地球温暖化”と同じく、とんでもない大ウソ、国・世界を挙げての詐欺であることは、今さら詳しくその証拠等挙げるまでもなく、多くの人がすでに知ってることと思う。
全ては、政治家と大企業らによる金儲けのため!
にもかかわらず、ほとんど誰一人として、その国民を騙し詐欺してる政府らに対し文句言う者が居ない・・・

こないだ自治会のゴミ当番に行ってた時、自治会役員自身の口からも、「こうやってゴミ分別収集してるけど、プラスチックにしてもリサイクルなんかされることなく、全て焼却場で燃やされてる」と、はっきりと言ってた!
(強いて言えば、燃えやすいプラスチックゴミと燃えにくい生ゴミを適時順番に燃やすらしい)

プラスチックにせよ、紙にせよ、その他諸々の資源ゴミにせよ、ほとんどどれもが、リサイクルしようと思ったら、元の資源から作るよりはるかに高いコストがかかるわけで、政府や自治体らは、適当に表向き数値をごまかしたりして、リサイクル利用されてると国民を騙してるだけ、単なるリサイクルビジネスとして、政治家の懐にワイロが入ったり、大企業が儲けるだけの話で、そのために一般市民らはしなくてもいい無駄な手間暇・労力をかけ、さらに国民から奪い取った税金を使って助成金など出したりまでしてるわけだw

とりあえずプラスチックゴミについて簡単に書いとくと、分別収集した一般ゴミというのはほとんどが、水分たっぷり含んだ生ゴミばかりになって、そのままでは燃えにくいため、焼却場では燃料使って燃やすわけで、プラスチックや紙が混ざってれば燃えやすいので燃料もそんなに使わなくて済む。
とくにペットボトルなんかは中に空気スペースまであるので、燃やす材料としては最高のものと言える!

しかも焼却場では、一旦火をつけた後は、毎日24時間ずっと燃やし続ける必要があるわけで(でないと再度着火させる毎にまた大量の燃料を使うことになる)、近年どこの自治体とも大規模焼却場を作ったりしてて、燃やすゴミの量が足りなくなったりまでしてるわけだ。
そこで、木や草など自宅で燃やすことを禁止して、そういうのまで焼却場に持ち込ませるように仕向けたりしてる。
ダイオキシンが猛毒などという大ウソをデッチアゲてw
(ダイオキシンが猛毒ということになった根拠というのが、その影響を特異的に受けるモルモットを使っての実験データを意図的にうまく利用してるからであって、他の動物や人間に関しては、同じ体重1キロ当たりに換算しても、その何千倍、何万倍の量を浴びても、ほとんどなんら影響ないことが明らかになってる。
ちょうど、ユーカリの葉をコアラが食べても大丈夫なのに対し他の動物が食べると毒になるのと逆のような感じで、言わば、「ユーカリの毒性をコアラで実験した結果なんら問題なかったからこれは無毒、人間も食べなさい」と言ってるようなものw

今までに何度か事故などにより大量のダイオキシンがばらまかれたケースがあり、最も顕著なケースは、北イタリアのセベソで起こった事故で、1976年7月、この町にある農薬工場で化学反応の暴走が起こり、推定130kgものダイオキシンが噴出。これは周辺数キロの範囲に飛び散って17000人がこれを浴び、しかもまずい対応のために避難が始まったのは事故から1週間が経過して、住民がたっぷりとダイオキシンを吸い込んでからになってしまった。住民の血中ダイオキシン濃度は通常の2000~5000倍にもはね上がり、悲惨な事態を予見してイタリアのみならずヨーロッパ一円がパニックに陥った。
ところが驚くべきことに、
22億人分の致死量(モルモットでの数値)のダイオキシンが狭い範囲に降り注いだこの事故で、死者は一人も出ておらず、また奇形児の出産を恐れて中絶した妊婦もたくさん出たが、胎児にも特別な異常は見られなかった。
→詳しくはコチラのページ等参照)

紙にしても、たとえば年賀ハガキの古紙配合率40%と国民には言いながら、実際には1~5%程度しか配合されてなかった事実なんかも、2008年1月8日のニュースであったし、他にも再生紙偽装については、コチラのページに書かれてるようなこと他いろいろと明らかになってる。

あるいはエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機などにしたところで、廃棄の際リサイクル料なるものを支払わされるけど、産廃業者らは、(悪質業者以外の)県の指定を受けた正規業者でも、リサイクル料無しのタダで、場合によったら多少の金を払ってでも、とくにエアコンなどは大量の銅が使われてるだけに喉から手が出るほど欲しがってるわけで、その上リサイクル料などもらえれば、有り難すぎておつりが出るということw
(結局、一般的に回収する、家電店に出入りしてる大手産廃業者だけがボロ儲けできるように法律を作ったに過ぎない)

こういった本当のことに気づきかけてる人たちも徐々に増えてきてはいるけど、未だに何も知らず、巨悪ユダヤ傘下と言える政府・マスゴミらの洗脳にすっかり騙されてしまってる者は、たとえば「意味のないリサイクルが多すぎる」や、「ウソを教えられる子供たち・・・リサイクル」、「ウソを教えられる子供たち・・・レジ袋」等見てちょっとは世の中のこと真剣に考えてもらえればと・・・
(但し、この武田氏の述べてることも、数値等百%そのまま鵜呑みにしてしまうのも間違いの元ながら、なんにせよ国や自治体等の言ってる数値というのは、都合に合うよう無理やりこじつけたような、ウソ・ゴマカシばかり!
やつらのやり方は何でもまず、自分らが金儲けするための目的・結論を決めて、次にそれに合うよう無理やりデータ等都合に合うようこじつけたり、ごまかしたり、でっちあげたりのイカサマ理論を作り、そして傘下の国連等使ったり、各国首長やマスゴミに圧力・脅し等かけてそれを大々的に推し進め、国民を洗脳していく。
たとえば、911NYテロを自作自演してイラクを侵略し、実質埋蔵量世界一と言われてる石油利権を奪い取ったように・・・)

