FC2ブログ
03 | 2020/04 | 05
-
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

米農務省 二種の除草剤耐性GM]作物の環境影響評価を見直し 許可は人間環境に重大な影響

2013.05.17 12:15|健康・病気・医療
農業情報研究所さんより転載


米農務省 二種の除草剤耐性GM]作物の環境影響評価を見直し 許可は人間環境に重大な影響



米国農務省(USDA)動植物検疫局(APHIS)が5月10日、ダウ・ケミカルの除草剤・2,4D耐性遺伝子組み換え(GM)トウモロコシおよび大豆、モンサントの除草剤・ジカンバ耐性GM綿および大豆の承認延期を発表した。

 これらの除草剤耐性作物について、開発者が提出した情報やパブリック・コメントの分析を通じ、APHISはその認否の決定が人間環境に重大な影響を与える可能性があると決定した。従って、最終的な決定の前に、当所想定していたより一層厳格な環境影響評価をすることにしたという。

 USDA Announces Intent to Prepare Environmental Impact Statements for Genetically Engineered Plants Under Review for Deregulation,APHIS,13.5.10

 多くの農業者は、グリホサート(ラウンドアップ)耐性雑草の急増に手をやいており、これらのGM作物の発売に大きな期待を寄せているが、環境団体は、これらが承認されれば2,4Dとジカンバの使用が大きく増加、グリホサート以上に環境と人の健康を脅かすと反対している。

 この環境影響評価の見直しで、これら作物は2015年までは市場に出ないことになりそうだという。

  Environmental Review to Delay Two Engineered Crops,The New York Times,135.11








除草剤耐性のGM作物はやめて

自分で草を刈って下さい!

自分達で食すのなら良いのですが

ばらまかないでいただきたい!

テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント