08 | 2017/09 | 10
-
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子組み換えの次はクローン動物まで・・

2013.05.17 12:20|健康・病気・医療
春と修羅☆さんより転載


遺伝子組み換えの次はクローン動物まで・・



山本太郎氏「貧乏人は死ね!それだけなんですTPPは..」




太郎さん頑張ってます、この国の意思がなくなる。
遺伝子組み換えの危険も訴えてます。

水を売り渡すことも話してます。
本気になって止めないと大変なことになります。

アメリカの現状は未来の日本です。

■なぜこんなに食は危険なものになったんでしょうか。

この記事読んで戦慄を覚えました。

FDAはクローン動物から食べ物を承認するように設定


種、水、次は肉・・・全部管理化にでしょうか。

米国食品医薬品局(FDA)は最近、人間の消費の
ためのクローン動物の肉や乳製品のマーケティング
のための道をクリアし予備的安全性評価を発表した。

消費者団体によると、食品安全、評価、クローン化
された食品の代理店の予想承認のためのセンターは、
このような製品の安全性に対する科学者や食品の
安全性の支持者の間でも大きな懸念抱いてるにも
かかわらず。

クローン化された牛乳や肉を販売する動きはまた
乳製品や食品業界の懸念とほとんどのアメリカ人
は、これらの実験的な食品を望んでいないことは
最近の消費者世論調査でも明らかです。


12月下旬にリリースされたFDAのドラフトリスク
アセスメントは成牛、豚、ヤギ、およびその
子孫のクローンからその肉や牛乳を見つけ、
従来の飼育動物から食品として食べること
のように安全であるといいます。

FDAは、リスクアセスメントをクローニング
および動物の健康に独立した科学専門家のグループ
によって査読されたという。

"クローンやその子孫の健康と食品の組成に
査読出版物や他の研究の何百​​ものFDAの分析に
基づいて、ドラフトリスクアセスメントは、
クローンとその子孫の肉や牛乳は、我々はすべて
のを食べる食品と同様に安全であると判断

"スティーブンF. Sundlof、DVM、博士、
獣医学のためのFDAのセンターのディレクター言った。


FDAはまた、クローン動物からの食品のラベルを
非表示にするつもりです。



"双方に不利な状況"

消費者団体は、FDAの決定を批判した

これは消費者と酪農産業のための双方に不利な状況
である。

CFSによると、FDAは、米国の酪農農場で動物の
クローンにおける健康上の問題を調査することを
拒否していると。

そのウィリアムズポート☆
メリーランド州
"Futuraland 2020"酪農は牛をクローン化
した全国で初の農場だった。

グレッグワイルズは、彼の2頭のクローン牛の1頭
は、原因不明の健康上の問題に苦しんでいたことを
FDAに語った。


"1頭だけで成長が止まって...
彼女はとてもひどいように見える"
しかし、彼は、FDAおよびその他の連邦当局に
問題を報告したとき、彼は "代理店から代理店へ
のテニスボールのように周わされたと話してます。


CFSも動物のクローニングにいくつかの健康
と安全性の問題を挙げた:

>代理母は、ホルモンの高用量で治療され、
クローンが妥協免疫システムを持って生まれる
ことが多く頻繁に抗生物質の大量投与を受けています


これは人間の食糧供給のため獣医医薬品により
大量投与するのです。

クローン'ホルモン、タンパク質、および/ ​​または
脂肪レベルの不均衡は、肉や牛乳の品質と安全性を
損なう可能性があります。

全米科学アカデミーは、食糧生産のための
クローン化された家畜のその商業化を警告しています。

大腸菌感染症などの食品媒介疾患の発生率が増加する
可能性
腸の閉塞などの高故障率や欠陥でクローニング
一般結果、糖尿病、短く腱変形した足、弱まる免疫システム、
機能不全心、脳、肝臓、腎臓、呼吸困難、および循環器の
問題。

バーブグレン、バイオテクノロジー産業機構の広報担当者
はクローニングは例外的動物のコピーを作成する
ために繁殖のために主に使用されることをAP通信
に語った。

)食べ物はクローンではなく、クローン自体の子孫から生産されると。
現在までに、FDAの役人は食糧供給のためクローン
を生産することを農家やクローニング会社を求めている。

クローニングと不快消費

その他の消費者団体は、FDAの決定についての懸念を表明した
。グレゴリージャッフェ、公益科学センターでバイオテクノロジー·ディレクター、言った、 "これまでに、クローニング業界はクローン動物は、その使用から恩恵食糧生産に必要とされる理由についての情報を一般の人々に提供していない、どのように彼らはすべてで消費者に利益をもたらすかもしれない。 "

キャロルタッカーフォアマン、アメリカの消費者連盟での食糧政策のディレクターは、FDAは、他の生殖技術よりもより多くの死と変形した動物ではそのクローニング結果を示す研究を無視していることをAP通信に語った。彼女はまた彼女のフェデレーションは、食品会社やスーパーマーケットがクローンから食品を販売することを拒否するように依頼すると発表した。"クローン動物の肉や牛乳が消費者にとって何のメリットを持っていないし、消費者が食品にそれらをしたくない、"フォアマンは言った。

調査はまた、消費者が圧倒的に動物のクローニング
に反対していることを示している。

最近の調査では、動物のクローンについて
聞いたことがあると主張するアメリカ人の
61%はそれに不快であることがわかった。


国際食品情報協議会(IFIC)の調査でも、
消費者は、動物のクローニングの概念だけでなく、
繁殖のためにクローン化された動物の使用に
反対していることがわかった。

何人かの政府の指導者にも食品のクローンの
使用とその子孫に反対。

11月には、上院議員バーバラMikulskiは
代理店が食品にクローンを使用してその
決定に来たかの完全な概要を要求するFDAに
手紙を送った。

12月初旬には、上院議員パトリック·リーヒー
率いる7人の上院議員の双方向党派グループは
クローン動物のその評価を再考するようFDAに尋ねた。

一方、クラフト、ネスレなどを含む主要な酪農や
食品メーカーを代表する国際乳製品協会も、
この時の食糧供給にクローン動物からは反対してきた。

有機食品の専門家はまた、FDAの行動に反対している

"クローンは、消費者のための食糧を生産
するだけではありません。

それは特許についてです

"国内最大の有機栽培農家の協力ジョージシーモン、
有機谷の最高経営責任者(CEO)は、述べています。
消費者を - "クローニングと本当の問題は、
利益を得るために起こっている誰ですか?

農家?動物は?利益主導型の企業が特許を取得する
の種子のようなことができ、動物のクローニングでは、
あまりにも多くの未知のリスクを有しており、
農家や私たちの食糧供給の将来に不利益である。 "

パブリックコメントが提出された後、FDAは、
文書の最終的な決定を下します。
(ソース:AP通信、ロイター、ニューヨーク·タイムズ紙)







  


テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。