そもそも、”二酸化炭素による地球温暖化”が大ウソであることの一番の証拠として、このグラフや、「こちらのページの図6グラフ以下」等見てもらえば一目瞭然!
ほぼ常に二酸化炭素変化より地球温度の変化が先行していることが明らかで、二酸化炭素増加によって地球温度が上がってるのではなく、温度が上昇したことによって(それによって海水温度が上昇し、海水中に溶け込んでる二酸化炭素が大気中に放出された等)二酸化炭素量が増えてる。
(後者のページには、その説明が、確かな証拠を示して詳しく書かれてる。
それに対し、政府や御用学者らの言ってる”二酸化炭素による地球温暖化”説というのは、単に「二酸化炭素が増えてる」ことと「地球温度が上昇してる」ことの2点が一致してるというだけで、具体的証拠については一切触れることない。)

地球が温暖化したり寒冷化したりするのは、太陽活動等の影響によって長期的に繰り返してるわけで、今現在はその温暖化のほぼ頂点付近になってて、それを適当に辻褄合うように大ウソデッチアゲテ、うまく金儲け(詐欺商法)にしようとユダヤが目論んだのを、日本の政府らは逆らうことできずにその手先となって国民を騙してるだけの話。

今年の春が例年になく寒かったのは、一説によればすでに寒冷化が始まってるとも言われてるので、その影響だったのかも?w

一つ面白い写真を載せとくと、

20130511_452417_t.jpgこの写真撮った日は雲一つない快晴。
飛行機雲一本通ったと思ったら、しばらくしたらこの写真のように、空全面の内半分ほどが真っ白く覆われてしまったわけでw

酷い時には半分どころか空全面が真っ白く覆われることもある。




これを皆さんはどう思われますか?

単に飛行機雲が風で広がったと思うかな?w
たった一機のジェット燃料燃えた水蒸気だけで、それほど広面積にまで広がるか?
百歩譲って仮にそうだったとして、それなら、二酸化炭素ガスにも温室化効果はもちろんあるわけながら、水蒸気によるそれは、二酸化炭素によるそれなんか比較にならないほど強力なことは科学的にも明らかな事実であり、二酸化炭素排出を減らすより、こんな空全面を水蒸気で覆うような飛行機飛ばすのを一機でも減らす方が遥かに効果的なはず!

ジオ・エンジニアリング(Geoengineering)という言葉を聞いたことあるかな?
一言で言えば、「地球環境の人為的操作」ということ!
1990年代初頭から世界的に行われた研究で、(やはりユダヤの代理組織とも言える)国連事務総長はじめ、あらゆる名誉ある組織に属する上級研究員、教授団、理論家、大気科学者、部局の長やCEOたちの名前が挙がっており、日本からもその手先と言える著名人や大企業等多くが参加してる。



表向き建前は、上空に層を作って太陽光を反射させ温暖化が進むのを抑えるということになってるけど、果たして常識的に考えても、これは言わば畑で言えばビニルハウスを作って覆うようなもので、逆に温室効果高まるんじゃないか?とすら私は思ってるw

実際の一番の目的は言うまでもなく、米国らによる軍事目的(衛生等から地上の様子をレーダーに映りやすくする等)で、それ以外にも何かとろくでもない物をバラ撒くことすらあるようで、そういったことに関してもキチンとした証拠が挙がっており、だいぶ前の記事では、キューバ上空から害虫をバラ撒き、キューバ農業に壊滅的被害を与えたといったことも紹介し、それをキューバ政府が公式に国際司法裁判所に提訴した結果、そこは米国の手先機関であるにもかかわらず半ばそれを認めるような結論を出したのも紛れもない事実!

その他いろんな真実等、旧ブログでは詳しく書いてきた。
(が、どんなに確かな証拠を添えて書いても、大半を占める愚かな国民どもは、そんなことにまるで無関心だったり、信じる気もしなかったりで、場合によったら身の危険を伴うことになるリスクをおかしてまで真実を書くのはもうやめた次第)

航空機から、微粒子を散布して地球の空全体を覆う計画で、或るサイトの記事では、最近は旅客機の燃料にそういう成分を加えた改変燃料を使用してるといったことも書かれてた。

そう、俗に言う、ケムトレイルです。
ケムトレイルというと、皆まともに聞こうともしないけど、この「ジオ・エンジニアリング(Geoengineering)」という言葉で検索してもらえば、デマでも陰謀論でもない、国際的に堂々と行われてるプロジェクトであることがわかる。
ただ、日本の政府やメディアらは一切そういうことを国民に隠してるだけで、そういったことに関することをたまに書いたりするブログや掲示板などあると、すぐさま(国家予算使って雇ってる)ネット工作員がやってきて、デマだ、陰謀論だともみ消しにやっきになるw
少なくともアメリカあたりでは、小学校の教科書にも(人為的気象操作のこと等)書かれてるというのに・・・







テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。