07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

リングテール

Author:リングテール

福島原発事故による放射能汚染から
子供を守る為、安定的な生活を捨て
東京から福岡県へ移住!
たくさんの人たちと少しでも
真実に近い情報を共有したいので
より良く生きる(LIVE)ための
ノート(NOTE)を作成します
デスノートの逆バージョンです!

最新記事

PR

PR

訪問者数

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2ブログランキング



検索フォーム

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米国で見つかった未承認の遺伝子組み換え小麦-世界に影響か

2013.05.31 10:49|健康・病気・医療
ブルームバーグさんより転載


米国で見つかった未承認の遺伝子組み換え小麦
   -世界に影響か



data11331135566.jpg


  5月30日(ブルームバーグ):種子開発最大手の米モンサント が開発を手掛けたものの承認されていない遺伝子組み換え小麦がオレゴン州で見つかった問題は、民間団体が主張するように監督が適切に行われておらず、消費者の安全性に加え米国の対外貿易関係を危うくする可能性を示している。

科学者らによれば、問題の小麦はモンサントが1998年から2005年にかけ実験を行ったが、海外の買い手が米国産の遺伝子組み換え作物を避ける恐れがあるとの懸念から認可申請を撤回したもの。

米農務省は29日、モンサントの小麦種子開発プログラムを終了後の9年間にどのようにして未承認の種子が育っていったかを調査していると発表。この問題を受け、日本はウェスタンホワイト小麦と飼料用小麦の輸入を取りやめた。ユニオン・オブ・コンサーンド・サイエンティスツとセンター・フォー・フード・セーフティーなどの批判的な団体は、他の買い手も日本に続く可能性があるとみている。

コンシューマーズ・ユニオンの上級サイエンティスト、マイケル・ハンセン氏はインタビューで、「世界に影響が及ぶだろう。米国の貿易相手国は遺伝子が組み換えられた小麦を望んでいない。適切な検証がされておらず、この小麦を食べても安全なのかどうかは分からない」と述べた。

農林水産省農産部貿易業務課長の岩濱洋海氏によれば、同省は30日、ウェスタンホワイト小麦2万4926トンの入札を中止した。

原題:Rogue Oregon Wheat Stirs Foes of Monsanto Gene-AlteredCrops (1)(抜粋)




オレゴン州ですよね。

Baidu IME_2013-5-31_10-41-42

アメリカ西海岸ですよね。

遺伝子組み換えに加え、放射能汚染も心配ですね。

201203265.jpg


アメリカの食材 やめた方が良さそうですね・・・







【送料無料】危険な食品 [ 山田博士 ]

【送料無料】危険な食品 [ 山田博士 ]
価格:840円(税込、送料込)



テーマ:伝えたいこと
ジャンル:ブログ

コメント:

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。